スポンサーリンク

2017 02/22

早苗「私たちの」瑞樹「妹!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:40:32.78 ID:SMAbvvXJ0

モバマスssです

女子寮 早苗宅にて

早苗「それではみなさん、かんぱーい!」
ktgrsne3.jpeg

みんな「かんぱーい!」

早苗「ぷはー!!やっぱりこれね!」

瑞樹「それで、こんなところにみんなを呼び出していったい何をするつもり?」
kwsmmzk14.jpg

早苗「こんなところとは失礼ねぇ!私の部屋に招かれるなんて光栄でしょ!?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:41:55.19 ID:SMAbvvXJ0


美優「今日集まったメンバーに何かあるんですか…?」
mfnmy.jpg

早苗「ふふっ、さすが美優ちゃん、いいところに気づいたわね」

早苗「そう、今日ここに集まってもらったのは25歳以上のアイドルだけよ」

麻里奈「言われてみれば…そうね」
swdmrn13.jpg

留美「それにどんな意味があるのかしら?」
wkirm11.jpg

早苗「私は常々思っているのよ…妹が欲しいと…!」




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:46:07.05 ID:SMAbvvXJ0


夏美「妹…ですか…?」
ntm13.jpg

早苗「そうよ、私たちの事務所には可愛い女の子がたくさんいるじゃない?」

瑞樹「それはまぁアイドル事務所だしねぇ」

早苗「それなのに、仕事で少し顔を合わせるだけの関係で終わるなんて、もったいないわ!」

美優(そ、そうかしら…?)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:50:57.47 ID:SMAbvvXJ0

早苗「そこで、自分の妹にしたいアイドルを一人決めて、そのアイドルと実際の姉妹として生活したいと思うの」

早苗「まぁ生活っていっても一日一緒に過ごすってだけだけどね」

麻理菜「それで、私たちをが呼び出された理由は?」

早苗「? そんなの、あなたたちもやるからに決まってんじゃない」

夏美「えぇ!?私たちもですか!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:54:19.21 ID:SMAbvvXJ0

早苗「そりゃ当然よ、ちなみに拒否権はないから」

美優「そんなっ!」

早苗「いい?これは他のアイドルとの親睦を深めるためでもあるの 文句があるならシメるわよ」

瑞樹「はぁ…まったくこの人は…」

楓「ふふっ、面白そうじゃないですか 私は賛成ですよ?」

夏美「楓ちゃん?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:55:33.00 ID:SMAbvvXJ0


楓「だって妹ってお酒のおつまみ作ってくれたり身のまわりのお世話全部してくれるんでしょ?」
kedeafaga

夏美「楓ちゃん…妹はメイドさんじゃないのよ?」

楓「ふふふっ」

早苗「じゃあさっそく妹ドラフト会議始めるわよー!!」

瑞樹「妹ドラフト会議…」

早苗「まぁ、あんなにたくさんのアイドルがいる事務所だから被ることなんてないと思うけど」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:56:29.55 ID:SMAbvvXJ0

美優「ドラフトってことは、妹にしたいアイドルを指名するってことですか…?」

早苗「まぁ、そういうことね」

麻理菜「でもいきなり妹にしたいアイドルなんて言われても…」

瑞樹「そんな急には決められないわよねぇ…」

早苗「それもそうね…じゃあしばらく飲みながら決めましょうか」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 04:59:20.24 ID:SMAbvvXJ0

しばらくして


早苗「あひゃひゃ!みんなー妹にしたいアイドル決まったー??」ケラケラ

夏美「ちょっと早苗さん、飲みすぎですよ…」

早苗「うるさーい!二月はバレンタインで酒が飲めるのよー!!」

夏美「もう…瑞樹さんからも何か言ってくださいよ」

瑞樹「んりゅ?そんなこと言われてもミズキ困っちゃう☆」キャピキャピ

夏美(ダメだこの大人たち…)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:03:58.94 ID:SMAbvvXJ0

美優「留美さんも少し飲みすぎじゃ…」

留美「らいじょうぶよ、もんらいないわ」

美優「で、でも…」

留美「それに、飲みすぎてもいつもみたいに美優が看病してくれるんでしょ?」

美優「それはその…はい…///」

留美「それなら安心して飲めるわね」ゴクゴク

美優「も、もぉ…///」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:06:09.67 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「妹かぁ…楓は誰か決めた?」

楓「やっぱり家事が得意な響子ちゃんかしら…」

麻理菜「アンタはまったく…」

早苗「それじゃあそろそろドラフト会議始めるわよー!!」

瑞樹「いえーい!!☆」キャルルーン

早苗「まずは…夏美ちゃんから!!」

夏美「えぇ!私からですか!?うーん…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:08:27.98 ID:SMAbvvXJ0

早苗「ちょっとぉ、まだ決まってないのぉ!?」

夏美(だって早苗さんの面倒見ててそんな暇なかったんだもん!!)

早苗「全くしょうがないわねぇ…次聞く時までに決めときなさいよ!」

夏美「はい…」

早苗「じゃあ…楓ちゃん!」

楓「はい、私は亜里沙ちゃんを指名します」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:10:01.63 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「あら、意外な人選ね あなたなら響子ちゃんやフェイフェイを指名するかと思ったけど」

楓「やっぱり一緒にお酒が飲める子がいいなぁと思って…」

麻理菜「ふふっ、楓らしい考えね」

早苗「はーい、じゃあ楓ちゃんの妹は亜里沙ちゃんに決定!!」

楓「ふふっ、楽しみだわ…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:11:13.41 ID:SMAbvvXJ0

早苗「そんじゃあ次は麻理菜ちゃんね」

麻理菜「私は…茜ちゃんにするわ」

早苗「ほほう、理由は?」

麻理菜「んー、あの娘って純粋じゃない?ちょっとからかってみたくて」

早苗「あーわかるわ、ちょっとイジワルしたくなっちゃうのよね」

早苗「じゃあ麻理菜ちゃんの妹は茜ちゃんね!」

麻理菜「ふふ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:13:09.36 ID:SMAbvvXJ0

早苗「夏美ちゃーん、そろそろ決まったぁ?」

夏美「えーっと、もうちょっと…」

早苗「…次聞く時までに決めとかないとアンタの妹は愛海ちゃんにするからね」

夏美「そ、それだけは勘弁してぇ!」

早苗「留美ちゃんは決まった?」

留美「私は…美優にするわ」

美優「え…?///」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:15:12.38 ID:SMAbvvXJ0

留美「美優は細かいことによく気がつくし、可愛いし、妹にはピッタリだわ」

美優「か、かわっ///」ボンッ

早苗「でも、あなたたち同い年なのよねぇ…」

留美「ダメかしら」

早苗「んー…まぁいいか、留美ちゃんの妹は美優ちゃんに決定!」

留美「ふふ、楽しみね美優」

美優「かわ…///」プシュー


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:18:03.34 ID:SMAbvvXJ0

早苗「美優ちゃんは妹側になっちゃったから飛ばすとして…次は瑞樹ちゃんね」

瑞樹「はぁーい!でもミズキちょっと困っちゃうなぁ…」

早苗「え、何が?」

瑞樹「だってぇ…ミズキはまだ17ちゃいだから、選べる妹の幅が狭いしぃ…」

早苗(何言ってんだコイツ)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:24:41.68 ID:SMAbvvXJ0

瑞樹「でも早苗さん決まったわ!私…千枝ちゃんにするわ!」

麻理菜(千枝ちゃん…)

楓(姉妹というよりは親子ね)

瑞樹「千枝ちゃんはブルーナポレオンで一緒だったし、儚げなところがミズキそっくりかなって☆」テヘリン

早苗「はいはい、じゃあ瑞樹ちゃんは千枝ちゃんね」

瑞樹「千枝ちゃん…妹…わかるわ…!」ルンルン


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:29:08.74 ID:SMAbvvXJ0

早苗「で…夏美ちゃんは愛海ちゃんでいいの?」

夏美「ちょっと待ってくださいよ!もう決まりましたから!」

早苗「誰にするの?」

夏美「私は…裕美ちゃんにします!」

早苗「あら、珍しい組み合わせね いったいどうして?」

夏美「んー特に理由はないけれど…なんか妹っぽいっていうか、守ってあげたくなるというか…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:29:40.32 ID:SMAbvvXJ0

早苗「まぁ、確かにそんな感じするわね」

早苗「じゃあ夏美ちゃんは裕美ちゃんに決定!」

麻理菜「そういえば早苗さんは誰にするの?」

早苗「私?ふふふ…私はあいちゃんよ!」

夏美「あいちゃん?なんか妹っていう感じじゃない気が…」

早苗「あんなイケメンと一日一緒に過ごせるなんて夢のようじゃない♪」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:30:36.17 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「早苗さんらしいわね…」

瑞樹「これで全員決まったわね」

楓(あ、瑞樹さん元に戻ってる)

早苗「それでは妹と過ごす上でのルールを発表するわ といってもそんな厳しいものじゃないけど」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:31:13.08 ID:SMAbvvXJ0

早苗「妹と過ごす時間は15:00から翌朝まで」

早苗「その間は二人っきりで過ごすこと」

早苗「夜は姉妹らしく同じ布団で寝ること」

美優「同じ布団…///」

早苗「まぁそのくらいね」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:32:25.44 ID:SMAbvvXJ0

早苗「もしルールを破ったら罰ゲームだからね♪」

麻理菜(イヤな予感しかしないわ…)

早苗「それじゃあ本番は来週だから、今日はこれで解散!お疲れ様でした!」

みんな「お疲れさまでしたー」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:33:44.50 ID:SMAbvvXJ0

一週間後 15:00 女子寮 楓宅

亜里沙「おじゃまします」

楓「亜里沙ちゃん、いらっしゃい」

亜里沙「それにしても、楓さんが私を妹に選んでくれるなんて…意外だけどちょっと嬉しいです」

楓「亜里沙ちゃんはいつもはみんなのお姉さんだけど、今日は私だけの妹ね…」

亜里沙「ふふふ、そうですね でも妹って言われてもいったいどうすれば…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:34:49.48 ID:SMAbvvXJ0

楓「別にいつも通りでいいんじゃないかしら ところで亜里沙ちゃん、お料理は得意?」

亜里沙「そうですね、人並みにはできると思いますが…」

楓「それじゃ、今日の夕飯は亜里沙ちゃんに任せちゃおうかしら」

亜里沙「ふふ、いいですよ ちょっと冷蔵庫見せてもらいますね」ガチャ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:35:31.25 ID:SMAbvvXJ0

亜里沙「…」

亜里沙(お酒とおつまみしかない…)

楓「私生活が見られるみたいでなんか恥ずかしいわ」フフッ

亜里沙「楓さん、お買いものに行きましょうか」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:37:27.75 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜宅

茜「麻理菜さんの部屋、とってもきれいですね!!」
hnakn.jpg

麻理菜「あら、ありがとう」

茜「それにしても妹なんて…ちょっと照れますね!!」

麻理菜「ふふっ、可愛い妹ができてうれしいわ」

茜「可愛い…///」カァァ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:38:26.55 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「今日はお姉ちゃんって呼んでもいいのよ?」

茜「夏美…お姉ちゃん…///ううう、ちょっと走ってきますー!!!///」ボンバー!

麻理菜「ふふ、可愛いわね茜ちゃん… ん?そういえば…」


早苗「その間は 二人っきりで 過ごすこと」

早苗「ルールを破ったら罰ゲームだから♪」


麻理菜「! ま、待って茜ちゃん!」ダッ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:39:19.11 ID:SMAbvvXJ0

 
留美宅

美優「相変わらず綺麗な部屋ですね…」

美優(綺麗っていうかほとんど何もない…)

留美「美優、私たちは今日姉妹なのよ、敬語はやめなさい」

美優「え、えぇ、わかったわ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:40:27.22 ID:SMAbvvXJ0

留美「あと、今日は私のことはお姉ちゃんと呼びなさい」

美優「ええ!?それはちょっと…」

留美「呼びなさい」

美優「お姉…ちゃん…///」

留美「よくできたわね、偉いわ美優」ナデナデ

美優(なんなのこれ…///)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:41:24.14 ID:SMAbvvXJ0

 
夏美宅

夏美「…」

裕美「…」
skhrm17.jpg

夏美(気まずい…)

夏美「あの、裕美ちゃん?」

裕美「は、はいぃぃ!?」

夏美「そ、そんなに緊張しなくても…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:42:40.24 ID:SMAbvvXJ0

裕美「す、すいません…」

夏美「裕美ちゃんとはバニーガールの時以来ね あの時の裕美ちゃん可愛かったわ」

裕美「あ、その…ありがとう…ございます…///」カァァ

夏美(! 可愛い…!)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:43:43.73 ID:SMAbvvXJ0

 
瑞樹宅

瑞樹「はい、はい ではこちらで責任をもって預からせていただきます はい、失礼します」ピッ

瑞樹「ふぅ…」

千枝「瑞樹さん、今日はよろしくお願いします!」
sskce1.jpg


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:44:21.32 ID:SMAbvvXJ0

瑞樹「ふふ、今日はお姉ちゃんに甘えていいのよ?」

千枝「本当ですか? じゃあ…お姉ちゃん、だっこ!」

瑞樹「!可愛いわ、千枝ちゃん可愛い!」ギュッ

千枝「えへへ…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:53:22.11 ID:SMAbvvXJ0

 
早苗宅

あい「おじゃまするよ、早苗さん」
tgai.jpeg

早苗「いらっしゃい、あいちゃん」

あい「それにしても、どうして私を妹に?」

早苗「理由なんてないわ、あいちゃんがよかったの…」ギュ

あい「やれやれ…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:53:56.65 ID:SMAbvvXJ0

17:00 楓宅

亜里沙「ふぅ…重かった…」
mcdars11.jpg

楓「油やお醤油も買ったから…しょーゆーことね…フフッ」

亜里沙「調味料もないなんて…楓さん普段何を食べてるんですか?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:54:30.68 ID:SMAbvvXJ0

楓「お酒があれば…生きていけるわ」フフッ

亜里沙「もう…ちゃんと食べなきゃだめですよ?」

亜里沙(それにしても、こんな食生活でどうしてこんなにスタイルがいいのかしら…?)ジーッ

楓「?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:56:15.06 ID:SMAbvvXJ0

17:20 夏美宅

夏美「その時早苗さんがね…」

裕美「ふふっ…」

夏美(よかった…裕美ちゃんもだいぶ心を開いてくれたみたい)

裕美「あ、あの、私今日夏美さんに渡したいものが…」

夏美「私に?なぁに?」

裕美「これ…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:56:54.57 ID:SMAbvvXJ0

夏美「これ…ネックレス?裕美ちゃんが作ったの?」

裕美「はい、あまり上手じゃないですけど…」

夏美「そんなことないわ、大切にするね!」

裕美「その…実はこれ私とお揃いで…姉妹の証に…///」

夏美「!」

夏美「裕美ちゃん!」ギュウ

裕美「え、あっ夏美さん…苦しいです…///」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 05:57:34.40 ID:SMAbvvXJ0

17:40 留美宅

美優「もうこんな時間…私お夕飯の支度を始めるね」

留美「待って美優、今日は私が作るわ」

美優「え、だって留美さ…お姉ちゃんお料理苦手じゃ…」

留美「大丈夫よ、この一週間でたくさんお勉強したの」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:01:04.81 ID:SMAbvvXJ0

留美「あなたに美味しい料理を食べさせるためにね」キリッ

美優(留美さん…//)

留美「だからあなたは座ってて」

美優「うん、わかったわ…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:01:43.72 ID:SMAbvvXJ0

18:30 麻里奈宅

麻理菜「ハァハァ…茜ちゃんと追いかけっこしてたらこんな時間になってしまったわ…」

茜「久しぶりにあんなに走って気持ちよかったです!!!」

麻理菜「汗びっしょりね…お風呂に入りましょうか」

茜「はい、麻理菜さんお先にどうぞ!!」

麻理菜「あら、あなたも一緒に入るのよ?」

茜「え、一緒に入るんですか?」

麻理菜「そうよ、さぁ行きましょう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:04:48.74 ID:SMAbvvXJ0

お風呂場


茜「運動したあとのお風呂は気持ちいいですね!!」

麻理菜「そうね、ちょっと狭いけど」

茜「そんなことないですよ!!」

麻理菜「それにしても茜ちゃん…なかなか良いカラダしてるわね」

茜「へ…?///」

麻理菜「身長が低い割に、スタイルいいと思うわ」

茜「そんな、麻理菜さんほどでは…///」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:06:14.07 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「まだ17歳ならこれからまだまだ大きくなるわ」サワッ

茜「ひゃっ///ううう、ううううう/////」プシュー

麻理菜「あらあらショートしちゃった…ん?」

ボコボコボコ!

麻理菜「あっつ!」バシャ

麻理菜「茜ちゃんの体温が上がってお湯が熱湯みたいに…」

茜「ううう…///」プシュー


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:07:27.10 ID:SMAbvvXJ0

18:45 早苗宅

あい「うん、とっても美味しいよ、早苗さん」

早苗「そうでしょうそうでしょう」

あい「それにしても驚いたなぁ、早苗さんがこんなに料理上手なんて」

早苗「そりゃ一人暮らしが長いとねぇ…って何言わせんのよ!!」

あい「早苗さんが勝手に言ったんじゃないか…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:08:00.68 ID:SMAbvvXJ0

早苗「あーもう今日は飲むわよー!!あいちゃんにも相手してもらうんだからね!」

あい「私はそんなに強くないよ?」

早苗「ふふふ、今夜は寝かせないわよ、あいちゃん」

あい(私は本当に妹として呼ばれたのだろうか…)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:08:53.55 ID:SMAbvvXJ0

19:00 瑞樹宅 

千枝「オムライスできましたね、瑞樹さん!」

瑞樹「ええ、千枝ちゃんがお手伝いしてくれたから早くできたわ」ナデナデ

千枝「えへへ…」

瑞樹(千枝ちゃん可愛いわ…本当の妹にしたい…)

千枝「そうだ、ケチャップでメッセージ書きますね!」

瑞樹「あら、ありがとう 嬉しいわ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:09:43.31 ID:SMAbvvXJ0

千枝「よいしょ、よいしょ…はい!できました!」

瑞樹「ふふ、なんて書いてくれたのかしら…」

オムライス「瑞樹お姉ちゃん、いつも千枝に優しくしてくれてありがとう。優しい瑞樹お姉ちゃんが大好きです。これからも千枝の、そして事務所のみんなの瑞樹お姉ちゃんでいてください。お姉ちゃん大好き! 千枝」

瑞樹(ケ、ケチャップでここまで…)

瑞樹「千枝ちゃん…侮れないわ…」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:13:03.31 ID:SMAbvvXJ0

19:15 留美宅

留美「…」

美優「…」

留美「…ごめんなさい」

美優「そ、そんな…お姉ちゃんは一生懸命やったんだから…」

留美「でも…こんな料理しか作れないなんて…」

料理「ボローン」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:14:08.24 ID:SMAbvvXJ0

留美「料理の一つもろくにできないなんて…姉失格ね…」

美優「そんなことないわ、私のために苦手な料理の勉強してくれるなんて立派なお姉ちゃんじゃない…」

留美「美優…」

美優「それにこのくらいなら少し味を整えれば美味しくなるわ、だから一緒に作り直そう?」

留美「うん…ありがとう、美優…」

美優「ふふっ、それじゃあ始めましょうか」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:15:00.92 ID:SMAbvvXJ0

19:40 楓宅

楓「亜里沙ちゃんのお料理とても美味しいわ…お酒にもよく合うし」

亜里沙「ありがとうございます♪」

楓「ねぇ、亜里沙ちゃんも一緒に飲みましょうよ」

亜里沙「そうですねぇ じゃあ少しだけ…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:15:57.87 ID:SMAbvvXJ0

楓「亜里沙ちゃんって強いんでしょう?」

亜里沙「そんな、楓さんほどではないですよ」

楓「ふふっ、今夜は楽しめそうね…」

楓・亜里沙「乾杯♪」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:19:00.27 ID:SMAbvvXJ0

19:50 麻理菜宅

茜「はっ!!!ここは!!?」

麻理菜「あら、茜ちゃん気がついた?」

茜「麻理菜さん…?そういえば私お風呂に入ってて…」

麻里奈「のぼせっちゃってたのよ」

麻理菜(あのことはなかったことにしましょう…)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:21:15.00 ID:SMAbvvXJ0

茜「そうだったんですか!!ご迷惑かけてごめんなさい!!」

麻理菜「気にしないで?ほら、ご飯作っといたから一緒に食べましょう?」

茜「これは美味しそうです!!いただきます!!」

麻理菜「ふふ、お味はどう?」

茜「美味しい!とっても美味しいです麻理菜さん!!」

麻理菜「そう言ってもらえると嬉しいわ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:22:02.41 ID:SMAbvvXJ0

20:00 夏美宅

裕美・夏美「ごちそうさまでした」

裕美「夏美さんのお料理、とっても美味しかったです!」

夏美「ありがとう、裕美ちゃんが作ってくれたのも美味しかったわよ?」

裕美「あ、ありがとうございます!」

夏美「もうこんな時間か…そろそろお風呂入ろっか」

裕美「そうですね」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:22:39.07 ID:SMAbvvXJ0

夏美「…一緒に入る?」

裕美「えぇ!?一緒にですか!?///」

夏美「い、嫌ならいいんだけど…」

裕美「嫌じゃないです!一緒に、入りたいです…///」

夏美(よかった…ちょっと引かれちゃったかと思ったわ)

夏美「それじゃ、行きましょうか」

裕美「はい!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:23:20.68 ID:SMAbvvXJ0

お風呂場 

夏美「よいしょっと…」

裕美「…」ジー

夏美「あ、あの…裕美ちゃん?」

裕美「はい?」

夏美「そんなに見られると…ちょっと恥ずかしいかなーって…」

裕美「!!ごごごごめんなさい!///」

夏美「そんなに謝らなくても…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:24:29.74 ID:SMAbvvXJ0

裕美「でも、夏美さんってスタイルいいですよね…?」

夏美「そうかしら、ありがとう」

裕美「私なんか、こんなちんちくりんで…」ペターン

夏美「ちんちくりんって…私だって裕美ちゃんくらいの時はそんなもんだったわよ?」

裕美「そうなんですか…?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:25:01.69 ID:SMAbvvXJ0

夏美「ええ、私だけじゃなくて早苗さんや瑞樹さんもそうだったと思うわ」

夏美(雫ちゃんとかはわからないけど…)

裕美「早苗さんや…瑞樹さんも…」

夏美「そうよ だから心配しなくても、裕美ちゃんもこれからどんどん成長するわ!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:26:02.06 ID:SMAbvvXJ0

裕美「夏美さん…ありがとうございます…!」

夏美「ふふっ、どういたしまして」

裕美「あ、私お背中流します!」

夏美「あら、ありがとう♪」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:26:43.64 ID:SMAbvvXJ0

20:20 早苗宅

早苗「ぐかー、すぴー」Zzz…

あい「おや、早苗さん眠ってしまったようだね」

早苗「んぅ…あいちゃーん…」

あい「はいはい、ここにいるよ」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:27:48.76 ID:SMAbvvXJ0

早苗「んへへへぇ…」

あい「年上とは思えないな…ベッドに運んで、と…」

早苗「んー…むにゃむにゃ…」

あい「これでよしと…ふわぁ、私も少し飲まされすぎたな…眠くなってきた…」

あい「早苗さん…隣,失礼するよ…Zzz」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:28:29.66 ID:SMAbvvXJ0

20:30 瑞樹宅 お風呂場

千枝「瑞樹さん、気持ちいい?」ゴシゴシ

瑞樹「えぇ、とっても気持ちいいわ」

千枝「いつもお母さんにもやってあげてるんです!」

瑞樹「そうなの、偉いわね千枝ちゃんは」

千枝「えへへー…」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:29:12.41 ID:SMAbvvXJ0

瑞樹「千枝ちゃん交代しましょう、今度は私が背中を流すわ」

千枝「ありがとうございます!」

瑞樹「よいしょ…」ゴシゴシ

瑞樹(千枝ちゃん、さすが現役小学生…綺麗なお肌ね…)

瑞樹(どうしたらこんなに…」サワッ

千枝「ひゃっ///」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:29:52.41 ID:SMAbvvXJ0

瑞樹「あ、ご、ごめんなさいね 千枝ちゃんのお肌が綺麗だったからつい…」

千枝「…」

瑞樹「千枝ちゃん…?」

千枝「瑞樹さんが触りたいなら…千枝、いいよ…?///」

瑞樹「え…?」

千枝「千枝のこと…触っても、いいよ…?///」

瑞樹「ど、どうして上目遣いをするのかしら…?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:30:34.46 ID:SMAbvvXJ0

21:00 留美宅

留美「あんなひどかった料理がここまで美味しくなるなんて…大した腕前ね、美優」

美優「それほどでもないわ…」

留美「…」

美優「お姉ちゃん…?」

留美「美優、あなたは私の嫁になりなさい」

美優「ブーッ!! 留美さんいきなりなにを!?///」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:31:09.72 ID:SMAbvvXJ0

留美「いつも思っていたけど今日確信したわ 美優、あなたは私の嫁にふさわしいわ」

美優「留美さん、ちょっと飲みすぎよ…?」

留美「美優」

美優「はい…?」

留美「先にシャワー浴びてきなさい」

美優「」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:32:41.13 ID:SMAbvvXJ0

21:30 楓宅

亜里沙「ふぅ、ちょっと飲みすぎちゃいました…」

楓「あら、大丈夫?」

亜里沙「ちょっと、クラクラします…」

楓「…亜里沙ちゃん、こっちに来て」

亜里沙「? はい…」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:33:28.36 ID:SMAbvvXJ0

ベッド

楓「よいしょっと…」

亜里沙「きゃっ、これは腕枕…?///」

楓「今日はお姉さんらしいことしてあげられなかったから…」

亜里沙「楓さん…」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:33:58.03 ID:SMAbvvXJ0

楓「ふふ、いーこいーこ、亜里沙ちゃんいい子ねぇ」ナデナデ

亜里沙「もう…そんな歳じゃないですってばぁ…//」

楓「でも今日は私の妹でしょ?」

亜里沙「それじゃあ…もっとナデナデして…?お姉ちゃん…」

楓「ええ…亜里沙ちゃんが眠るまで、ずっとしててあげるわ…」ナデナデ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:34:57.57 ID:SMAbvvXJ0

22:00 麻理菜宅

茜「ぐーぐー」Zzz…

麻理菜「ぐっすり眠ってるわね、いっぱい走って疲れちゃったかしら」ナデナデ

茜「ん…麻理菜さん…」ギュウ

麻理菜「!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:36:18.23 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜「ふふ、茜ちゃんを選んで良かったわ…」

茜「麻理菜さぁん…」ギュウウウウウウウ

麻理菜「ちょっ…茜ちゃん…苦…しい…」

茜「ぼんばー…」ギュウウウウウウウウ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:37:08.42 ID:SMAbvvXJ0

22:20 夏美宅

裕美「…」スヤスヤ

夏美「あ、裕美ちゃん寝ちゃった…」

夏美(今日は裕美ちゃんと仲良くなれてよかったなぁ)

夏美(早苗さんに感謝しないと…)

裕美「うーん…夏美さん…」ムニャムニャ

夏美「裕美ちゃん…」キュン

夏美「…」

夏美「ちょっとなら…いいよね…?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:37:56.00 ID:SMAbvvXJ0

夏美「裕美ちゃん…」チュッ

夏美「~~~///」

夏美「おやすみなさい!///」



夏美「…」Zzz

裕美「…」ドキドキ

裕美(夏美さん…///)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:38:54.77 ID:SMAbvvXJ0

22:30 瑞樹宅

千枝「…」スースー

瑞樹「ふふ、天使のような寝顔ね…」

千枝「うーん…」ぎゅっ

瑞樹「あらあら…ふふふ」ナデナデ

瑞樹(今日はちゃんと千枝ちゃんのお姉ちゃんできたかしら…?)

千枝「えへへぇ…おばぁちゃん…」ギュウ

瑞樹「」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:39:44.91 ID:SMAbvvXJ0

23:00 留美宅

美優(どうしようどうしよう…)

美優(留美さん「あなたはベッドで待ってて」って言ってお風呂に行っちゃったけど…)

美優(…)

美優(…///)ボンッ

美優(こんなこともあろうかと、可愛い下着つけてきたけど…)

美優(ってそうじゃないわ///)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:40:31.81 ID:SMAbvvXJ0

美優(とにかく、どうにかして留美さんを止めないと…!)

留美「遅くなってごめんね、美優」ガチャ

美優「留美さん…やっぱりこんなこと…って!どうして服着てないんですか!!///」

留美「逆に聞くわ あなたはどうして服を着ているの?脱ぎなさい」

美優「そ、そんな…///」

留美「どうしたの?わかったわ、私に脱がせて欲しいのね」ヌガセヌガセ

美優「きゃっ//ダメよ留美さん、あんっ…//」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:41:20.40 ID:SMAbvvXJ0

留美「口ではそう言ってても体は正直なようね」

美優「そんなんじゃ…ないもんっ…///」

留美「なによ、こんな可愛い下着つけて あなたもやる気満々じゃない」

美優「これは…違くて…やん…//」

留美「ふふ、今夜はお姉ちゃんと楽しいこといっぱいしましょ?」

美優「~~~////」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:47:30.16 ID:SMAbvvXJ0

25:00 早苗宅

早苗「ふごっ!?」

早苗「いっけない、すっかり眠ってしまったわ…ん?」

あい「スースー…」

早苗「やべぇ、なにこのイケメン」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:48:13.72 ID:SMAbvvXJ0

あい「んん…おや、早苗さん目が覚めたのかい?どうやら私も眠ってしまったようだ…」

早苗「あいちゃん…」

あい「ん…なんだい?早苗さん」

早苗「今夜は寝かさないわ」ギラン

あい「はは、ははは…」


こうしてそれぞれの夜はふけていった…


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:48:42.99 ID:SMAbvvXJ0

翌朝 楓宅

亜里沙「楓さん、朝ですよー 起きてください」

楓「ん…あら、亜里沙ちゃん…おはよう」

亜里沙「おはようございます」

楓「ふふ、昨日の亜里沙ちゃん、可愛かったわぁ…」

亜里沙「もうっ忘れてください///」

楓「二人だけの秘密ね…」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 06:49:24.48 ID:SMAbvvXJ0

麻理菜宅

茜「うーん…!気持ちのいい朝です!!」

茜「おはようございます!麻理菜さん!!!」

麻理菜「えぇ、おはよう茜ちゃん…」グッタリ

茜「どうしたんですか麻理菜さん!?」

麻理菜「ふふっ…なんでもないわ…」

茜「?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 07:01:40.02 ID:SMAbvvXJ0

夏美宅

夏美「うーん、もう朝か…おはよ裕美ちゃん、良く眠れた?」

裕美「はい…あの、夏美さん…」

夏美「ん?なに?」

裕美「昨日の夜の…お返しですっ!///」チュッ

夏美「えっ?///裕美ちゃん起きてたの?///」

裕美「私、朝ごはん作ってきますねー!///」ダッ

夏美「えっ?えーっ??///」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 07:04:34.10 ID:SMAbvvXJ0

瑞樹宅

千枝「ふわぁ…おはようございます瑞樹さん…」

瑞樹「おばあちゃん?わからないわ…せめてお母さんと…」ブツブツ

千枝「どうしたんですか瑞樹さん…すごいクマですよ?」

瑞樹「わからない…わからない…わからないわ…」ブツブツ

千枝「?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 07:05:07.54 ID:SMAbvvXJ0

留美宅

留美「ねぇ美優、いい加減機嫌直して?」

美優「留美さんなんて知りません!あんなに激しくするなんて…///」グスッ

留美「激しくしてしまうのは美優、あなたが可愛いからよ 可愛くて愛おしくて、そう、壊してしまいたくなるの」

美優「またそんなこと言って…///」

留美「傷つけてしまったことは謝るわ、ごめんなさい だからもう一度あなたの可愛い顔を見せて?」

美優「留美さん…//」

留美「美優…」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/14(金) 07:05:40.60 ID:SMAbvvXJ0

早苗宅

早苗「ぐおーぐおー…」

あい「もう…およめに…いけない…」

おわり


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス早苗kwsmさん留美美優麻里奈夏美

(1)

AFTER ヘレン「私の世界。」

BEFORE 輿水幸子「Pさんは泳げるんですか! ねぇ!」

半分くらいバッドエンドなんですがそれは
[ 2017/03/03 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

早苗「私たちの」瑞樹「妹!」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto