スポンサーリンク

2012 09/19

P「雪歩が入れたお茶の美味しさの秘密を調べる」




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:23:28.97 ID:yqqt1R3/0



P「あー、今日も暑い・・・」

雪歩「あの、プロデューサー。お茶どうぞ」

P「ああ、雪歩。いつも悪いな」

雪歩「い、いえ。今日は暑いので、いつもと違って冷たいお茶を入れてみました」

P「・・・ゴクッゴクッ」

P「あー、身体中に染みるー。今日もうまいぞ、雪歩」

雪歩「本当ですか!ありがとうございますぅ」








スポンサーリンク




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:28:15.41 ID:yqqt1R3/0



小鳥「あ、プロデューサーさんいいですね」

雪歩「小鳥さんにも用意してます。ど、どうぞ」

小鳥「あら、ごめんなさい、ちょっと、催促するみたいだったわね。ありがとう、雪歩ちゃん」

小鳥「うーん、やっぱり雪歩ちゃんのお茶が一番ね」






11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:31:01.39 ID:yqqt1R3/0



雪歩「・・」ニコニコ

雪歩「あっ、プロデューサー。良ければ、おかわり注ぎましょうか?」

P「お、いいか?」

雪歩「はい!すぐ行ってきますぅ」

トテトテ






15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:34:15.18 ID:yqqt1R3/0



小鳥「・・・雪歩ちゃんはいいお嫁さんになりそうですねぇ」

P「ほんとに。あれで男性恐怖症さえなければ、間違いなく彼氏の一人や二人はいるんでしょうが」

P「雪歩には悪いけど、アイドルのプロデューサーとしては、ありがたいですね」

小鳥「でも、最近の雪歩ちゃん、プロデューサーさん相手なら、物怖じしなくなってないですか?」




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:34:23.10 ID:U+6WieZi0



        _
 r=====ュ (_ __)
 {!    l}  |/
 ヾ__o__〃   __
 /~~~~~~ヽ / /
 i  ノノハ)i |/
,'.ヽ (l゚ ヮ゚ノリ.:   みなさん熱いお茶が入りますたよ。
{.:.:U:.:.:.:.:.:⊃旦~
ヽ、__ノ
  U U       旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:38:37.42 ID:9g0W8gge0


>>16
たくさんおくれ!




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:38:29.57 ID:yqqt1R3/0



P「仕事柄、他の人よりは長い時間近くにいますからね。きっと慣れでしょう」

小鳥「そんな事言って、雪歩ちゃんと付き合って、寿退社とか辞めてくださいね。私、悲しくなっちゃう・・・」オヨヨ

P「ないですよ。俺はプロデューサーで雪歩はアイドルだし、そもそも、向こうにその気はないでしょ。ちょっと、年の離れた兄ぐらいじゃないですか?」




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:41:22.41 ID:yqqt1R3/0



小鳥「そうですかねー。私の乙女の感としては、ほの字ですよ」

P「小鳥さん、いちいち例えが古いです」

小鳥「!」

P「それにしても、いつもお茶入れてくれるのはありがたいですね」





22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:44:45.47 ID:yqqt1R3/0



P「俺がこの事務所に努めだした時から雪歩はいましたが、昔からお茶淹れたりしてたんですか?」

小鳥「うーん、そうですねぇ。どうやら、趣味みたいで、所属した時から淹れてくれましたね」

小鳥「でも、急に美味しくなったような・・・ 時期的には・・・そう、プロデューサーさんと打ち解けて以降・・・」

P「? 何か言いましたか?」




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:48:48.89 ID:yqqt1R3/0



ガタッ

小鳥「ふむ・・・、美味しさの秘密がわかりました!」

P「・・・急に立ち上がってどうしたんですか?」

小鳥「プロデューサーさん、一度、見て見ませんか? 雪歩ちゃんがお茶を淹れる姿」

P「うーん、そうですね。仕事も一段落したし、いつも淹れて貰ってばっかりなんで手伝いますか」

小鳥「それじゃあ、行きましょう!」





24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 23:52:56.18 ID:yqqt1R3/0



・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

P「なんで給湯室を覗いてるんですか?これじゃ、てつだ

小鳥(プロデューサーさん、静かに!)

P(は、はい)

小鳥(プロデューサーさんが居たら美味しさの秘訣が出ない気がするんです。だから、今は見守りましょう!)チラッ

P(はぁ・・・)チラッ

雪歩「♪」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:00:21.63 ID:JIR4aw190



雪歩「うーん、どうしよう。冷たいお茶、これじゃ足りないよね・・・」

雪歩「温かいの淹れて、氷で冷やそうかなぁ。でもそれじゃ、今日持ってきた茶葉じゃ香りが薄いから飛んじゃうし・・・」

雪歩「どうしよう・・・」

P「? 何か首をかしげてますね」

雪歩「・・・よし」

コソコソ

雪歩「うんしょ・・・」

P「うーん?影に行っちゃったんでよく見えないですね」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:04:55.14 ID:JIR4aw190



小鳥(ピヨー!)

P(ど、どうしたんですか?)

小鳥「何言ってるんですか!物陰に隠れてやることなんて、ひとつでしょ!」

P「こ、小鳥さん!うるさ

雪歩「・・・何してるんですか?」

P「ゆ、雪歩?!」

雪歩「あ、プロデューサー。ごんなさい、今日持ってきた分じゃ、あと一杯しかなくって」

雪歩「良ければどうぞ」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:11:07.77 ID:JIR4aw190



P「ああ、ありがと」

ゴクッゴクッ

雪歩「あ、もしかして、取りに来てくれたんですか?ごめんなさい。次のために、お茶を作って冷やしてから持っていこうかと思ったんですぅ」

P「あー、なるほどな。わざわざ、悪いな」

小鳥「・・・! あ、そうだ。プロデューサーさんが、もう一杯おかわりしたいんだけど、いいかしら?」

P「? 俺はもう

小鳥「暖かいのでもいいから、どーしても、雪歩ちゃんのお茶か飲みたいんだって!」

雪歩「ほ、本当ですか!分かりました。また、淹れて持っていきますぅ」

P「え?いや、

小鳥「じゃ、プロデューサーさん!早く戻りましょう」

ズルズル…






31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:14:24.38 ID:JIR4aw190



P(で、結局覗くんですか?)

小鳥(当然でしょ!やっぱりさっきので確信しました!)

P(? だから、な

小鳥(ほら!黙って見ててください!)

雪歩「プロデューサーが美味しいって言ってくれた、えへへ」

雪歩「次も頑張ろう」 グッ

P(何か知らんが、気合入れる雪歩可愛い)




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:20:59.96 ID:JIR4aw190



雪歩「・・・」ジーッ

P(雪歩がやかんと無言で向き合ってる)

雪歩「・・・」

P(そろそろ、沸騰するころか?)

やかん『---ピッ』

雪歩「!!」

カチッ

サッ

P(は、はやい?! 沸騰したと思ったら、瞬間的に火を止めて、やかんを持ったぞ!)




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:24:46.86 ID:JIR4aw190



雪歩「1、2、3・・・」

クルクル

P(な、なんだ? 雪歩がカウントしながら、やかん回すように揺らしてるぞ)

雪歩「次は・・・」

コポコポ

P(あれ?先に湯のみにお湯を注ぐのか?)

小鳥(ああ、やって適温まで温度を下げてるんですよ。手間はかかりますけど、最後の味は大きく変わります)

P(へぇ、そうなんですか)





35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:27:52.53 ID:JIR4aw190



雪歩「・・・」

サッ サッ

P(ふむ、急須に茶派を入れて)

雪歩「・・・」ジーッ

P(ま、また、湯のみを見ているぞ?)

雪歩「よし、この湯気なら・・・」

パシャ

P(へぇ、ここで急須にお湯を戻すのか)




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:32:52.17 ID:JIR4aw190



雪歩「・・・」

スゥッ

雪歩「1、2、3・・・」

P(目を閉じたと思ったら、リズムを刻み始めた)

雪歩「・・・」

カツ カツ

P(・・・)

雪歩「・・・」

カツ カツ

P(・・・)

P(えっ、何この地味な絵は)

P(雪歩がカウント刻んでるだけで、待つの?これ?)







41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:35:36.10 ID:JIR4aw190



カツ カツ

雪歩「・・・うん」

コポコポ

P(あぁ、湯のみにお茶を淹れてる。え、完成? ちょっと、小鳥さん、何もないじゃないですか。確かに、こだわりは見えましたけど・・・)

小鳥(ここからです!よく見てください!)




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:45:18.04 ID:JIR4aw190



雪歩「・・・」

スウッ

P(あれ?湯のみを前にして、また目を閉じるの?)

雪歩「・・・プロデューサー」

P(?)




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:46:10.16 ID:JIR4aw190



雪歩「いつも、私のお茶を美味しいって言ってくれて、ありがとうございますぅ」

雪歩「私の男性恐怖症のせいで、いつも現場で迷惑をかけてごめんなさい」

雪歩「それでも、嫌な顔ひとつせずしょうがないと微笑み返してくれる貴方」

雪歩「こんなダメダメな私がこの気持ちを持つのは間違っていると思います、でも・・・」

雪歩「いつか・・・」

雪歩「・・・いつか、私がトップアイドルになった時に、この気持ちを伝えたいと思います」

雪歩「それまでは・・・」

スッ

チュ

雪歩「・・・」

雪歩「愛が重くてごめんなさい。せめて・・・、、この湯のみ一つでいい。少しでも繋がっていたいから・・・」

P(・・・)






47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:47:32.61 ID:b6KvFjqk0


重イイ~




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:48:08.64 ID:QgFTAOlK0


かわいいいあいい




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:49:15.72 ID:JIR4aw190



雪歩「・・・」

パチッ

雪歩「さあ、持って行きますぅ」

P(・・・あ、やば、もう来る)

小鳥(プロデューサーさん、はやく戻りましょう!)

スタスタスタ

・・・
・・


雪歩「どうですか?」

P「あ、ああ。うまいよ」

雪歩「ありがとうございますぅ」




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:52:00.08 ID:JIR4aw190



雪歩「あの・・・、明日から入れてもいいですか?」

P「え?そ、そりゃ、もちろん!今まで入れてもらったんだから、断る理由ないしな!」

雪歩「!! 明日も期待してください!」

P「あ、あぁ」

雪歩(・・・私がトップアイドルになるその日まで・・・)

おしまい




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:52:36.13 ID:gEaSwdjW0






54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:52:48.22 ID:tM7VXIZw0


すばら




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:53:41.20 ID:JT0n6tos0


いいSSだった




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:54:22.42 ID:l+0I/3C30


雪歩はほんと天使すなぁ…




59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:57:29.53 ID:JIR4aw190


もっと言わせたいセリフ考えてたのに、即興だと上のおしっこ混ぜるとかいう展開に脳が引きずられて、強引に戻したけど、内容が薄くなってしまった・・・

やっぱり書き溜めないと。と感じた、今日この頃




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 00:59:37.17 ID:oApPxOh40


こういうの良いと思います




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/18(火) 01:00:55.43 ID:yjnWzOhI0


なんだかんだ言って事務員のクッションも必要なんだよ




引用元:P「雪歩が入れたお茶の美味しさの秘密を調べる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347891808/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ雪歩

(9)

AFTER モバP「北へ還れ!」

BEFORE 伊織「本気で嫌いなのにツンデレと勘違いされてうざい」

かわいい 重いけど雪歩は天使です
[ 2012/09/19 14:56 ] [ 編集 ]
面白かったよーo(^o^)o
[ 2012/09/19 18:10 ] [ 編集 ]
腋からゆきぽエキスを分泌してお茶に混ぜてるのかと期待したのに
[ 2012/09/19 21:43 ] [ 編集 ]
おしっこ入れるSSは他にあるから良い子はそっちを読もうな
[ 2012/09/20 00:37 ] [ 編集 ]
重いだけでなく怖いです
ちょっとしたことで危険な方向に進みそうです
ということなので、僕が責任を取って引き取らせていただきます
[ 2012/09/20 06:43 ] [ 編集 ]
尿入りを期待したがそれ以上だった
[ 2012/09/20 06:55 ] [ 編集 ]
雪歩かわいい天使
[ 2012/09/21 10:25 ] [ 編集 ]
テキスト量から推測して雪歩の汁的なSSを想像したのは内緒だ
[ 2012/09/25 20:22 ] [ 編集 ]
雪歩の体液想像してた奴は心が汚れすぎだよwww(実は俺も尿入り期待してたなんて言えねえ…)
[ 2012/11/25 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「雪歩が入れたお茶の美味しさの秘密を調べる」

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto