スポンサーリンク

2016 12/14

蘭子「堕天使の讃談!(アイドルのウワサ!)」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:01:40.79 ID:zIA0k0240

【神崎蘭子のウワサ:実は結構な読書家らしい?】

~車内~

蘭子P(以下、P)「今日の撮影もバッチリだったぞ!」

蘭子「我が力にかかれば造作もない事よ!(たくさん頑張りましたのでっ!)」
knzkrnk16.jpg


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:02:08.80 ID:zIA0k0240

P「さすが蘭子だな!」アハハ

蘭子「♪」

P「あっ、そうそう。今日も本持ってきたぞ」

蘭子「それは真か!?(本当ですか!?)」

P「あぁ、事務所に置いてあるから帰ったら渡すよ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:02:37.42 ID:zIA0k0240

蘭子「我が友のグリモワール・・・ククク、魂がたぎるわ(早く読みたいな~)」

P「この前の続きと適当に何冊か・・・5,6冊くらいあるかな?」

蘭子「我の器に収まりきるか・・・?(読み切れるかな・・・?)」

P「返すのはいつでもいいからゆっくり読めばいいさ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:03:07.24 ID:zIA0k0240


~346プロ~

バタン!

デレP「やべーっ!」

デレP(休憩室で本読んでたらついつい寝ちまった!)

デレP(会議まであと10分。15分前には会議室にいないとネチネチ言われるのにっ!)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:03:37.38 ID:zIA0k0240

デレP(今から行けば会議には間に合う。ちょっと小言を言われるくらいで済むだろう・・・問題は)

デレP(この本どうすっかな~)ウーン・・・

デレP(俺のデスクに行く時間もないし、そこらに置きっぱなしにするわけにもいかないよなぁ・・・)

デレP「・・・ん?」

【CP(シンデレラプロジェクト)事務所】


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:04:04.86 ID:zIA0k0240

デレP「・・・」

デレP「!」

デレP(そうだっ! CPのプロデューサーにやればいいんじゃん!)

デレP(ナイスアイデア~!)コンコン!


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:04:33.21 ID:zIA0k0240

ガチャ

デレP「おつかれーっす!」

シーン・・・

デレP「・・・おいおい、誰もいないのかよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:05:00.88 ID:zIA0k0240

デレP「参ったなぁ・・・」

ちひろ「何してるんですか?」

デレP「うわぁ!?」ビクーン!

デレP「ち、ちひろさん!?・・・どうかしましたか?」

ちひろ「いや、それはこっちのセリフですよ・・・」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:05:28.63 ID:zIA0k0240

ちひろ「こちらに何かご用ですか?」

デレP「ま、まぁ・・・ちょっと」エヘヘ・・・

ちひろ「・・・」

ちひろ「そんなことしてていいんですか?」

デレP「え?」


スポンサーリンク



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:06:07.72 ID:zIA0k0240

ちひろ「時間。もう始まりますよ?」

デレP「うわっ、やばっ!」

ちひろ「今回遅刻したら3回目・・・社長言いましたよね? 次遅刻したら減給って・・・」

デレP「え、うそ・・・? そんなこと言ってましたっけ・・・?」

ちひろ「・・・知ーらない」ツカツカ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:06:37.94 ID:zIA0k0240

デレP「ちょ、ちひろさん待って!」

デレP(くそっ、こうなったらどっかゴミ箱に・・・ん?)

デレP(なんだこのデスク、やたら本がたくさんあるな)

デレP(確かここは・・・Pのデスク。そういやアイツ本好きだったな)


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:07:10.46 ID:zIA0k0240

デレP(しかも偶然にも同じ店のブックカバーじゃないか・・・)

デレP「・・・」

デレP「」サッ

デレP「・・・よしっ!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:07:43.10 ID:zIA0k0240

デレP「事務所で読んじゃダメだからなー!」タッタッタッタ・・・

バタンッ!





ガチャ

P「ただいま戻りましたー!」

P「・・・なんだ誰もいないのか」

蘭子「うむ・・・(そうみたいですね)」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:08:14.38 ID:zIA0k0240

P「まぁいいや・・・はい蘭子、これ本な」

蘭子「ククク、これが新たなるグリモワールか・・・(こんなにたくさんありがとうございます!)」

P「じゃあ今日はこれで仕事終わりだから、お疲れさん」

蘭子「闇に飲まれよ!(お疲れ様でした!)」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:09:03.07 ID:zIA0k0240

― その日の夜 ―
~女子寮 蘭子部屋 ~

蘭子「」ペラッ・・・ペラッ・・・

蘭子「ふぉ~///」キラキラ

蘭子(すごく面白かった・・・///)パタン

蘭子「ふぅー・・・」

蘭子(・・・早く明日にならないかなー)


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:09:50.56 ID:zIA0k0240

蘭子(プロデューサーと早くお話したいのに・・・)
――――――――
――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――
蘭子『あの娘からは秘めたる力を感じる・・・(ヒロインの娘、実はすごい力を持っていると思います!)』キリッ!

P『おっ、蘭子もそう思うか!? 実は俺も―――』

キャッキャ! キャッキャ!
―――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
――――――――

蘭子「えへへ///」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:10:29.43 ID:zIA0k0240

ポーン ポーン

蘭子「もう9時・・・」

蘭子(もう一冊くらい大丈夫だよね・・・?)ペラッ・・・

蘭子(あれ、これだけ違う本だ・・・)

蘭子「【ダメだよアイドル ~秘密のレッスン場は失楽園~】・・・?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:11:02.77 ID:zIA0k0240

蘭子(【アイドル】って書いてあるからアイドルの本?)

蘭子(私もアイドルだからプロデューサーが選んでくれたのかな?)

蘭子(なんだか面白そう!)ペラッ

『超人気アイドルのプロデューサーをやってから数年が経った。
事務所がまだ小さかった頃にはプロデューサー兼マネージャーとしてよく一緒に行動していたのだが、事務所が大きくなったことによりアイドルにはマネージャーが付くことになった。』


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:11:33.61 ID:zIA0k0240

蘭子(マネージャー・・・私にもいつか付くのかな?)

『俺の仕事はプロデュース業のみとなり、以前よりも遥かに自分の時間を持てるようになった・・・が、どこか心に穴が空いてしまったような気持ちになる時がある。』

蘭子(私はプロデューサーと二人でずっとやっていきたいなぁ・・・)

蘭子「・・・」ペラッ・・・ペラッ・・・


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:12:13.85 ID:zIA0k0240

『――――ここは俺達二人のレッスン場・・・ここの存在は誰も知らない』

蘭子「?」

『このレッスン場ではアイドルとプロデューサーという肩書きはない。ただ欲望に塗れた男と女になるのだ。』

蘭子「??」

『イヤッ! そ、そこはっ・・・!』
『どうした? ここ、好きだったじゃないか』

蘭子『!!??』


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:12:47.53 ID:zIA0k0240

『お前の弱いところは全て把握しているぞ・・・?』
『んっ・・・わ、私だって!』
『お、おい! そこはっ・・・!』
『私だってアンタの弱いところ・・・全部知ってるのよ?』
『くっ、お前・・・いつの間に上達して―――』

蘭子「キャーッ!///」ベチーン!


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:13:19.88 ID:zIA0k0240

蘭子「こ、これって・・・!///」

蘭子(なんでこんな本が!?///)

蘭子「う~っ・・・///」

蘭子「・・・はっ!?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:13:49.95 ID:zIA0k0240

蘭子(も、もしかして・・・プロデューサーは私と・・・!?)
――――――――――――――――――
――――――――――――
―――――
P『蘭子』カベドンッ!
蘭子『ひっ・・・わ、我が友?』
P『好きだ・・・』
蘭子『え・・・?』
P『俺は蘭子の事が好きなんだ!』
蘭子『! わ、わたしもプロデューサーのこと・・・///』
P『そうか・・・じゃあこんなことも好k――――』
―――――
―――――――――――――
―――――――――――――――――――
蘭子「わー!わー!///」ブンブン!


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:14:43.42 ID:zIA0k0240

蘭子(こ、この本は返さなくちゃ!)

蘭子(でもこの本だけ返すのは恥ずかしいよ~!)

蘭子(他の本と一緒に返すしかないよね?)

蘭子(それまでこの本は家に置いておくしか・・・)

蘭子(どうしよ~!)


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:15:17.97 ID:zIA0k0240


― 数日後 ―
~事務所~

蘭子「わ、煩わしい太陽ね・・・(おはようございます・・・)」ゲッソリ

P「おはよう蘭子」

蘭子「我が友よ・・・感謝する(プロデューサー・・・ありがとうございました)」ガサッ

P「え、もう読んだの!? 早くないか?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:16:09.66 ID:zIA0k0240

蘭子「フ、フフ・・・我が魂が力を求めた故・・・(面白くて一気に読んじゃいました・・・)」

P「あっ! だから最近眠そうにしてたのか!?」

蘭子「え? あ、いや・・・それは・・・」

蘭子(あの本の存在が気になって眠れなかったなんて言えない!)

P「本に夢中になるのはいいが、仕事に支障をきたすようなことをしちゃダメじゃないか」

蘭子「は、はい・・・ごめんなさい」シュン・・・



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:16:42.62 ID:zIA0k0240

― その日の夜 ―
~P宅~
P「まったく蘭子は・・・」ガサガサ

P「・・・」

P(ちょっと言い過ぎたか?)


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:17:11.70 ID:zIA0k0240

P(いやいや! そんなことは・・・)

P「・・・」

P(でもそれだけ俺の薦めた本を楽しんでくれたってことだよな・・・?)

P(仕事も遅刻していたわけじゃないし)

P「う~ん・・・」

P「明日謝るか・・・」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:17:42.35 ID:zIA0k0240

P「・・・」ガサガサ

P「・・・あれ?」

P(一冊多い? 貸した本は全部あるのに・・・)

P「?」ペラッ

P「【ダメだよアイドル ~秘密のレッスン場は失楽園~】・・・?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:18:42.53 ID:zIA0k0240

P(いやこれ・・・官能小説じゃん)

P「なんでこんな本が入ってるんだよ・・・」

P「・・・」

P「あれ? も、もしかしてこの本・・・」

P(蘭子の本、だったり・・・!?)

P「・・・」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:19:19.96 ID:zIA0k0240

P(でも蘭子が買うか~?)

P(演技で『キス』も言えないくらいなのに)

P(だいたい中学生がエ口いことなんて・・・)

P(いや、真っ盛りだよな・・・)

P「うーん・・・」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:20:02.47 ID:zIA0k0240

P「ということはやはりこの本は・・・」

P「・・・」

P「まぁ・・・蘭子も大人になっているということだよな」ウンウン

P「しかし困ったな、普通に返していいものなのか?」

P「どうするか・・・」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:20:35.25 ID:zIA0k0240

― 数日後 ―
~事務所~

P「お、おはようございます・・・」ゲッソリ

蘭子「煩わしい太陽ね!(おはようございます!)」

P「お、おう・・・おはよう蘭子」

P(言うか言わないか迷いに迷ったが・・・)

P「蘭子、ちょっといいか・・・?」

蘭子「?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:21:05.17 ID:zIA0k0240

P「えーっと・・・そのだな・・・」

蘭子「神の逆鱗に触れてしまったというのか・・・!?(わ、私なにか悪いことしちゃいましたか!?)」ビクビク

P「ち、違う違う! そういうことじゃなくって・・・!」

P「この本なんだけどさ・・・」サッ


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:21:45.68 ID:zIA0k0240

蘭子「?」ペラッ・・・

【ダメだよアイドル ~秘密の  蘭子「キャーーーーーッ!!///」ビターン!

P「えぇー!?」

P「ら、蘭子!? 本を地面に叩きつけちゃダメじゃないか」

蘭子「イヤーーー!!///」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:22:19.41 ID:zIA0k0240

ちひろ「どうしたんですか? 悲鳴が聞こえてきましたけど」

P「ち、ちひろさん!? いや、別になんでも・・・」

ちひろ「?・・・あら、本が落ちてますよ」スッ

P「ちひろさん! 大丈夫ですからっ!!」

ちひろ「もう拾っちゃいましたよ。なになに~・・・・ん?・・・・・・・ほー」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:22:50.77 ID:zIA0k0240

P「いや、その本はですね・・・」

ちひろ「アイドル事務所にこんな本持ち込んで・・・良い度胸してますね」

P「ち、ちがう! 誤解です! 」

ちひろ「誤解、ですか?」

P「この本は僕のじゃなくって、えっと・・・その~・・・蘭子「我がグリモワールでもないっ!///」

P「え?」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:23:20.81 ID:zIA0k0240

P「これ蘭子の本じゃないの?」

蘭子「!? ち、違うよっ!/// コホン・・・わ、我が友から授かったグリモワールに紛れ込んでいたのだ・・・」

ちひろ「はい、確定」

P「ち、ちがう! 僕じゃないですって!」

ちひろ「じゃあ誰のだって言うんですか?」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:23:57.37 ID:zIA0k0240

ガチャ・・・

デレP「なに騒いでるんだよ・・・休憩室まで聞こえてきたぞ」フワァー

P「デレPさん!」

ちひろ「こんなものが事務所から見つかりまして」

デレP「本~?」ペラッ

デレP「・・・」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:24:40.60 ID:zIA0k0240

ちひろ「なにか見覚えはありますか?」

デレP「え!? いやぁ知らないな~・・・おっと、会議の時間だ。俺はこれで失礼するよ、じゃあな!」アッハッハ!

ちひろ「?」

P「そんな、デレPさぁーん!」

蘭子「ぷ、プロデューサー・・・」

ちひろ「・・・」フム・・・


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:25:14.52 ID:zIA0k0240

ちひろ「・・・蘭子ちゃんに本を貸したのはいつ頃ですか?」

P「え・・・? 確か4日くらい前のお昼頃だったかな」

ちひろ「4日前のお昼ころ・・・その時間、この事務所には誰もいないはずですよね」

P「そうですね、みんなオフか営業でいませんでした」

蘭子「」コクン

ちひろ「・・・うん、犯人わかりました」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:26:14.47 ID:zIA0k0240

P「え、本当ですか!?」

ちひろ「はい、よく思い返したらそのブックカバーも見覚えありますね」チラッ


デレP「」タッタッタッタ


P「なんか逃げてません!?」


ちひろ「」ダッ!

P「あ、ちひろs・・・」



タッタッタッタッタッタッタ・・・………… ギエェーーーーーーー!!!>


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:26:56.82 ID:zIA0k0240

P「デレPさんの仕業だったのか・・・」

蘭子「あの・・・プロデューサー」

P「蘭子・・・色々とゴメンな?」

蘭子「う、ううん!・・・プロデューサーは何も悪くないよ?」

P「・・・ありがとな、蘭子」ナデナデ

蘭子「えへへ・・・///」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:27:30.78 ID:zIA0k0240

― 後日 ―
~車内~

蘭子「我が友よ! 新たなるグリモワールが創造される時! (プロデューサー! 確か今日は新刊の発売日ですよ!)」

P「そう言えばそうだな。事務所戻る前に本屋に寄っていこうか」

蘭子「フフフ・・・(やった~!)」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:27:57.93 ID:zIA0k0240

~本屋~

P「お、あったあった」

蘭子「我も探すとしよう(私も探そーっと)」テクテク

蘭子「ム?」チラッ・・・

【――恋愛小説コーナー】


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:28:43.35 ID:zIA0k0240

蘭子「・・・」

蘭子(恋愛小説・・・見たことはないけどこれくらいなら大丈夫かな?)

蘭子(この前もプロデューサーに迷惑かけちゃったし、こういうのに少しくらい慣れとかないとだよね・・・?)

蘭子(ちょっと恥ずかしいけど・・・よ、よ~しっ!)ペラッ・・・

『おくさーーーんッ!』
僕はそのまま覆いかぶさr・・・・・パタンッ!

蘭子「」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:29:31.81 ID:zIA0k0240

P「おーい」

蘭子「!」ビクッ

P「なんか見つかったかー? あれ、ここは・・・」

蘭子「あ、あの・・・これは・・・その・・・・」アタフタ


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:31:31.44 ID:zIA0k0240

P「?」

蘭子「我が魂が拒絶するっ!///(わ、私にはまだ無理ですーっ!///)」タッタッタッタ・・・

P「お、おい蘭子!・・・行っちゃったよ」

P「・・・」チラッ

P「まぁ、まだ早い・・・のかな?」


【オトナの 恋愛小説コーナー】

終り


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 14:32:19.14 ID:zIA0k0240

以上になります
最後までご覧いただきありがとうございました!



転載元:蘭子「堕天使の讃談!(アイドルのウワサ!)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481518863/
SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

蘭子短SSモバマス

(4)

AFTER フレデリカ「怪談ごっこ、その1」

BEFORE 箱崎星梨花「バズーカを担いだサンタさん」

大原部長っていつもこのちひろさんみたいな気持ちなんだろうな
[ 2016/12/14 20:13 ] [ 編集 ]
フランス書院を通して俺のエッフェル塔とフレデリカの凱旋門の親和性について学びたい
[ 2016/12/14 21:56 ] [ 編集 ]
※54225
そのハノイの塔しまえよ
[ 2016/12/15 10:21 ] [ 編集 ]
やっぱcuだよこの子。というわけで貰って行きますね
[ 2016/12/15 15:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

蘭子「堕天使の讃談!(アイドルのウワサ!)」

Copyright © 2017プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!-アイマスSSまとめ All Rights Reserved.

   Designed by:paritto