スポンサーリンク

2017 01/02

モバP「矜持の稜線」



3: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:17:27.06 ID:U3QN0AnDo

事務所

幸子「ふふーん♪」
ksmzsck18.jpg

ちひろ「随分とご機嫌ですね。良いことでもありました?」

幸子「あ、ちひろさん。いえ、大したことじゃないんですが…」

ちひろ「?」

幸子「最近のスケジュールを見てまして」

ちひろ「あ、一杯ですね」

幸子「はい。ユニットでもソロでもお仕事があるのはいいなぁって」

ちひろ「バラエティ以外もありますもんね」

幸子「べ、別にバラエティも嫌いじゃないんですけどね…限度はありますが」

ちひろ「たまに見ててハラハラしますよ」


前スレ
モバP「アブラカタブラ替言葉」
シリーズスレ
古典シリーズ



4: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:17:56.29 ID:U3QN0AnDo

幸子「大体そういうのはまずPさんがやって安全を確認してますよ」

ちひろ「スタントマンですかあの人は」

幸子「と言っても、スカイダイビングくらいですかね」

ちひろ「あはは……」

幸子「勿論、ここで満足してる訳じゃないですけどね」

ちひろ「プロデューサーさんにもそういう話してあげてくださいね」

幸子「モチロンです!まだ、何かを成し遂げた訳じゃないんですから」

幸子「先に満足されても困ります」

ガチャ

P「ただいま戻りましたー」

幸子「…!」ピク

ちひろ「ほら、ほら」

P「ん?どうかしましたか?」

幸子「な、なんでもないです!レッスン行ってきます!」


5: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:18:46.27 ID:U3QN0AnDo

P「なんだったんですかね?」

ちひろ「さぁ?」クスクス

P「まぁ、いいか。それよりそろそろですね」

ちひろ「あ、ライブですか?」

P「えぇ。その打ち合わせに行ってたんです」

ちひろ「なるほど」

P「まぁ、同じところですからスタッフも慣れてますし問題はなさそうですけどね」

ちひろ「確かにそうですね」

P「えぇ。あとはあいつら次第ですね」


6: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:19:15.58 ID:U3QN0AnDo

レッスン場

幸子「……ふぅ」

小梅「…お疲れ、様」
srskkum21.jpg

幸子「あ、小梅さんお疲れ様です」

小梅「大丈夫?」

幸子「えぇ。問題ないですよ。バッチリです」

杏「流石だねー」
ftbanz19.jpg

幸子「なんか気が抜けますね…」

杏「まぁ、杏は杏なりにやってるから気にしないで」

凛「その割にはしっかりやってるよね」

卯月「それが杏ちゃんなりの努力なんですよ!」
smmruzk24.jpg

杏「……さぁね」

未央「おっ!照れてるね~杏ちゃん」
hndmo26.jpg

杏「そんなことはないけどさ」ポリポリ


7: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:19:44.50 ID:U3QN0AnDo

未央「さてっ!あっちも頑張ってるみたいだし、こっちも頑張りますか!」

凛「そうだね」

卯月「はいっ!頑張ります!」

未央「しまむーノッってるね!」イエーイ


8: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:20:13.81 ID:U3QN0AnDo

幸子「ボク達もあんな感じでやりますか…?」

杏「えーい」

小梅「…えーい」

幸子「お、おー?」

幸子「ってなんですかコレ。締まりませんね」

杏「そうかな?」

小梅「チームワーク…♪」

幸子「まぁ、個性があるのは大事ですよね」

杏「そそ。大事なのよ」

小梅「……」ウンウン




スポンサーリンク



9: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:21:44.59 ID:U3QN0AnDo

事務所

幸子「ただいま戻りました」

P「お疲れ様」

杏「飴くれ」

小梅「…おつかれ」

ちひろ「お疲れ様です」

杏「杏はすぐさま炬燵に入るね」

幸子「最近寒くなってきましたからね」

ちひろ「まぁ、そうですよねぇ」

杏「ただ、一度入ると逃げられないのが難点なんだよね」

P「仕事の時は引き摺ってでも出すから安心してくれ」

杏「ん。よろしくね」


10: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:22:13.39 ID:U3QN0AnDo

幸子「杏さんじゃないですけど、確かに外に出たくなくなりますよね」

杏「炬燵ない時代の人はそんなこと思わなかったんだよねぇ」

P「そうだな。一回味合うからまた欲しくなるんだよな」

幸子「携帯もそんな感じなんですかね」

P「そう言えばそうだな。ない時はなんとも思わなかっただろうな」

幸子「そうですよね」

杏「杏もこんなものなければ、ちょっと寒くなってきただけで炬燵入りたいなぁ…なんて思わなかったね」

幸子「ボクも携帯が無かったらなかったで家の電話番号をメモして持ち歩いていたと思います」

杏「お、そうだ。なんか連絡事項あるなら炬燵の中で聞くよ」

P「そうだな。近い内に事務所のメンバーでのライブがある」

杏「そーだね」

P「その後にユニットとしては二週間後に余所の事務所のアイドルも含めたライブがあるな」

幸子「そう言えばそうですね」

P「個々の予定は前に話した通りだな。幸子に負担掛かるかもしれないけど宜しく頼んだ」

幸子「ボクはカワイイですからね。問題ありません」

小梅「……?」

杏「ま。いつも通りの幸子だね」

P「そうだな」


11: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:23:20.68 ID:U3QN0AnDo

事務所

ちひろ「最近の幸子ちゃん楽しそうですよね」

P「そうですか?」

ちひろ「はい。それはもう」

P「いつも楽しそうですけど」

ちひろ「それはそうですけど…」アハハ

凛「ただいま」

P「お帰りなさい」

ちひろ「あれ、他のお二人は?」

凛「先に帰ったよ」

ちひろ「あ、そうなんですね」

凛「うん。私だけ事務所帰ってきちゃった」


12: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:23:49.74 ID:U3QN0AnDo

P「忘れ物でもあったか?」

凛「いや、そういう訳じゃないけどね」

ちひろ「?」

P「?」

凛「……理由なきゃここにいちゃダメ?」

ちひろ「どうぞごゆっくり」

ちひろ(どうしたんでしょう…?)


13: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:25:02.71 ID:U3QN0AnDo

凛「ちょっといい?」

P「どうした?」

凛「ライブ近いけどさ」

P「あぁ」

凛「なんか要望とか…ある?」

P「要望?」

凛「うん。例えば…MCをしっかりやってくれ。とか」

凛「なんだろ。上手く言えないんだけど…Pさんと私の目標を決めたいな。と」

P「なるほどな」

凛「まぁ、いつも通りで。って言いそうだけどね」ヤレヤレ

P「良く分かったな」

凛「練習は本番のように。本番は練習のようにだっけ?」

P「そうだな」

凛「ま。それは分かってるんだけどさ……」

ちひろ「凛ちゃんは二人だけの秘密の決め事が欲しいんですよね」

凛「……」

P「なるほど」

P「そうだな……今回はユニットでのライブだから、次のライブに繋がるパフォーマンスを見せてくれ」

凛「そういうのね…分かった。うん」


14: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:26:21.00 ID:U3QN0AnDo

事務所

ちひろ「やる気満々でしたね凛ちゃん」

P「基本的にいつもあんな感じですけどね」

ちひろ「まぁ、そうかもしれませんけど」

P「プロデュースしていて嬉しい限りですよ」

ちひろ「卯月ちゃんとは違うタイプですけど、アイドルって感じですよね」

P「そうですね」

ちひろ「あと、幸子ちゃんもそんな感じな気がします」

P「幸子ですか?」

ちひろ「はい。幸子ちゃんと凛ちゃんって似てませんか?」

P「二人共リーダー向きですよね」

ちひろ「そうですね。責任感強くて」

P「二人共たまに危ういところあるんですけどね」

ちひろ「そこはプロデューサーさんがしっかり見てくれるから大丈夫じゃないですか」


15: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:28:53.44 ID:U3QN0AnDo

ライブ当日

幸子「……ふぅ」

杏「おー、集中してるね」

幸子「ライブですからね。集中しないとミスが出ちゃいます」

幸子「ボクはリーダーですから」

杏「おー、凄い気合いだ」

小梅「…頑張ろー」


16: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:29:22.75 ID:U3QN0AnDo

凛「……よし」

未央「いつもながら集中してる時のしぶりんはカッコいいですなぁ」

卯月「なんかピンッて張りつめてる感じがするよね」

未央「そうそう、例えるなら日本刀だね。触ったらスパッと切れちゃいそう」

凛「そんなにピリピリしてるかな?」

未央「そういう訳じゃなくて、カッコいいんですよ渋谷さーん」

卯月「まさにクール!って感じですよね」

凛「…ならいいけど」


17: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:32:32.68 ID:U3QN0AnDo

会場

P「ここまで来ると俺達は見守るだけですもんね」

ちひろ「そうですねぇ」

P「裏方が出来るのはここまでです」

ちひろ「あとは、終わった後に労うことくらいですよねー」

ちひろ「なんかこれだけファンの方達が来てくれるだけで感動しちゃいます」

P「規模も徐々に大きくなってきましたしね」


18: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:33:01.79 ID:U3QN0AnDo

ワーワー

P「始まりましたね」

ちひろ「今回は全員出ますから盛り沢山ですね」

P「えぇ。そうですね。基本的に曲の場合はソロ売りが主ですからね」

ちひろ「ユニットらしいユニットは今回の二つくらいでしたっけ」

P「今後はそっちも強化していかないとですね」

ちひろ「そうですね。ま。得てしてプロデューサーさんはそういうことに限って私に相談してくれませんけどね」ツーン

P「今後は相談しますよ」


19: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:36:33.68 ID:U3QN0AnDo

ちひろ「あっ!幸子ちゃん達ですね」

P「楽しみです」

ワーワーワー

幸子「さっ、行きましょうか」

小梅「…うん♪」

杏「ん」

幸子(ステップも歌詞も大丈夫…あとは頭の中と体を一緒にするだけ)


20: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:37:02.79 ID:U3QN0AnDo

ワーワー

ちひろ「良かったですね!」

P「そう…ですね」

ちひろ「あれ?ダメでした?」

P「あっ!いえ、良かったですよ!」

P(幸子がちょっとズレたかもな。あんまり気にしてもしょうがないか)

P(全体的に見ても問題なかった気がするし)


21: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:37:31.59 ID:U3QN0AnDo

控室

未央「おっつかれー!」

卯月「お疲れ様です!」

凛「おつかれ」

幸子「お疲れ様です」

杏「飴頂戴、あ、やっぱり先に水頂戴」

小梅「…おつかれ」

P「お疲れ様」

ちひろ「皆さん素晴らしかったですよ!」

未央「楽しかったぁ!」

卯月「そうですね!」

凛「うん。今日は上手く出来た気がする」

未央「お。お褒めの言葉頂きましたー!」

凛「そ、そんな感じじゃなくて未央達は凄かったって」

凛「今のは自分に対して言った言葉だから」

未央「うんうん。いいねぇ!」


22: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:38:00.85 ID:U3QN0AnDo

車内

杏「大き目の車を買うべきだよね」

P「かもしれないな。今度話してみるよ」

杏「誰に?」

P「ちひろさんに」

杏「まぁ、そうだよねー」

小梅「……」ZZZ

幸子「……」

P「杏はどうする?」

杏「どうするって?」


23: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:38:29.81 ID:U3QN0AnDo

P「このまま家に帰るか?それとも事務所に帰るか?」

杏「家に帰る以外の選択肢はないね」

P「確かにそうだな」

P「小梅は寝てるから…送って…と」

P「幸子は――」

幸子「事務所でもいいですか?」

P「事務所か?」

幸子「ダメですか?」

杏「えー。帰りなよー」

幸子「事務所でお願いします」


24: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:39:25.44 ID:U3QN0AnDo

P「忘れ物か?」

幸子「そういう訳じゃないですけど」

杏「じゃあいいじゃんかー。もう十時半過ぎだよ?」

幸子「ダメなんです」

P「今日のライブのことか?」

幸子「……」

杏「ライブ?あー……途中の振付の話かな?」

幸子「……」ピク

杏「全然目立つようなミスでもなかったし」

P「沈黙は雄弁だな。でも――」

幸子「ダメなんです!」

小梅「ひゃっ!?」ビク


25: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:39:54.69 ID:U3QN0AnDo

P「どうしたんだ?」

幸子「ボクはミスしちゃダメだったんです」

幸子「ユニットのリーダーなんですから」

P「そうか。次は――」

幸子「次からじゃダメなんです!次からじゃ…」ジワ

幸子「――っ!ごめんなさい」

P「大丈夫だ。続けてくれ」

幸子「いや、その、大丈夫です…はい。ごめんなさい」

幸子「もう遅いですしね…帰ります」

杏「……」

P「……分かった」


26: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:41:49.43 ID:U3QN0AnDo

P「お疲れ様」

小梅「お疲れ…様。おやすみ」

幸子「……お疲れ様です」ギュッ

杏「……」ZZZ


27: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:42:18.59 ID:U3QN0AnDo

車内

P「そろそろ着くぞ」

杏「んあ…」パチ

P「今日はお疲れ様」

杏「お疲れ」

P「明日からも頑張ってな」

杏「えー」

P「飴あげるから」

杏「杏を飴渡せばなんでもやってくれると思ってない?」

P「そんなつもりはないがな」

杏「ならいいけどね」

P「お。着いたぞ」

杏「ん。ありがと」


28: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:42:56.87 ID:U3QN0AnDo

事務所

P「ただいま戻りましたー…って誰もいないか」

P「ちひろさんも凛達を送ってそのまま帰ったみたいだし」

P「軽く事務作業やって帰るか」

P「とにかくライブが上手くいって良かった良かった」

P「さてと仕事頑張るか」

P「あ、そうだ予定確認しとかないと」

P「えっと……あいつらのロケは一週間後か。中々ハードな日程だな」

P「サクサク仕事しないとな」

P「炬燵入ったらそのまま朝になってそうだし我慢しないと」

P(ずっと入ってると暑いし、こういうのはたまにが良いんだろうなぁ…)


29: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:43:26.10 ID:U3QN0AnDo

翌日

車内

P「昨日はお疲れ様だったな」

幸子「そうですね」

P「あれからしっかり眠れたか?」

幸子「大丈夫です」

P「…悩みでもあるのか?」

幸子「大丈夫です」

P「そうか……」

P(昨日からこんな感じだし…大丈夫じゃなさそうだよなぁ)


30: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:44:04.79 ID:U3QN0AnDo

幸子「……」

幸子(なんでしょう…このモヤモヤ)

P「そう言えば、昨日ライブで踊った曲は次のライブにも入ってるからな」

幸子「分かりました」

P「あぁ、幸子自身納得してないところがあるならそこで挽回してくれ」

幸子「……ダメなんです」

P「ん?」

幸子「あ、いや、ダメじゃないです」

幸子「でも……ダメなんです。『次の機会に挽回する』じゃ」

P「……」

幸子「あ、Pさんが間違ってる訳じゃないんですよ」


31: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:44:34.07 ID:U3QN0AnDo

幸子「ただ……優し過ぎるんです。ボクたちが何をしても優しく諭して許してくれる。なにをしても」

幸子「それは、多分…優しさじゃないです」

P「さち――」

幸子「ただ、いつか、本当にいつか大変なその時に、最高のパフォーマンスを出せるようにしておくのがプロだとボクは思ってます」

幸子「だから…昨日のボクはプロじゃありませんでした」

幸子「その…ごめんなさい」ペコリ

P「ありがとな」

幸子「お、お礼を言われるようなことは何も……」

幸子「も、勿論挽回することも大事なんですけどよっ!そこはボクも分かってます」

P「アイドルに育てられるプロデューサーなんてカッコ悪いがこれからもよろしくな」

幸子「ふ、ふーん。ボクがPさんをプロデュースしたらあっという間にアイドルデビューさせてあげますよ!」

P「いや、俺はそういうのは…」アハハ

幸子「大丈夫です!ビビッときました!まずは、スカイダイビングからやってみましょう!」

幸子「そしてそのままボクとユニットを組んで頂点まで目指しましょう!」


32: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:45:56.82 ID:U3QN0AnDo

一週間後
ホテル

杏「えー…ロケお疲れ」

未央「お疲れ様ー!明日も頑張ろー!」

卯月「あ、見て下さいコレ美味しそうですよ凛ちゃん」

凛「そうだね」

小梅「……わぁ」

杏「全く慣れないことはするもんじゃないね」

幸子「年長者ですから…」

杏「こういうのは、杏よりも幸子の方が適任だと思うよ」

幸子「そりゃ、ボクはリーダーですからね」

杏「そーそー」


33: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:46:25.36 ID:U3QN0AnDo

小梅「……これなに?」

P「小梅。そっちに人はいないぞ」

小梅「あー…うん。そうだね」

P「そうそう。それだけだ」

小梅「あの子が…これ、好きだって」

P「お、そうか。今度一緒に食べようって言ってた。って言っといてくれ」

小梅「う、うん。分かった…任せて」フンス

杏「大丈夫なの?」

P「……多分」


34: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:51:10.50 ID:U3QN0AnDo

P(ちょっと夜風に当たってくるか…)

P「それじゃ、適当に閉めて寝ろよー」

未央「はーい。明日もヨロシク☆」

P「はいはい。ちゃんと歯磨いて寝ろよ」

凛「お疲れ様。ありがとね」

P「あ、そうだ凛」チョイチョイ

凛「ん?なに?」

未央「お?なになに密会ですか?」

卯月「えっ!?」


35: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:51:39.38 ID:U3QN0AnDo

P「この間の約束の話だけどな」

凛「約束?」

P「ライブの時の話」

凛「あぁ、うん」

P「ちゃんと守れてたと思うぞ。これからも頑張れ」

凛「そうだね。これからも頑張るよ。おやすみ」

未央「おやおやおや?ちょっと耳まで真っ赤だけど何か…まさか!?」ハッ

未央「みんなー!」

凛「ちょっと未央!なっ、なにも変なことされてないからっ!」

P「あはは」


36: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:12:51.98 ID:U3QN0AnDo

中庭

P「…はぁ」

幸子「溜息ばかり吐いてると幸せが逃げますよ」ヤレヤレ

P「幸子が来たから大丈夫だろ」

幸子「どういう意味ですか?」

P「幸子だけに幸が来たと」

幸子「また、下らないことを…」

P「下らなくはないさ」

P「なんてったって自分の幸せを周りに渡せるのが幸子だからな」

幸子「…あの場にお酒ってありましたか?」

P「いや、ジュースしかないぞ」

幸子「素面でそれを言ってるなら、流石のボクでもビックリですよ」

P「カワイイ脳味噌してるだろ?」

幸子「そうですね」クスクス


37: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:13:21.19 ID:U3QN0AnDo

P「ちなみにさっきの言葉は、『幸子』って名前の漢字の意味だよ」

幸子「さっきの?」

P「自分の幸せをって話」

幸子「そうなんですね。そこまでは知りませんでした」

P「あとはそうだな。生まれてから死ぬまで幸せでいて欲しい。って願いが籠ってるのかもな」

幸子「あ。なるほど。言われてみれば」

P「『子』って漢字さ、シンプルだけど意味が込められていて俺は好きだよ」

幸子「そ、そうなんですね」

幸子「両親に感謝しときます」

P「それで、どうしたんだ?」

幸子「理由がないと隣にいちゃダメですか?」

P「……いや、どうぞ」

幸子「はい♪」


38: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:13:50.02 ID:U3QN0AnDo

P「しかし、幸子の考え方には恐れ入ったよ」

幸子「へ?」

P「いや、この間車の中で話してくれたろ?プロ意識について」

幸子「あ、あぁ!い、いやですね!それは……」カァァ

P「勉強になりました」

幸子「そ、そうですか。それは良かったです…?」

P「ま。アイドルからでもなんでも学べることは学ばないとな。人生って短いし」

幸子「そうですね。教科書だって誰かが書いたものを見て学ぶ訳ですし」

P「そうだな」

幸子「ま。ボクはカワイイので学ばれることの方が多いでしょうけどね」

P「そうかもな」

幸子「えぇ、勿論です」フフーン


39: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:14:17.92 ID:U3QN0AnDo

幸子「でも。そんなボクでも学ぶことだってありました」

P「そりゃそうだろうな」

幸子「きっと、Pさんが考えてることとは違うと思いますよ?」

P「そうなのか?」

幸子「この間のライブでのミス。少しだけ帰ってから泣いてしまいました」ボソッ

幸子「あっ!これは誰にも言っちゃダメですよ!勿論ちひろさんにもです!」


40: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:14:45.87 ID:U3QN0AnDo

幸子「それでですね。思ったんです」

幸子「あの時に抱いた悔しいって感情も涙もそもそも全部Pさんが与えてくれたものだって」

幸子「知らなければこんな思いを抱くことはなかったと思います」

幸子「知らなければ」

幸子「出会わなければ」

幸子「Pさんと…出会わなければ…っ!」

幸子「もう知らなかった頃のボクには戻れません。だから責任を取る義務があります」

P「そうだな」

幸子「一つ聞いてもいいですか?」

P「どうした?」

幸子「Pさんにとってボクとはなんですか?」

幸子「ボクは何かを与えられましたか?」

幸子「ボクと会わなければ抱かなかった気持ちはありますか?」


41: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:15:14.27 ID:U3QN0AnDo

P「幸子は凄いアイドルだと思う」

幸子「……」ピクッ

P「カワイイのは勿論のこと、ガッツもあって真面目でプロ根性もあって」

P「ユニットのリーダーを任せてもこなせるしな」

幸子「ま、まぁ、このカワイイボクですからね」

P「ウチの事務所になくてはならないアイドルだよ。幸子は」

幸子「トーゼンじゃないですか。なに当たり前のことを言ってるんですかこの人は」

P「……ぷっ」

幸子「なっ、ど、どうしたんですかいきなり笑い出して」

P「なんかその得意げな顔がちょっと意地らしくてな」クスクス

幸子「なんですかもう。まぁ、いいです。今すぐ答えが欲しいって訳じゃないですし」

幸子「さっ!そろそろ中入りましょうか」

P「そうだな」


42: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:15:42.63 ID:U3QN0AnDo

幸子「あ、最後に一つだけ言い忘れてました」クルッ

P「お、どうした?」

幸子「優し過ぎるのはダメです。ただボクルールによると、ボクがカワイイせいで、つい甘やかしちゃうのはセーフです」

幸子「蜜のようにとろける甘やかしを期待しておきますから頼みますね」ドヤ

P「ぜ、善処します」


43: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:16:10.26 ID:U3QN0AnDo

P「そうだ幸子。こっちも一つ聞いていいか?」

幸子「なんですか?」

P「幸子は、俺と出会えて良かったか?」

幸子「愚問ですね…もしかして、期待してますか?」ニヤニヤ

P「ん?」

幸子「Pさんはボクと会えて幸せですか?」

P「あー……」ポリポリ

幸子「沈黙は…雄弁。ですよね♪」


44: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 21:16:37.62 ID:U3QN0AnDo

終わりです。
読んで下さった方ありがとうございました。

本年も精進します。


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 21:19:34.11 ID:ZExra2+H0

乙です
幸子めちゃカワイイ


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:17:11.60 ID:95r1eDyR0

あけおめ&乙です
今年も古典シリーズ楽しみにしてます


47: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 22:30:15.22 ID:U3QN0AnDo

簡単な解説です。

今回は以下の歌を参考に致しました。

世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

伊勢物語 在原業平の歌になります。

意味と致しましては、世の中に桜と言うものがなければ、春になっても咲くのを待つこともなく、
散ることを惜しむこともなかっただろうに。


という歌です。


48: ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 22:32:17.42 ID:U3QN0AnDo

余談ですが、これに反して

散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき

惜しまれるこからこそ素晴らしい。
世に永遠なるものはなし。

という意味の歌もあります。

失礼いたしました。



転載元:モバP「矜持の稜線」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483355745/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

古典シリーズ幸子小梅卯月未央短SSモバマス

(4)

AFTER モバP「元日の次の日」

BEFORE 的場梨沙「お正月ね」 二宮飛鳥「あぁ」 佐藤心「祝え祝え☆」

なんかタイトル見ると「お、古典シリーズだ」って理解っちゃう不思議
今回も面白かったです
[ 2017/01/02 23:59 ] [ 編集 ]
わかる。もしかしてと思って実際に見てみたら、やっぱりそうだったってことがよくある

そして、ニュージェネと違って、142cmは外伝込みでも揃ってなかったのなw
[ 2017/01/03 10:47 ] [ 編集 ]
つーづーきーはーよー
[ 2017/02/28 02:38 ] [ 編集 ]
更新されんな
自然消滅したのか?
[ 2017/08/14 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「矜持の稜線」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto