スポンサーリンク

2012 10/07

貴音「高槻やよい、貴方は甘すぎます」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:10:41.99 ID:iTnDxF100


千早「は?」

亜美「何言ってるの?」

真美「お姫ちんの言うことは時々わからないYO!」

伊織「……」

春香「やよいちゃんは甘いんじゃなくて優しいんですよ」

貴音「そうでしょうか?」

響「何が言いたいんだ? 貴音は」

伊織「……」

あずさ「やよいちゃんは、他人に厳しくできる性格じゃないから……」

貴音「そうではなくて」

伊織「……」





スポンサーリンク




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:13:39.88 ID:iTnDxF100


伊織(まさか……)

貴音「例え話ではありませんよ?」

雪歩「よくわからないです……?」

貴音「言葉通り、高槻やよいが甘いのです」

伊織(……やっぱり!?)

やよい「あのぉ……」

貴音「手を貸してください」

やよい「は、はい」

貴音「このように……」ペロリ

やよい「ひゃあっ!」

千早「高槻さんに何してるの!?」

貴音「如月千早、貴方も舐めてみればわかります」

千早「え……」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:16:12.13 ID:iTnDxF100


千早「……」ペロペロ

千早「嘘……本当に、甘い?」

伊織(……あ。やっぱり甘いんだ)

伊織(誤解じゃなかったのね)

伊織(やよいが相手だから甘く感じているだけかと思ってたら、本当に甘いんだ……)

響「どういうこと?」

千早「信じられないけれど、本当に甘いの」

真「えー? まさか」

千早「信じられないのなら舐めてみればいいわ」

真「舐めてみればって……いいの?」

やよい「くすぐったいけれど、我慢します」




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:19:01.47 ID:iTnDxF100


真「……」ペロペーロ

真「……本当だ。何だろうねこの複雑な甘さ……砂糖とも違う。蜂蜜でもない」

雪歩「そんなに……?」

やよい「雪歩さんもどうぞ」

雪歩「……」ペロペロ

雪歩「……美味しい……甘くて美味しい。こんなの初めてだよ」

亜美「マジで!?」

真美「やよいっち、真美にも!」

亜美「亜美にも舐めさせて!」

やよい「うん、いいよ」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:23:23.68 ID:iTnDxF100


真美「おいちー!!!」

亜美「おいちー!!!」

貴音「言ったとおりではありませんか」

千早「ごめんなさい。まさか、高槻さんがこんなに美味しいなんて」

伊織「……私だけじゃなかったんだ」

春香「ん? どうしたの? 伊織」

伊織「やよいを舐めて美味しいのは私だけだと思ってたのよ。まさか、誰が舐めても美味しいなんて」

雪歩「私、真ちゃん舐めてもそういう意味で甘いと思ったこと無いけど」

真「ボクも、味覚的な意味で雪歩を甘いと思ったことはないなぁ」

小鳥(録音は完璧ピヨ……)




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:27:44.35 ID:iTnDxF100


美希「ただいまなの」

春香「あ、美希お帰り」

雪歩「お疲れ様、お茶煎れるね」

美希「お茶よりおにぎりが欲しいの~」

貴音「かっぷらぁめんなら、ここに」

美希「おにぎりがいいの~」

小鳥「ごめんね、買い置きがないのよ。今から買ってこようか」

美希「えーーーーーぶーぶー。じゃあせめて何か甘いスイーツ」

小鳥「ごめんね。なんにもないの」

貴音「甘いものならこちらに」

美希「……それ、やよいだよ?」

響「甘いらしいぞ」

美希「?」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:30:48.64 ID:iTnDxF100


美希「???」ペロペロ

美希「!!!!」

美希「なんなの、これ。美味しくてビックリなの」ペロペロ

美希「甘いし」ペロペロ

やよい「えへへ」

美希「なんか、疲れまで取れていくみたいなの」ペロペロ

真「美希、さすがに舐めすぎじゃないかな」

あずさ「気のせいかしら、美希ちゃんの肌つやが良くなっていくような」

一同「!!」




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:33:59.62 ID:iTnDxF100



春香(あれから一週間……)

春香(結果から言うと、あずささんの言葉は気のせいではありませんでした)

春香(やよいを舐めると、美味しいだけではなくて疲労まで回復、そして肌にも良い影響が現れたのです)

春香(私たちは、やよいに舐めさせてもらえるようにお願いしました)

春香(やよいは、快くオッケーしてくれました)

春香(たった一つの条件と引き替えに……)




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:38:11.93 ID:q/tGD3lM0


みんなどこを舐めてるのかはっきりしろ




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:38:44.01 ID:iTnDxF100



千早「……」

真「どうしたの? 千早」

千早「なんでも……ないわ」

真「……今、声がおかしくなかった?」

千早「なんでもない。真の耳が調子悪いんじゃない?」

真「そっか、調子が悪いんなら薬がいるかな……」

千早「!!」

真「薬取ってこようかな」

千早「……お医者様の方がいいんじゃない?」

真「どうして?」

千早「どうしてって……」





16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:41:18.84 ID:iTnDxF100



響「はいさーい!」

真「あれ? 響、今日はオフじゃなかった?」

響「うん。だけど薬だけもらいに」

真「あ、まだ足首の調子悪いの?」

響「この前のチャレンジで頑張り過ぎたさ」

千早「響?」

響「ん?」

千早「ちゃんと接骨医にでも言った方がいいんじゃないの? 湿布をもらうとか、包帯を巻くとか」

響「薬で治るのに?」






17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:42:30.26 ID:Y9ceIJi/0


なんか怖いよくわからないけど怖い




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:44:50.12 ID:iTnDxF100


響「あれ? そういえば千早、声がおかしくない?」

千早「!!」

響「千早も薬貰った方がいいぞ」

千早「いらない……私はいらないの」

貴音「我が侭ですね、如月千早」

千早「四条さん、あなた……」

貴音「貴方の歌への想いとは、その程度のものだったのですか? 自らの喉の調子すらわからない程のものなのですか?」

春香「あれ? みんな何してるの?」

千早「春香、貴方……今、どこから」

春香「え? やよいの部屋だけど」

千早「まさか、貴方まで……」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:47:05.61 ID:GkI1ZTj20


何が起きてるんだ…




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:48:39.68 ID:iTnDxF100


春香「うん。さっき転んじゃって」

千早「転んだって……それくらいで……」

春香「どうしたの? 千早ちゃん」

春香「あ、響ちゃんと真も薬?」

響「そのつもりだぞ」

真「まあね」

春香「今、律子さんが使ってるよ。徹夜が続いたんだって」

千早「!!!」

貴音「お待ちなさい、順番は守るものですよ」

千早「貴方達! 自分が何をやっているかわかってるの!?」

春香「さっきからどうしたの? 千早ちゃん」

千早「春香、貴方だって、どうしてそんなことで高槻さんを!」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:50:42.63 ID:iTnDxF100







春香「だって最高のお薬だよ。どんな傷も治るし、疲れも取れるし、美味しいし」








23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:51:42.38 ID:x9F2h04jO


こわっ




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:54:23.92 ID:iTnDxF100


真「千早だって、最初は喜んで舐めてたじゃないか」

響「あんまりみんなが舐めるから、やよいが忙しくて家に帰れ無くなっちゃうくらいだったもんな」

貴音「そのために、事務所に専用の部屋を作ったのではありませんか」

千早「おかしいわよ……おかしいわよ……」

春香「ねえ千早ちゃん。やよいだって納得してることだよ?」

雪歩「確かに家には帰れないけれど、ちゃんとお給料だって振り込んでます」

律子「住み込みの仕事だと思えばねぇ……」

千早「納得……? 高槻さんが?」

春香「うん」





26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:56:27.81 ID:iTnDxF100









???「やよいが嫌なら無理は言わないよ。あ、そうだ。もしかしたら、弟や妹でも、同じ効果があるんじゃないかな」









27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:56:45.51 ID:DzhVktcZ0


怖い…




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 20:57:28.87 ID:Dwv77UZu0


これはこわい・・・




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:03:45.66 ID:ZVUzl2ZQ0


なんというホラー・・・




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:04:53.24 ID:iTnDxF100


千早「あれが……納得?」

千早「あれが納得? 納得なの!?」

春香「あのさ、千早ちゃん。言いたくないんだけど」

千早「……」

春香「本当私たちが酷いと思っているのならさあ」

春香「どうして、外の人に訴えないのかな?」

千早「!!」

春香「結局、千早ちゃんもやよいを他の人に奪われたくないんだよね?」

春香「その千早ちゃんにそんなこと言われても、困るよ」




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:08:22.96 ID:iTnDxF100


律子「ああ、もう面倒くさいわねえ、千早は」

律子「響、真」

千早「!! ぐ……あ……」

律子「それで、この喉の何処が平気なの? ほらほら、今、絞められてるわよ?」

真「薬、いるよね?」

響「一人だけ薬飲まないなんて駄目だぞ」

千早「いや……放し……まこ……と……ひ……びき……」

律子「2人がかりで絞められるくらいじゃ平気って事? 12人までなら増やせるわよ?」

春香「ほら、首締められたから薬飲まなきゃ仕方ないでしょう?」

貴音「やむなきこと故、許されるべきです」

律子「薬、飲みなさい?」

千早「あ゛……あ゛……」




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:10:40.36 ID:iTnDxF100











千早「の……み……ます」








34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:14:34.87 ID:iTnDxF100


千早「……」

やよい「……」

千早「……」

やよい「……もしかして、千早さんですか?」

やよい「……久しぶりですね」

やよい「……こんな格好でごめんなさい」

やよい「……舐められすぎて、溶けちゃったんです」

やよい「……もう、ご飯作れないなって」

やよい「……もう、ダンスも出来ないです」

やよい「千早さん? 千早さん? 返事してください」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:16:38.74 ID:iTnDxF100









やよい「私もう、目がないから見えないんです」









36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:17:09.55 ID:0cD54lH60


なにこれ……怖い




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:20:43.34 ID:iTnDxF100


やよい「……千早さん、何処が悪いんですか?」

やよい「……みんな、私を舐めて治ったんですよ」

やよい「……えへへ、私、お役に立ってますよね」

千早「ごめんなさい」

やよい「……え?」

千早「ごめんなさい」

やよい「……そんな、千早さん」

やよい「……謝らないでください、だって……」






やよい「結局舐めるんでしょう?」





41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:24:53.06 ID:iTnDxF100


千早「……あ……は……は……」

千早「喉を、治す、の」

千早「喉を、治し、て歌う、の」

千早「だか、ら高槻さん、舐め、させてね」

千早「うん、美味しい。高槻さん、美味しい」

千早「凄く美味しい」

千早「歌える、これで歌えるわ」

千早「歌える! 私は歌えるから!!」

千早「歌うから! 歌うから!」




42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:26:46.09 ID:ZVUzl2ZQ0


>>1からはちょっと予想外の展開




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:31:44.51 ID:iTnDxF100




千早「もう、薬はないのね」

春香「うん。千早ちゃん、使いすぎだよ」

千早「元々無かったと思えばいいのよ。あの薬は便利すぎた」

春香「そうだね……」

貴音「ああ、このような所にいたのですか。お話が」

千早「私?」

貴音「いえ」

春香「私?」

貴音「はい」

春香「なにかな?」

貴音「実は……」




貴音「天海春香、貴方は甘すぎます」

                                      終




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:31:50.97 ID:NGN0cnHw0


なんだこれ




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:33:03.95 ID:Dwv77UZu0


なんだよこれ・・・




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:33:23.25 ID:ZVUzl2ZQ0


なんていうかヤバかった




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:33:26.10 ID:q/tGD3lM0


なんだこれ




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:34:10.65 ID:iTnDxF100


以上、お粗末様でした


 




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:40:11.16 ID:6urTL4IU0


世にも面妖な物語




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 21:40:35.91 ID:ZeH1gvh1O


やよいがみんなからぺろぺろされて気持ちよくなる展開かと




62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/06(土) 22:00:20.70 ID:p/AjLwMo0


怖くて良かったわ





引用元:貴音「高槻やよい、貴方は甘すぎます」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349521841/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロやよい怖い

(15)

AFTER P「余命半年と宣告されてもう二年経つのか……」

BEFORE 伊織「ちょっと遅くなったわ。 タクシーを捕まえることにしましょう」

えっ……何これ……怖すぎるんだけど……
[ 2012/10/07 01:43 ] [ 編集 ]
ところで>>1さん。
貴方甘すぎます

[ 2012/10/07 01:47 ] [ 編集 ]
真夜中に読んでしまった、眠れなくなる……
[ 2012/10/07 02:07 ] [ 編集 ]
もうやよいペロペロしたいとか言えない
[ 2012/10/07 02:23 ] [ 編集 ]
麻薬って恐ろしいなあ…
[ 2012/10/07 02:49 ] [ 編集 ]
世にも奇妙な物語に出てもおかしくないわ……
[ 2012/10/07 03:14 ] [ 編集 ]
誰だ、扉を開いてしまったのは・・・
[ 2012/10/07 08:53 ] [ 編集 ]
エルフェンリート思い出した
[ 2012/10/07 09:37 ] [ 編集 ]
やよいprp…いや、やっぱいいわ…
[ 2012/10/07 09:48 ] [ 編集 ]
私も甘いんでペロペロして頂けますか?
[ 2012/10/07 11:27 ] [ 編集 ]
>>8の亜美真美ではだしのゲンを思い出した
[ 2012/10/07 11:41 ] [ 編集 ]
貴音が死刑宣告人のようで怖い
[ 2012/10/07 15:51 ] [ 編集 ]
おそらく、最も多くやよいをprprしたのは春香。
だから、甘い味が彼女に移った。そして、次に最も多く春香をprprした者が・・・っぽいな。
[ 2012/10/07 16:23 ] [ 編集 ]
あずささんが美希に余計なこと言わなければ・・・
[ 2012/10/09 00:54 ] [ 編集 ]
怖かった。世にも奇妙な物語に出てそうな話だな。
[ 2012/10/09 02:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

貴音「高槻やよい、貴方は甘すぎます」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto