スポンサーリンク

2016 12/26

モバP「長い付き合いの○○」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 17:39:37.39 ID:tTnu1hAJ0

モバP「長い付き合いのふみふみ」

モバP「おはよう」

文香「おはようございます…」
sgswfmk16.jpg

モバP「貸してもらったアレ、面白かったよ」

文香「本当ですか…?良かったです…」

モバP「また何か面白そうなのがあったら教えてよ」

文香「はい………あの、今は事務所に誰も居ませんので…」

モバP「ので?」

文香「…意地悪しないでください」

モバP「ははは、おいで」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 17:42:11.46 ID:tTnu1hAJ0

文香「……落ち着きます」

モバP「あれ?シャンプー変えた?」

文香「こら、そんなところ嗅がないで下さい」

モバP「目の前に頭あるんだからしょうがないじゃん…」

文香「セクハラです……腕を回してください」

モバP「言ってること矛盾しすぎだよふみふみ…ていうかこれじゃ仕事できない」

文香「…アイドルのモチベーション管理も立派な仕事だと思いますよ?」

モバP「本当に言うようになったなぁ、最初の一週間なんて目も合わなかったのに」

文香「…む、昔のことを掘り返すのは反則です…」

モバP「覚えてる?初日にフレデリカと志希に…あっこら頭でぐりぐりしない!痛い痛い!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 17:43:06.08 ID:tTnu1hAJ0

文香「…モバPさんは意地悪です」

モバP「ごめんごめん、文香がカワイイからついね」

文香「……落ちそうです…もっとぎゅってして下さい」

モバP「はいはい、文香はあったかくてやわらかいなぁ…あっ、耳が真っ赤になった」

文香「…スケベ」

モバP「知ってる」

文香「…変態」

モバP「知ってる」

文香「………好きです」

モバP「…それも知ってる、好きだよ文香」

文香「んっ…」


おわり




スポンサーリンク



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:00:53.97 ID:tTnu1hAJ0

モバP「付き合いの長いしぶりん」


モバP「おはよう」

凛「おはよ」
sbyrn18.jpg

モバP「随分不機嫌だな、どうした?」

凛「さぁ、誰かさんが一番良くわかってるんじゃない?」

モバP「まーだ怒ってんのかよ…悪かったって」

凛「ふーんそういう言い方するんだ。へぇ~」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:01:52.28 ID:tTnu1hAJ0

モバP「拗ねんなって凛~ほらおいで~ぎゅうしてあげる、ぎゅ痛!今本気で蹴っただろ!」

凛「普通にウザいから、馬鹿じゃないの?」

モバP「なんでそんな怒ってんだよ、アレはしょうがないじゃん」

凛「うるさい、Pさんが悪い」

モバP「はぁ…はいはい俺が悪かった。じゃあもう俺営業行くし、戸締りよろしく」

凛「…っ!…ばか…」

モバP「…な~んてな!捕まえた!」

凛「!あっこら!離して!」

モバP「ぜーったい離さないね!いつまでもぐずぐず拗ねやがってこのやろう!」

凛「きゃっ!ちょっとボサボサになるじゃん!」

モバP「ほらぎゅう~~~~」

凛「っ~~~~~~っ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:02:52.58 ID:tTnu1hAJ0

モバP「…………機嫌治ったか?」

凛「…治ってない」

モバP「どうすりゃ許してくれる?」

凛「…もっと優しく撫でて」

モバP「はいはい」

凛「…もう絶対しないでよね」

モバP「わかってるって」

凛「じゃあ…あと5分だけ、このまま…」

モバP「…りょーかい」


おわり


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:45:22.14 ID:tTnu1hAJ0

モバP「長い付き合いのミナミ」


美波「ただいま戻りました」
nttamnm2.jpg


モバP「おつかれ、どうだった?」

美波「そうですね…少しは慣れてた気がします」

モバP「頼もしいな。ファンからの反応も良いしこの調子で頼むよ」

美波「はい!」

モバP「そういや、次のライブの衣装が届いたんだ。合わせてみる?」

美波「本当ですか?嬉しいです」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:46:23.24 ID:tTnu1hAJ0

美波「ど、どうですか…?」

モバP「うーんいいねぇ、最高にセクシー」

美波「ちょっとスカートが短すぎる気がするんですけど…」

モバP「なーに言ってんの、良いもんもってんだから使っていかなきゃ」

美波「またそんなこと言って…どうせみんなにも同じようなこと言ってるんでしょう?」

モバP「いんや?こんなこと言うのは美波だけだよ」

美波「…嘘つき、美優さんにカワイイって言ってたの見ましたよ」

モバP「あ、アレはその場の流れというか、雰囲気で…」

美波「どうせ女の子なら誰でもいいんでしょう?わかってますから」

モバP「なんでそんな話になるのさ…俺の一番は美波だって」

美波「別に美優さんでもいいじゃないですか。私と顔も似てるし年齢も近いし、お似合いだと思いますよ」

モバP「だから…」

美波「うるさい、言い訳無用ですこの朴念仁、スケコマシ」

モバP「ごめんって」

美波「…抱きすくめればそれでなんとかなると思ってませんか?」

モバP「思ってないよ。美波が好きだから抱きついてんの」

美波「…」

モバP「俺もプロデューサーだから、そういうコミュニケーションも大事なんだよ。わかってくれない?」

美波「…今回だけですよ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:47:17.63 ID:tTnu1hAJ0

モバP「…良かった、いつまでもぷりぷり怒ってちゃやることもできないしね」

美波「…え?ちょ、ちょっと!どこ触ってるんですか!」

モバP「えぇー?とかいってちょっとは期待してたんじゃないの?」

美波「何言ってるんですか!離して下さい!」

モバP「本当にそう思ってる?」

美波「当たり前です!」

モバP「じゃあなんで直帰せずに事務所に帰ってきたの?俺しかいない事務所に」

美波「そ、それは…」

モバP「いいじゃん、久しぶりに2人きりなんだし。今日ぐらい、ね?」

美波「もう…いつも強引すぎです…」

モバP「それだけ美波が魅力的ってことだよ」

美波「気のいいことばっかり…あっ」


おわり


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 18:48:41.47 ID:qOVHMzJDO

素晴らしい
でも近い将来バラバラにされるな、このP


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 21:28:41.02 ID:tTnu1hAJ0

言い忘れてましたが出てくるPはアイドルごとに別人です。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 21:29:33.97 ID:tTnu1hAJ0

モバP「長い付き合いの25歳児」


モバP「ただいま戻りました~…まーた飲んでんのか」

楓「うふふ、お帰りなさいPさん」
tkgkked17.jpg

モバP「事務所でお酒はダメって言ったでしょうが。はい没収」

楓「あっ…もう。いいじゃないですか、私達しかいないんですし」

モバP「だーめ。そういう甘さがいざってときに響くの。もし未成年の子が見たら悪影響でしょうに」

楓「もう今更って気もしますけどね」

モバP「あっ、開き直りやがったなこの野郎。テレビとリアルでギャップがありすぎだこの25歳児め」

楓「いはいれす。ほっへはをひっははらいれくらさい」

モバP「反省した?」

楓「…」

モバP「ほーういい度胸だ」

楓「いはいいはいひまひたひまひた!……うぅ、乙女を弄ぶなんて酷いです…」

モバP「そんな酒飲みの乙女がいてたまるか」

楓「あら失礼しちゃいますね。そんなこと言ってもいいんですか?」

モバP「?」

楓「Pさんの机の下から二番目の引き出し」

モバP「っ…どうしてそれを」

楓「取られたお酒を探してるときに偶然♪」

モバP「…何が望みだ」

楓「とりあえずお酒返してください♪」

モバP「いや、それは」

楓「Pさんは競泳水着が好きって言いふらしちゃおうかな~」

モバP「わかったわかった!返すから!」

楓「素直でよろしい♪」

モバP「くそぅ…」

楓「そうだ、Pさんも飲みませんか?そうしましょうそうしましょう。もう帰ってくる人もいませんし」

モバP「俺はまだ仕事が…」

楓「バニーも好きってちひろさんに言っちゃおうかな~」

モバP「飲む飲む!飲めばいいんだろチクショウ!」

楓「ふふふ。ではでは、かんぱ~い♪」

モバP「くぅ…」

楓「うふふ、やっぱりPさんと飲むお酒は美味しいですね」

モバP「…全く、明日に響いても知らないからな」

楓「生憎二日酔いには慣れてるんで大丈夫です」

モバP「どこがどう大丈夫なんだ…」

楓「ふふふ♪」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 21:30:57.85 ID:tTnu1hAJ0

モバP「楓、飲みすぎだ。いい加減にしなさい」

楓「えぇ~?いいじゃないですか、もっと飲みましょうよ~」

モバP「こら注ぐな。溢れてる溢れてる」

楓「ふふふふふふふ♪」

モバP「あーもう…だから言ったのに…」

楓「そうだ、PさんPさん」

モバP「なんだ?」

楓「Pさんってどんな人がタイプなんですか?」

モバP「いい大人なのに仕事場でお酒を飲まない人だな」

楓「むう、なんでそんなこと言うんですか」

モバP「こんなことになってるから言ってんだよ…」

楓「もうPさんなんて知りません」

モバP「はいはい」

楓「引き出しのエッチな本もみんなにバラします!」

モバP「だぁー!それは反則だろうが!」

楓「つーん」

モバP「わかったわかった、楓ちゃんみたいな子がタイプだよ~」

楓「心がこもってません。やり直し」

モバP「楓みたいな子がタイプですぅ!」

楓「なるほど、やっぱり私が好きなんですね?」

モバP「だから…」

楓「私が好きなんですよね?」

モバP「…ハイソウデス」

楓「よろしい、じゃあどうぞ」

モバP「なにがどうぞなんだ?」

楓「察しが悪いですねPさん、ハグしてもいいですと言ってるんです」

モバP「…」

楓「ん!」

モバP「はいはい」

楓「やっと素直になりましたね」

モバP「もうそれでいいよ…」

楓「モバPさん」

モバP「なんだ?」

楓「…ちゅーしてもいいですよ」

モバP「なに言ってんだバカ」

楓「しないとバラします」

モバP「あーもう…」

楓「…なんでほっぺたなんですか」

モバP「アイドルとプロデューサーだから」

楓「…」

モバP「痛い痛い背中に爪を立てるな」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 21:37:46.11 ID:tTnu1hAJ0

楓「そんなんだからいつまでも独身なんです」

モバP「…アテはあるからいーの」

楓「!…あるんですか」

モバP「あるよ」

楓「嘘つきはダメです、泥棒の始まりですよ」

モバP「嘘じゃない」

楓「嘘です」

モバP「違う」

楓「嘘!」

モバP「…本当だ。もう少しでプロポーズしようと思ってる」

楓「っ…!…そんなの…許しません」

モバP「だから爪を立てるなって…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 21:41:05.59 ID:tTnu1hAJ0

楓「………誰なんですか…事務所の子ですか」

モバP「そうだよ」

楓「…アイドルとプロデューサーはダメって言ったじゃないですか」

モバP「だから待ってんの、その子がトップアイドルになって引退すんのを」

楓「…絶対にさせてあげません。次は私がトップアイドルになります。次もその次もずっとです」

モバP「そりゃ困るな、トップアイドルになったならキリのいいとこで引退してもらわないといつまで経ってもプロポーズできない」

楓「そうです、だから諦めて下さい」

モバP「どうしても?」

楓「どうしてもです」

モバP「……じゃあ、別にもういいかな。アイドルとプロデューサーでも」

楓「っ!そんなのずるいです!うそつ…ん…」

モバP「…………ぷはっ」

楓「………え?」

モバP「もう一回聞くよ、トップアイドルになったら、引退して俺と結婚してくれるか?」

楓「ぁ………はい…」

モバP「予定が前倒しになったけど…結果オーライだな」

楓「……バカ、わかりづらすぎです」

モバP「だいぶわかりやすかっただろーが」

楓「…好きです」

モバP「随分前から知ってるよ」

楓「やっぱりずるいです…私ばっかり必死になって…」

モバP「俺も手出すまいと必死で我慢してたんだから…出しちゃったけど」

楓「じゃあ、私の勝ちですね」

モバP「そうだな、随分前から負けてる」

楓「…絶対、トップアイドルにしてくださいね」

モバP「あぁ、絶対に」

楓「…私、今人生で一番幸せかもしれないです」

モバP「どうだろうな、この先は多分、もっと幸せだと思うよ」

楓「ぁ…ふふ、そうですね、そうに違いないです」

モバP「愛してる」

楓「私も…愛してます。ふふふ♪」


おわり


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 23:37:16.63 ID:tTnu1hAJ0

モバP「長い付き合いのみゆみゆ」


モバP「ただいま戻りました~」

ちひろ「お帰りなさい、出張お疲れ様です」

モバP「いや~ちょっと長引いちゃって、すみません」

ちひろ「いえいえ、大丈夫ですよ」

美優「お疲れ様ですPさん、どうぞ」
mfnmy15.jpg

モバP「あっわざわざすみません、ありがとうございます」

ちひろ「向こうではどうだったんですか?」

モバP「ちょっとトラブルはありましたけど、問題ないです。バッチリですよ」

ちひろ「それは良かったです。あっ、私そろそろ買い出しに行ってきますね」

モバP「了解です」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 23:38:51.09 ID:tTnu1hAJ0

美優「…」

モバP「で…なんでそんなにむくれてるんですか?」

美優「…Pさん、LINE全然返してくれませんでした」

モバP「いや、僕も向こうで忙しくてですね…」

美優「帰ってきても私を放ってちひろさんとばっかり喋って…」

モバP「ほ、報告があるからしょうがないじゃないですか…」

美優「…言い訳ばっかり、少しは誠意を見せたらどうなんですか」

モバP「…誠意って?」

美優「言わせるんですか?」

モバP「じゃあ、はい」

美優「それでいいんです」

モバP「ちひろさんが帰ってきたら放してくださいよ」

美優「………嫌です」

モバP「いや美優さんあのね…」

美優「嫌ですから」

モバP「美優さん本当に変わりましたね…」

美優「…こんな私は嫌いですか?」

モバP「いや、好きですよ」

美優「ぁ…ぅ…」

モバP「でもちょっと物足りないです」

美優「…え?」

モバP「いつまでも手を繋ぐだけでいいんですか?」

美優「あ…その…」

モバP「それ以上はダメ…なんですか?」

美優「えっと…」

モバP「…貴女がいつも大事なところで逃げるから、僕は毎回お預けです」

美優「…その、怖いんです。私まだそういうこと、したことなくて…ごめんなさい」

モバP「…いや、僕の方こそごめんなさい。責めるみたいになっちゃって。大丈夫です、美優さんのタイミングで。僕は待てますから」

美優「ごめんなさい…」

モバP「好きです、美優さん」

美優「私も好きです…本当です」

モバP「ふふ、わかってます」

美優「もう…」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 23:39:22.57 ID:tTnu1hAJ0

モバP「あっ、ちひろさん帰ってきたみたいですね、そろそろ離れましょうか」

美優「あの…」

モバP「えっ?……………」

美優「…………ごめんなさい、今はこれで我慢して下さい。私、頑張りますから…」

モバP「あ、はい、えっと…待ちます」

美優「じゃ、じゃあお仕事行ってきますね、失礼します!」

モバP「……………」

ちひろ「ただいま~、アレ?どうしたんですかPさん」

モバP「やっぱり待てそうにない…」

ちひろ「???」


おわり


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 02:19:50.07 ID:aqXkcq6u0

モバP「長い付き合いのキス魔」


奏「…」
hymknd17.jpg

モバP「…」

奏「まぁまぁ面白かったわね」

モバP「そうだな、評判通りって感じ」

奏「演出も凝ってたし、役者さんの演技も引き込まれたわ」

モバP「上手かったな……」

奏「…なに?」

モバP「いつまで手握ってるつもりだ?」

奏「…無粋な人ね、普通そういうことは言わないものよ」

モバP「無粋で結構。ほら、離しなさい」

奏「…嫌よ」

モバP「離せってば」

奏「イヤ」

モバP「…ははーん、もしかして怖かったのか?今の映画」

奏「そんな訳ないじゃない、適当なことを言うのはやめなさい」

モバP「レンタルするときも頑なに違うの勧めてたもんなぁ…いやぁ奏がホラー苦手だったとは」

奏「違うって言ってるでしょう…なにその顔は、ひっぱたくわよ」

モバP「またまた強がっちゃってぇ~……うわぁっ!あそこの鏡!映ってる映ってる!」

奏「ちょ、ちょっと待って!え、ホントに!?」

モバP「ほら映ってるじゃん!……ビビってる奏が笑」

奏「…っ………」

モバP「痛いっす!マジで痛いっす!クッションでも本気はあかん!痛いっ!痛いって!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 02:20:42.46 ID:aqXkcq6u0

奏「ふぅ……」

モバP「いたたたたた…やりすぎだろ…頭が揺れる…」

奏「…当然の報いよ」

モバP「いでぇ~…そろそろ帰るか、送っていくよ」

奏「っ…待って、もう一本見ましょうよ。そしたら帰るから」

モバP「だーめ、明日も早いだろ?今日はもう帰るぞ」

奏「どうしても?」

モバP「なんでそんなに嫌なんだ…あっ、奏一人暮らしか」

奏「…」

モバP「やっぱり怖かったのか~ふっふっふ……え?あ、ごめん…やりすぎた、泣くなって」

奏「……うるさい、泣いてないわよ」

モバP「その…俺が悪かった、すまん」

奏「……泊めて」

モバP「…は?」

奏「Pさんの家に泊めて」

モバP「いや流石にそれは…」

奏「…私をこんなにしておいてダメなんて言わないでしょうね」

モバP「う……はぁ、わかった。今日だけだぞ」

奏「ん、それでいいの」

モバP「アレ?もしかしてこれ作戦のうち?」

奏「ふふふ、さぁどうでしょうね。言質はとったんだから嘘だなんて言わせないわよ」

モバP「やられた…」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 02:21:14.80 ID:aqXkcq6u0

奏「あら、意外と綺麗にしてるのね」

モバP「綺麗にしてるっていうか、寝るぐらいしかしてないからな。汚しようがない」

奏「食事は睡眠と同じぐらい大事よ。朝昼晩はしっかり食べなさい」

モバP「りょーかい、布団敷くからそこで寝てくれ」

奏「…いらないわ」

モバP「え?じゃあどこで寝るんだよ」

奏「Pさんのベッド」

モバP「わかった、じゃあ俺が布団で寝るよ」

奏「何言ってるのよ、一緒に寝るに決まってるじゃない」

モバP「いや、それはダメでしょうが…」

奏「家に入れた時点でもう何をしようと同じよ、ほら早く」

モバP「えぇー…」

奏「ちひろさんにモバPさんに泣かされたって言うわよ」

モバP「今行きます」

奏「素直でよろしい」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 02:28:47.10 ID:aqXkcq6u0

モバP「狭くないか?」

奏「ううん、暖かいわ。誰かと一緒に寝るなんて何年ぶりかしら」

モバP「そう言われればそうだな。懐かしい気がする」

奏「柄じゃないけれど、なんだか凄く…落ち着くわ」

モバP「俺も…あっ、見ろよ…窓の外に」

奏「え、な、なに」

モバP「……雪が降ってるって言おうとしたんだけど」

奏「……うるさい、それ以上はなにも言わないで」

モバP「本当に怖がりなんだな」

奏「言わないでって言ったじゃない…」

モバP「つい、すまん」

奏「…キャラじゃないとか思ったでしょう」

モバP「可愛いと思ったよ」

奏「………本当に馬鹿」

モバP「…腕枕でもしようか」

奏「え?」

モバP「いやすまん、忘れてくれ」

奏「…して」

モバP「…ほら」

奏「隣にPさんの顔があるって、なんだか凄く安心する…」

モバP「恥ずかしいこと言うなって」

奏「ねぇ、たまにでいいから…また来てもいいかしら」

モバP「…たまになら、な」

奏「…ふふふ。私、少しホラー映画が好きになれそう」

モバP「俺はもうこりごりだよ…」


おわり


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 10:34:31.91 ID:OXV/i59X0

黄緑の事務員「会社の連中の大半がイチャイチャしまくってる件…と」カタカタッターン!


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:42:23.14 ID:fRuYh+hUo

良い、すごく良い


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:48:30.07 ID:aqXkcq6u0

モバP「長い付き合いの元病弱」


モバP「…」

加蓮「!………」
hjkrn18.jpg

モバP「……うわつめたっ!」

加蓮「うふふ、おはようPさん。私の手、気持ちよかった?」

モバP「このやろう、こうしてやる!」

加蓮「あはははははは!やめて!死んじゃう!あはははははは!」

モバP「人を驚かすのはやめなさい」

加蓮「ひどい…Pさんに弄ばれた…」

モバP「やめろ、ちひろさんに聞かれたら俺が死ぬ」

加蓮「てゆーか女の子の服の中に手を突っ込むのはどうなの」

モバP「いやおまえもやったじゃん…」

加蓮「私はいーの。現役JKに手を突っ込まれるなんてご褒美だよ?」

モバP「自分で言うのか…」

加蓮「というわけで謝罪と賠償を要求します」

モバP「はぁ…帰りにドライブでもいいか?」

加蓮「うむ、苦しゅうない♪」

モバP「ゲンキンなやつめ…」

加蓮「そういえば、はい」

モバP「弁当?」

加蓮「そ。Pさんいっつもコンビニのでしょ。たまには手料理食べなよ」

モバP「おお、普通に嬉しい。加蓮がつくったっていうのが唯一の懸念材料だが…」

加蓮「あっひっどい。そんなこと言う子にはあげないよ」

モバP「嘘嘘冗談。ありがたくいただきます」

加蓮「残したりしたら承知しないからね」

モバP「わかってる」

加蓮「じゃあ、私仕事行ってくるね」

モバP「送っていこうか?」

加蓮「大丈夫。でも迎えに来てくれると嬉しいな」

モバP「りょーかい。全速力で仕事終わらせるよ」

加蓮「ドライブ楽しみにしてるから、ふふ。行ってきます」

モバP「おう…いってらっしゃい」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:49:50.68 ID:aqXkcq6u0

モバP「おまたせ」

加蓮「おっそい」

モバP「ごめんごめん、合同のことで他部署のやつに捕まっちゃって」

加蓮「むぅ…あっそーだ、お弁当どうだった?」

モバP「最高だったよ…おかずが全部ハート型なこと以外は」

加蓮「ふふ、上手にできてたでしょ」

モバP「おまえなぁ…ちひろさんが誰から貰ったかってめちゃめちゃしつこかったんだからな」

加蓮「で、なんて答えたの?」

モバP「………彼女」

加蓮「そっか、うふふ」

モバP「なーに嬉しそうにしてんだよ」

加蓮「なんでもなーい♪そうだ、行って欲しいところがあるんだけど」

モバP「どこだ?……ここ?えらく遠いな」

加蓮「アーニャが教えてくれたの。星がよく見えるんだって」

モバP「星か…」

加蓮「興味ない?」

モバP「いや、ちゃんと見たことないなと思って」

加蓮「いーじゃんたまには。ね?」

モバP「…おう」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:50:40.77 ID:aqXkcq6u0

モバP「ここらへんで止めるか」

加蓮「うん」

モバP「真っ暗だな…。一応懐中電灯とスタンガンと警棒と…」

加蓮「…なんでそんなの持ってるの」

モバP「もしものことがあったらどうすんだ」

加蓮「呆れた…心配性すぎだよ」

モバP「おまえに何かあったら死んでも死に切れないからな」

加蓮「…そういうこと言うのはずるい」

モバP「本音だよ」

加蓮「ほら、はやくいこ」

モバP「まてまて、後は防犯ブザーと催涙スプレーと…」

加蓮「あーもう!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:52:00.01 ID:aqXkcq6u0

加蓮「ついた!」

モバP「本当に何もないな…確かにこれなら星がよく見える」

加蓮「ね、すごく綺麗でしょ」

モバP「あぁ、綺麗だ。…あの一番光ってる星はなんていうんだろうな」

加蓮「うーん…北極星とか?」

モバP「わからん…」

加蓮「うふふ、今度アーニャに聞いてみよっか」

モバP「そうだな、頼むよ」

加蓮「そういえば…アーニャが言ってたんだけどね?」

モバP「?」

加蓮「ここ、道から外れてるし、周りに何もないから、滅多に人が来ないんだって」

モバP「…」

加蓮「ねぇ…いいでしょ?」

モバP「……最初からそれが目的かこのエ口娘め…」

加蓮「しーらない♪」

モバP「どこ触ってんだ」

加蓮「下の方は素直だね、すけべ」

モバP「どこでそんな言葉覚えたんだよ…」

加蓮「Pさんのベッドの下で♪」

モバP「全く…俺も久しぶりだから、手加減しないぞ」

加蓮「うん、いいよ…いっぱいシて?……………♪」


おわり


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 12:53:55.90 ID:aqXkcq6u0

ネタ切れが著しいので終わりますね。

読んでくれた方ありがとう。



転載元:モバP「長い付き合いの○○」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482655177/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(1)

AFTER 輿水幸子「クリスマスと小箱」

BEFORE 佐藤心「女子力!」安部菜々「向上委員会!」

ワンパターン
そしてタイトルの長い付き合いとか全く関係なくね?
[ 2016/12/27 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「長い付き合いの○○」

Copyright © 2017プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!-アイマスSSまとめ All Rights Reserved.

   Designed by:paritto