スポンサーリンク

2016 12/28

モバP「みちるに噛み癖がついた」



1: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:18:11.20 ID:yC/XuFlxo


P「みちる、お疲れ。パン食うか?」

みちる「食べます!」
ohrmcr6.jpg

P「よーし、これな、この前見つけた店で買った奴だけど――」

みちる「いっただきまーす! ふごっ……」

P「うおっ!?」

みちる「フゴフ……フゴ……? な、なにか硬くてしょっぱい……」

P「……俺の手だ。みちる、ぺっしなさい、ぺっ」

みちる「ふご……す、すみません。思わず」

P「いや、いい。ほら口ゆすいで……」

みちる「……」



2: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:21:50.55 ID:yC/XuFlxo

P「……みちる?」

みちる「あの……もう一口いいですか……?」

P「よくないな」

みちる「だ、ダメですか……」

P「なんでいいと思ったんだ……」

みちる「その、なんだかさっきのがとても美味しくて……」

P「だからって手を食べたってどうにもならないだろ。また買ってきてやるから」

みちる「はい……」

P「だけどそんなに気に入ったんならよかった。美味いって評判だったんだよな」

みちる「……?」ドキドキ


3: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:26:46.93 ID:yC/XuFlxo

――――

P「みちる、この前の店のパンだぞ」

みちる「ほ、本当ですか!? やったー!」

P「あんなに食いついてたからな。よっぽど気に入ったんだなと」

みちる「えへへ……じゃあ、いただきます! フゴフゴ……」

P「俺も自分のを買ってきたんだよ。どれどれ……モグモグ……」

みちる「フゴフゴ……フゴ……?」

P「おお、なかなか美味いな。いやぁ、並んだかいもあった」


4: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:30:02.32 ID:yC/XuFlxo



みちる「フゴ……あの、プロデューサー」

P「どうしたみちる? おかわりか? ほどほどにな」

みちる「いえ……これ、前のお店とおんなじですか……?」

P「あ、ああ。間違いないぞ? パンも一緒だ」

みちる「……そっちを食べてみてもいいですか?」

P「そっちって……これか? 俺の食いかけだぞ?」

みちる「物は試しということで……フゴゴッ!」

P「グッアー!」


5: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:34:21.49 ID:yC/XuFlxo

みちる「……!!」

P「お前、また、手ごとッ……!」

みちる「こ、これです……」

P「どれだ!」

みちる「この感じです……わ、わかりました……この、ドキドキするのは……」

P「うん?」

みちる「プロデューサーを噛んだからだったんです!」

P「……うぅん?」




スポンサーリンク



6: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:36:36.47 ID:yC/XuFlxo

P「まて、いったい何の話だ」

みちる「その、この前のパンは……食べたことのない味がしました!」

P「……えらく気に入ってたもんな。だから今日買ってきた」

みちる「だけどいただいたパンは何かが足りない感じがしたんです……」

P「なるほど?」

みちる「それで、今。プロデューサーの手といっしょに食べたパン……いえ、プロデューサーの手!」

P「うん」

みちる「美味しかったです!」

P「ありがとう。勘弁してくれ」


7: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:38:19.63 ID:yC/XuFlxo

みちる「また味わいたいって思ってて、ようやく出会えて……嬉しいんです」

P「褒められて悪い気はしないが、なぜか恐怖を感じるなぁ」

みちる「だからたまに……プロデューサーさんを噛んでみてもいいですか……?」

P「どうしてそうなる?」

みちる「美味しいから、大丈夫かなって……」

P「食べられる側が大丈夫じゃないよ?」

みちる「あ、いえ。その……本当に食べさせてくれとかはいいません。お仕事できなくなったら大変ですし」

P「俺もまさかそこまで言われてるとは思ってない」

みちる「我慢しますから」

P「我慢が必要なほどか、俺の味」


9: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:41:22.10 ID:yC/XuFlxo

みちる「お願いします! お仕事頑張りますから!」

P「いや、そう言っても……」

みちる「お願いします……パンも頑張って我慢しますから……」

P「そ、そんなにか……?」

みちる「……我慢できる範囲で……」

P「あー……わかった。でもあんまり目立たないように、適度にしてくれ」

みちる「いいんですか!?」

P(……そのうち飽きるだろうし、下手に我慢させるとおかしくなるのは前の仕事でわかってるし)

P(というか、みちるの方こそ嫌だったりしないのか疑問だが……まぁ、いいか)


10: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:43:29.31 ID:yC/XuFlxo

――

P(――で、そんなことを思ったのがいつだったか)

みちる「フゴフゴ……」

P「……みちる、そろそろ」

みちる「ふご……」

P(みちるが飽きる様子はない。というか、むしろ悪化してるような気すらする……)

みちる「ぷは……ありがとうございました! 元気が出ました!」

P「そうか、よかったなぁ……」

みちる「はいっ!」

P(いい笑顔しやがって……)


12: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:45:03.79 ID:yC/XuFlxo


P(とはいえこのままはまずい気がする。みちるは一切気にしてないが、こっちがまずい)

みちる「プロデューサーを噛むとあたし、なんだか落ち着くんです!」

P「そ、そうか」

みちる「お腹はいっぱいにならないけど、なんだかすごく満足できるっていうか……」

P「……そうか」

みちる「えへへ……」

P(大真面目にやってるからたちが悪い……参ったな……)


13: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:46:04.56 ID:yC/XuFlxo

――

P(うーん、今度のライブのプランとメンバーか……)

みちる「フゴ……プロデューサー、お仕事大変そうですね。大丈夫ですか?」

P(心配してくれるのは嬉しいが、こう、噛まれながらだと集中が……)

みちる「プロデューサー……?」

P「あ、ああ。大丈夫だ」

みちる「よかったです。無理はしないでくださいね!」

P「はは、心配してくれてありがとうな」

みちる「いえいえ! プロデューサーの元気がないと、美味しくないことがわかったので!」

P「味の問題かぁ」

みちる「プロデューサーはいつも美味しくて大丈夫でいてください! 元気が出るようにって思いながら作ったパンです!」

P「うん、ありがとう。夜食にするよ」

みちる「はいっ、おねがいします」

P(……このパンが普通にめちゃくちゃ美味いんだよなぁ)


14: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:47:01.80 ID:yC/XuFlxo

――

みちる「プロデューサー!」

P「おう、みちる。おはよう」

みちる「おはようございます! いいですか?」

P「ああ、はい」

みちる「フゴフゴ……」

P(なんだか噛んだり噛まれたりなんて普通のことのような気がしてきたなぁ……)

みちる「フゴフゴ……」

P「……うまいか?」

みちる「フゴフゴっ……はいっ!」

P「そうか……」


15: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:47:41.22 ID:yC/XuFlxo

「……みちる」

みちる「ふごっ……?」

P「そういえば俺から噛んだことってなかったな」

みちる「……え?」

P「いや、しょっちゅう噛まれてばかりでなんだか不公平じゃないか?」

みちる「それは……そうなんでしょうか……?」

P「そうだ。噛まれる気持ちをみちるも味わってみるといい。パンのこともよく分かれるんじゃないか」

みちる「なるほど……」

P(……納得してるがいいのかそれで?)

みちる「じゃ、じゃあいっそ一思いに……どうぞ!」

P(首筋……だと……?)


16: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:48:20.86 ID:yC/XuFlxo

P(ちょっと脅してやろうとか、みちるに噛まれてばかりで強くなくてもなんだか気になるぞとか……)

P(そんなつもりだったのに……これじゃあ……)

みちる「……う、ぅ」

P「……噛むぞ」

みちる「は、い」

P「……」カプ…

みちる「あ……」

P(……小麦の香りか? なんだか、すごく落ち着く……いい香りだ……)

みちる「あ……あぁ……」

P(もう少し……)

みちる「だ、だめぇ……」フルフル

P「……!」


18: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:49:12.60 ID:yC/XuFlxo

P「す、すまんみちる……やりすぎた……」

みちる「い、いえ……」

P「だが、わかっただろ? 噛まれると、ゾワゾワ来て噛む側が良くても……」

みちる「は、はい。わかりました……」

P「……みちる?」

みちる「今度からは、あたしが噛んだら……プロデューサーもあたしを噛んでください!」

P「どうしてそうなる」

みちる「だって、噛まれると……すっごく、ドキドキして……」

P「う……」

みちる「あたしのこと、もっと噛んでほしいって、思っちゃうから……これで、お互いさまでウィンウィンです!」

P「しかしだな、みちる」

みちる「ウィンウィンじゃなくて……フゴフゴ……フゴンフゴン! お互いに美味しい関係ってことですね!」

P「うまくないぞみちる」


19: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:49:50.69 ID:yC/XuFlxo

みちる「あたしはプロデューサーのことを美味しいって思ってます! プロデューサーはどうなんですか?」

P「そんなの……いや、確かに……」

みちる「だから……ね?」

P(みちるの匂い……小麦の匂い。ダメだ、こうしていると……)



 グゥゥゥ……


みちる「……」

P「……」

みちる「おなか、すきましたね……」

P「……そうだな、ほらみちる! また新しい店でパン買ってきたんだ、食うか?」

みちる「あっ、はい!」


20: ◆IRWVB8Juyg 2016/12/27(火) 23:50:25.45 ID:yC/XuFlxo



P「いやぁ、パンが美味いなぁ!」

みちる「はい! こっちも美味しいですよ! どうぞ、プロデューサー!」

P「……じゃあ、こっちも食うか? 美味いぞ」

みちる「はい、では失礼して……ふごもぎゅ……」

P「いただきます。もぐ……」

みちる「……えへへ。おいしいです」

P「……そうだな」


おわり



転載元:モバP「みちるに噛み癖がついた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482848290/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

みちる短SSモバマス

(2)

AFTER 晶葉「できたぞ!モバPだ!」

BEFORE フレデリカ「あんきらごっこ」

みちる好き
[ 2016/12/28 18:43 ] [ 編集 ]
いつカニバりだすか怖かった(小並感)
[ 2016/12/28 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「みちるに噛み癖がついた」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto