スポンサーリンク

2017 03/26

モバP「森久保乃々がヤンデレになった」




1: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:51:07.55 ID:xNqNfAZfO

――事務所内

P「ただいまー」

ちひろ「お帰りなさい。会議お疲れ様です。スタドリどうぞ」

P「お、ありがとうござ……これ無料ですよね」

ちひろ「……有料です」チッ

P「もう騙されねえぞちひろ!」

ちひろ「騙すなんて人聞きの悪い!」




2: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:52:57.90 ID:xNqNfAZfO

P「この前は俺のモバコイン搾取したじゃないですか!」

ちひろ「べ、別に、騙すつもりなんて、なかったんだからな!」

P「そんな奈緒風に言わなくても!」

ちひろ「うふ、冗談ですよぉ?」

P「まゆ風に言わなくても!」

???「あ、あの、もりくぼ以外の人と、話すの、楽しいですか……?」

P「まゆと森久保を混ぜなくても!というかちひろさん森久保の声真似上手いな!」

ちひろ「え?今の私じゃ……」

P「……え?」

森久保「プロデューサーさんは、もりくぼのことだけ、見ていればいいんですけど……」
mrkbnn18.jpg

P・ちひろ「……はい?」




スポンサーリンク



3: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:54:09.89 ID:xNqNfAZfO

ちひろ「あぁ、机の下にいたんですね、乃々ちゃん。びっくりしましたよ」

森久保「……」ジー

P「そんなに俺のことを見つめてどうした?いつもは目を逸らすだろ?照れるぞ?何があった森久保ォ!」

森久保「い、いきなり叫ばれるの、苦手なんですけど……」プイッ

P「あ、ああ、すまん……んで、何があった?輝子から変なキノコでも食わされたか?」

森久保「そんなの、食べてないんですけど……」

P「じゃあ、まゆの、なんか怖い感じ……あれ、なんて言うんでしたっけ」

ちひろ「ヤンデレ」

P「ああ、その"ヤンデレ"とやらでも、うつったのか?」

森久保「別に、"ヤンデレ"は"怖い感じ"でも、伝染病でもないんですけど……」


森久保「昨日、まゆさんから、プロデューサーさんの良い所、1時間くらい教えてもらっただけです」

P・ちひろ「それだ!」


4: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:55:04.32 ID:xNqNfAZfO

――回想。昨日の机の下

森久保「もうむーりぃー……プロデューサーさんの、お、おたんこなすぅー……」

まゆ「今、プロデューサーさんが……何て?」ニュッ
skmmy13.jpg

森久保「んぴゃぁ!」

まゆ「まゆですよぉ。それで、さっき、プロデューサーさんの悪口が、聞こえたような……」

森久保「ま、まゆさん……いえ、それは、そ、その……ち、違うんです」

森久保「えっと、最近、プロデューサーさんが、もりくぼのことを、いぢめてきて、それで……」

まゆ「そうねぇ……最近、とても仲が良いものねぇ……」

まゆ「プロデューサーさんと、あんなにお話できて、羨ましいですねぇ……」ハイライトオフ

森久保「ま、まゆさん……?」


5: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:57:17.37 ID:xNqNfAZfO

森久保「プロデューサーさんは、もりくぼなんかよりも、まゆさんとお話していればいいのにって、思うんですけど……」

まゆ「……乃々ちゃんは、プロデューサーさんのこと、嫌い?」

森久保「嫌い……では、ないです。でも、あんなにグイグイ来られるのは、むりです。むりくぼです」

まゆ「ということは、乃々ちゃんも、プロデューサーさんのことが好きなの?」

森久保「えっと、好きとまでは……プロデューサーさん、強引すぎますし……」

まゆ「あの強引なところがいいんじゃないですかぁ♡」

森久保「……え?」


6: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:58:53.72 ID:xNqNfAZfO

まゆ「むしろ、もっと強引なくらいでも良いんですけどねぇ」

まゆ「ちょっと強引に来ても、まゆのこと、ちゃんと考えてくれるんですよねぇ」

森久保「た、確かに……本当にむりな事は、プロデューサーさん、断ってくれていたような……」

まゆ「それに、乃々ちゃんは気付いていないかもしれないけど、プロデューサーさん、とっても優しいんですよぉ?」

森久保「え、優しい……?」

まゆ「例えば、この前、乃々ちゃんのお仕事のときに……」


7: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:00:46.03 ID:erzQLXfdO

――1時間後

まゆ「……というところも、かっこいいんですよねぇ」

森久保「なんだか、もりくぼまで、プロデューサーさんのこと、好きになりそうなんですけど……」

まゆ「……うふふ♡」


まゆ「――乃々ちゃんも、プロデューサーさんのこと、好きになっちゃっても、いいんですよぉ?」


――回想終わり


森久保「こんなかんじです」

P「えぇ……」


8: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:01:33.02 ID:erzQLXfdO

森久保「も、元はと言えば、もりくぼをその気にさせたのは、プロデューサーさんですよぉ……」

P「森久保、口調がうつってるぞ?」

森久保「責任、取ってくれますよね……ねぇ……?」ジー

P「あの、森久保、いつもより、なんだか距離が近くないか?そんなに近いと、話しにくいぞ?」

森久保「はぐらかさないで欲しいんですけど……」ズイッ

P「え、えーっと……」目を逸らす

森久保「こ、応えてくれないなんて、そんなの、むーりぃー……」プイッ

P(森久保のネガティブさに、まゆの迫ってくる感じが合わさって、なんかこう……卑怯だ)


9: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:03:41.76 ID:erzQLXfdO

森久保「プロデューサーさん……今は、もりくぼと、ふたりきりなので……」

P(あれ、ふたりきり……?あ!ちひろアイツ逃げやがったな!)

森久保「その、いまなら、な、なんでも、して、いいんですよ……?」ジー

P(アカンこれ)

森久保「な、なんて……冗談、です。恥ずかしいですね……」プイッ

P(ダメだ森久保がメチャクチャ可愛くてヤバい」

森久保「か、可愛いだなんて……照れますね……声に出てましたよ……もうむーりぃー♡♡♡」

P(可愛すぎる……もう我慢できn)

プルルルルルルルルル

P「うおっ!?」

森久保「んぴゃっ!?」


10: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:04:23.66 ID:erzQLXfdO

P「な、内線か……びっくりした」

森久保「でんわでしたか……おじゃまむしですね……」ボソ

P(聞こえなかったことにしよう……)

ガチャ

P「はい、Pです……ああ、その資料なら……」

森久保(プロデューサーさん、無防備ですね……いま何かしても、抵抗、できないですよね……)

森久保(これは、チャンスなのでは……もりくぼ、やるくぼになります)

P「……ああ、後でそっちに持ってくぁっ!?」

P(森久保が、抱きついてきた、だと……!?)


11: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:06:48.61 ID:erzQLXfdO

P「ああ、すまん、ちょっと、驚くことがあって、だな。いや、大丈夫大丈夫」

森久保「プロデューサーさん……いいにおい……かぐくぼになります……くんくん……」

P(抵抗できないのをいいことに、めっちゃ匂い嗅いでる……俺の理性がそろそろヤバイ)

P「あ、ああ、分かった!後でじゃなく、今すぐ行くわ!」

ガチャ

P「すまん森久保、ちょっと同僚んとこ行ってくるから、離してくれ、な?」

森久保「いま、プロデューサーさん成分を、補充しているところなんですけど……」クンカクンカ


12: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:09:14.48 ID:erzQLXfdO

森久保「同僚さんですか……同僚さんって、男の人、ですよね……」

P「男だよ!アイツだアイツ、藍子ちゃんの担当の……」

森久保「今、他の子の話するの、ダメなんですけど……」

P「違うって!藍子担当プロデューサー!あいつ男だったろ!」

森久保「そ、そうでしたね……うぅ……」

森久保「お仕事なら、しかたないです……がまんします……」


P(何この謎の罪悪感)


13: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:09:53.99 ID:erzQLXfdO

――その後も

森久保「プロデューサーさん……また、他の人を、スカウトしてきたんですか……」

P「お、おう。それが仕事だからな……?」

森久保「プ、プロデューサーさんは、もりくぼのことだけ見ていれば、いいんですよ……?」ジー

P「」

森久保「もりくぼのこと、ちゃんと見てくれなきゃ、お仕事、むーりぃー♡♡♡」


――森久保からのアプローチは続いた


14: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:10:55.15 ID:erzQLXfdO

――後日、事務所内

P「ちひろさん、最近悩み事ができたんですよ」

ちひろ「どうしたんですか?ついに乃々ちゃんに手を出したんですか?」

P「そんな訳ないじゃないですか。まあ森久保絡みなのは合ってるんですが」

P「最近ものすごく積極的なので、その、本当に手を出しそうで、我慢するの、むーりぃー」

ちひろ「乃々ちゃんの口調うつってますよ。あとその悩み、もう5回くらい聞きました」

P「……あと、もう一つ悩みができまして」

ちひろ「なんでしょうか?」


まゆ「プロデューサーさん、まゆと籍入れてくれないなんて、むーりぃー……」チラッ

P「まゆが森久保の真似をし始めて、収拾がつかなくなりました」


15: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:12:06.70 ID:erzQLXfdO

森久保「まゆさん、その……それは、ダメです……」

P「そうだぞまゆ、ダメだぞ。森久保からも言ってやってくれ」

森久保「あと2年、待って欲しいんですけど……」

まゆ「あら……乃々ちゃん。2年待っても、プロデューサーの運命の相手は、まゆに変わりありませんよぉ?」

P「そうじゃないぞまゆ。いや、その言葉は男からしたら嬉しいけどな?」

森久保「いえ……もりくぼが先にトップアイドルになって、プロデューサーさんに相応しい相手に、なります」

P「アイドルにやる気を持ってくれて嬉しいぞ森久保。でもちょっとなんだか怖いぞ?」

森久保「……あ、あの、プロデューサーさん、その、お願いがあるんですが……いいですか……?」ジー

P「?……お、おう……」


16: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/26(日) 00:13:24.87 ID:erzQLXfdO

森久保「もりくぼのことも、ちゃんと、『のの』って、呼んで欲しいんですけど……」ジー

P「」

森久保「呼んでくれませんか……そうですか……もりくぼ、いぢけます。いぢけくぼになります……」プイッ

P「えーっと、もりk……じゃない。の、乃々……?」

森久保「……うふ、ふふふふ……もうむーりぃー♡♡♡」

まゆ「ずるいですよぉ。まゆのことも名前で呼んでくださぁい♡」

P「まゆは前々から名前で呼んでるだろ!」

森久保「もっと、もっと名前を呼んでほしいんですけど……」

P「もう手に負えないんですけど……こんなの、むーりぃー……」


おしまい


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 01:00:31.01 ID:LKNFbxaDo

カオス可愛い
乙、情熱的な森久保ォ!と無理まゆはいいのぅ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 01:08:23.51 ID:RgjjhJl8O

ぐいぐいくる森久保かわええ
つうかこれ、さらに伝染するんじゃないかな?


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 11:20:21.33 ID:BOtrv5K90


同じ机の下の同居人で、ジゴレットの輝子経由で幸子や小梅方面にも感染が拡大しそうだな…

転載元:モバP「森久保乃々がヤンデレになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490453467/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス乃々まゆ

(2)

AFTER 【モバマス】「ぼののを救え! ウサミンロボ」

BEFORE モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」

でも驚異性はあんまない…?
[ 2017/03/27 00:09 ] [ 編集 ]
敵に回すと厄介なのは金権力か技能持ってる人なのでちゃまやらはかせしきにゃんあたりが病んだらヤバそう
[ 2017/03/27 04:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「森久保乃々がヤンデレになった」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto