スポンサーリンク

2017 01/30

フレデリカ「世にも奇妙な前説ごっこ」



2: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:23:36.47 ID:DMZWQFiZO


フレデリカ「ふんふんふふーん、フレンチショート」
mymtfrdrk9.jpg

杏「そう言えば、杏達ってあんまり髪型変えないよね」
ftbanz19.jpg

肇「文香さんは、確か先日のパーティの時に変えていましたよね?」
fjwrhjm20.jpg


文香「セットが大変でした…ですが、評価も良かったので満足です…」
sgswfmk16.jpg

フレデリカ「誰か髪型がっつり変えたりしないかなー?」


杏「杏は一応あんきら☆狂想曲の時に変えてみたけどね。めんどーだからもうやんないけど」


肇「フレデリカさんはいじったりしないんですか?」


フレデリカ「フレちゃんは短めだからねー、ツインテールかこの髪型ぐらいかなー」


杏「ふーん」


文香「これを機に、僧侶の道を進んでみたりは…」


肇「どのあたりがこれを機に、なんですか…」

前スレ
フレデリカ「江ノ島レビューごっこ」
鷹富士茄子「お正月と言えば」
シリーズスレ
スリーエフ


3: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:24:07.24 ID:DMZWQFiZO



杏「…珍しく会話が広がらなかったね」


フレデリカ「あれー?久し振り過ぎてネタの振り方間違ってた?」


文香「では…困った時は、焼肉かラーメンか図書館を…」


肇「陶芸体験なんてどうでしょう?私が1から全部教えてあげますよ!」


フレデリカ「怪談ごっこでもする?」


杏「あれは長くなるしいいや。杏も何か怪談作ろうと思ったけど途中で飽きたし」


肇「そう言えば、杏ちゃんとフレデリカさんの番がまだでしたね」


フレデリカ「肇ちゃん上手だったねー。最後電話掛けてみたら上手く対応してくれたし」


杏「文香ちゃんの話ね、そう言えばあれ矛盾点見つけたよ」


文香「…流石ですね、即興では無理が生じましたか…」




スポンサーリンク



4: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:24:43.71 ID:DMZWQFiZO



フレデリカ「じゃーあれやる?世にも奇妙なストーリーの前説みたいなやつ」


杏「そのくらいの長さなら簡単だしやってみよっか」


肇「では、ネタを考えますので…」


文香「ふふ、私は既に作り終わっています」


フレデリカ「フレちゃんも出来たよー」


杏「んじゃ、どんどん順番に言っていこっか」


肇「では、雰囲気を出すために電気消しますね」


茄子「あ、私も混ざっていいですか?!」
tkfjkk10.jpg


杏「どーぞどーぞ、人数多い方が思考タイム長くなるしね」


フレデリカ「それじゃ、フレちゃんからいくよー!」


5: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:28:23.45 ID:DMZWQFiZO



フレデリカ「駅へ向かう途中、突然鍵を掛けたか心配になったりしない?」


フレデリカ「今から走って引き返せば間に合う微妙な時間に限って」


フレデリカ「大体、ちゃんと閉まってるんだよねー」


フレデリカ「鍵だけに」


フレデリカ「でもまた、駅と家との中間あたりで不安になって、気になって」


フレデリカ「心がすり減って、確かめずにはいられなくて」


フレデリカ「どんどん何も上手くいかなくなって、尚更余計に心配になるんだよねー」


フレデリカ「オチ?要る?無いよ?だって」


フレデリカ「陥るのは、あなただから」


「不安症候群」


6: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:29:00.16 ID:DMZWQFiZO



文香「最近…事務所に、本が置いてあるんです」


文香「読んだ事のない本ばかりで、とても楽しみで」


文香「私の知識は、本からばかりのモノなので…」


文香「書物で知識を得てからでないと、その行動に移せないんです」


文香「もっと、もっと…次の本が読みたくて…」


文香「…最近、アイドルが失踪して行方不明になっている、ですか…」


文香「それはとても不安ですね…」


文香「…ところで、プロデューサーさん」


文香「…人の人生、記憶をそのまま本にしたら…人間をそのまま本にしたら…」


文香「きっと、素晴らしい本が出来上がると思いませんか?」


「人間教本、教本人間」


7: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:29:51.76 ID:DMZWQFiZO



杏「ねー、ずっと寝てられたらなーって思った事ない?」


杏「死にたいとかじゃなくてさ、ただ何も考えずに」


杏「ずーっと、布団でゴロゴロしてたいな、って」


杏「でも、ほんとうにそうなっちゃうと」


杏「何もできないんだよね、何かを考える以外」


杏「でもさ、想像するにも限度があって、だから思い出すんだよ」


杏「自分が生まれて、成長して、みんなと出会って、動けなくなるまで」


杏「でもね、ずっと同じ事を考えてると。別の事を考えようとしても元の思考に戻っちゃうんだ」


杏「そして、同じ想像の世界をなんどもなんどもやり直す」


杏「あと出来るのは…脳内に会話相手を作る、とか」


「空想庭園」


8: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:30:26.25 ID:DMZWQFiZO



肇「土って、どんな形でも作れるんです」


肇「作り手の思いのままに、自由な形に」


肇「まるで命が宿ったかの様に、今にも動き出しそうなものも作れます」


肇「色だってつけられますし、数も沢山作れます」


肇「だから私は泥が好きですし、皆さんにもその良さを知ってほしいんです」


肇「特に…私の好きな事、趣味、人物を否定する人達に」


肇「ところで…周りの人達」


肇「みんな、止まっていますね」


「土偶社会」


9: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:31:10.11 ID:DMZWQFiZO


茄子「あなたは運命を信じますか? 」


茄子「時として訪れる運命は、幸運なものかもしれませんし不幸なものかもしれません」


茄子「そう言えば、自慢じゃありませんけど私って運がいいんです」


茄子「でも、だからこそ…陥ってしまう運命があって」


茄子「そこから逃れようとした瞬間に」


茄子「人は、奇妙な世界の扉を開けてしまうのかもしれません」


茄子「幸運なせいで、不幸な運命を辿る事があって」


茄子「そんな時、諦める事が逃れる道だとしたら…」


茄子「あなたは、諦められますか?」


過去神社


10: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:38:24.81 ID:DMZWQFiZO


フレデリカ「目立つってさー、いい事よりも悪い事の方が多いって思わない?」


フレデリカ「出る杭は打たれるじゃないけど、周りが平均化、均一化させようとするんだよねー」


フレデリカ「まー人間は杭じゃないし、金槌で殴ったら危ないね」


フレデリカ「でもさー、もっと簡単な話で。見るだけでいいんだよ」


フレデリカ「何も喋らず、見るだけで」


フレデリカ「杭が打たれるどころか折れちゃう事もあるけどねー」


フレデリカ「あれ、みんな静かになっちゃった」


フレデリカ「ちょっと喋り過ぎちゃったかなー?」


フレデリカ「…ねー、今」


フレデリカ「あなたは、目立ってない?」


「平均点の到達点」


11: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:44:43.21 ID:DMZWQFiZO


文香「最近は…日本どこでも電気が通っているので、あまりお世話になる事は少ないと思いますが…」


文香「ランプと言うのは、心に安らぎを与えてくれるものです」


文香「時折、夜中に本を読むとき…私は、電球ではなくランプを灯します」


文香「明るいランプを持って、夜道を散歩したくなったりもします」


文香「小さく灯るランプの光は、優しくて、暖かくて」


文香「…ですが、光源が小さければ。光が弱ければ」


文香「それだけ、影が深く見えてしまいますね」


文香「照らされていない場所が、むしろ目立って見えてしまう」


文香「普段は見えないものが、見たくないものが…ランプの影によって浮かび上がってくるんです」


文香「…少し、暗くなってきましたね」


文香「ランプ…灯しましょうか?」


逆行ランプ


12: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 19:55:44.81 ID:DMZWQFiZO





杏「テレビにDVD、パソコン、スマホ、ゲーム」


杏「杏達が便利でらくーな生活を送れるのって、電気のおかげだよね」


杏「だから人間は地球の色んな資源を利用して、電気を作ってるんだし」


杏「電気の無い生活なんて考えられないからね」


杏「でもさー、石炭とか石油とか、そーゆー資源って」


杏「いつか必ず、無くなるときがくるんだよね」


杏「そんな時、一番身近で数が多くて、これからも増やし続けられる、資源になりそうなものって」


杏「ねぇ、なんだと思う?」


「地球に優しく人に厳しく」


13: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 20:08:14.98 ID:DMZWQFiZO



肇「畳って、いいですよね」


肇「夏は冷たくて、冬は暖かくて」


肇「和室自体、アパートは難しいですがやっぱり素晴らしいものです」


肇「そう言えば、昔中学生の頃。体育で柔道をする時、体育館に畳を敷いてやっていたんですよ」


肇「でも時たま、ふざけた男子が畳を高く積み重ねて遊んでいて」


肇「不安定だったからか、倒れてぶつかって怪我をしている人もいました」


肇「そう。畳は敷いてあるもの、なんて一般常識ですが」


肇「そんな固定概念がひっくり返る事もあるんです」


肇「…空、雲ってきましたね」


肇「降ってくるものが、雨とは限りませんが」


「畳返しの天気予報」


14: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 20:50:30.20 ID:DMZWQFiZO




茄子「鷹富士って苗字、相当珍しいですよね。普段は耳にする機会があまりないと思います」


茄子「だから、鷹富士さーんって呼ばれた時になんの躊躇いもなく返事が出来るんです」


茄子「逆に、肇ちゃんや朋さんはあるんじゃないでしょうか?」


茄子「藤原や藤居と呼ばれて返事をしたら、別の人だった事」


茄子「街中で自分と同じ苗字が聞こえてくると、反応してしまう事もあるかもしれません」


茄子「日本人全員が別の苗字を使うと言うのは、無理ですからね」


茄子「それでは苗字の意味がありませんから」


茄子「では、逆に」


茄子「日本人全員が同じ苗字だったら、どうなるとおもいますか?」


「仲良しな表札」


15: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 20:54:43.63 ID:DMZWQFiZO


フレデリカ「キガ ツク トワ タシ ワウ エキ チャ ンニ ナッ テイタ」


文香「焼肉屋しかない世界…ダメですね、落ち着いて読書ができません」


肇「話していたら、久し振りに実家の畳に寝転がりたくなってきました」


茄子「全世界の人々の名前が野菜になれば面白いんですけどねー」


杏「ネタ尽きるのも飽きるのも早くない?」


フレデリカ「じゃーみんなが植木ちゃんになっちゃった世界ごっこする?」


肇「意味が分かりません…」


茄子「では、ちょうど懸賞で当たった植木ちゃんの着ぐるみを…」


杏「うわ、超リアル」


16: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 20:57:52.40 ID:DMZWQFiZO


ガチャ


朋「なになに?楽しそうな事やってそうね、あたしも混ぜ…」
fjitm6.jpg


植木ちゃん「ダケ ドミ シロノ ヒトビ トハ ワタ シニ ジュウ オム ケル」


植木ちゃん「……」読書中


植木ちゃん「ナスじゃなくて植木ちゃんですよー」


植木ちゃん「朋さんも一緒に植木ちゃんになりませんか?!」


植木ちゃん「あめくれー!」


朋「きゃぁぁぁぁっ!!!!」バターン!!!


17: ◆TDuorh6/aM 2017/01/30(月) 20:58:59.09 ID:DMZWQFiZO


怪談ごっこ没ネタの追悼
かなり久し振りにスリーエフを書いた気がします
お付き合い、ありがとうございました

転載元:フレデリカ「世にも奇妙な前説ごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485771760/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

スリーエフ短SSモバマスフレデリカ文香茄子

(1)

AFTER 安部菜々「二兎物語」

BEFORE 渋谷凛「恋するスカート」

「地球に優しく人に厳しく」

ある意味これが一番怖い。いつか本当に来かねないという恐怖がある。
[ 2017/02/02 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

フレデリカ「世にも奇妙な前説ごっこ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto