スポンサーリンク

「水瀬伊織」のカテゴリを含む記事

伊織「ねぇお兄様」P「ん?」

1 : ぱくり屋 ◆zfDCN0YmXY:2014/04/27(日) 01:03:00.37 ID:DZYpLKo9o ―――765プロ・事務所 P「……」 カタカタ… 伊織「~♪」 ペラ… 伊織「あ、ねぇお兄様……」 P「…ん?」キョロキョロ 伊織「―――っ」/// P「…ああ」...

P「あー、水瀬病だわ」 伊織「はぁ?」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2014/04/16(水) 04:41:07.43 ID:0ipNR1BZ0 765プロ P「」プチプチ 小鳥「久しぶりに見ました、無限プチプチ」 P「知ってますか?実はこれ伊織が声収録したやつなんですよ」プチプチ 小鳥「あれ、声ってどういうことですか?」 P「待っててくださいね」プチプチ ∞プチ「変態!」 小鳥「へぇ、押してると喋るなんて…おもしろいですね」 P「み、み、み…」...

伊織「私の血液がオレンジジュースになって、世界中から狙われてる」

1 : ◆K8xLCj98/Y [saga] :2014/03/19(水) 20:23:56.03 ID:pJlpUS170 P「ん?」 伊織「だから、私の血がオレンジジュースになっちゃったのよ!」 やよい「うぅー……どうすればいいんでしょうか?」 P「ごめん、俺の聞き間違いかもしれない。もう一回最初から説明してくれないか」 やよい「は、はい!」...

P「伊織って・・・綺麗だよな」伊織「!?」

1 : ◆kBqQfBrAQE [saga] :2014/03/03(月) 17:13:54.74 ID:1Vwo2W1c0 事務所 午後3時半 ガチャ P「ただいま!」 小鳥「しーっ!」 P「えっ、どうかしました?」ボソボソ 小鳥「プロデューサーさんお帰りなさい」ボソボソ 小鳥「急にすみません、ソファで伊織ちゃんが寝てるんです」 P「あっ、そういうことだったんですか・・・」チラッ 伊織「・・・」スゥスゥ...

小鳥「伊織ちゃんとプロデューサーさんのバレンタイン」

1 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga] :2014/02/14(金) 23:33:05.60 ID:Yqxo9sQgo 伊織「おっ、おはよ……」ガチャッ 小鳥「おはよう伊織ちゃん♪」 P「おっ、おはよう伊織!」 伊織「お、おはよう……」ボソッ 小鳥(あら? 二人の間に流れる空気が微妙な雰囲気……?)...

P「セクハラセクハラセクハラ伊織セクハラセク──」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/12/26(木) 21:27:33.87 ID:ktE1qxIx0伊織「ふぅ……ただいまー」ガチャッ P「おう、おかえり」カタカタ 伊織「まったく、今日の収録なんなのよっ。    アンタが持ってくる仕事のせいでクタクタよ…」 P「悪かったよ……とりあえず胸揉んでやるから、そこ座ってろよ」カタカタ 伊織「はいはいっ……あ゛~~~」 伊織「って今なんて言った!?」 P「え? 胸揉ん...

伊織「広き心 思いやり」

1 : 1 [saga] :2013/12/08(日) 09:30:24.04 ID:OWwQizcX0・伊織SSです ・書き溜めてあるのですぐ終わります では、よろしくお願いします。2 : 1 [saga] :2013/12/08(日) 09:30:55.28 ID:OWwQizcX0 ―小鳥の囀りと共に、重い目蓋を開かせる。 寝相で乱れた髪をかき上げながら、カーテンの隙間から窓の外を見やる。 …まだ空に藍が残ってる。 さっきの鳥も随分早起きなものね。 正面に立てかけてあるアンティーク...

伊織「アンタ、こんな所で何やってんのよ!」

2 : ◆cjitx1hLjk [saga] :2013/10/30(水) 22:58:50.24 ID:AEdZkENfo いつも通りの、ある日。 いつも通りの事務所。 少しだけ違ったのは。 午前十時になっても プロデューサーが事務所に来なかったって事。 最初はプロデューサーが寝坊なんて珍しいって みんな笑ってた。 律子だけはプリプリ怒ってたけど  みんな、どこか楽観してた。 だけど昼になっても何の連絡も無くて みんな、おかしいと騒ぎ始めた...

P「伊織……」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/09/25(水) 21:42:15.10 ID:YF3oMFIS0即興でちまちまいきます 暇な方はお付き合いを 思考停止適当ssです2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/09/25(水) 21:52:14.00 ID:YF3oMFIS0 伊織「なによ?」 p「伊織はかわいいなぁぁ」ダキッ 伊織「ちょ、ちょっと何するのよ!?」 p「うーん、いおりんいい匂い」スースー ...

竜宮小町+α「水瀬伊織NGシーン集」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/09/22(日) 13:58:22.22 ID:lfaT3wCE0NGその1 伊織「」ウトウト P「・・・」パラパラ 伊織「」トンッ P「ん?」 伊織「」スースー P(寝てる・・・よっぽど疲れてたのかな?ま、最近はかなり忙しかったもんな) P「お疲れ様、伊織」ナデナデ 伊織「・・・?」 伊織(あれ、寝てたのかしら・・・って、私プロデューサーに寄っかかって頭撫でられるてる?) ...

P「50年後の伊織」伊織「はぁ…いよいよボケたのかしら?」

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 22:05:43.40 ID:yLRCR5m80 P「ボケてないよ、スーパーアイドル伊織ちゃん」 伊織「なに言ってんの!もうアイドルなんて何年前の話よ!」 P「怖いねー、あはは」 伊織「ほんとあんたは変わらないわね…」 俺と伊織は今から47年前に結婚した 当時トップアイドルだった伊織は俺との結婚を機にアイドルをやめ 俺はプロデューサーをやめた そのあと...

やよい「いおたかぶいえすいおまこ?」

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/04(水) 00:44:54.78 ID:9nq/vAhI0 やよい「ただいま戻りましたー!」 小鳥「いおたか、それは高貴なる二人のめくるめく剣戟、あるいは華やかな舞踏会……」 やよい「小鳥さんだけですかー?」 小鳥「いおまこ、澄み切った友情、伸ばした手を繋げる距離、カラリと晴れた秋の空……」 やよい「聞こえてないみたいかなーって。スケジュールチェックしよっと」 ...

P「受験か」伊織「そうよ」.Part3

505 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/07/21(日) 23:06:38.98 ID:ShRRr6oP0 伊織「……」 P「……」 伊織「……ふぅ」 P「……」 伊織「……」 P「……」 伊織「……長い」 P「……年を取ると願い事も多くなるんだよ」 伊織「あらそう。大変ね」 前回P「受験か」伊織「そうよ」.Part1P「受験か」伊織「そうよ」.Part2...

P「受験か」伊織「そうよ」.Part2

246 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/27(木) 18:19:26.37 ID:g3vq62cW0 P「……似合ってるぞ」 伊織「うるさい、さっさと行くわよ」 伊織が社用車の助手席に滑り込んでくる。灰色のワンピースタイプの制服に、臙脂色のリボンタイ、バッグを一つ持っていた。伊織の学校の制服だ。 普段と違う点がもう一つ。 伊織「ちらちら見るな」 前回P「受験か」伊織「そうよ」.Part1...

P「受験か」伊織「そうよ」.Part1

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/15(土) 03:17:45.38 ID:tQ+SaEXW0 「今、いい?」 パソコンから顔を上げると、伊織が立っていた。 一枚のプリントを手に持っている。 P「駄目」 伊織「ここなんだけど」 P「駄目って言ってんじゃん!?」 伊織「駄目でも聞くわ」 P「はいはい……っと、はいよ、どこだ?」 伊織「ここ」...

伊織「オレンジジュースはまだなの?」 P「おまたせ」ドバァ

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/08/01(木) 21:35:45.33 ID:lY/yfCZoo P「……」ボタボタ 伊織「えっ……」 P「ほらっオレンジジュースだよ。器の役は甘んじて俺が請け負うよ」ボタボタ 伊織「え、えっ……い、いやちょっと意味分かんない……え?」 P「どうした? 飲まないのか?」ボタボタ 伊織「の、飲むけど……」 P「そうか、なら良いんだ」ニコッ...

P「泣いて 泣いて 泣き止んだら」

1 : ◆ZL3cxe4sn. [sage] :2013/07/08(月) 21:45:30.17 ID:kyEHZzFQ0  うん。またなんだ。  このssはB'zの泣いて 泣いて 泣き止んだらを元にしています。 読む前にPになった気分で聞いていただけると少しは楽しめるかもしれません。 「B'z 泣いて 泣いて 泣き止んだら」 https://www.youtube.com/watch?v=aLCJ0Uozt9A...

伊織「仲間と共に、歩む道」

2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/10(月) 23:02:45.32 ID:JSDDTiCy0 「お嬢様、到着致しました」 「新堂、ご苦労様」 765プロのある雑居ビルに到着。 今日は、プロデューサーに呼び出されて来たのだけれど、 わざわざ呼び出すなんて一体何の用なの? 入口のドアを開け、一歩一歩階段を上っていく。 私はいつも、事務所へと続くこの階段を上りながらイメージして気持ちを高ぶらせてるの。 ...

いおりん誕生祭

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/05/05(日) 01:19:06.26 ID:2sU0wFCkoいおりんの誕生日をお祝いする短いSSを投下するスレです。 お祝いさえしていればどんな形式でもいいかと思います。 混線だけしないように、たくさんの人が参加してくれたら嬉しいです。 終わったら終わりと書きましょう。 スレは誕生日が終わったら依頼出します。2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2...

伊織「デコチョップ」 

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/05/06(月) 00:47:32.71 ID:uBdBgM9Vo伊織「プロデューサー!」 伊織「プロデューサー!?」 伊織「いるんでしょう!? 出て来なさい!」 P「いないよ」 伊織「なんだ今日はいないのね」 伊織「……っているんじないのよ!」 P「……え? 何急にどうしたの伊織」...

伊織「呪いのお弁当」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/05(日) 02:19:08.12 ID:5zIIQUEa0 ―早朝― 伊織「はぁ……はぁ……」 伊織「早起きして卸売市場まで来ちゃった……」 伊織「でも手に入ったわ……朝一で入荷した静岡産高級豚肉……」 伊織「一旦家まで戻って……準備して……決行ね……」 伊織(ドキドキするわ……) 伊織「きゃっ!!」 伊織「な、何よ……こんな所に祠なんてあったかしら……?   つまずいちゃった...

伊織「卑怯者。意気地なし」 

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/05/05(日) 00:01:00.37 ID:2sU0wFCko伊織「ちょっと、プロデューサー! 早くしなさいよ!」 P「ま、まってくれ。っていうかまだ時間はあるだろ?」 伊織「今日は私が主役なんだから私が行かなくちゃ始まらないでしょう!? 早くエスコートしなさい!」 P「わかった、わかったからそう慌てるなって。なぁネクタイ曲がってないか? 髪も寝癖とかなってないか...

伊織「明日の私へ」 

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/05/04(土) 18:00:01.62 ID:ic/+t7iU0 春/765プロ事務所 P「それじゃあ、伊織そろそろ行くけど準備いいか?」 伊織「えぇ大丈夫よ」 真美「あれ?今日りっちゃんは?」キョロキョロ ニヤニヤ 小鳥「律子さんは今、ちょっと出てるのよね」ニコニコ 美希「…だから、今日ハニーはデコちゃんと一緒なの?」ムー 伊織「誰がデコちゃんよっ!!」 P...

P「伊織に熱々あんかけをかける」 

1 : ◆cjitx1hLjk [saga] :2013/04/29(月) 22:42:15.86 ID:RaLcEDhXo我慢してたけどやっぱり我慢出来なくなったから今からいおりんに、あつあつあんかけぶっかける。...

伊織「ねぇ…かけて…」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/04/27(土) 21:16:17.49 ID:Pkjekb9Co 何をかけると思ったのか正直に白状しろ。          話はそれからだ。...

伊織「さようなら」 

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/03/12(火) 20:35:21.19 ID:fz9LGbgw0 『さようなら』 その時の私に出会うと、みんなそう言うの。 昔は、私は今よりずっとわがままだったのよ? わがままって言うのは、自分の意見だけを押し通すってことなの。わかる? 自分は水瀬財閥の娘で、大事にされている…そういう事は、小さい頃から知ってた。 だから気に入らない事があれば、虎の威を借りて、何でもそ...

伊織「バレンタインの延長戦」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:17:36.05 ID:9IzpATZU0 今更バレンタインかよと思われるかもしれませんがw 伊織SSです 5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/23(土) 00:21:13.44 ID:9IzpATZU0 2月14日 伊織「ふぅ。やっと仕事終わったわね」 いつもは竜宮小町で仕事をしている私だけど、今日は一人で収録なの。 今度やるっていう連続ドラマの撮影...

伊織「…ごめんね」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/20(水) 22:45:23.49 ID:5ZTM3rp/0 P「伊織は可愛いなぁ」 伊織「ふ、ふん!そんなの当然じゃない」 響「とか言いつつ耳まで真っ赤だぞ」 伊織「キー!!うるさいわね!!」 伊織「…ごめんね、素直になれなくて」 P「何言ってるんだ!そこが伊織の可愛い所じゃないか」 伊織「ありがとう…」ギュッ P「2人きりだと本当に甘えんぼだなぁ」 ...

伊織「あ~よかった」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/02/18(月) 14:49:05.18 ID:TS+j1m7n0伊織「ただいまー…」 やよい「ただいま帰りましたー!」 P「おっ、お帰り」 やよい「プロデューサー、プロデューサー!」 P「ハイ」 やよい「ターッチ!」パシン P・やよい「イェイ!」...

伊織「バレンタインに風邪ひいちゃうなんて」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/14(木) 21:37:55.16 ID:y3k+Y81B0 ―伊織の家― 伊織「はっくしゅっ!!」 伊織「ちょっと熱が下がってきたけど、まだだるいわね……」 伊織(ついてないわね……こんな日に風邪ひいて寝込むなんて……) 新堂「お嬢様、お体の具合はいかがでしょうか?」 伊織「だいぶ楽になってきたわ……   心配かけてごめんね」 新堂「いえいえ、今はしっかりお休みに...

P「伊織の人形に携帯仕込んで、人形が話しかけるドッキリをやる

22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/22(火) 23:19:13.18 ID:j7BE5i7D0 P「という訳で、伊織がトイレに行った隙に携帯付き偽シャルルとシャルルを交換しました」 春香「でも偽物だとすぐにバレるんじゃないですか?」 P「そのへんは抜かり無い!社長のツテでその道に精通してる外国人に一晩で複製してもらったからな!」 P「シミも汚れもほつれも縫われた糸の間隔も全て再現されている!」 律...

P「水瀬伊織は俺の嫁」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/11(金) 17:31:47.10 ID:hKbjUyh90 ※前回書かせていただいたSS   P「いおりんがかわいすぎてヤバイ」 が私の時間の都合上あまりにも短い内容になってしまったので それの続きのようなものです。 伊織Pの方も、そうでない方も、読んでいただければ幸いです。 なお、書き溜めはありませんので、更新が遅かったりすることもありますでしょうが ご了承願います。...

P「いおりんがかわいすぎてヤバイ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 18:46:07.69 ID:TMx5Ccjm0 P「あー結婚してえ」 2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/10(木) 18:47:36.88 ID:TMx5Ccjm0 P「やべー伊織かわええ!!!」 P「まじデレた時の伊織のかわいさ、はんぱねえよまじで!」 P「あー伊織と結婚してえ!添い寝してえ!」...

P「頭がおかしい事に気付いた」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:07:47.68 ID:1MvmRaLA0 伊織「はぁ? あんた何言ってんのよ」 P「俺の頭がおかしいんだ」 伊織「……馬鹿なの?」 P「違う! こ!の! 頭だよ!」 伊織「だから! あんたが馬鹿だから何なのよ!」 P「そうじゃない! 頭の形がおかしいって話だ!」 前スレ響「プロデューサーが動かないぞ」...

伊織「このチビプロデューサー!!」P「あぁ!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/13(木) 22:13:25.46 ID:ZkKUrjyl0 P「いきなりなんなんだよ!」←156,5cm(自称) 伊織「アンタ、私のオレンジジュース飲んだでしょ!!」←153cm P「は?あぁ、あれのことか。あれはだな……」 伊織「小鳥から話は聞いてるんだから。言い訳なんてみっともない真似してないでとっとと代わりを買ってきなさいよ、このチビっ!ドチビっ!豆粒ドチビっ!!」 P「豆っ!?…...

亜美「いおりん、そろそろ起きなよ~」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 16:54:31.16 ID:R8P5LfxC0 コンコン スタッフ「竜宮小町さーん、そろそろ準備お願いしまーす!」 亜美「むっ! ほら聞こえたっしょ、いおりん? 仕事だから起きて!」ツンツン 伊織「すぅー……すぅー……んふふ……」スリスリ 亜美「!!」ピキーン 亜美(……ほっぺたつついて起こそうとしたら……指に……ほ、頬ずりされたっ……!) 伊織「すぅー……すぅー……」 亜...

P「新手の暖か系アイドルいおりん」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/27(火) 22:19:04.42 ID:WqcekNCa0 (ガチャッ) 春香「うー、寒い寒い……おはようございますっ!」ブルブル P「ああ、春香。おはよう」ポカポカ 春香「まるで冬みたいな気温ですね……」 P「前哨戦だな」ポカポカ 春香「プロデューサーさん、暖かそう!」 P「ほら、春香も座れよ」イソイソ 春香「ありがとうございます。じゃあ失礼するね、伊織!」 ...

伊織「偶像失格」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(宮城県):2012/07/16(月) 22:00:48.44 ID:/2sh21dBo懐かしい物を見つけた 思いつきで書いたタイトルと本文をほんの少しだけ書いたノート 「偶像失格」 恥の多いアイドルを、 後は何も書いていない ほとんど新品のノート もう捨てられたものだと思っていたからちょっとびっくりした これを書いた日のことはよく覚えている...

伊織「あれから10年……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/25(日) 21:48:50.82 ID:7yDTSuO60 ※モバマスの龍崎薫ちゃんが出ます 薫「せんせぇ、さよならー」 P「はい、さよなら。また明日ね。お菓子食べすぎちゃ駄目だよ」 薫「はーい!じゃーねー!」 P「はい、それじゃあね」 伊織「……アンタ、小学校の先生にでも転職したの?」 P「へっ?……い、伊織……か?」 伊織「久しぶりね」 P「……ああ、久しぶり...

伊織「全く!私がついてないと駄目なんだから」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/19(月) 01:07:47.84 ID:2/mjik/S0 ディレクター「というわけで今度一緒にどうですか三浦さん?良い店知ってるんですよ」 あずさ「ええっと……」 ディレクター「あ、と言っても竜宮小町の他のメンバーは未成年でしたな」 あずさ「え、ええ、ですので……」 ディレクター「でしたら三浦さんと二人っきりで行きましょうか」 あずさ「そういったお誘いは……」 ...


Page title:

水瀬伊織

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto