スポンサーリンク

2016 12/25

槙原志保「プレゼントにはパフェ! じゃなくって……」



1: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:18:15.06 ID:tHYu7hMUo

ーークリスマス前のある日


槙原志保「はぁ~……」
mkhrsh14.jpg

小松伊吹「どうしたの、いかにもーなため息しちゃって。レッスンキツかった?」
kmtibk19.jpg

志保「そうじゃなくって……。二人とも、この後パフェ食べに行きません?」

桐野アヤ「いいのか? 志保、さっきトレーナーさんにも『たるんでるぞ』って言われてたろ」
krnay13.jpg

伊吹「物理的にね」

志保「うぅっ! それを言われると……」

アヤ「な?」

志保「うぅぅ……。でも、駅前のお店で新作があるって言っててー……」

アヤ「前も三人で行ったろ」

志保「あそこに行ったのもうずっと前ですもん! あと、パフェを食べないと頭はたらかないですー……」

アヤ「パフェ限定かよ」



2: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:22:10.66 ID:tHYu7hMUo


伊吹「んー、そうだなー……じゃあさ! こう考えよう志保!」

志保「はい?」

伊吹「いつもだったらさ、志保がパフェ食べた後はトレーナーさんのキツ~いカロリー消費トレーニングが待ってるワケだけど」

志保「はい」

伊吹「今はレッスン後だよ? つまり、後で燃やさなきゃいけないカロリーを前もって消費したことに……」

志保「…………はっ!」

アヤ「ならないからな?」

志保「ありがとう伊吹ちゃん! 私、パフェしてもいいんですねっ!」

伊吹「うんうん」

アヤ「おいコラ伊吹」


3: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:25:51.85 ID:tHYu7hMUo


伊吹「だってー、アタシもちょっと久々のパフェありだなーって思っちゃったしー」

アヤ「食べ過ぎたら追加レッスン待ってるのはお前も同じだろーが」

伊吹「へーきへーき! 今日のアタシが重ねた業は明日のアタシに任せちゃお! ね?」

志保「はいっ!」ビシッ

アヤ「知らないぞーアタシは」

伊吹「でも、どうせアヤも一緒に行くでしょ?」

アヤ「まあ行くけどさ……」

伊吹「ね、よし決定! 志保っ、早くしないと消費したカロリーがムダになっちゃうよ!」

志保「それはよくないですねっ! 急ぎましょう!」

アヤ「まだ続いてんのかよ、その理論」


4: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:30:01.95 ID:tHYu7hMUo


ーーどこかのカフェ


志保「ど・れ・に・しようかなー、ふふふっ♪」

アヤ「前来たときよりめちゃくちゃメニュー増えてないか?」

伊吹「増えたっていうか、かなり変わってるっぽいねー。あ、キャラメルバナナプリンのやつなくなってる!」

志保「それ、バナナプリンを作るのに手間が取られちゃうのでやめちゃったみたいですよ?」

伊吹「えー、残念だなー。あれアタシ好きだったのに」

志保「あとは、アヤちゃんが前に頼んだ"ピーチ尽くしのぜいたくパフェ"も桃が足りなくってしばらく出来ないみたいで」

アヤ「あ、本当だ! んー、じゃあ何にすっかな……」

志保「で、新作のりんごシリーズがシェフの知り合いの農家さんからりんごをいただいてるので、そのおいしさはお墨付き! だそうです!」

伊吹「待って、お店の台所事情に詳しすぎない?」

アヤ「メニューにも書いてねーぞそんなの……」

志保「いやぁ、通いつめるうちにお店の人と仲良くなっちゃって……えへへ♪」


5: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:34:34.08 ID:tHYu7hMUo


アヤ「ん? おい志保、お前一番最近でここに来たのいつだ?」

志保「えっ!? いや、えーっと、そのぉ……」

アヤ「怒んないから言ってみろって」

志保「えー……。み、三日前……」

伊吹「えっ」

アヤ「バカかっ」ペシ

志保「あいたっ、怒らないって言ったのに~……」

伊吹「いや、だって、まさか一週間切ってるとは思わなかったもん」

アヤ「ったく……そりゃたるんでるって言われるだろ」

志保「たるむって言わないでくださいー……」




スポンサーリンク



6: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:38:35.61 ID:tHYu7hMUo


伊吹「しーほっ♪」

志保「はい?」

伊吹「明日からしばらくパフェ禁止!!」

志保「なんでぇ!?」

アヤ「当たり前だろ! さすがに止めるぞ!」

伊吹「うん……ちょっとこれはよくないですよ槙原さん」

志保「うぅ……薄々気づいてはいたんです……。このままじゃダメかなーって……」

アヤ「もうちょっと早く気づこうぜ、それ」

志保「でもっ、でもぉ……パフェが私を呼んでてぇ……」

伊吹「そっか……ま、しゃーない! いいよ志保、今日だけはそのこと忘れちゃって食べよ?」

志保「い、いいんですか?」

アヤ「その代わり! ホントに今日だけだからな! アタシらも特別レッスンするから。な、伊吹?」

伊吹「イェッサー、アヤ軍曹!」ビシッ

アヤ「誰が軍曹だ」


7: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:43:11.67 ID:tHYu7hMUo


志保「それでっ! 二人は何にしますか?」

アヤ「食べていいって言った途端にイキイキし出したなコイツ」

志保「だって~……あ、ごめんなさい! 私やっぱりまだ迷い中です」

伊吹「アタシもちょっと悩みー。バナナプリンなくなっちゃったのが意外とおっきい……。アヤは?」

アヤ「あぁ、アタシはもう決まってるからいいぜ。てか、志保は新作目当てで来たんだろ?」

志保「けど、やっぱりメニューを前にすると目移りしちゃうというか」

伊吹「りんごのが新作だっけ?」

志保「そうそう、このページです!」

伊吹「あ、おいしそー。ちょっとアリかも……でも志保食べるんだっけ」

志保「気にしなくっても大丈夫ですよ?」

伊吹「そう? あ、アヤは? もしかしてりんごのにした?」

アヤ「いや、アタシは違うの」

伊吹「あれ意外。割と季節限定系が好きなイメージなのに」

アヤ「そうか? 気分だよ、気分」

伊吹「んーそっか。じゃあアタシ、コレにしよっかな!」

志保「あ、ちょうど私も決まったところです!」

アヤ「じゃ店員さん呼ぶか。すいませーん!」


8: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:48:07.76 ID:tHYu7hMUo


アヤ「えーっと、ブレンドコーヒーと抹茶あんみつパフェのミニで」

伊吹「渋っ」

アヤ「うるせ」

伊吹「あ、アタシはカフェラテで、りんご尽くしのぜいたくパフェで!」

志保「えーっと私もカフェラテと……」

伊吹「ねえねえ、志保みたいにメニュー見ないで注文するのってなんか常連感ない?」

アヤ「そうか?」

志保「やっぱり特製キングパフェで!」

伊吹(やっぱり?)

アヤ(キング?)

志保「はい、これで大丈夫です! お願いしまーす♪」


9: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:52:13.32 ID:tHYu7hMUo


伊吹「え? 今、志保が頼んだのどれ?」

アヤ「これか。全長40センチの特製キングパフェ……デカいな!」

志保「せっかくの最後の晩餐なんです……思いっきり楽しみたいじゃないですか」

アヤ「志保お前ホント明日から覚えとけよ」

伊吹「そうだ、新作頼まないでよかったの?」

志保「その点に関してはご心配なく! キングパフェはその時の目玉のフルーツがたいてい入っているので!」

アヤ「ってことは、前にも食ったことあんのか……」


10: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:57:13.10 ID:tHYu7hMUo


伊吹「40センチってどれくらい? このあたり?」

アヤ「竹尺と10センチだろ? もうちょっと小さくね?」

伊吹「なんか竹尺って言葉を久々に聞いた気がする」

アヤ「いや、長さはかると言ったら竹尺出てくるだろ」

伊吹「まーそうだけど」

志保「えっと、前に頼んだときはこれくらい……だったかな?」ヒョイ

アヤ「デカい」

伊吹「え~……40センチってこんなに大きかったっけ? 顔まできてるよ?」

アヤ「てか志保、そんなん頼んでそもそも食べきれるのか?」

志保「おいしいから大丈夫です!」

アヤ「受け売りじゃねぇか」

伊吹「まあ、一回挑んでるっぽいしね」


11: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:04:28.43 ID:tHYu7hMUo


伊吹「そういえばさ、志保」

志保「はい?」

伊吹「結局あのレッスン後のため息はなんだったの?」

アヤ「そういやそうだな。相談あるなら乗るぞ?」

志保「あーそうですね……。実はクリスマスプレゼントのことでどうしようかなーって思ってて……」

伊吹「プレゼント? 誰に?」

志保「プロデューサーさんです! もう一週間くらいずーっと考えてたんですけどいいものが思いつかなくって……」

伊吹「別にそこは深く考えなくていいんじゃない?」

志保「というと?」

アヤ「パフェ?」

伊吹「うん」

志保「もう! 私だっていつもパフェばっかりじゃないんですよ!」

伊吹「うっそだー」


12: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:17:35.62 ID:tHYu7hMUo


志保「もー、それにパフェは前にやっちゃったじゃないですかー」

アヤ「ああ、あのバカデカいヤツか……」

志保「だからどうしようかなーってなってて。伊吹ちゃんは? 何かプレゼントします?」

伊吹「いやー、それがアタシも決めてないんだよねー」

アヤ「アタシもだな……しようとは思ってるけど」

志保「むぅ、二人から聞いて参考にしようと思ったんですけど……」

アヤ「んー、いっそ三人からのプレゼントってことで何かひとつ考えたら?」

志保「あ、なるほど」

伊吹「だね。どうせみんな決まってないんならさ!」

志保「そうですね、そうしましょう! ただ、肝心の中身は……」

アヤ「それはゆっくり考えようぜ。注文来たっぽいし」


13: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:21:46.48 ID:tHYu7hMUo


「お待たせしました。こちらがブレンドコーヒーと抹茶あんみつパフェのミニ」コト

アヤ「あ、はい」

「こちらがカフェラテとりんご尽くしのぜいたくパフェです」コト

伊吹「はーい。あ、かわいい」

「カフェラテと特製キングパフェになります」ドンッ

志保「はーい♪」

アヤ(音)

「それではごゆっくり……」


14: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:29:07.18 ID:tHYu7hMUo


アヤ「分かってはいたけどさ」

伊吹「うん」

アヤ「デカいな」

伊吹「デカいね、40センチってこんな壁みたいな大きさだったっけ」

アヤ「ヤバいな、ちょうど向かいに座ってるから志保の顔が見えねえ」

伊吹「ヤバいねそれ」

志保「はぁ……しあわせ~♪」

アヤ「見えないけど多分アイツ先に食ってるぞ」

伊吹「志保~、イチゴちょーだーい」

志保「いいですよー」

伊吹「やった! ん~、やっぱパフェはイチゴだよね」

アヤ「アタシも桃もらっちゃお」

志保「どうぞご遠慮なく~♪ あむっ」


15: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:41:22.81 ID:tHYu7hMUo


伊吹「思ったんだけどさ」

アヤ「あん?」

伊吹「アタシが頼んだの、なんで"りんご尽くしのぜいたくパフェ"だったんだろうなーって」

志保「なんでって……なんで?」

伊吹「いやね、前にアヤが食べたのが"ピーチ尽くしの……"だったじゃん」

志保「ふんふん」

伊吹「その流れだったら"アップル尽くしの……"になるんじゃないのかなって」

アヤ「あ、そういう? 日本語か英語かってことか」

伊吹「そうそう!」


16: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:52:56.49 ID:tHYu7hMUo


志保「うーん、尽くしシリーズはそのあたりバラバラだった気がする……」

アヤ「お、経験者は語る」

伊吹「これシリーズなんだね」

志保「ベリー尽くしとか、みかん尽くしとか……あ、秋にあったマロン尽くしはすっごいオススメです!」

伊吹「ぶどう? へー、よさそう」

志保「はい! 甘栗のジェラートとウエハースの組み合わせがもう……!」

伊吹「えー、そんなの聞いたら気になってくるじゃーん! いいな~栗パフェ、食べたいな~」

アヤ「じゃあ、りんごのパフェはもらうか」スッ

伊吹「食べるよっ。ちょっとはあげるけど」

アヤ「お、サンキュー。今ないってことはまた来年か?」

志保「かなぁ」

伊吹「来年もお世話になるの確定だなー……で、何の話してたっけ
?」

アヤ「そこで戻んのかよ」


17: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 20:57:18.96 ID:tHYu7hMUo


志保「メニューの名前が日本語英語ごちゃまぜっていうお話?」

伊吹「あ、そっか」

アヤ「言い出したの自分じゃねーか」

伊吹「いやいや忘れてたワケじゃないから! でもさ、答えは内通者さんに聞いちゃえば早いよね」

アヤ「内通者って」

志保「……えっ? 私!?」

伊吹「完全に気を抜いてたね、今のは」

アヤ「他にいないだろ? 内通者なんて」

志保「え~……私もそこまではさすがに分からないですよ~」


18: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:05:06.43 ID:tHYu7hMUo


伊吹「どうしよう……なんとなく始めた話題なのに意外にも迷宮入りしそう」

アヤ「いや、別にそこはアレじゃね?」

志保「どれ?」

アヤ「…………語感?」

伊吹「語感かぁ……」

志保「…………」

アヤ「…………」

伊吹「…………」

志保「…………」パク

伊吹「語感かぁ」

アヤ「なんで二回言ったんだ」


19: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:10:56.36 ID:tHYu7hMUo


アヤ「それで、プレゼントどうすんのさ」

伊吹「あっ」

志保「あっ」

アヤ「いや、志保は忘れたらダメだろ!」

志保「ちゃ、ちゃんと考えてましたよ! そうです! プレゼントにはパフェ! じゃなくって……」

アヤ「元に戻ってんぞ、それ」

伊吹「とっさの一言で『パフェ!』って出てくるあたり、さすが志保だよね」

アヤ「なんとなくでも決まってたりしないのか?」

志保「ん~……できれば食べてなくなっちゃうより、いつも使えるようなものをプレゼントしたいな、って思ってるんですけど……」

アヤ「そこから先に進まない、と」

志保「はい~、どれも違うなーって思って……むぅ」ペタ

伊吹「ありゃ、へたっちゃった」

志保「一週間ずっとこうなんですもんー……」


20: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:15:21.07 ID:tHYu7hMUo


伊吹「志保さん志保さん。はい、あーん」

志保「あー、あむっ……おいしい」

伊吹「かわいい」

アヤ「何やってんだお前ら」

伊吹「アヤも餌付けする? はい、スプーン」

アヤ「餌付けって……いや、アタシはいいよ」

志保「アヤちゃーん……」アーン

アヤ「ノるのかよ」

伊吹「ささ、どうぞどうぞ!」

アヤ「えー……仕方ねーな。ほら志保、早く食えっ」

志保「ありがとうございますー……あーむっ」パクッ

志保「ふふ、あんこもおいしいー……♪」

アヤ(かわいいか)

伊吹「えいっ」パシャッ

アヤ「あっ! 伊吹、お前何しやがった!」


21: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:21:25.69 ID:tHYu7hMUo


伊吹「へへ~、アヤが『あーん』してあげてるトコなんてなかなか見れないからね! ベストショットいただきました!」

アヤ「ベストショットじゃねぇ! 今すぐ消せ! お前が持ってても何にもならないだろ!」

伊吹「あ、そう? じゃあ誰かに送っちゃおっと」ピロンッ

アヤ「おい、ちょっと待て。それだけは本当にやめ……あ? 着信?」



[新着メッセージ]
ibuki - アヤカワイイ 画像(1) 19:37



アヤ「アタシかよ! いらねぇよ!」

志保「あ、伊吹ちゃん。私にもお願いしますー」

伊吹「はーい」ピロンッ

アヤ「志保!!」


22: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:30:47.15 ID:tHYu7hMUo


伊吹「よっし、これ今年中は待ち受けにしよっと」

アヤ「覚悟してろよ、いつか仕返ししてやるからな……!」

伊吹「助けて志保、アヤの後ろにトラが見える」

志保「えっと……大丈夫、アヤちゃん! 和風もおいしかったですよ!」

アヤ「食った感想じゃねぇか、それ」

志保「あと、さっきのは目を合わせてやってくれた方が……」

アヤ「やめろ本当恥ずかしいから……!」

伊吹「りんごのコンポートをあげるのでお許しください!」

アヤ「お前は絶対に許さないからな!! もらうけど!!」

志保「いいなー」

伊吹「じゃ、志保にも一個あげよー」

志保「やった♪」


23: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:38:52.68 ID:tHYu7hMUo


志保「ん~♪ シェフがオススメするだけありますね!」

アヤ「キングパフェがほとんど消えてる……あんだけ食ってまだいけるのか」

伊吹「スキさえあれば食べてたもんねー」

アヤ「ただ、まだ本題は解決してないんだよな」

志保「なんだかまたパフェ作ってあげるのもなくはないかな、って思ってきちゃいました」

伊吹「おっとまさかの原点回帰」

アヤ「んー……あ、パフェグラスは?」

志保「グラス? これですか?」

アヤ「うん。で、アタシらでその上に好き勝手にパフェ作ってプロデューサーにプレゼントー、とかさ」

志保「なるほど……グラスはちょっと盲点だったかも」

伊吹「イイねそれ! 楽しそうじゃない?」

アヤ「あ、でもパフェグラスは普段使い……するか?」

伊吹「しなかったらさせちゃえばいいじゃん?」

志保「……そうですねっ!」

アヤ「なんだ今の間」

伊吹「来年のプロデューサーはカロリーに襲われそうだね」


24: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:44:57.02 ID:tHYu7hMUo


アヤ「お、出た。『業務用パフェグラス・6個セット』だって」

伊吹「業務用じゃん」

志保「あ、でもそれショートだから小さいやつですね。大きいのを作るならお店にはあてがありますっ!」

アヤ「ちょっと待て、あのレベルのを作んのか?」

伊吹「よーく考えてみて? こっちには甘味イズジャスティスの槙原志保がいるんだよ?」

アヤ「あぁ……そういやそうだった」

志保「えへへ♪」

アヤ「別に褒めちゃいねーよ」

伊吹「志保サンにかかれば、プロデューサーをノックアウトするのなんてお手のものってワケですよ」

アヤ「倒しもしねぇよ!」


25: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 21:53:08.37 ID:tHYu7hMUo


志保「って感じかな? これでだいたい決まったと思います!」

アヤ「よし、じゃあそろそろ出るか」

伊吹「んーっ、久しぶりにスイーツできたから大満足!」

志保「私も!」

アヤ「志保は前に来たばっかだろ」

志保「えへへ……あ、今日はありがとう、二人とも!」

アヤ「いいっての。アタシだって決まってなかったんだから志保がいなかったら……」

伊吹「ボクシンググローブとかあげてた?」

アヤ「だからしねーよ!」


26: ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 22:01:49.76 ID:tHYu7hMUo


伊吹「ま、アタシもそんな感じ。気にすることでもないでしょ?」

志保「うぅ……ありがとうございます~……」

アヤ「ま、それはそれとして志保には明日から頑張ってもらうからなー」

志保「えっ? パフェ作り?」

アヤ「ちげーよ。まさか、忘れてないだろ? あんだけ食ったんだから明日からはパフェ禁止令と……」

伊吹「アタシたちと一緒にスペシャルレッスン♪ でしょ?」

志保「…………あっ」

アヤ「おいコラ」

志保「いや、その、えっとぉ……」





志保「お、お手柔らかに……」



このあと、経験値5倍レッスンしました。



おしまい





転載元:槙原志保「プレゼントにはパフェ! じゃなくって……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482661094/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

志保伊吹アヤ短SSモバマス

(0)

AFTER 佐藤心「静かな聖夜」

BEFORE 智絵里「わたしたちの」ほたる「冠番組」朋「『○っく・らっく・らっく』……?」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

槙原志保「プレゼントにはパフェ! じゃなくって……」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto