スポンサーリンク

2017 02/11

法子「クラスの男子に告白されちゃった…」時子「アァン?」



2: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:23:54.80 ID:x6SEICOn0

――――― 事務所

時子「戻ったわよ。」ガチャッ
zizntkk11.jpg

ちひろ「あら、時子ちゃん。お疲れ様です。」
snkwchr1.png

時子「ええ。…ったく、毎回毎回あの豚は妙な仕事を…」アンキラアンキラ

ちひろ「あはは…、今日も大変でしたね。」

時子「それにしても…」チラッ

法子「はあ…」ドーナツパクパク
sinnrk19.jpg


3: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:25:27.12 ID:x6SEICOn0

時子「一体これはどういことかしら?」

ちひろ「いえ、さっき事務所に来てからずっとあの調子で…」

時子「ドーナツ狂いはいつもの事だけれども、この私が戻った事にすら気付かない程静かなのは妙ね」

ちひろ「何か悩んでることでもあるんでしょうか?」

時子「…チッ」スタスタ

法子「うーん…」パクパクムッシャァ

時子「法子。」

法子「…あっ、時子さんだ。戻ってきてたんだ」

時子「本当に今まで気づいていなかったのね」

法子「えへへ…、ちょっと考え事しちゃって」

時子「へえ、貴女が頭を使ってるなんて珍しい事もあるのね」

法子「もー、あたしだってドーナツ以外の事も考えるよー!」プンプン




スポンサーリンク



4: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:26:41.61 ID:x6SEICOn0

時子「ハァ…、それで?何をそんなに悩んでいるの?」

法子「ほぇ?えーとねー……うーん…」

時子「何よ、別に言いたくなければ言わなくても結構よ」

法子「ううん、そんな事はないんだけど…」

時子「ならどうしたのよ」

法子「あのね…」



法子「同じクラスの男の子に告白されっちゃったんだ…」


5: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:27:34.84 ID:x6SEICOn0

時子「……アァン?」

法子「あっ!今『なんだ、その程度事だったの?』とか思ったでしょー!」

時子「誰もそんな事は言ってないわよ」

法子「あはは、それでね、あたし今まで告白なんてされた事なくてびっくりしちゃって」

法子「だから結局返事はまた今度って事にして逃げてきちゃった…」


6: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:28:26.91 ID:x6SEICOn0

時子「貴女はその男子と付き合うつもりなの?」

法子「それは…、多分ないと思う」

時子「付き合う気もないのに返事を保留にするなんて、中々素質があるわね」

法子「うぅ、そう言われるとなんだか申し訳なくなってきちゃったよ」

時子「どういう意味よ。…そう思うんだったら返事は早めにしてあげなさい」

法子「うん、そうする。時子さん、ありがとね」

時子「…別に礼を言われるようなことはしてないわよ」


7: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:29:07.64 ID:x6SEICOn0

法子「あのね、あたし告白されるの初めてだったんだ。」

時子「…そう」

法子「だから男の子に『好き』って言われた時にどういう意味かわからなくなって固まっちゃった。」

法子「それで事務所に来てからずーっと『好き』ってなんだろうなーって考えてたら余計こんがらがっちゃって」

法子「あたしの好きなものといえばもちろんドーナツで、それから家族や学校の友達、事務所のみんなで」

法子「みんなもちろん大好きなんだけど、今日言われた『好き』はそれとは違う気がして…」

法子「なんて、こんなんじゃアイドル失格だよね…反省反省」


8: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:30:02.07 ID:x6SEICOn0

時子「法子は本当に馬鹿ね」

法子「そうだよね…もっと勉強しなきゃダメだよね…」

時子「違うわ、そんな事で悩んでるのが馬鹿だって言ってるのよ。」

法子「へ?」

時子「恋愛感情なんて、貴女1人で考えて答えが出るものなのかしら?」

法子「うーん、そうなのかな?」

時子「そうよ。だから精々、いつも通りのだらしない顔でドーナツでも頬張ってなさい。」

時子「いつか答えの方から、勝手に出向いてくるでしょう。」


9: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:30:37.80 ID:x6SEICOn0

時子「まあ、私は豚共を恋愛対象として扱った事なんて無いから知らないのだけど」

法子「えー!?時子さんもあんまり分かってないの!?」

時子「黙りなさい。少なくとも貴女よりはずっと分かってるわよ。」

法子「そうなのかなー?…えへへ」ポスン

時子「何よ、離れなさい」

法子「なんだか時子さんと話してたらモヤモヤがなくなっちゃった」

時子「そう…」

法子「スッキリした後に食べるドーナツも美味しいなあ、時子さんも食べる?」パクパク

時子「今日は遠慮するわ。甘い物はしばらく見たくないわ…」アンキラアンキラ

法子「えーざんねん」

時子「…フン」


10: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:31:45.58 ID:x6SEICOn0

法子(…結局まだ『好き』って気持ちがよくわからないけど)

法子(今はこのドーナツと、アイドルのお仕事、事務所のみんな。あとは…)チラッ

時子「…何をジロジロ見ているの?」

法子「えへへ、なんでもないよー!」

法子(時子さんといれば、答えが見つかるのかな?)



法子(その日が来るまで、ううん、来てからも…ずっと一緒にこうしていたいな)


11: ◆oQVdHABsTw 2017/02/11(土) 06:33:34.30 ID:x6SEICOn0


終わりです。SSR法子が出なくて悶々とした夜を過ごしてたら唐突に降りてきたので勢いで書きました。
次はもっと長めのときのりこが書きたいですね。

あーのりこのりこ。

転載元:法子「クラスの男子に告白されちゃった…」時子「アァン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486761788/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス時子法子

(1)

AFTER モバP「あのいつもニコニコしてるちひろさんが二乗されただって…?」

BEFORE あいどるフレンズ(モバマスSS)

実際アイドルたちはモテモテ(死語)だろうしなぁ
ミナミィは日々告白されて断っての連続っぽいイメージ
大人組も前職じゃ食事の誘いだのプレゼントだの散々されてそう
[ 2017/02/12 05:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

法子「クラスの男子に告白されちゃった…」時子「アァン?」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto