スポンサーリンク

2017 02/24

留美「女子力を求めて」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 13:56:23.66 ID:M7CZ6H9p0


留美「……」
wkirm2.jpg

留美「手料理……化粧……」
mfnmy.jpg

美優「あれ……留美さん、何の本を読んでるんですか?」

留美「!」パタン

留美「あ、ああ、美優、これは……その……」

美優「あ、いえ……言いたくなければ別に大丈夫ですよ、お邪魔してごめんなさい」



2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 13:58:19.20 ID:M7CZ6H9p0


留美「……」

留美「いや、ここは美優にも協力してもらおうかしら……」

美優「?」

美優「協力って……何か悩み事ですか?」

留美「……美優、女子力って知ってる?」

美優「じょ、女子力?」

留美「ええ」

美優「それは……なんというか、女の子として重要な能力というか、女の子らしさというか……ですよね?」

留美「……」

留美(知ってたのね……今までそれが戦闘力的な何かだと思っていたのは私だけかしら)




スポンサーリンク



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:00:11.36 ID:M7CZ6H9p0


美優「それがどうかしたんですか?」

留美「私は今、その女子力というものについて、この本で勉強していたのよ」

美優「えっ、留美さんが……!?」

留美「……何でそんなに驚くのかしら」

美優「ご、ごめんなさい、ちょっと意外で……」

留美「意外……か、確かにそうかもしれないわ」

留美「けど、私は何も伊達や酔狂でこんなものを読んでるわけではないのよ?」

美優「はぁ……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:02:00.91 ID:M7CZ6H9p0


留美「……分かってないようね、これは貴女にも関係あることなのに」

美優「私に……ですか?」

留美「そうよ」

留美「私も貴女も確かにアイドル……だけどアイドルの前に一人の女」

留美「女の人が二十後半にもなって色っぽい話が何もないのは何故?」

美優「……」

留美「……」

美優「もしかして留美さん……」

留美「……もう一度言うわ」

留美「私は何も伊達や酔狂でこんなものを読んでるわけではないのよ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:03:47.11 ID:M7CZ6H9p0


留美「……でも、貴女にも関係のない話というのは少し嘘かもしれないわ」

留美「私は確かに仕事人間で愛嬌も何も無い女だけど、美優は素敵な女性だと思うもの」

美優「そ、そんなことないです、私なんかより留美さんずっと素敵ですよ」

留美「いいの……気を使わなくて、自分がダメなことは自分がよく分かってるわ」

留美「でも、だからといって私は諦めたくない……アイドルとしての幸せを理解した今、女性としての幸せも掴んでみたい……そう思うの」

美優「……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:05:14.77 ID:M7CZ6H9p0



美優「留美さんはやっぱり素敵ですよ……私はいっつも消極的で、そんな風には思うことが出来ません……」

美優「……」

留美「……美優?」

美優「……私、決めました……留美さん、今女子力について勉強してるんですよね?」

留美「え、ええ」

美優「それなら私も一緒に勉強させてください、私も女性として幸せになる努力がしたいです……!」

留美「そう……それはとても嬉しいわ、一緒に頑張りましょう、幸せになるために」

美優「はい……!」

美優「Pさんと幸せになるためにっ!」

留美「待って」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:07:06.59 ID:M7CZ6H9p0



…………



美優「それで女子力なんですが……その本にはなんて書いてあったんですか?」

留美「色々書いてあったわ、女子力を向上させるための仕草や男性と女性の女子力に対する価値観についてなど」

留美「でも正直私も分からないことが多くて……女子力の全貌は掴めなかったわ」

留美「女子力のポイントとして食べ方が綺麗、箸を正しく持てるなんてものもあって……女子力とは大人の常識という言葉の言い換えかと思った程よ」

美優(わ、私は変な食べ方とかしてないかな……)

留美「ただ、なんとなく分かったことは……女子力の基本は料理、気遣い、化粧の三つであるということかしら」

美優「料理、気遣い、化粧……ですか」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:09:23.87 ID:M7CZ6H9p0


留美「そう、今はとにかくその三つを向上させて行こうと私は考えてるわ」

美優「料理は難しくないものなら大丈夫だと思いますけど……気遣いと化粧は……」

留美「……化粧はいつもメイクさんにお任せしてるから自信ないわね」

美優「留美さんは普段出かける時とかにお化粧しないんですか?」

留美「ないとは言わないけど……苦手ね、本気でしてみようと思ったことはないわ」

留美「貴女は?」

美優「私も化粧は下手で……だいたい軽くで済ませちゃいます」

留美「……化粧の件についてはまた後にしましょうか」

美優「そ、そうですね」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:11:19.91 ID:M7CZ6H9p0


留美「気遣いについてはビジネスマナーで学んだ心得が活かせればいいと思ってるわ」

美優「で、でもマナーと気遣いは少し違うような気がします」

留美「それは分かってる、分かってはいるのだけど……」

留美「日常生活の中で気を遣うという行為をわざわざ意識したことがあまりないから、いざ意識してみると何をすればいいのか分からなくなるの」

美優「留美さんはよく気を遣ってくれる方だと思いますよ?」

留美「気を遣わなくていいのよ」

美優「遣ってるわけではないんですが……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:12:38.09 ID:M7CZ6H9p0


留美「とにかく、気遣いについてはもう少し調べて見ないと判断しにくいわね……これも後回しにしましょう」

美優「そうすると残ったのは料理、ですか……留美さん料理の経験は……?」

留美「……一人暮らしの女がする簡単な自炊くらいなら」

留美「とても人様に食べていただけるものでは……」

美優「……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:14:44.81 ID:M7CZ6H9p0


留美「ま、まぁとにかく行動あるのみ……美優、明日はお昼にお弁当を作って持ってきてみましょう!」

美優「は、はい、そうですね……頑張りましょう!」

留美(美優と出来たお弁当を交換してお互いの感想を言い合えば……料理の良い訓練になるわ)

美優「Pさんに美味しいって言われるようにっ!」

留美「待って」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:16:14.51 ID:M7CZ6H9p0



…………



美優「留美さん、どうでした?」

留美「え、ええ……一応作ってきたけど……」

留美「……本当に渡すの?」

美優「私も恥ずかしいですけど……女子力アップのためですから……!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:17:47.49 ID:M7CZ6H9p0


美優「あ、噂をすれば……ぴ、Pさん!」

P「ん? どうしたんですか美優さん」

美優「今日のお昼まだですよね?」

P「ええ、これからいつものラーメン屋にでも行こうかと」

美優「そ、その、今日はラーメンじゃなくて、私の手料理……もらってくれませんか?」

P「て、手料理? 美優さんのですか?」

美優「はい……」

留美「……」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:18:53.82 ID:M7CZ6H9p0


美優「Pさんに喜んでもらえたらと、頑張ったんです」

P「そうですか……俺のためにありがとうございます」

P「そういうことなら是非、頂いていいですか?」

美優「……! どうぞ! 頂いちゃってください……!」パアアッ

留美「……」

留美(女子力をよく分かってない私だけれど、なんだか美優は女子力というのが十分高いような気がするわ)


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:20:04.52 ID:M7CZ6H9p0


P「それでは早速失礼して……よっ、と」

P「おお、凄い彩りがいいお弁当ですね」

美優「出来るだけ栄養バランス良くて、色んな料理がある方がいいかなと……」

P「とても嬉しいですよ、凄く食欲が湧いてきます!」

P「……うん! 味も凄く美味しい!」

美優「よかった……」

留美「あ、あの、Pくん」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:22:02.18 ID:M7CZ6H9p0


P「留美さん? どうかしましたか?」

留美「その……ね、あの……」

留美「これ……」

P「……?」

留美「……私もお弁当、作ってきたの」

P「ええっ! 留美さんも!?」

留美「……美優の時より驚きが激しいのが気に食わないわね……私がPくんにお弁当作ってあげるの、何かいけない?」

P「い、いえ……少し意外な気がして……」

留美「……まぁいいわ、私の、食べてくれる?」

P「でも……さっき美優さんから貰ったのが……」

美優「あ……」

留美「……」

留美(そういえば美優と私のでお弁当を二つ食べてもらうことになるのよね……何故こんな当たり前のことに気付かなかったのかしら……)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:24:12.33 ID:M7CZ6H9p0


留美「……そうよね」

留美「ごめんなさい、今日はこのお弁当はいいわ」

留美「けど……だけど明日またお弁当作ってくるからその時は貰ってくれないかしら」

P「あ……」

P「……いや、でもそれはダメです」

留美「う、受け取ってくれないの?」

P「そ、そうじゃなくてですね……せっかく留美さんが作ってくれたものを無下にすることは出来ません」

P「俺も男です! お弁当、留美さんの分も今日全部いただきます!」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:26:18.07 ID:M7CZ6H9p0



…………



P「うぅ……お腹が、お腹がぁ……」

留美「ぴ、Pくん大丈夫? 無理しなくてもよかったのに」

P「いえ、なんのこれしき……」

P「えと、お弁当はとっても美味しかったですよ、なんというか本当に定番のお弁当で……卵焼きとかあんな綺麗な形、料理屋でしか見たこと無いですし……」

P「まさに料理本とかに載ってそうな、ザ・お弁当って感じのお弁当でした」

留美「……ありがとう」

留美「……」

留美(褒めてるのかしら)


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:27:36.19 ID:M7CZ6H9p0


P「だけど流石に……ちょっと休憩させてください」

美優「だ、大丈夫ですか? 横になりますか?」

留美「食べ過ぎだから横になるのはつらいんじゃないかしら……」

?「……あ、Pくんこんなとこいたんだー!」

留美「!」

美優「!」

P「ん?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:29:27.50 ID:M7CZ6H9p0


莉嘉「もー、探したんだよ?」
jgskrk15.jpg

P「莉嘉か……どうしたんだ?」

莉嘉「ちょっとPくんに渡すものがあってねー……はい、これ!」

P「なんだその包み?」

留美「……」

留美(……まさか)

莉嘉「お弁当ー!」

P「」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:32:53.59 ID:M7CZ6H9p0


美優「あ、あの……莉嘉ちゃん、Pさんはね……」

P「……」

P「……美優さん、いいです」

美優「え……」

P「俺は男……俺は男……俺は男……」

莉嘉「……何ぶつぶつ言ってるの?」

P「なんでもないよ、それより弁当作ってきてくれたのか……ありがとう、美味しくいただくな」

美優(Pさん……!)

留美(Pくん……!)


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:35:44.57 ID:M7CZ6H9p0


莉嘉「それじゃあたーんと召し上がれー☆」

P「……」

P「……あぐ」ムシャリ

莉嘉「どう? 美味しー?」

P「……っ!」

P「み、水! 水ー!」

莉嘉「えっ、み、水? えーと……はいどーぞ!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:37:53.80 ID:M7CZ6H9p0


P「んっ、んっ……ぷはっ!」

P「……おま、これ卵焼きに何入れた?」

莉嘉「何って……お塩と、醤油と……」

P「どれくらい入れた!」

莉嘉「沢山!」

P「辛いわ! 食べた瞬間吐き出しそうになったぞ!」

莉嘉「えー」

美優「……」

留美(卵焼きなのに色ががっつり茶色なのはそれが理由なのね……)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:39:17.70 ID:M7CZ6H9p0


P「ったくもう……ん、なんだこれ、真っ黒……」

莉嘉「ソーセージ!」

P「炭素?」

莉嘉「ソーセージだよー☆」

P「……」

莉嘉「どうしたの?」

P「お前、料理出来なかったのか……」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:41:07.80 ID:M7CZ6H9p0


莉嘉「失礼な、これでも家庭科は成績8だよ!」

P「そうだとはとても思えないんだけど……悪いがちょっと食えないぞこれ」

莉嘉「むー、せっかく作ってきたのに」

莉嘉「じゃあほら、これでどうだ……はい、あーん☆」

美優「!」

留美「……」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:41:41.67 ID:M7CZ6H9p0


P「な、何のつもりだ」

莉嘉「ほら、愛情は最高の調味料っていうでしょ?」

莉嘉「食べられないって言うなら、愛情沢山こめて、莉嘉が食べさせてあげるよー」

P「お、おいやめろって……!」

美優「……」

留美「……」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:43:54.95 ID:M7CZ6H9p0



…………



留美「……」

美優「……」

留美「お弁当、喜んで貰えたわね」

美優「……そうですね」

留美「……」

美優「……」

留美「……莉嘉ちゃん、可愛いかったわね」

美優「……はい」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:46:03.82 ID:M7CZ6H9p0


留美「お弁当失敗しちゃって、Pくんにあーん、かぁ……」

美優「……Pさんも口は悪かったけど、全部食べて、とっても嬉しそうでした」

留美「……」

美優「……」

留美「……次は」

留美「次は気遣いよ、気遣いが重要なの」

美優「は、はい!」

留美(気遣いを勉強するためにも明日大人のマナー講座について美優と一緒に読書会してそこからヒントを……)

美優「それなら明日はPさんに尽くせるだけ尽くしましょう! Pさんに喜んでもら……気遣いを学ぶために!」

留美「待って」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:47:02.21 ID:M7CZ6H9p0



…………



P「これはどういう状況なんですか?」

美優「何がですか?」

留美「……」

P「……いえ」

P「美優さんと留美さんに肩や腰や足のマッサージされてる状況がよくわかんなくて」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:48:20.09 ID:M7CZ6H9p0


美優「日頃のPさんに何かお返ししてあげたくて……」

留美(違う、違うわ美優、多分これは気遣いじゃないわ)

留美(マナー講座からアプローチしようとしてた私も気遣いについてあまり言えないかもしれないけど、これは違うわ美優)

美優「私あんまりこういうことしたことなくて、うまくやれるか分からないけれど……どうですか?」

P「いい感じです、いい感じですが……こんなことをアイドルにしてもらうのは……」

美優「大丈夫ですよ、私達が勝手にやってることなんですから」

P「で、でもやっぱアイドルにこんなこと…」

美優「大丈夫なんです」

P「……」

P「る、留美さん……」

留美「……私は何も言わないわ」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:49:19.09 ID:M7CZ6H9p0


美優「よいしょ、よいしょ……」

留美「……ここらへんかしら」

P(後ろに美優さん、足元に留美さん)

P(なんだこれ、なんかダメだろ)

美優「ん……」ぽよっ

P「……っ!」

P(ちょ、美優さんの胸が……胸が!)


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:51:16.30 ID:M7CZ6H9p0


美優(もっと、力強くした方がいいかな……)

P(うおっ、これ……マジか、うおっ、うおおおおおお!!)

留美(Pくんが凄いだらしない顔に……もしかして美優の胸でも……)

留美(……胸)ペタペタ

留美(……)

美優「どうですか? 気持ち良いですか?」

P「ええ……もうそれは最高に……」

留美「……」

P「……うへへ」

留美「……」ギュッ

P「いっ、いたっ! 留美さん! そこ凄く痛い! 痛いからやめてっ!」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:54:59.04 ID:M7CZ6H9p0


留美「ふぅ……こんなものね」

P「いやぁ、おかげでコリがもう殆どなくなりました……ありがとうございます」

美優「Pさんはいっつも頑張ってくれてますし……」

美優「今度からも私や留美さんがたまにマッサージしてあげてもいいですよ?」

留美「わ、私も?」

P「んと、それならいつかまたお願いしようかな」

P「……胸とかそういうセクシャル的なの無いなら」ボソッ

美優「え……」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:57:21.61 ID:M7CZ6H9p0


美優「セクシャルって……も、もしかしてその、当たったりしてましたか……!?」

P「い、いや! 大丈夫です! 今思えば留美さんが足下でマッサージしてくれてる方が絵的にはヤバかった気がしますから!」

留美「どういうことかしら」

P「え、えと……」

ガチャ

P「あ……だ、誰か来ましたよ? 誰かなー?」

美優「む、胸当たってた……はしたない……」

留美「私はただ足のマッサージしてただけなのに……」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 14:59:39.15 ID:M7CZ6H9p0


杏「ふわぁ……眠いなぁ」
ftbanz15.jpg

P「……杏か」

杏「お、プロデューサーに美優さんと留美さん……何してんの?」

P「なんでもないぞ」

美優「な、なんでもないのよ?」

留美「……なんでもないわ」

杏「……杏、何してたか聞いたんだけど、それで『なんでもない』はおかしくない?」

P「……」

美優「……」

留美「……」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:00:23.36 ID:M7CZ6H9p0


杏「まぁいいや、プロデューサー今暇ならちょっと手伝って欲しいんだけど」

P「手伝うって……何を?」

杏「家帰るの」

P「自分で帰れボケ」

杏「えー、だって面倒くさい……いいじゃん今日くらい、プロデューサー今休憩でしょ?」

P「今日くらいって……お前はいつも俺に迷惑かけてばっかだろうが、たまには俺に気を遣ったりしろよ」

杏「遣ってる遣ってる、ほら、プロデューサーの休憩時間を使って杏を運ばせようとしてるでしょ?」

美優「あ、あはは……」

留美(杏ちゃんは相変わらずね……)


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:02:10.20 ID:M7CZ6H9p0


P「……はぁ、なんだそれ」

P「ったく、お前は本当いつも俺が面倒見てやらないとだめだな……っしょ、と」

杏「わっ、担がないでよ!」

P「送ってやるんだ、文句言うな」

P「じゃあすみません留美さん、美優さん、この馬鹿送っていくんで……ありがとうごさいました」

美優「い、いえ……」

留美「……気にしないでいいわ」

P「……さ、行くぞ」

杏「お姫様抱っこを所望する」

P「我儘言うな」

杏「えー」

杏「まぁでも、なんだかんだ連れてってくれるならいいや……くふふ」

留美「……」

美優「……」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:02:10.20 ID:M7CZ6H9p0


P「……はぁ、なんだそれ」

P「ったく、お前は本当いつも俺が面倒見てやらないとだめだな……っしょ、と」

杏「わっ、担がないでよ!」

P「送ってやるんだ、文句言うな」

P「じゃあすみません留美さん、美優さん、この馬鹿送っていくんで……ありがとうごさいました」

美優「い、いえ……」

留美「……気にしないでいいわ」

P「……さ、行くぞ」

杏「お姫様抱っこを所望する」

P「我儘言うな」

杏「えー」

杏「まぁでも、なんだかんだ連れてってくれるならいいや……くふふ」

留美「……」

美優「……」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:06:42.22 ID:M7CZ6H9p0



…………



留美「……」

美優「……」

美優「……Pさんに気を遣えましたかね」

留美「あれはちょっと違う気もするわ」

美優「そうですか……」

留美「……」

美優「……」

留美「Pくん、杏ちゃん連れて行こうとする時嬉しそうだったわね」

美優「そう、ですね……」

留美「……」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:07:29.18 ID:M7CZ6H9p0


美優「……次は、次は化粧ですよ化粧」

留美「ええ」

美優「私、なんだかもうダメです……ちょっとだけイライラしちゃってます」

留美「奇遇ね、私もよ」

留美「料理といい、気遣いといい……何故かは分からないけど私達の努力が無駄になってる気がするのよね」

美優「もう化粧が苦手だとか下手だとかは言ってられません……」

美優「明日は今までで最高の化粧をして!」

美優「Pさんに可愛いと言われるためにっ!」」

留美「Pくんを振り向かせてあげましょう!」





後日、事務所内で白塗りでまるで歌舞伎のような美優さんと最早公害となるレベルの香水の匂いを発する留美さんがそこにはいたという




おわり


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:37:50.74 ID:M7CZ6H9p0



おまけ



杏「……ふー、楽ちん楽ちん」

P「街中でお前をおんぶするの恥ずかしいんだけど……というかアイドルなんだぞこれヤバイだろ」

杏「大丈夫だよ、杏のファンはプロデューサーが頑張らないといけないってこと知ってるからそういうの多分了承するって」

P「それはお前のファンがヤバイだろ……」

杏「いいのいいの……それよりプロデューサー杏の家についたらさ、杏のベッド使ってちょっと寝れば?」

P「は?」

杏「昨日の夜から徹夜でしょ?」

P「確かにそうだけど、俺まだ仕事まだあるから……」

杏「ちひろさんは良いって言ってたよ」

P「ほ、本当か!?」

杏(言ってないけど)

P「い、いやでも……仕事が……」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:39:11.13 ID:M7CZ6H9p0


杏(……相変わらず仕事馬鹿だなぁ)

杏(ま、事務所から離れちゃえばやる気も少しは減るだろうし……杏の家に着いたら適当になんか言って寝させればいいや)

P「……やっぱダメだな……うん、ちゃんと事務所に戻…」グー

P「……」

杏「……」

杏「……お腹減ったの?」

P「……ああ、そうみたいだ」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/18(日) 15:40:24.49 ID:M7CZ6H9p0


P(昨日留美さんと美優さんと莉嘉が弁当くれたから、今日もあるかとちょっと期待しちゃったんだよなぁ)

杏「ふーん……あ、それならここの曲がり角に美味しいラーメン屋あるらしいから行こうよ」

P「それは是非……いや、ダメダメ、お前さっさと送って事務所に戻らないと……」

杏「プロデューサーの好きな豚骨ラーメン」

P「……」

杏「チャーシュー特盛、替え玉無料、野菜にんにくましましほにゃららら?」

P「……」

杏「……」

杏「杏、お腹減って動けないなー」

杏「ラーメン食べたら動けるかもだけど、食べないとプロデューサーにしがみつくのも出来そうにないなー」

P「そ、それならしょうがないな……ちょっとだけ行くか」

杏「プロデューサー」

P「……なんだ?」

杏「奢りね?」

P「……分かった」

転載元:留美「女子力を求めて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400388973/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス留美美優莉嘉

(0)

AFTER フレデリカ「フレンチバトルドームごっこ」

BEFORE 斎藤佑樹「え?!外野手に転向?!」栗山監督「実は背番号1にした本当の理由は佑樹に野手転向して欲しかったからなんだ」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

留美「女子力を求めて」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto