スポンサーリンク

2016 12/30

北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で よんかいめ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:33:37.38 ID:5M2QRzm/0

――藍子の部屋――

北条加蓮「むにゃ……」(藍子の膝の上で寝ている)
hjkrn18.jpg

高森藍子「~~~♪」(加蓮を膝の上に乗せている)
tkmraik6.jpg

加蓮「……にゅ……ふふ……」

藍子「加蓮ちゃん、幸せそうな顔してるなぁ……♪」


前スレ
北条加蓮「藍子と」高森藍子「瑞雪の聖夜に」
シリーズスレ
レンアイカフェテラスシリーズ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:34:47.33 ID:5M2QRzm/0

加蓮「くー……」

藍子(……来てからすぐに、猫さんみたいに体を丸くして。もう、1時間くらいになるかな?)

加蓮「むにゅ……へへぇ……」

藍子(それからずっと、幸せそうに……ときどき、笑っているんです)

加蓮「……すー……」

藍子「ふふ……」ナデナデ

藍子(一生懸命な加蓮ちゃんも、見ていて励まされて、勇気をもらえて……すっごく、大好きだけれど)

藍子(やっぱり、安心している加蓮ちゃんを見る方が、私も安心できちゃうな……)

加蓮「……ふへ……」

藍子「ふへ、じゃないですよー、もー」ツンツンッ

加蓮「ぐにゅ……」

藍子「ふふっ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:35:17.26 ID:5M2QRzm/0

藍子(……病院から、お便りが来たそうです。加蓮ちゃんがプレゼントを渡してあげた子と、看護師さんから)

藍子(お礼ってことで、手紙と写真が入っていたみたいですよ)

藍子(それを持って、私に見せに来た加蓮ちゃんは、もうすっごく嬉しそうで! 見て見て、って、何度も言われちゃいましたっ)

藍子(それに――)

藍子(嬉しそう、ってだけじゃなくて……どこか、ほっとしていました)

藍子(今もそう。安心しきった、って顔)


藍子「……もー。クリスマスの、プレゼントを配る前まで、あんなに不安そうな顔をしていたの、どこの誰ですかー?」ツンッ

加蓮「……くぅ……」

藍子「なんちゃってっ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:35:47.60 ID:5M2QRzm/0

藍子(気が緩んじゃったのかな……? だから今日は、こうしてぐっすり、お昼寝をしているんでしょうか)

藍子(お話できないのは、ほんのちょっとだけ寂しいけれど。でも、こんなお昼があっても、いいですよね?)


藍子「くふぁ……。加蓮ちゃんを見てたら、私まで眠たくなっちゃった……。一緒に寝ちゃおっかな?」ゴシゴシ

加蓮「んぃー……」ゴロゴロ

藍子「ああっ。転がっちゃダメですよ。膝から落ちちゃいます」ギュ

加蓮「すー……」

藍子「……加蓮ちゃん、こんなに寝相が悪かったかな……? それとも、そんなに面白い夢を見ているのかな?」

藍子「夢の世界に遊びに行けたら、もっと楽しそう。加蓮ちゃんの見ている物、私も見たいのに……」

藍子「なんて、わがままですよねっ」

藍子「きっと、起きた時に教えてくれるから……それを、楽しみにしちゃおっと♪」

加蓮「……みゅ……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:36:19.69 ID:5M2QRzm/0

藍子「……」

藍子「写真とか……撮ったら、怒られちゃう、かな?」

藍子「怒られちゃいそう……。で、でもっ! カメラマン系アイドル、高森藍子! ここで退く手はありません!」グッ

藍子「加蓮ちゃんだって、お話すれば分かってくれる……ハズっ」

藍子「じゃあ、早速カメラを――」

藍子「……」

加蓮「……くぅ……」

藍子「ああっ! 動いたら加蓮ちゃんが膝から落ちちゃう……!」

藍子「ここから手を伸ばしても、カメラは掴めないし……」

藍子「……き、今日のところはここまでにしておいてあげますっ!」

藍子「なんてっ。ちょっぴり悪役っぽくなっちゃっいました」




スポンサーリンク



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:36:47.38 ID:5M2QRzm/0

加蓮「…………ふへ……ぁ? ……いこ……」

藍子「……? 加蓮ちゃん? 呼びました……?」

加蓮「……あいこー……」

藍子「あ、やっぱり呼ばれてる。私が夢に出てるのかな?」

藍子「……ふふっ。私ですよー。藍子ですよー」ナデナデ

加蓮「だいじょ……って、……んなに……なくても……」

藍子「……? うーん……『大丈夫だって。そんなに止めなくても』かなぁ?」

藍子「夢の中の私は、加蓮ちゃんを心配しちゃってるんですね。私とおんなじ」

藍子「……わ、私、邪魔者って思われたりしてません……よね?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:37:17.68 ID:5M2QRzm/0

加蓮「……ーき……て……し、さ……さんな……よー……」

藍子「『へーきだって。私、』……なんだろ? さ……さん?」

藍子「……サンタさん? サンタさんなんだよ?」

加蓮「よい……みん……、……んとだよー……」

藍子「もしかして、またサンタさんになってるのかも」

藍子「そっか。……不安もいっぱいありましたけれど、加蓮ちゃんにとって、いい思い出になったんですよね。ふふっ」

藍子「本当に良かったですっ。これからもいっぱい、いろんな思い出を作っていきましょうね――」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:37:47.50 ID:5M2QRzm/0

加蓮「ふへ……」

藍子「……?」

加蓮「……さんだよー……わく……?」

藍子「……な、なんだか雲行きが怪しくなったような」

加蓮「…………ふへへぇ……ふへ……ふへへへ……」

藍子「……」

藍子(だ、ダメな笑顔だこれー!)

加蓮「いいこだねー……こっち……でー……ふへ……」

藍子「……………………」


藍子「えい」ベチッ

加蓮「ひぶっ!?」イタイッ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:38:17.58 ID:5M2QRzm/0

加蓮「え? え!? ……何!?」キョロキョロ

藍子「…………」ブスー

加蓮「あ、なんかあったかい……あそっか。ここ、藍子の部屋だっけ……?」

加蓮「えーと……、……あっ、藍子だ」

藍子「…………」ブスー

加蓮「……藍子? なんでそんな膨れてんの?」

藍子「別にー。なんでもないでーす」ブスー

加蓮「???」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:38:47.95 ID:5M2QRzm/0

藍子「こほん。なんだか楽しい夢を見てたみたいですね、加蓮ちゃん」

加蓮「夢……? なんか言ってた? 私」

藍子「はいっ。いっぱい笑ってましたよ」

加蓮「そっか。いまいち覚えてないんだけど、きっと楽しい夢だったんだね。……もったいないなー。覚えてたら、藍子にも話せてたのに」

藍子「覚えていないんですかー? 起きたら教えてもらおう、って思ってたのに」

加蓮「それは残念」

藍子「加蓮ちゃん、ふへへ、って笑っていました」

加蓮「……ふへへ?」

藍子「はい。ふへへ、って」

加蓮「ふへへって」

藍子「怪しい人みたいに」

加蓮「怪しい人みたいに」

加蓮「……怪しい人みたいに!?」

藍子「…………ざんねんだなー、起きたらどんな夢を見てたのか、教えてもらおうって思ってたのになー」ブスー

加蓮「なんかさっきと意味違わない!?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:39:17.97 ID:5M2QRzm/0

加蓮「な、何の夢見てたんだろ私。モバP(以下「P」)さんを襲う計画でも立ててたのかな……。今年のクリスマスは、ほら、プレゼントとか、お母さんとのディナーとかでPさんには構えなかったし」

加蓮「……あれ? で、なんで藍子が膨れてんの?」

藍子「さー。なんででしょーねー」

加蓮「うわぉ声が冷え切ってる。でもホントになんで? 私、藍子の悪口でも言ってた?」

藍子「そうじゃありませんけど」

加蓮「藍子のノロマー! とか」

藍子「ぶちっ」

加蓮「まな板ー!」

藍子「ぶちぶちっ」

藍子「……そーいうこと言うんですね。加蓮ちゃん、そーいうこと言うんですね」

加蓮「あれ、これもしかしてマジで怒ってる……? なんか冷気を通りこして闇のオーラっぽいものが見えるんだけど……!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:39:48.66 ID:5M2QRzm/0

藍子「ふふふ……ふふふふふ……」

加蓮「すごい笑い方し始めた!? 誰これ!? 藍子じゃなくて闇子だよ! 藍色じゃなくて闇色だよ!?」

藍子「そういうことを言う加蓮ちゃんなんて……今日はずっとこの家にいてもらって、ストーブや暖房で暖かくして、ご飯でお腹いっぱいになってもらって、ゆっくりお風呂に浸かってもらいますから!」

加蓮「それただの極楽だよね!?」

藍子「今日からきさまも、……えと、ゆ、ゆるふわ乙女になるのだー!」

加蓮「ひ、ひゃー?」

藍子「……」

加蓮「……」

加蓮「……えーと……あ、そうだ。おはよう、藍子」

藍子「おはようございます、加蓮ちゃん。気持ちよく眠れましたか?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:40:17.72 ID:5M2QRzm/0

加蓮「おかげさまで。膝、もっかり借りていい?」

藍子「どうぞ~」ポンポン

加蓮「ありがと。……あ、いや、その前に洗面所借りていいかな。顔を洗ってきたくて」

藍子「はーい。温かいお湯で洗ってくださいね」

加蓮「そーするー」ガチャ

<あれ、藍子のお母さん……。お、お邪魔してます――え? それはさっきも聞いた? あ、あはは、そうですね
<……髪の毛が跳ねてる!? あ、えと、せ、洗面所借りますっ!

藍子「……ふふっ。だから、そんなに畏まらなくていいのに」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:40:47.71 ID:5M2QRzm/0

……。

…………。

加蓮「ただいま」

藍子「おかえりなさい」

加蓮「えいっ」ポフッ

藍子「ひゃっ。いきなり飛び込んで来たらびっくりしますよ~」

加蓮「あはは、ごめんごめん」

藍子「それに、さっきのっ。誰がまな板で誰がのろまですかっ」

加蓮「あはははっ」

藍子「もーっ。……すっかり元通りですね、加蓮ちゃん」ツンッ

加蓮「んふふー」

藍子「にやにやしてる……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:41:18.36 ID:5M2QRzm/0

加蓮「やっぱこうして藍子をからかってる方がさー。いつも通りって感じがして、楽しいんだ」

藍子「……ふふっ。どんないつも通りなんですか、それ」

加蓮「私がニヤニヤしててー、藍子があたふたしててー。で、度を越えたら私が頭を下げてごめんなさいって」

藍子「ごめんなさい、って言うところまで、いつも通りなんですね」

加蓮「どんなに親しくても、悪いことをしたら謝らなきゃ。親しいことと何でもしていいことは別物でしょー?」

藍子「最初からしなければいいのに……」

加蓮「色々とやりたいお年頃だからっ」

藍子「それなら、私も色々やってみようかな?」

加蓮「やっちゃえやっちゃえ。加蓮ちゃんの体力なしー! とか、言ってもいいんだよ?」

藍子「言いませんよっ」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:41:47.90 ID:5M2QRzm/0

加蓮「たはは。でもいきなり藍子にそんなこと言われたらびっくりするかもね。誰これ!? 高森闇子ちゃん!? とか」

藍子「それ、さっきも言っていましたね」

加蓮「藍子の藍って色じゃん。藍色。だから、闇子ちゃん」

藍子「黒とかではないんですか?」

加蓮「黒子って普通にいそうでしょ? 普通にいそうにない名前だから、冗談にできるんだよ」

藍子「なるほどー……」

加蓮「高森闇子ちゃん。どんな子だろうねー」

藍子「どんな子なんでしょう」

加蓮「とりあえず服がこう、ゴシックっぽい」

藍子「まるで蘭子ちゃんみたいっ」

加蓮「そういえば藍子って、読み方次第では"らんこ"って読めるっけ」

藍子「今度、蘭子ちゃんに蘭子ちゃんっぽい話し方を習ってみようかな?」

加蓮「"闇子"と"蘭子"って、漢字にしたら見分けがつかなさそうだね」

藍子「連絡先とかで間違えちゃいそうですね。蘭子ちゃんへのオファーが、私の元に来ちゃいそう」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:42:17.73 ID:5M2QRzm/0

加蓮「ゴシックロリータな藍子なら見てみたいなぁ。ほら、魔女衣装の時みたいな……ってあれはちょっと違うか」

藍子「雰囲気なら近い……のかも?」

加蓮「やっぱ次はゴスロリだよね! Pさんに相談してみよっかなー」

藍子「じゃあ私は、いっぱい勉強しなきゃ」

加蓮「蘭子ちゃんのところに弟子入りとか」

藍子「はいっ♪」

加蓮「……改めて考えると、藍子にゴスロリってなんか似合わなさそー」

藍子「ええっ。ここまで話が盛り上がったのにっ」

加蓮「藍子のほんわかした笑顔を見てるとね。やっぱり藍子は森ガールの方がいいなぁって。まだ白ドレスの方が似合うよ」

藍子「もー。加蓮ちゃんがそう言うなら、いつも通りの私でいますね」

加蓮「あ、でもやっぱりあれこれ試す藍子を見てるのも楽しそう?」

藍子「どっちですか~っ!」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:42:47.84 ID:5M2QRzm/0

加蓮「もし私が藍子のプロデューサーになったら大変だね。気まぐれで振り回されちゃう」

藍子「自分で言うなら振り回さないでください~。ついていくのが大変になっちゃいます」

加蓮「それにさー。藍子っていろんな人に愛されてるし、蘭子ちゃんに弟子入りってなったらまたライバル増えそうじゃん? それはなんかやだなー、なんてっ」

藍子「加蓮ちゃんだって愛されてるのに……。それなら、加蓮ちゃんも一緒に弟子入りしますか?」

加蓮「えー、私が厨二病キャラになるの? そういう時期はもう通り過ぎてるんだけど」

藍子「言われてみたら、ゴスロリ……? は、加蓮ちゃんの方が似合う気がしますっ。神秘的な感じとか、ファンタジーって感じとか」

加蓮「……正直」

藍子「正直?」

加蓮「結構興味ある」

藍子「!」

加蓮「はいスマフォを手に取らない」ペチ

藍子「あうっ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:43:17.69 ID:5M2QRzm/0

加蓮「興味があるってだけで今はいいよ。なんていうか……ほら、新しいことに挑戦っていうのは少しお休みしたいし」

藍子「お休み?」

加蓮「うん。ちょっと勇気を使いすぎちゃったかも。この前のクリスマスLIVEとか……サンタクロースの件、とか」

藍子「……そうですね。最近の加蓮ちゃんは、ずっと頑張りっぱなしでしたね」

加蓮「今日はこうして藍子の膝の上でお休み」

藍子「猫さんみたいに、ゴロゴロしちゃいましょう」

加蓮「日向ぼっこ?」

藍子「とってもいい天気ですからっ」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:43:47.90 ID:5M2QRzm/0

加蓮「どうせこうしてればさ、やりたいことなんてすぐ見つかっちゃうよ」

加蓮「知らないことは、まだまだいっぱいあるもん。こんなに自由で……やりたいって思うことは、なんでもできるんだから」

加蓮「その時はまた付き合ってよね、藍子っ」

藍子「はいっ」

加蓮「今日はひたすらごろごろするのだー。頭撫でてー♪」

藍子「はいはい」ナデナデ

加蓮「んふー♪」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:44:17.74 ID:5M2QRzm/0

□ ■ □ ■ □


藍子「…………♪」ナデナデ

加蓮「…………♪」ナデラレ

加蓮「……あ、そうだ。あのさ、藍子」

藍子「はい。なんですか? 加蓮ちゃん」

加蓮「写真……」

藍子「写真?」

加蓮「ほら、病院の……あの人が、送ってくれた写真なんだけど」

藍子「ふんふん」

加蓮「藍子に預けてていい?」

藍子「私に……?」

加蓮「うん」

藍子「いいですけれど……加蓮ちゃんが持っておいた方がいいんじゃ? だって、そんな大切な写真……」

加蓮「写真、藍子の方が大切にしてくれそうだし」

藍子「でも……」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:44:47.77 ID:5M2QRzm/0

加蓮「……こんなこと、写真が好きな藍子に言ったら怒られちゃうかもしれないけどさ」

加蓮「私は"思い出"があればそれでいいの。プレゼントを渡してあげた思い出と――あの時、あの子と話したこと。勇気を、あげられたこと」

加蓮「それだけで、私は十分なの」

藍子「…………」

加蓮「それにさ。こういう写真とかって、甘えちゃいそうで」

藍子「甘えちゃう……?」

加蓮「うん。もう終わったこととか、昔のこととか。そういうのに甘えちゃいそうになるんだ、私」

加蓮「私、そんなに強くはなれないし……辛いことや嫌なことがあったら、幸せな思い出に逃げちゃいそうなの」

加蓮「だから、その写真は藍子が持っててよ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:45:17.75 ID:5M2QRzm/0

藍子「……甘えてもいいと思いますよ。加蓮ちゃんは、ちょっと自分に厳しすぎます」

加蓮「そうかな」

藍子「そうですっ。つらい時には、逃げちゃってもいいじゃないですか」

加蓮「んー……」

藍子「逃げても、甘えても。加蓮ちゃんなら、また立ち直って、前を向くことだってできるのに……」

加蓮「だとしても、ね。なんか……そーいうの、違う気がして」

藍子「そうですか……」

加蓮「ちょっとね」

藍子「……」

加蓮「……」

藍子「……私でいいなら、写真、大切に保存しておきますね」

加蓮「ん。お願い。その方が写真も喜ぶよ」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:45:47.63 ID:5M2QRzm/0

藍子「でも、それは……決別とは、違いますから」

加蓮「決別?」

藍子「ちゃんと積み重ねておいてくださいね。加蓮ちゃんの中に」

加蓮「うん。それは分かってるよ」

藍子「ならいいですっ。とっておきのアルバムを見つけて、そこにしっかり入れておきますね。見たい時になったら、いつでも言ってください」

加蓮「お願いします」

藍子「……ううん。アルバム、一緒に探しに行きましょ?」

加蓮「これ。写真。……また一緒に探しに行こうね」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:46:18.07 ID:5M2QRzm/0

藍子「はい。……すごく、幸せそうな顔ですよね。看護師さんも、加蓮ちゃんがプレゼントを渡した子も」

加蓮「うん。……覚えてる? 2人目の子。って、あはは、藍子はそもそも顔も見てないんだっけ」

藍子「加蓮ちゃんから聞いているので、なんとなくイメージは……この子、ですよね?」(写真を指差し)

加蓮「親と上手くいってなくて、話し相手もほとんどいなくて」

藍子「欲しい物を聞き出すまで、時間がすごくかかっちゃったんでしたっけ」

加蓮「その子がもう大はしゃぎだったんだって。加蓮ちゃんからプレゼントをもらえたー! って。1日中、ううん、3日くらいもうずっとニッコニコで」

藍子「ふふっ。なんだか想像できちゃます。すっごくはしゃいでたんだろうなぁ……♪ 写真からも、それが伝わってきますっ」

加蓮「こんなにカメラに寄ってさ。見てよこれ。右手でピース作ってる」

藍子「ほんとだっ」

加蓮「絶対そんなことする子じゃないんだってさ。それが……ね?」

藍子「ふふっ」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:47:17.84 ID:5M2QRzm/0


加蓮「あと、元気になったのは気持ちだけじゃないんだって」

加蓮「まだはっきりとしてないから分からないけど、次の検査とかも期待できるって言ってた。そうそう、もしかしたら親と上手くいくかもしれないって、手紙に書いてあったの」

藍子「わぁ……!」

加蓮「本物の魔法みたいになっちゃった」

藍子「加蓮ちゃんの魔法――」

加蓮「それを読んだらさ。……あはは。つい泣いちゃった」

藍子「……だから、泣いた跡があったんですね」

加蓮「え!? ウソ、そんな跡あった!?」

藍子「ちょっとだけ。じっくり見て、やっと気付けるってくらいですよ。たぶん、ちょっと見ただけならバレないと思いますけれど……」

加蓮「な、ならいいや。……いや藍子に見透かされるってだけでも良くない!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:47:47.88 ID:5M2QRzm/0

藍子「何に意地を張ってるんですか……。プレゼントをぜんぶ配り終わった後なんて、加蓮ちゃん、大泣き――」

加蓮「わーわーわーわー! あれはそのっ、そ、その……」

藍子「その?」

加蓮「……忘れろぉ!」

藍子「無理ですっ」

加蓮「ぐぬぬぬぬぬ……」

藍子「落ち着いてください、加蓮ちゃんっ」ナデナデ

加蓮「はふぅ♪ ……ちっがーう! こ、この魔女め……! 人をたぶらかす魔女め!」

藍子「たぶらかすなんてっ」

加蓮「やっぱ悪い魔女じゃん!」

藍子「そんなつもりはないんです~~~っ」

加蓮「ああぁでもここあったかくて頭を上げられない!」

藍子「今日はもう逃しませんよ~♪」ナデナデ

加蓮「闇子め!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:48:17.77 ID:5M2QRzm/0

加蓮「……と、とにかくっ、私の話はいいの! 私の話より子供の話!」

藍子「はいっ」

加蓮「ご、ごほんっ。……とにかくさ。写真に映るみんな、すっごくいい笑顔だよね」

藍子「笑顔、ですね」

加蓮「笑い声が聞こえてきそうなくらい」

藍子「ありがとう、って言葉が聞こえちゃうくらいに」

加蓮「なんか、そういうのって……いいよね」

藍子「はい。すごく、いいですよね」

加蓮「いいなぁ」

藍子「うんうんっ」

加蓮「私が、笑顔にできたんだよね……」

藍子「加蓮ちゃんができたんですよ。他の誰でもなく。加蓮ちゃんだから、できたんです」

加蓮「そっか」

藍子「そうですっ」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:48:47.97 ID:5M2QRzm/0

加蓮「……」

藍子「……」

加蓮「……あとさ」

藍子「あと?」

加蓮「あの人。看護師の」

藍子「加蓮ちゃんと仲良しの看護師さんですよね。イヴの時は、受付にいた」

加蓮「仲良しっていうか腐れ縁みたいなものだけどね」

藍子「歳の離れた幼馴染、なんてっ」

加蓮「そんないい言葉を使える相手じゃないけどね。どっちかっていうと、親戚の、ちょっと鬱陶しいおばさん?」

藍子「えー。そんな言い方したら怒られちゃいますよ」

加蓮「ちっちゃい頃の私のこととか、聞いてもないのに話し出すし」

藍子「それは……確かに、親戚のおばさんみたいな感じですね」

加蓮「でしょ? そのくせ最後には応援してるって笑顔で言うんだから、憎むに憎めなくて」

藍子「ふんふん」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:49:17.94 ID:5M2QRzm/0

加蓮「一緒に映ってるじゃん。どの写真にも」

藍子「映ってますね」

加蓮「ほっとしてる」

藍子「ほっとしてますっ」

加蓮「子供の入院患者って、どうやっても気を遣う相手らしいんだ。プレゼントを配る日までの打ち合わせをしてる時に、1回だけそんな話を聞いてさ」

藍子「ってことは、加蓮ちゃんも……」

加蓮「うん。……逆に、素直じゃなくて助かった、なんて。ぶっちゃけられちゃった」

藍子「素直じゃないのに、助かった……?」

加蓮「ねー。変だよね。藍子なんて、私がねじ曲がっているせいで困りまくってるのに、あの人は私が素直じゃないから助かったって言うんだよ」

藍子「ほんとですね♪」

加蓮「……ちょっとは否定してくれてもいーじゃん。せめて悩むとか」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:49:47.93 ID:5M2QRzm/0

藍子「それで、助かったってどういう意味なんですか?」

加蓮「むぅ。ほら、あんまり素直すぎたら……ほら、痛いとか嫌だとか、素直に言われすぎるのも嫌なんじゃない?」

藍子「あぁ」

加蓮「で、あの人、ずっと子供の入院患者を担当してるんだって。子供ウケがいいから押し付けられてるとかなんとかで」

藍子「昔から、ずっとなんですね」

加蓮「そんなあの人が……すごく……ほっとしてるの、見て」

加蓮「何かできたのは、子供にだけじゃなくて……」

加蓮「もしかしたら、恩返しにもなったのかな、なんて」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:50:17.96 ID:5M2QRzm/0

藍子「……」ナデナデ

加蓮「あはは……やめてよ。また泣きそうになっちゃうじゃん……」

藍子「……大丈夫ですよ」

加蓮「あはっ……」グスッ

藍子「大丈夫」ナデナデ

加蓮「……もう……。だから思い出に浸って……甘えるの、嫌なのに。どんどん弱くなりそうで……」

藍子「加蓮ちゃんは、弱くなんてなりませんよ」

加蓮「もお……」グスッ

藍子「……」ナデナデ

加蓮「……」ナデラレ

藍子「……」ナデナデ

加蓮「……ぐすっ……」ナデラレ


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:50:48.04 ID:5M2QRzm/0

藍子「……」ナデナデ

加蓮「……」ナデラレ

藍子「……」ナデナデ

加蓮「……」ナデラレ

藍子「……」ナデナデ

加蓮「……しんみりモードしゅーりょー!」

藍子「ひゃわっ」

加蓮「終わり! 終わりったら終わり! 泣いてばっかりいたら藍子にも笑われるもんね!」

藍子「だから笑いませんってばっ」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:51:18.19 ID:5M2QRzm/0

加蓮「そんなこと言って? 実は?」

藍子「……はい、そうなんです。心の底では……うふ、加蓮ちゃん、また泣いてばっかり――って何言わせるんですかぁ!」

加蓮「やっぱり闇子だ」

藍子「藍子です!」

加蓮「あはははっ。……えと、マジで考えてたりしないよね? 笑ってたりしてないよね?」

藍子「しません! 加蓮ちゃんが演技っぽく言うから、つい乗っちゃっただけですよ。不安になるくらいなら、最初から言わなければいいのに」

加蓮「だって私だし」

藍子「もー」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:51:48.08 ID:5M2QRzm/0

加蓮「よかった。あ、いや、藍子がそういう子じゃないってのは最初から分かってたけど? うんうん。知ってた知ってた。ま、確認みたいなものだよ。確認って大切だってアイドルやってる時もよく言われるしー」

藍子「そんなこと言って、実は?」

加蓮「……いつも独りになってから思うんだ。藍子の重荷になってないかなって。私、身勝手だもん。もし藍子に迷惑になるなら、いっそ私なんていなくなってしまった方が――って何言わせんのよ」

藍子「ふふふー、仕返しですっ♪」

加蓮「なーんか手のひらの上って感じ」

藍子「手の上じゃなくて、膝の上ですっ」

加蓮「うまいこと言ったつもりかー。相変わらず藍子は強敵だなぁ」

藍子「そうさせたの、加蓮ちゃんですっ。…………あの……本当に思ってたりしませんよね……?」

加蓮「アンタもかいっ」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:52:18.14 ID:5M2QRzm/0

藍子「つい。演技だって分かってても、加蓮ちゃん、さっきすっごく真剣な表情だったから」

加蓮「演技だからこそマジ顔でやらなきゃ。ホントは……」

藍子「ほ、本当は?」

加蓮「……ぶっちゃけていい?」

藍子「え」

藍子「……あ、えと。は、はい。本当は、どうなんですか?」

加蓮「…………」

藍子「加蓮ちゃん……?」

加蓮「――なんてねっ」

藍子「」ガクッ


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:52:48.20 ID:5M2QRzm/0

加蓮「そんな重い女になる気はないしー? 変にあれこれ考えすぎても疲れるだけだしさ。あと藍子にも怒られそうだし」

藍子「ほっ。……って、も~~~! 本気で心配しちゃったじゃないですか!」ペチペチペチペチ

加蓮「いたいたい、ごめんごめんっ」

藍子「むぅ。罰として、暖かくするのとお腹いっぱいになるのとお風呂に浸かるの、3日間に延長です!」

加蓮「そしたら年越しちゃうよ?」

藍子「一緒にカウントダウンして、初詣に行きましょ?」

加蓮「えー。いいけど」

藍子「あとでお母さんにもお話しておきますね。そうだっ。加蓮ちゃんの分のおせち料理も用意しなきゃ!」

加蓮「……ん? マジな話? 冗談じゃなくて?」

藍子「? 最初から、冗談は言っていませんよ?」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:53:18.19 ID:5M2QRzm/0

加蓮「あ、そう……。いいや。じゃあ私もお母さんにメールしなきゃ。あ、荷物くらいは取りに帰らせてね?」

藍子「ダメです」

加蓮「えっ」

藍子「代わりに私が取りにいきます。加蓮ちゃんはここにいてください」

加蓮「えっ」

藍子「この家にいてもらって、暖かくするんですから。外は寒いから、加蓮ちゃんを外に出す訳にはいきません」

加蓮「……」

藍子「……」

加蓮「……」

加蓮「……や、闇子め!」

藍子「藍子です!」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:53:48.26 ID:5M2QRzm/0

□ ■ □ ■ □


加蓮「……うん。うん、そういう訳だから、藍子がそっちに行くと思う」

加蓮「なんでって……さあ? なんでだろ。……とにかくそういう訳だから。分かってるって、迷惑はかけないよ。もー、子供じゃないんだから」

加蓮「じゃねっ」ピッ

加蓮「ふぅ」

藍子「電話、終わりましたか?」

加蓮「藍子こそ戻ってきてたんだ。お母さん、何って?」

藍子「オッケーって言ってましたよ。すっごくニコニコしてましたっ」

加蓮「そっか」

藍子「……あと、こっそり相談されちゃいました。加蓮ちゃんが畏まっちゃってるから、もしかしたら怖がられてるのかな? なんて」

加蓮「別にそういう訳じゃなくて……やっぱ緊張するでしょ。友達の親なんて」

加蓮「てか、こっそり相談されたことを私に言っても良かったの?」

藍子「あっ……」

加蓮「しーらないっ」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:54:18.35 ID:5M2QRzm/0

藍子「加蓮ちゃんのお母さんは、何って?」

加蓮「よく分からなさそーにしてたけどオッケーだって。迷惑かけるなって散々言われちゃった。……あ、でもなんか嬉しそうだったなぁ」

藍子「嬉しそう?」

加蓮「あんまり外泊とかしないし……アイドルになる前とか、友達がぜんぜんいなかったことに心配してたしさ。お母さん」

加蓮「よっと」スマフォヲナゲル

加蓮「……なーんかよく分かんないまま閉じ込められちゃったけどさ」

藍子「ふふ、閉じ込めちゃいました」

加蓮「事務所くらいは行かせてよ? LIVEの準備とかレッスンとかはあるんだし」

藍子「もちろんですよ。一緒に行って、一緒に帰りましょ?」

加蓮「はいはい」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 18:54:48.32 ID:5M2QRzm/0

藍子「今年ももうすぐ終わりですけれど、あとちょっとだけ。よろしくお願いしますね、加蓮ちゃんっ♪」

加蓮「あははっ、そこは来年もよろしくって言うところじゃないの?」

藍子「来年のことは、来年になったらで!」

加蓮「藍子だけじゃなくて鬼にまで笑われちゃうもんねー。じゃ、あと数日だけだけど、よろしくっ」

藍子「はーい♪」



転載元:北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で よんかいめ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483090417/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

レンアイカフェテラスシリーズ加蓮藍子短SSモバマス

(0)

AFTER モバP「バラの庭園でひらひらと」

BEFORE 飛鳥「……」美玲「ん?」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で よんかいめ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto