スポンサーリンク

2017 02/11

モバP「南条光が隣の席だった?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:14:26.00 ID:IR24n+060

普段ならこれでもかと騒ぐ子らがおらず、珍しく静かな午後のひと時。
そこへ、これまた珍しく電話をかけてきた小関麗奈が開口一番そう言った。

何それ、自慢?

「んなワケないでしょ。いちいちこっちのこと気にしてきて、鬱陶しいったらないわよ」

「消しゴムのカバーは子供っぽいヒーロー物だし」

「ヒーローソングの鼻歌は聞こえてくるし」

「プリントの隅にヘッタクソな落書きしてるし」

「静かになったかと思えばヨダレ垂らして寝てるし」

ほんと、バカなんだからと呆れたようにため息をつく小関。

なんだよ、やっぱり自慢じゃないか。

「バカ」

あんたの仕込みじゃないでしょうね、とジロリとこちらを睨む。おお、こわいこわい。

期待に添えなくて悪いけど、俺はその辺はノータッチだ。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:15:07.17 ID:IR24n+060


学生組まとめての勉強合宿という事で、小関達が川島さんに拉致されたのが一昨日。

大人組から、そんな感じの催しをする、とは聞いていたが、中身に関しては一切知らない。まさかレッスンの最中に突っ込んできて、そのまま連れ去るだなんてお兄さんビックリだよ。

なんでも、アイドル活動に力を入れすぎて勉強が疎かにならないように、との事らしいのだが、教える側もアイドルと言うのはツッコミ所だろうか。
共謀者として、三船さんや木場さんも参加しているらしい。曰く、たまにはハメを外したい。だそうだ。

「トレーナーが泣いてたわよ。私の育て方が悪かったんです~って」

知ってる、フォローしたの俺だもの。実際何も悪く無いよね、あの人。

自分が担当している者では、小関と、レッスンを同じくしていた南条、三好の三人が参加している。南条と三好はともかく、小関は成績いいのにねえ。

「そうよ、アタシはその辺の愚民と違って、上に立つ者としての必要な能力は身につけてるの」

いやー、なんでだろうなーアハハ。

「どうせあの二人の巻き添えでしょ?わかりやすすぎるわよ、アンタ」

……まあ、南条と三好を対象と言っていた川島さんに、ついでに小関もと頼んだのは紛れもなく自分なのだが。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:15:55.72 ID:IR24n+060


まあいいじゃないか、一人で留守番よりはマシだろ?
ところで、その二人はどうした? 部屋同じだろ?

「居残りで補習よ。これからあいつらの事、バカの1号とアホの2号って呼んでやろうかしら」

それだとお前二つを備えたV3のポジションだぞ。

「本気で殴『ただいまー!』……ああ、おかえり。おやつ?無いわよ。全部あたしが……冗談よ、泣かないで……泣くな! 冷蔵庫にシュークリームあるから! 先に手を洗ってきなさい! うがいもね! 紗南、アンタも帰ってくるなりゲーム始めるんじゃない!」

どうやら二人が戻って来たようだ。いやあ、小関を参加させておいて本当に良かった。

「あれ、麗奈電話中だった? ごめん、騒いで」

「別にいいわよ、下僕だし。ちょうど今アンタ達のバカっぷりについて話してたトコ」

「あ、本当だ。プロデューサー、ただいまー」

おう、お疲れ。居残りテストはどうだった?

「もちろん一発クリアーだよ!ゲームする時間無くなっちゃうし、コンティニューなんかしてられないよ!」

そうかそうか、うむ、よきかな。南条は?

「……夕食後に、再追試」

アイドルがそんな表情するんじゃありません。




スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:16:35.25 ID:IR24n+060


「アーッハッハッハ! ザマァないわね光!アンタには、栄えあるバカ1号の称号をくれてやるわ!」

「くう……まだだ! アタシは諦めない!何度だって立ち上がる!」

そうそう、その意気だ、頑張れ。

「でもさあ、大丈夫なの? 後二時間くらいで夕食で、その後すぐにテストでしょ? そんな難しくはしないって言ってたけど……」

問題作ってるの木場さんだしなあ、とボヤく三好。今の実力でギリギリ解けるくらいの絶妙なバランスの問題を出してくるのだそうだ。

「逆に言えば、出来ないレベルの問題は出ないって事だから。クリアーのしがいがあるよね!」

この辺はゲーマー気質だな。しかし、そうだとすると南条は……

「午後、寝てたからでしょ。ヨダレ垂らして」

「うう……」

マジか。起こしてやれば良かったのに。

「ハァ? 何でアタシが。自業自得でしょ?」

「いや、起こそうとしたんだけどさ、川島さんのプレッシャーが凄くて」

寝るのは構わないが、それでテストができなくても自己責任。寝るのが本人の意思なら、起きるのもまた本人の意思でなければならないという事だとか。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:17:13.05 ID:IR24n+060


「アタシとした事が、一生の不覚だ……!」

「アンタの一生何回あんのよ」

「合格できなかったら、寝ずに延長試合だっけ? キツそー……」

「ま、おやつ抜きで必死にやれば何とかなるんじゃない? あたしは横になるけど」

「ええっ、手伝ってくれないのか!?」

「バカ言わないでよ、バカ1号。何でアタシが勉強教えてあげなきゃいけないのよ。ハナから人の力アテにしてんじゃないわよ」

それに、頑張ればクリアーできる程度の難易度なんでしょ?と、そっけなく付け加える。

「それはそうなんだけど……プロデューサー!」

悪いが、この後外に出る用事があってな。三好は?

「いやー、あたしは力になれるかどうかだけど……。いいや、頑張ろう、光! 満点取って、麗奈を見返してやるんだ!」

「ありがとう、紗南! プロデューサー、麗奈も、無理言ってごめんね。晩御飯の時間になったら起こすから」

「ん、後でね」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:17:57.34 ID:IR24n+060

ーーー

いっそ、ご飯抜きでやる?
いや、食べなきゃおっきくなれない……!

薄い壁越しに、二人の声が聞こえてくる。

「随分とにぎやかな勉強会ね。うるさくって眠れやしない」

切らないのか?

「アンタこそ、外出て何してんのよ。仕事サボってんじゃないの?」

誰も仕事とは言ってない。外に用事があると言っただけだ。

「何それ、体のいいサボりじゃない」

いやいや、担当アイドルとの話し合いという立派な用事があってですね。小関も、眠らなくていいのか?

「アタシだって、横になるって言っただけで、寝るなんて一言も言ってないわよ」

そっか。……良かったのか?

「フン、誰に物言ってるのよ。アタシのする事が、良い事のハズないじゃない」

その心は?

「あそこで光に教えたら、それじゃ光の為にならないんだから、良い事……じゃなくて、悪い……でもなくて、ええと……どっち?」

うーむ、パラドックス。


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:18:33.56 ID:IR24n+060



「まあ、どっちでもともかく! 光はアタシのライバルなんだから。あの程度のハードル、越えられない訳がないのよ。そもそも、やればできるんだし」

紗南の手伝いはいいのか?

「どうせ、紗南だけ手伝うってトコまでテストのレベルに織込み済みでしょ。」

無いと言い切れないのが怖い。海外帰りってやっぱり凄い。

「ま、どんだけ凄い相手だろうと、次は勝つけどね!アタシは、どんな相手にも絶対に負けないの! だから、光だってそうじゃなきゃダメなのよ」

まさしく好敵手とでも言うのだろうか。己と対等であるからこそ、自分がそうであるように、あらゆる困難を乗り越えると信じているのだろう。
そう自信満々に言い放つ彼女の瞳は輝いていた。おでこも。

「アンタ程じゃないわよ」

……そんなにか。

「じょ、冗談だって……泣かないでよ」

じゃあもう寝るから。おやすみ。その言葉を最後に、電話が切れた。

……さて、特に用も無く外に出た件、千川さんになんて言い訳しようかな。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:19:11.30 ID:IR24n+060

ーーー

千川さんは無言の土下座90分で心を折った。

現在時刻は19時半を少し回った所だ。
無駄に手の込んだ合宿のしおりには、夕食が18時から、とある。
夕食が済み次第テストならば、そろそろ終わってもいい頃だとは思うが……お、電話来た。

そ、その声は小関!?

「何を言ってるんだ君は。私だ、木場だ」

あれ、木場さん? これ小関の電話ですよね?

「ああ、そうなんだが、連絡を頼まれてね。光は無事に合格したよ。今は三人で打ち上げの最中だ」

それは良かった、一安心。でも、なんで木場さんに連絡を頼んだんだろうか。

「それなんだが、もう一つ、麗奈からの伝言があってね。オペレーションSKを発動させろ、だそうだ」

……え、今?

「それだけ言えば分かるとの事だったが、大丈夫か?なんなら麗奈を読んでこようか?」

ああいえ、大丈夫です、わかります。今テレビ通話にしてもいいですか? 構いませんか、ありがとうございます。えーと、どこやったかな……あ、あった。ちょっとこのモニター見ててもらえます?……ええ、お願いします、すぐ済みます。では、どうぞ。

……どうなっても知らねえぞ。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:19:39.52 ID:IR24n+060



「ミミミン!ミミミン!マーナミン!」

ピンクのフリフリの衣装を着て、メルヘンデビューをしているマナミン星人がそこに映し出されていた。

「なっ……あっ、これは……!?」

おお、珍しく狼狽している。

説明しよう!これは、以前の大人組の飲み会で、酔った三船さんのゴリ押しにより実現した奇跡のワンシーンである!
片桐さんが撮影していた物を、小関がどうにか譲り受けた物らしい。オペレーションSKはその頭文字。相当な対価を払ったとの事だが、それでいいのか元警察官。

しかし、酒の場での披露とはいえ、歌もダンスも完璧だ。この辺りはさすがと言うべきか。

今現在、当の木場さん本人は口を開け、呆然と言った表情で硬直している。まあ無理もない、俺も初めて見せられた時は一瞬固まり、数秒後爆笑し、数分後に命の危機を覚えたものだ。

大丈夫かなあ、俺殺されないかなあ。何で今やるんだよバカじゃねえのあいつ。
そのような事を考えていると。

パシャ!

フラッシュと、カメラ音が響いた。

「アーッハッハッハ!ついに撮ってやったわ、驚いた瞬間を!これでアタシの勝ちね!アーッハッハッハッ……ゲホゲホ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:20:14.24 ID:IR24n+060

「……ほう、やるな。気付かなかったよ」

数秒前の表情を消し飛ばし、いつもの余裕たっぷりの笑顔を見せる。

「フン、衰えたんじゃない? 見なさいよ、このアホヅラを。口開けてボーッとしちゃってさ」

「動画の出所はどうでもいい。当たりもつくしな。だが、麗奈。君が持っているのは問題だ。すぐに消すか、さもなければ……おっと、聞いているだろうが、君もな」

っス、今消しました即消しました。何ならHDD叩き割ります。

「懸命だ。さて、君はどうする? 麗奈。アイドル同士、あまり手荒な真似はしたくはないが……」

「な、何よ!脅そうったって無駄よ!事務所内で許可されてるお仕置き程度なら甘んじて受けるわよ。あまり酷いとちひろが飛んでくるしね」

「なるほど、確かにその通りだ。イタズラには適度なお仕置きを持って反省を促す、度を越した物には抑止力が働く……事務所の規則だ。だが、抑止力として千川さんがここに来るまで、少なく見積もっても数分はかかるだろう。その数分間……誰が、君を守るんだ?」

「ヒッ……」

あ、ヤベェこれ。木場さん、ちょっと落ち着いて……

「待ってくれ、真奈美さん!」

ーー光!?


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:21:08.98 ID:IR24n+060


小関を捉えようとした木場さんとの間に、南条が割り込む。

「そこをどけ、光。麗奈にはお仕置きが必要だ」

「ダメだ、どけない。今の真奈美さんは、麗奈をやっつけようしている。それじゃダメなんだ!」

「ふっ、言うようになったじゃないか。いいだろう、来い。どうやらまとめてお仕置きが必要なようだ」

電話を置き、構える木場さん。

「確かに麗奈は悪い事をした。だけど、叱られればちゃんと謝るし、反省もする!」

「ほう?」

「悪は倒すんじゃなく、止めるんだ! 怒りを抑える事を教えてくれたのは、真奈美さんだろ!? 今の真奈美さんは、怒りで目が曇っている!だから……アタシが止める!」

「ふむ、よく言った。……では、行くぞ」

その言葉の直後、踏み込む木場さん。踏み込み速すぎ。ありゃ勝てんわ。
おーおー、転がされとる。どうすんの?小関。

「どうするって、アタシは……」

ちらと二人の方を見る。

「まだまだぁ!」

「そうだ、もっと来い! お前の力を見せてみろ!」

「うおおお!」

おお、跳んだ。が、木場さんは涼しい顔して受け止めて、ダメージが無いように優しく落としてくれてるな。完全に遊ばれてる。
しかし、ダメージは無くともそろそろ南条の体力が尽きそうだ。息切れが激しい。

「どうした! その程度で私を止める気か!」

「くっ……! まだだ、まだやれる!」

「もうやめて!」

お?

「やめてよ、光! アンタは関係無いじゃない!」

「関係無くない!」

南条が吼える。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:21:45.02 ID:IR24n+060


「友達じゃないか。今まで、麗奈は何度もアタシを助けてくれたろ? だから、今度はアタシが助ける番だ」

「光……」

グッと涙を堪え、小関が木場さんに向き直る。

「真奈美……さん、ごめんなさい」

そう言って、頭を下げた。

「お仕置きならアタシにしてよ。光には手を出さないで」

「よし、わかった、許す。」

「ホント!?じゃあ、光も……」

「では、光。そろそろフィニッシュにしようか」

「うん、ちょっと待ってて、取ってくる!」

そう言って走り去る南条。

「……ん? え? アタシ今謝ったわよね?」

「ああ、確かに。そして、私はそれを持って許した。事は終わりだ」

「じゃあフィニッシュって……?」

「お待たせ!」

息を切らせて戻ってきた南条は、おもちゃ? の剣を持っていた。何それ。

「蒼竜神清刃剣マヴェルカタナ」

何それ?

「さあ来い光! 実は私は一回切られただけでやられるぞ!」

「うおおお! スピリットリヴァイヴ! 蒼竜究極奥義、斬灰疾風煌臥剣!!」

何それ!?

「くっ……やられたか。強くなったな、光」

「全部、真奈美さんが教えてくれたんだよ。アタシは大丈夫。だから……もう、休んでて」

「ふふ、そうだな。そうさせてもらうよ。君の勝利を……信じて……」

「真奈美さん……真奈美さぁぁぁん!!」

「……え、何この茶番」

まあ本気じゃないだろうとは思ってたけど、いい出汁にされたな、小関。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:22:26.06 ID:IR24n+060


「わかってたの!?」

木場さんが通話を切らず、わざわざ見やすい位置に電話を置いた時点でな。

「ふむ、さすがにバレるか」

ムクリと木場さんが起き上がる。

「とは言え、途中まで怒りがあったのは事実だ。来てくれて助かったよ、光」

「ううん、アタシこそ! 麗奈を許してくれてありがとう! 」

「~~~っやられた! アタシが完全に道化じゃない! 謝って損した!」

「いや、麗奈はちゃんと反省して頭を下げたんだ! 成長してる証拠だよ! 損なんてしてない!」

にしても、随分とあっさり許しましたね?木場さん。

「まあ、動画を撮られている事は知っていたし、何人かに見られているだろう事も承知していたからね」

さすがに麗奈が持っているとは思わなかったが、と苦笑交じりに続ける。

「麗奈、できればデータは消しておいてくれ。無いとは思うが、不用意に拡散されたらいくら私でも些か照れる。写真に関しては持っていてくれて構わない。君が私に勝利した証だ。……次からは、私が挑戦者だな」

「……一発限りのネタだしね。データは消しておくわよ。それと、そうね、いつでもかかってきなさい! 返り討ちにしてやるわ!」

「ああ、楽しみにしているよ。……さて、それはそうと、前言を忘れてはいないだろうね?」

「前言? アタシ、何か言ったっけ?」

「お仕置きならアタシにしてよ。と、言ったろう? 忘れない内にしておこうと思ってね」

そう言って、小関の頭に手を乗せる。

「ちょっと、やめてよ、子供じゃないんだから。……え、力強。取れなっ、くっ、この! 光!」

「麗奈、悪い事をしたんだから、お仕置きは受けるべきだ。もうしちゃダメだよ」

「あっさり見捨てるな! プロデューサー、何とかしなさい!」

電話越しの人間に、何ができると言うんだね。いい薬だ、反省しとけ。

「マナミチョップはパンチ力、マナミキックは破壊力。ビームやカッターは出ないが、マナミクローは岩を砕くぞ」

「へ? あ、ヤダ、ちょっ……痛い痛い痛い!」

おお、あれが以前桐野が言っていた真奈美式アイアンクローか。浮いてる浮いてる。

「はっはっは、反省したまえ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:25:43.14 ID:G+jhaNkMO



あっちは木場さんに任せるとして……南条、三好はどうした?

「晶葉達と一緒にゲームやってる。思考速度じゃ勝てないから、反応と精度でねじ伏せるんだって」

そっか、夜更かしするなよ。

「うん、ゲームは1日1時間!って、昔の偉い人が言ってたんだよね?」

昔の……え、昔? 最近って何年前まで?

「2,3年くらい……かな? 大人とは感覚違うと思うけど」

えー……ああ、そっか、君ら21世紀生まれだもんなあ。
あれ、最初に見た仮面ライダーってどれ?

「カブト!」

つらい。

「傷心中に悪いが、少しいいかな?」

木場さん。お仕置き終わりました?

「ああ、跡は残らない程度にしてあるよ。心配しなくても大丈夫だ」

なら良かった。

「だが、今回は反省したとは言え、今後も同じようなことがないとは思えない。何かしらの対策が必要だな」

確かに。何度やられても立ち上がるのは、悪役らしいと言えば、らしいのだが。

「なら、アタシが見張ってようか?」

「いいのか?」

「うん! 少なくとも、事務所では一緒にいるから! それ以外でも、できるだけ一緒にいればいいんでしょ?」

「少しニュアンスが違うような気がするが、まあいいか。なら、頼む。麗奈にもその旨を伝えておいてくれ。それと、これを」

「何これ」

「チョコレートだ。麗奈に食べさせてやってくれ」

ん?

「いいの? ありがとう、真奈美さん!」

あの包み、どこかで見た事あるような……。

ゲアッピャア!?み、水っ……!

うわぁー! 大丈夫か麗奈!?

あ、思い出した。小関のロシアンチョコじゃん、あれ。

「おっと、これはウッカリ」

絶対ワザとだろ、アンタ。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:26:18.05 ID:G+jhaNkMO


「まあ、私だって、たまにはハメを外して楽しんでみたくなる時があるのさ。光! こっちが本当のチョコレートだ。紗南にもちゃんと分けるんだぞ」

チャンピオンは奪取、でいいかな?いつでもおいで、チャレンジャー。
そう言い残して、チョコレートを南条に渡して去って行った。

「ぐうう……。いつか絶対泣かす!」

もうやめとけ、強すぎるよあの人。

「その意気だ、麗奈! 諦めなければ、最後には必ず勝つ!」

お前も、それでいいのか南条。

南条と小関と、今はいないが三好も、明日の夕方には帰ってくる。また騒がしい日々が始まりそうだ。
ほどほどにしてね、千川さんキレるから。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:27:00.25 ID:G+jhaNkMO


ーーー

で、結局帰りのバスも隣の席だった、と。自慢か?

「なワケないでしょ。見張りだーって言って、ずっと着いてくんのよアイツ。バスの中でだって、喉乾いてないかとか、おかし食べるかとか、気持ち悪くなってないかとか、ずーっとよ。もうウンザリ」

文句を言っている割に、その表情はどことなく緩んでいる。
自慢じゃねえかよ。

「違うっての」

ところで、今日は何で事務所に? しばらくオフだったろ。

勉強合宿の後、参加していたアイドルは一週間前後のオフになっている。普段はお仕事、学校で勉強したんだから、次は遊びの番だそうだ。

「待ち合わせよ。見張ってないといけないからって、光の用事に付き合わされんの」

「お疲れ様でーす! ……あっ、プロデューサー!おはようございます! 麗奈も、おはよう!」

噂をすれば何とやら、元気印が飛び込んできた。
おう、おはよう。

「はいはい、おはよう。うるっさいわね、少しトーン落としなさいよ。……ちょっと、何でわざわざ隣に来るのよ」

「だってほら、見張ってないといけないし。いざって時のために、近い方がいいじゃないか」

「何もしないっての! これでも、ちょっとは反省してるんだから。 ……ホントにちょっとだけね!」

これからどこに行くんだ?

「紗南と一緒にゲームセンター! 晶葉にリベンジするための特訓なんだって」

特訓。

「特訓なら受けて立たないとな! 」

たぶん南条の考えてる特訓とは違うと思う。

「アンタの考えてる特訓と、たぶん1mmもかすってないわよ」

「パンチは……こうだっ!」

危ないって、やめて。痛い。

「アタシのパンチを受け止めるなんて、なかなかやるな!」

「やめなさいっての鬱陶しい!」

三好ー、早く来てくれー。

「はいはーい、呼んだ?」

居たんかい。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:27:27.89 ID:G+jhaNkMO


「ごめんごめん、集中しちゃってて」

何やってたんだ? いや、ゲームだろうが。

「ラグランジュポイント」

なんであるんだよそんなもん。

「え、プロデューサーさんのじゃないの? 年代的に。いやあ、この頃のコナミはいいね。こんな感じのゲーム、また作ってくれないかなあ」

その頃まだ生まれて……るか、ギリギリ。いや、まあいいや。
南条連れてくんだろ? 今なら小関のおまけ付きだ。

「仲良いよねー、あの二人。合宿から特にさ。アタシ後発だし、ちょっと疎外感あるかも」

何を言ってるんだお前は。……ふむ。

南条、小関。三好が仲間外れにされて寂しいってさー!

「ちょっと、プロデューサーさん!?」

「なにっ、そうだったのか紗南!? 大丈夫、紗南も大事な友達だぞ! 今日だって一緒に特訓するんだろ? そうだ、肩でも組もうか! 握手する!?」

「バカ言ってんじゃないわよ、バカ2号。いつも光と二人でアタシを巻き込むくせに、どの口が言うのよ。今日だってアンタが発端なんでしょ? ほら、さっさと行くわよ、着いてきなさい」

ほら、こんなもんだよ。行っといで。

「……アハハ、ありがとうプロデューサーさん。行ってきます!」

「なあ紗南、特訓って何するんだ? 岩を受け止めるか?風船割るか?ちゃぶ台返すか!?」

「アンタの特訓感どうなってんのよ。そんなゲームあるわけないでしょ?」

「いや、あるけどね。」

「「「あるの!?」」」


おわり


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:30:02.48 ID:G+jhaNkMO

#南条光が隣の席だった時にありがちなことというハッシュタグに釣られて。
俺が書くと麗奈様スレになってしまう不思議。
学校で南条さんの隣の席の名も無き男子の話にしようかと思ったけど、無理だった。

転載元:モバP「南条光が隣の席だった?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486710865/

SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス麗奈紗南

(0)

AFTER モバP「最近ちひろさんの黄緑がやけに目に刺さる蛍光色になってる気がする」

BEFORE 乃々「まゆさんがソファーで寝ているんですけど」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「南条光が隣の席だった?」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto