スポンサーリンク

2012 10/11

響「プロデューサー……。このケーキ、大きすぎだぞ」




1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:38:48.89 ID:l16LqTqh0


P「ですよね。分かります。分かってます」

響「二人で食べ切れる量じゃないぞ……」

P「響のために滅茶苦茶奮発してみたのですけれども」

響「……気合、入りすぎだぞ……。二段構成の誕生日ケーキなんて、初めてだぞ」

P「……伊織の誕生日の時は七段ケーキだったよな。そういえば」

響「アレは……。もう別次元さー。ウェディングケーキも真っ青だなー」

P「じゃあ響。俺たちのウェディングケーキは八段……いや、十段構成にしようぜ」

響「ふふ。期待してる」









スポンサーリンク




2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:39:13.10 ID:l16LqTqh0


P「何はともあれ、食べようぜ響!」

響「確実に残っちゃうけどね」

P「だいじょぶだいじょぶ。まだまだ夜は長い!」

響「一晩中ケーキパーティ!?」

P「夢のようだとは思わんかね」

響「そりゃあ、ちっちゃい頃は、そういうの憧れたさー」

P「ちっちゃい頃?」

響「……それ、どーいう意味さー!」ウガーッ




3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:39:38.55 ID:l16LqTqh0


P「ままま。誕生日の夜だし、パーっと盛り上がろうぜ」

響「今日の最高潮は昼の事務所でのパーティだぞ」

P「昼間っからの誕生日パーティも中々オツなもんよね」

響「だなー。皆来てくれて嬉しかったさー」

P「765プロは、祝い事は大切にするのが信条ですから。皆の記念日は、皆で祝うのよ」

響「これからもずっとだなー!」ニッ

P「あたりまえだぞー!」ニッ

響「プロデューサー、流石に無理あるぞー!」ニッ

P「そんな事、百も承知だぞー!」ニッ




4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:40:06.09 ID:l16LqTqh0


P「それじゃ、響のバースディパーティ夜の部は俺と二人っきりの甘い夜にしようか」

響「言葉通りの夜になりそうだぞ」」

P「おっ、いいねえ。ほら響、座布団一枚」スッ

響「ありがとありがと」ポフッ




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:40:32.99 ID:l16LqTqh0


P「よぅし、んじゃ食べる準備と行きますか。コーヒー?紅茶?」

響「んー。プロデューサーはー?」

P「俺はコーヒー」

響「それじゃ、自分もー」

P「了解了解。……ブラックでいくかい?」

響「うぇっ?……うーん。……よし、どんとこいだぞー!」

P「よしよし。いい覚悟だ」




6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:40:59.30 ID:l16LqTqh0


P「さぁて……」

響「うん。準備オッケーさー」

P「…………これ、どっから切ればいいんだ?」

響「……締まらないなー。ええと、ちょっと包丁貸してー」

響「………………うがーっ!やっぱり無理だぞー!」

P「……どうする?」

響「……どうする?」

P「………………」

響「………………」

P「よし、このまま食うか。どうせ二人きりだしな」

響「うん!」




7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2012/10/10(水) 23:41:25.62 ID:l16LqTqh0


響「………………」

P「………………」

響「…………プロデューサー」

P「…………なに?」

響「食べないの?」

P「……なんかさ、一口目って……アレじゃん?特別じゃん?中々手を伸ばしづらいよね」

響「あぁ~。なんとなく分かる気がするぞ」

P「…………よし」

響「食べるの?」

P「この勇姿を写真に収めておこう」パシャ

響「あっ、自分もー」ピロリン





8VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:42:17.08 ID:l16LqTqh0


響「あっ、プロデューサー、自分、一番上の誕生日プレート食べたい」

P「なるほど、まずは上に乗っかってるものから攻めるか……。はい、どうぞ」

響「どうもだぞー」

響「……ん~。自分、ホワイトチョコって結構好きなんだー」

P「あっ、俺も俺も。……年取ってからは恥ずかしくってあんまし人前では言えないけどな」

響「年は取りたくないぞ」ウンウン

P「いや、現在進行形で取ってますよ響さん」




9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:42:46.79 ID:l16LqTqh0


響「はい。プロデューサーには自分の名前が入った部分をあげる!」

P「おっ。何やら意味深ですね……。ありがたく頂戴します。あー……」

響「……ホントに、自分を食べちゃうのか……?」ウルウル

P「」

響「ホントに……グスッ。いや、いいさー。自分、プロデューサーのためなら……。プロデューサーが喜んでくれるなら……自分」

P「………………」パクッ

響「あー!食べたー!普通に食べたな!」

P「あっ、お~いしいわ~やっぱり」

響「自分、なんかすっごく恥ずかしいぞ……」

P「可愛かったよ」

響「うっ、うるさいぞー」テレテレ




10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:43:17.22 ID:l16LqTqh0


P「ようし、それではいよいよ本体に行きましょうか」プルプル

響「フォーク持つ手が震えてるぞ、プロデューサー」

P「やっぱ、一緒に一口目行こうよ。……なんか、緊張する」

響「全く、しょうがないなぁ……。ん、いいぞー」

P「よし、それじゃ。いっせーのっ。はいっ!」

響「はいっ!」

P「あぁ……。ついに傷跡をつけてしまったね……」

響「ケーキに語りかける成人男性……。ん。アウト」

P「ひどい!……んなら、響もやってみてよ」

響「えー?……。自分が、美味しく食べてあげるからね……」

P「…………」デジカメデジカメ

響「いつの間にムービー撮ってるんだぁ!」ウガーッ

P「ははは。いいモン撮れたよ。……いつか来るべき日に流そう」




11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:43:53.23 ID:l16LqTqh0


響「それにしても」

P「ん?」

響「このケーキ、美味しいな!」

P「んふ。そうだろそうだろ」

響「うん!特にこの生クリームがすっごく美味しい!絶妙な甘さってヤツだなー」パクパク

P「おっ、分かってるねー!ここのケーキ屋、クリームが最高なんだ。俺の行きつけなんだけどね」パクパク

響「へーっ、そんなのあったんだなー。教えてくれれば良かったのに」

P「小さくって古いけど、良い店だよ。ひっそりと贔屓にしたい感じ」

響「ふーん。それ、自分は教えてよかったのか?」

P「もち!」

響「じゃあ、二人の秘密のお店ってヤツだなー!」

P「いや、この店、有名ではないけど、隠れファンが多いから、二人だけの秘密ってワケじゃあ……」

響「プロデューサーって、たまにムード無いよね……」





12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:44:56.88 ID:l16LqTqh0


P「…………むっ!」

響「…………んっ!」

P「上の段最後のイチゴ……」

響「だな…………」

P「いくら響といえど、こればっかりは譲れないぜ」

響「こっちだって!」

P「ようし、いくぞ響!ジャンケンだ!」

響「望むところさー!」

P「待っててくれイチゴちゃん……。必ず迎えに行くよ……」

響「………………」デジカメデジカメ

P「ぐふっ!響!その映像は!その映像だけはダメだ!!」

響「ふふん!お返しさー。さっきの映像とセットにしようなー!」




13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:45:26.29 ID:l16LqTqh0


響「んー。程よい酸味が心地いいぞー」デリシャス

P「俺は……俺はお前を信じていた……信じていたのに!お前はもっとやれると思ったよ!」ウワァァァ

響「右手に叱責してもどうにもならないさー」

P「さて、それにしても……」

ケーキ「マッシロ」

響「しろーくなったね」

P「上の果物とか全部食べちゃったからなー」

響「それじゃ、後はケーキ本体だけだなー!気合入れるぞー!」





14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:45:57.61 ID:l16LqTqh0


P「…………ふぅっ。一段目……制覇……」

響「じ、自分……もう限界……」

P「ははは、奇遇だな。……俺もさ」フッ

響「カッコつけてる場合じゃないさー。……どうするの?」

P「……明日に延長しよう。響、どうせ明日はオフだ」

響「よ、ようし。明日制覇してやるぞー!」

P「覚悟しとけー!」

ケーキ「イヤイヤ、ワタシニイワレマシテモ」




15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:46:24.93 ID:l16LqTqh0


P「あああぁっ!!」ガビーン

響「ど、どうしたんだー?」

P「ロウソク立てるの、忘れてた……!」

響「な、なあんだ。びっくりしたー」

P「なあんだ。って……。響ー、あんましそういうの気にしないタイプ?」

響「うーん。自分はー。ケーキ美味しかったし、別にいいかなーって」

P「うーん……いや、ダメだ!俺が俺を許せない!ちょっと待ってて……」ゴソゴソ

響「……?」




16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:46:55.24 ID:l16LqTqh0


P「じゃーん!急ごしらえだけど、キャンドルファイアー!」ジャジャーン

響「うん!綺麗だなー」

P「あああぁぁっっ!!」ガビビーン

響「こ、今度は何?」

P「ハッピーバースディのうた歌うの忘れてた……!」

響「な、なあんだ」

P「なあんだ。って……。響ー」

響「ストップ。さっきと完全に会話の流れが同じだぞ」

P「あれ?そうだった?」

P「では改めまして。俺が一曲歌います!」ハッピバースデー

響「えー。プロデューサー、歌下手くそだからなー」

P「失礼しちゃう」




17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:47:48.80 ID:l16LqTqh0


P「さて、と。それじゃ、今日の所はお開きにしよっか」

響「だなー」

P「……風呂入って、もう寝る?」

響「だなー」

P「よし響、先入ってきていいよ」

響「うん。それじゃあお先、失礼するぞー」

P「……一緒に入る?」

響「ばっ!……まだ早いぞー!!」カァァ

P「……『まだ』?」ニヤニヤ

響「……っ!もうっ!」





18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:48:17.35 ID:l16LqTqh0


響(……ふぅ)シャワー

P「響ー。いいかー?」コンコン

響「うえぇっ!?だ、だから、自分たち、まだそういうのはっ……!べっ、別に、嫌だとかそういうんじゃ無くって……、心の準備がっ……!」アセアセ

Pの腕「ボディーソープ切れてたんだった。悪いけど、補充しといてくれるか?」ニュッ

響「…………もう!」バッ

Pの腕「いっ、痛い!……なんで怒ってるんだ?」

響「しっ、知らないもん!もう!!」ウガーッ

響「一回で半分使ってやるー!」キュポキュポ

P「ああっ!なんてもったいない事を!」




19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:49:02.78 ID:l16LqTqh0


P「………………」

響「…………なあプロデューサー」

P「なあに」

響「最近、急に冷えてきたよねー」

P「そうだなー」

響「寒くないかー?」

P「そうかなー」

響「……もっ、もっとこっち寄ってもいいぞ」

P「……それじゃ」

響「…………!!」ドキドキ





20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:49:35.74 ID:l16LqTqh0


P「響、あったかいね」

響「そ、そうか?」

P「うん。一人で寝るのと、響と寝るのとでは、全然違うぞ」

響「自分は、いつもいぬ美たちに囲まれるから、あったかいけどなー」

P「これからどんどん寒くなるし……。響、毎日ウチで寝る?」

響「えぇっ!?」

P「冗談だよ」

響「……な、なあんだ……。でも別に、自分は……嫌じゃないかも」

P「ホントか?」

響「うん。でも、いぬ美たちを放ってプロデューサーのトコには行けないさー」

P「そっか……。なら、俺が響んちに行くよ」

響「そんな事言って……。プロデューサー失格だぞ」

P「……そうだな」




21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:50:03.81 ID:l16LqTqh0


響「プロデューサー」

P「なあに」

響「今日はありがとな。自分、すっごく幸せさー」

響「みんながいて、プロデューサーがいて。自分、今ホントに幸せなんだー」

P「俺もだー」

響「今年の一年は、もっと幸せになるかな?」

P「なるさ。してみせる」

響「そっかー。楽しみにしてるね」





22VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:50:34.57 ID:l16LqTqh0


P「来年は、さ」

響「ん?」

P「三段構成のケーキを買ってくるよ」

響「ふふっ。それじゃあまた、プロデューサーとケーキパーティだなー」

P「そうだぞー。毎年の恒例行事にしようと思う」

響「そっかー。……嬉しいよ。ありがとー、プロデューサー」




23VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga] :2012/10/10(水) 23:52:59.56 ID:l16LqTqh0


間に合った!

えらい短いですけど、これで終わりです。
思いつくままにつらつらと書いたんで、なんとも言えない仕上がりになりました。

読んでくれた人、もしいたらありがとう!

そして響!誕生日おめでとう!




24VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2012/10/11(木) 00:58:27.31 ID:o6EFuuIDo


おつおつ
やっぱり響はかわいい





転載元:響「プロデューサー……。このケーキ、大きすぎだぞ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1349879928/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS10月10日は響の誕生祭

(10)

AFTER 響「自分、カンペキだからな!」

BEFORE 律子「あなたをこうそくします!」P「な、なんだと!?」

2828が止まらない自分が気持ち悪かった(小並感)
[ 2012/10/11 08:11 ] [ 編集 ]
響はかわいい、はっきりわかんだね
[ 2012/10/11 17:34 ] [ 編集 ]
(お、Jか?)
[ 2012/10/11 18:16 ] [ 編集 ]
アイマスSSはこういうホッコリできるのが一番良いな
[ 2012/10/11 20:26 ] [ 編集 ]
中の人がちらついて全裸スタイルを想像したオレは死ぬといいよ。
[ 2012/10/14 23:12 ] [ 編集 ]
ケーキ食べた後の
ぽっこりおなか響を見てみたい
[ 2012/10/15 02:04 ] [ 編集 ]
響のおなかをぽっこりさせたい(性的な意味で)
[ 2012/10/18 18:27 ] [ 編集 ]
もうこのPは自分であると妄想せざる負えない!!
[ 2012/11/03 01:57 ] [ 編集 ]
毎年一段ずつ増やしていって、10段になったらゴールインですよね!わかります!
[ 2014/01/12 14:16 ] [ 編集 ]
ほー、既に結婚確定か。意外に有りそうで無いパターンやね。
響が嫁かー、そらぁ最高だな。元気で可愛くて天真爛漫で愛情豊か、自称抜きで完璧な奥さんだわ。(*´ω`*)
[ 2015/12/19 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

響「プロデューサー……。このケーキ、大きすぎだぞ」

Copyright © 2024全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto