スポンサーリンク

2017 01/30

渋谷凛「恋するスカート」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:37:22.51 ID:ROJ5+eJL0


プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってたりして

まじめで、厳しくて、でも優しくて、アイドルのみんなのことを一番に考えているところも好きで…

いつもプロデューサーのことばかり考えてしまって、夜も眠れなくなって、胸が苦しくなるんだ

この気持ち、どうしたら良いのかな?




凛(・・・いや、自分のスカートに筆談で恋愛相談されてる私の気持ちはどうしたらいいの?)
sbyrn4.jpeg

スカート[あの~~、凛ちゃん?聞いてる?]サラサラ



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:38:38.67 ID:ROJ5+eJL0


凛(ある日家に帰ると、急に私のはいていたスカートがペンとメモ帳を取り出して)

凛(あろうことか、私のプロデューサーに対する恋心を打ち明けてきた)

スカート[ごめんね、こんな事言えるの、凛ちゃんしかいなくて]サラサラ

凛「私は本当にどうしたら良いの…?」

スカート[凛ちゃんに協力してほしいんだけど…プロデューサーの近くに行ってもらうだけでいいから]サラサラ

凛「いや、そういうことじゃなくて」

凛(問題はそこじゃなくて、それに私にとってもっと大きい問題もあって)


凛「相手がプロデューサー…ってとこなんだよね」




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:40:23.31 ID:ROJ5+eJL0


翌日

P「……….」カタカタ…

ガチャ
卯月「戻りました~」
smmruzk01.jpg

未央「ただいまー!」
hndmo11.jpg

P「ん、三人とも収録お疲れ」


凛「プロデューサー…」

P「ん?凛、何か用か?」

スカート「」プルプル

凛「え?えーっと…(なんて言えば良いんだろう...?)」

スカート「」グワッサー!

凛「!?」

P「!?!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:41:22.23 ID:ROJ5+eJL0


凛「ちょ、ちょっと待って!落ち着いて!!」

スカート「!!」バサッバサッ

凛「とっとりあえず!こっちに来て!」

P「おおっおう!」

タッタッタッタ…

卯月「凛ちゃんとプロデューサーさん、どうしちゃったんでしょう?」

未央「さあ…?」

未央(ついにしぶりんがプロデューサーに対して業を煮やしたのかな?)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:43:16.40 ID:ROJ5+eJL0


事務所の屋上ー

P「」

スカート[スカートにこんなこと言われても困ると思うけど、よければ返事を聞かせてください]

P「」

凛「えぇーっとまあー…こういうわけなんだけど…どう?」

P「いやどういうわけなんだよ!?」

凛「私にも何が何だか…受け入れてる自分が不思議なくらいで」

P「まあおおかた志希か晶葉だとはおもうが…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:44:07.40 ID:ROJ5+eJL0


スカート「」ドキドキ


P「えーーーーーっと…とりあえず友人からって事で…」

凛「ええ!?」

スカート「!」ドッキーン!


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:44:49.19 ID:ROJ5+eJL0


スカート「♪ ♪」ファサ ファサ

凛「ちょっと大丈夫なの?無責任に適当なことを言ってない?」

P「そんなことねえよ、相手がどうであれ好意を持たれるのは嬉しいもんだし」

P「だから大事にしていきたいって思って」

スカート「・・・・・・!」

凛「そうはいっても…」

スカート「」バサッ!


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:45:36.12 ID:ROJ5+eJL0


P「うお!?」

凛「ちょ、ちょっと!プロデューサーに抱きつかないで!離れて離れて!」

スカート「!」バッ

P「だ、大胆なんだな」

スカート[だって友達になってくれるってだけでもすごい嬉しくて…まともに取り合ってもくれないと思ってたもん]サラサラ

スカート[やっぱりプロデューサーって優しいね]サラサラ

凛「にしてもいきなり飛びつかないでよ!びっくりするじゃん!」

凛(プロデューサーの顔が目の前にあったし!)

スカート[ごめん、、]サラサラ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:47:30.24 ID:ROJ5+eJL0


P「えっとじゃあ…スカートさん?これからよろしくね」

スカート「!!」バッサーイ バッサーイ

凛「だからはしゃがないで!スカートなんだから自分の使命を忘れないでよ!!」

P(俺は何も見てない俺は何も見てない)


こうして凛とプロデューサーとスカートの奇妙な日常がスタートした


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:50:00.37 ID:ROJ5+eJL0


書き溜め分がなくなったので今日はここまで

元ネタは「週刊少年ガール」です

Pがやけに冷静なのはこういう状況に慣れているからです


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:52:05.91 ID:ROJ5+eJL0

SF注意って最初に書いておけばよかったですね、すいません


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 12:33:10.26 ID:S00mNqfg0

なんだこれ(建前)もっとやれ(本音)


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 22:58:29.34 ID:3HNNkKvV0


翌日・事務所

凛「おはよう、プロデューサー」

スカート[おはようございます]サラサラ

P「ん、二人ともおはよう」

凛「今日の予定は?」

P「レッスンだな」

スカート[プロデューサー、、レッスンのあとにどこかに寄っていかない?]

P「ああ、仕事が終わった後なら」

凛(だ、大胆...)

スカート「♪」フワッ フワッ

凛「浮かれないで!物理的に!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 22:59:50.30 ID:3HNNkKvV0



アクセサリーショップ

P「本当にここで良いのか?」

スカート[うん!この前来たとき気になったのがあって!]

凛「確かに、ここには何回か来たことがあるけど…」

スカート[あ、お金は気にしないで!私の持ってきてるから!]ヒョイ→財布

凛「持ってるの?ていうかどこにしまってたの!?」

P「ますます謎だな…代金は俺が出すよ」

スカート[え!?]

P「こういうところは男が出すもんなの…凛も何か選んでいいよ」

凛「え?」

P「凛だって最近は仕事が多かったけど、めちゃくちゃ頑張ってくれたし」

凛「う、うん…ありがと、なら、お言葉に甘えて」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:00:31.69 ID:3HNNkKvV0



スカート[このネックレス、凛ちゃんに似合うんじゃない?]

凛「うん、いいかも」

P(凛も慣れてきてるな)

数十分後―

凛「おまたせ、プロデューサー」

スカート[かわいいの選べたよー!]パタパタ

p「えーっと、凛がこの青いネックレスで、スカートが…シュシュ?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:04:45.28 ID:3HNNkKvV0


スカート[うん!かわいいでしょ!]

凛「私も良いと思うよ」フフッ

スカート[だよねー♪]フワン フワン

P「…いいけど、どこにつけるんだ?」

スカート「!」

凛「考えてなかったね…」

スカート「」ショボーン…

結局、ネックレスとスカート用に香水を買いました

スカート[良い香り!ありがとうプロデューサー!]

P「いいっていいって(嗅覚あるんだ)」

凛「ネックレスもありがとう、大事にするよ」

P「ああ、似合ってるぞ」

凛「…うん、ありがとう」

スカート「♪」フワフワ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:05:47.64 ID:3HNNkKvV0


別の日、ボウリング場―

P「一応来てみたは良いけど…」

凛「出来るの?」

スカート[まっかせて!]ヨイショ

P(なるほど、布全体で包み込むように持つのか)

P(だけど…)

凛「球を下ろして!脱げちゃう!脱げちゃうから!!」

P(何も見てない何も見てない)


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:07:39.55 ID:3HNNkKvV0


スコーン!

凛「やった!ストライク!」

スカート[どう?私のサポート]

凛「うん、すごい投げやすい!」

スカート「♪」フフーン

P「投げるときに横から回転をかけてサポートするなんてよく考えついたなぁ」

スカート「」エッヘン

凛「このまま行けば300点狙えるよ!」

スカート[まかせて!]

P「にしても上手すぎやしないか...?」

スコア300―155

P「全部ストライクとか...!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:09:19.15 ID:3HNNkKvV0


スカート「♪ ♪」ピョン ピョン

凛「ちょ、ちょっと!嬉しいのはわかるけど浮かれないで!」

P「ああ…俺ボウリングは結構自信あったのになあ…」

凛「155も十分すごいと思うけど…」

P「全部ストライクには敵わないよ...」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:10:22.22 ID:3HNNkKvV0


また別の日、ゲームセンター

凛「えい!」カコン!

P「ふんっ!」カコッ!

スカート「!!」カッ!!

P「うお!?」

スコーーン!!

凛「やった!」

P「いやホッケーで二対一は不利だって!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:13:04.14 ID:3HNNkKvV0


スカート[ありがとうね凛ちゃん、私のためににスパッツはいてきてくれて]

凛「これなら思いっきりはしゃげるでしょ」

P(基準がわからん…が)

P「前ボウリングで負けたからな...ここからは全力で行かせてもらうぞ…!」

凛「負けないよ…プロデューサー」

スカート「!!」ブンブン

P「フッ...機体の性能の差が実力の差じゃないって事を思い知れ!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/29(木) 23:17:51.69 ID:3HNNkKvV0


数分後

P「僅差で勝利!」

スカート[途中まではよかったのにな…]ショボーン

凛「うん…残念、でも良かったんじゃない?プロデューサーの子供っぽいとこも見られたし」

スカート[そうそう!なんか可愛かった!]

凛「何だっけ?機体の性能とかなんとか」フフッ

P「恥ずかしいから思い出させないでくれ…」

P(ていっても)

スカート[いつかリベンジしようね!]

凛「うん、今度は負けないよ」

P(二人も子供らしいじゃないか)

凛「?どうしたのプロデューサー?そんな顔して」

スカート「?」

P「いや、なんでもないよ」

P(二人には言わない方が良いかな)


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:05:23.86 ID:+3Por28S0



別の日―カラオケボックス

凛「振り返らず前を向いて そしてたくさんの笑顔をあげる~♪」

タンバリン「ダダスタダカダカダスダダスタタン!」

凛「~♪…ふぅ、なんかいつもよりも歌いやすかった」

スカート[どうだった?私のタンバリン]

凛「ありがと、やりやすかったよ」

P「意外に多才だな…」

凛「今度のライブに出てもらう?」

スカート[ええ!?恥ずかしいよ!]アタフタ

凛「ふふっ、冗談だよ」

P(恥ずかしい以前にスカートは無理じゃないか?)


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:06:11.80 ID:+3Por28S0


別の日―遊園地

凛「変装、これで大丈夫かな?」

スカート[大丈夫!似合ってるよ!]

凛「そういう意味じゃないんだけど…でもありがと」フフッ

スカート[二人ともいつも私のお願い聞いてくれてありがとね]

凛「気にしないでよ、私だって息抜きになるんだし」

凛(それに…卑怯かもしれないけどプロデューサーと一緒になれるし)

P「ライブも近いしこれからあまり時間がとれなくなるからな、今日は何でも言ってくれ」

スカート[全アトラクション制覇!]

P「アクティヴ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:06:41.64 ID:+3Por28S0


凛「これで一通りは乗ったかな?」

P「キ、キツい…」

スカート[最後にアレが残ってるよ!]

P「アレ?」

凛「……!」

スカート[観覧車!]


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:07:32.71 ID:+3Por28S0

ゴウン… ゴウン…

凛(ド、ドキドキする…)

P「結構高いとこまで来たな」

凛(恥ずかしくてプロデューサーの顔見られないよ…)

スカート「・・・」


スカート[プロデューサー、何か怖くなってきちゃったから隣に座ってくれないかな?]

凛「!?」

P「俺は良いけど…いいか?凛」

凛「い、いいよ!気にしないでいいから!」

P「そっか、じゃあ失礼」スッ

凛(~~~~~~!!)

スカート「♪」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:08:07.49 ID:+3Por28S0


ゴウン ゴウン…

係員「気をつけて降りてくださーい」

P「ん~こういうのんびりしたのは良いな」

凛「そ、そうだね…」

凛(どうしよう…絶対今顔真っ赤だよ…)

スカート「・・・」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 13:09:06.53 ID:+3Por28S0


数日後、ライブ会場控え室―

凛「それじゃ、行ってくるよ」

スカート[うん!頑張ってね凛ちゃん!]

凛「ありがと、ここまで聞こえるくらい歌ってくるよ」

タッタッタッタ…

スカート「・・・・・・」

スカート(さてと、)

スカート(私のわがままももう終わらせないとね)


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:44:27.82 ID:+3Por28S0


数日後、事務所屋上

ガチャ
凛「うー…寒っ」

スカート[ごめんね凛ちゃん]

凛「いいよ、ふたりっきりで話せる場所なんてここしかないし」

凛「それで…話って何?」


スカート[凛ちゃんって……]




スカート[プロデューサーのこと好きでしょ]


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:47:15.29 ID:+3Por28S0


凛「いや…いやいやいやないって、アイドルとプロデューサーだよ」

スカート[ごまかさなくて良いよ、ここにはだれもいないから]

凛「…なんでわかったの?」

スカート[凛ちゃんのスカートだから]

凛「…うん、そう、好きだよ」

凛「プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってて」

凛「まじめで、一生懸命で、優しくて、子供っぽいところもあって」

凛「少し鈍くて、でもそんなところも好きで」

凛「プロデューサーに褒められたりするとついにやけちゃったり」

凛「でもこの気持ち、どうすれば良いかわかんなかった」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:48:20.22 ID:+3Por28S0


スカート[いままで伝えてはないんだよね?]

凛「うん、立場もあるし応援してくれるみんなも居る」

凛「それに…スカートだってプロデューサーのことが好きなんでしょ」

スカート[好きだよ、でも私はスカートだから]

スカート[結局は人と物だし一緒に居られる時間なんてすぐに過ぎてしまうの]

スカート[凛ちゃんには自分の気持ちに嘘をついて欲しくないよ、躊躇ってる暇なんてないんだから]


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:49:14.02 ID:+3Por28S0


凛「でも…」

ガチャ
P「うおっ…寒!待たせちゃってごめん」

凛「プロデューサー!?」

スカート[ここに来る前に呼んどいたの]

凛(いつの間に!?)

P「で、急用って?」

スカート[凛ちゃん、がんばって!]

凛「…えっと、その……」




凛「今日は私から話が―」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:50:09.82 ID:+3Por28S0


・・・・・・・・
・・・・
・・


スカート[躊躇わなくて良かったね]

凛「うん、でもこれからどうしよう…立場とか」

スカート[事務所の中でもバレてたしいいんじゃない?]

凛「え?」

スカート[本田さんに千川さん、あと北条さんも知ってるはずだよ]

凛「嘘…でしょ…隠してたのに…」

スカート[端から見てもかなりわかりやすかったと思うよ]


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:51:14.15 ID:+3Por28S0



凛「うぅ…でもおかげですっきりしたよ、ありがと」

凛「スカートとはライバル関係になっちゃったけど」

スカート[気にしない 気にしない]

スカート[でも凛の大事なものがこちらの手の内にあることをゆめゆめ忘れるなよ ザバっとやるぞザバっと]

凛「いきなり脅迫!?」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:51:46.22 ID:+3Por28S0


凛「まぁ私もPを譲る気なんかないから!」

スカート[いやたいていの男はなにがしかの布が好きだ]

凛「生々しいからやめて!」




こうして凛とスカートはこの時間を過ごしていく


~おわり~

転載元:渋谷凛「恋するスカート」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482935842/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(1)

AFTER フレデリカ「世にも奇妙な前説ごっこ」

BEFORE 島村卯月「凛ちゃんのカウンターで膝が痛い」

元ネタは知らないが、要するにど根性カエルだろ?
[ 2017/02/01 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

渋谷凛「恋するスカート」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto