スポンサーリンク

2016 11/29

モバP「入眠よしのん」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:01:07.97 ID:GU3yO3dco


かたっ かたかたっ

モバP「んー……もうちょっとか」

かちかち かたかたっ かたかたっ

がちゃり

芳乃「おはようございますー」
yrtysn13.jpg

ぱたん とことこ

モバP「芳乃か、お疲れ様。レッスンはどうだった?」

芳乃「つつがなくー」

モバP「それはよかった。こっちももうちょっとで終わるからそしたら一緒に休憩しようか」

芳乃「ええー。……ふむー?」

モバP「ん、どうした芳乃?」





スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:01:45.42 ID:GU3yO3dco


芳乃「むー……そなたー、目の下の隈がとても濃いですがー、きちんと寝ていましてー?」

モバP「体を壊さない程度に寝てるつもりではいるけど」

芳乃「仕事に励むのは良き事ですがー、それで自らを見失ってしまっては本末転倒でありー」

モバP「あー……芳乃すまん、きちんと話は聞くから休憩時間に入るまで少しだけ待っててもらってもいいか?」

芳乃「むー」

モバP「無下にしたいわけじゃないんだがこれだけやりたくてな、悪い」

芳乃「むー」

モバP(かわいい)

芳乃「そういった事でしたらー、そなたを待つことにいたしましょー」

モバP「ありがとな」

芳乃「では後でそふぁーに来るのでしてー」

とことこ

モバP「分かったよ」

がちゃり ぱたん

かたかた かたかたっ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:02:22.21 ID:GU3yO3dco


かたかた たんっ

モバP「ふー……ん、んーっ」

モバP「首いてー……芳乃のところ行くか」

がたっ すたすた

がちゃり ぱたん

すたすた

モバP「芳乃ー、待たせてごめんな」

芳乃「いえいえー、煎茶を入れましてー飲むがよいかとー」

モバP「わざわざありがとうな」

芳乃「さー、こちらへー」

ぽんぽん

モバP「隣に座るのか……?別に正面で」

芳乃「こちらへー」

ぽんぽん

モバP「あっはい」

すたすた とすっ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:02:55.72 ID:GU3yO3dco


こぽこぽ とんっ

ふーっ ずずーっ

モバP「ふーっ……温まるな」

芳乃「一息つきましてー?」

モバP「うん、休んだらまた仕事しないとな」

芳乃「そなたはまことに仕事人間でしてー」

モバP「皆の為の仕事だからな、頑張らないと」

芳乃「あいどるの皆々もそなたもまた同じ志を持つものでありー、わたくし達もそなたが大切なのですよー」

モバP「分かってる、気を付けるよ」

芳乃「わたくしもまたその一人であるがゆえにー、この度は実力行使をー」

モバP「実力行使って何を、ほっ?」

芳乃「えいー」

ぐいっ ぽすん

モバP「……膝枕?」

芳乃「膝枕でしてー」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:03:23.23 ID:GU3yO3dco


モバP「いや普通に恥ずかしいし絵的にちょっとこれは」

芳乃「むー」

がしっ

モバP「ちょっと芳乃さんどこにこんな押さえつける力があるのでしょうか」

芳乃「大人しくこのままでいるのがよいかとー」

モバP「ええ……まあいいけどさぁ」

芳乃「ではわたくしがそなたを寝かしつけてあげましょー」

モバP「一時間くらいだからあんまり寝られないと思うが」

芳乃「大事なのは時間ではなく深い眠りでしてー、わたくしにおまかせあれー」

なでなで

モバP「頭撫でないで恥ずかしいから」

芳乃「ふふー、足も楽に投げだしてよいですよー?」

モバP「ここまできたらそうするよ」

芳乃「ねくたいも少し緩めましてー、楽にするとよいでしょー」

しゅるしゅる

芳乃「腰帯も少しー」

モバP「それは流石に芳乃にやらせてはいけない」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:03:53.60 ID:GU3yO3dco


芳乃「楽な姿勢になりましてー?」

モバP「ああ」

芳乃「ではー、これから依田の芳乃がそなたを心地良く深い眠りへと誘いましょー」

モバP「んー」

芳乃「返事はせずともー、必要なのはわたくしの声に耳を傾けることでしてー」

芳乃「ではまずは仰向けになりー、深呼吸をいたしましょー」

芳乃「わたくしの声に合わせてゆっくりとー」

芳乃「すってー」

すぅー……

芳乃「はいてー」

はぁー……

芳乃「すってー」

すぅー……

芳乃「はいてー」

はぁー……

芳乃「そのままゆっくりと呼吸をー」

すぅー……


はぁー……

芳乃「だんだんと心が落ち着きー、ゆるやかになるのを感じましてー」

すぅー……


はぁー……


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:04:27.10 ID:GU3yO3dco


芳乃「では平時の呼吸に戻すのでしてー」

芳乃「目を閉じー、よりわたくしの声に集中をー」

芳乃「わたくしの言う通りにー、さすれば心地良くなれましょー」

芳乃「まずは体の力を抜いていきますー」

芳乃「右腕から参りましょー」

芳乃「右腕に力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、右腕がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー、まるでそふぁーに沈んでいくようなー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:05:13.26 ID:GU3yO3dco


芳乃「次は左腕へ参りましょー」

芳乃「左腕に力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、左腕がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー、まるでそふぁーに沈んでいくようなー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:05:48.23 ID:GU3yO3dco


芳乃「次は右足へ参りましょー」

芳乃「右足に力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、右足がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー、まるでそふぁーに沈んでいくようなー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:06:21.57 ID:GU3yO3dco


芳乃「次は左足へ参りましょー」

芳乃「左足に力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、左足がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー、まるでそふぁーに沈んでいくようなー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:06:52.51 ID:GU3yO3dco


芳乃「では次は上半身へ参りましょー」

芳乃「胸とお腹に力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、上半身がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー、まるでそふぁーに沈んでいくようなー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:07:21.57 ID:GU3yO3dco


芳乃「では最後は頭と顔をー」

芳乃「力を入れてからふっと力を抜くのですよー」

芳乃「力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー、ふぅー」

芳乃「もう一度ー、力をぐっと入れてー……」

芳乃「……抜きましてー」

芳乃「力をふっと抜くとー、頭がおもーくなっていきましてー」

芳乃「おもーくおもーくー、ふかーくふかーくー」

芳乃「自分では動かせなくー、動かしたくなくなるほどにー」

芳乃「しかしそれは心地良いことなのですー」

芳乃「ですから安心して下されー、そのまま心地良くなりましょー」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:07:58.12 ID:GU3yO3dco



芳乃「今そなたの体は力が抜けきっていましてー」


芳乃「体がおもーく感じますー」


芳乃「しかしそれはとても心地良いことでしてー」


芳乃「わたくしの声に従うととても心地良いー」


芳乃「そうでしょー?」


芳乃「このままもっともっとー心地良くなっていきましょー」


芳乃「そなたをより深いところへ連れていくのでしてー」


芳乃「わたくしの声をしっかりと聞くのですよー」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:08:32.09 ID:GU3yO3dco



芳乃「想像をするのでしてー」


芳乃「以前わたくしと禊へ向かった海を覚えていましてー?」


芳乃「ええー、夕焼けで優しく染まった綺麗な海でしてー」


芳乃「そなたは今その海にー、ぷかぷかと浮かんでいますー」


芳乃「ゆらゆらと波に漂いー、されど冷たさは感じずー」


芳乃「とても柔らかな夕日に包まれますー」


芳乃「しかしー、今のそなたはとてもおもーくふかーくー」


芳乃「力が抜けているのでしてー」


芳乃「ゆえにー、わたくしが今から数を三つ数えますとー、そなたは水の中へと沈んでいきますー」


芳乃「いきましてー」


芳乃「   さん   に    いち   」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:09:01.48 ID:GU3yO3dco



芳乃「水に沈みー、水面が少しずつ遠ざかっていきますー」


芳乃「されど苦しさは感じずー、ゆらゆらと心地良くー」


芳乃「夕日も少しずつ薄くなってきましてー」


芳乃「ふかーくふかーく沈んでゆきますー」


芳乃「わたくしがそばにおりますゆえー、安心なされー」


芳乃「沈んでゆく感覚は心地良いでしょー?」


芳乃「もっと心地良くなるためにー、もっとふかーく沈みましょー」


芳乃「わたくしが今から数を三つ数えますとー、もっとふかーく水の中へ沈んでいきますー」


芳乃「いきましてー」


芳乃「   さん   に    いち   」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:09:32.61 ID:GU3yO3dco



「光が次第にうすくなりー」


「どちらが上か下かもあいまいにー」


「もはやそなたがそなたではなくー」


「流されるままにゆらゆらとーふかーく沈んでゆきますー」


「それがとても心地良くー」


「わたくしとともにー」


「心地良さに全てをゆだねましょー」


「沈んでゆくー」


「ふかーく沈んでゆくー」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:10:01.14 ID:GU3yO3dco



「さらにふかーく沈んでゆきましょー」


「何もせずともー身を任せればー」


「そなたはどんどんふかーく沈んでゆきますー」


「沈んでゆくのが心地良いー」


「心地良いからもっと沈んでゆくー」


「ゆらゆらーゆらゆらー」


「心地良い世界を漂いましょー」



「さらにふかーく沈んでゆきましょー」


「何もせずともー身を任せればー」


「そなたはどんどんふかーく沈んでゆきますー」


「沈んでゆくのが心地良いー」


「心地良いからもっと沈んでゆくー」


「ゆらゆらーゆらゆらー」


「心地良い世界を漂いましょー」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:11:20.74 ID:GU3yO3dco



だいぶ沈んできましてー


そろそろ底が見えてまいりましたー


底はとても暖かい場所ー


全てを暖かく包み込みー


誰もが安心できるー


母なる海の懐でしてー


底についたものは皆安らかな心地良さを感じー


ゆっくりとその意識を手放すことができますー


わたくしが今から十数えますとー


そなたはゆっくりと底にたどり着きー


そしてふっとー


意識を手放し心地良くなれるのでしてー


いきましてー


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:11:56.73 ID:GU3yO3dco



   じゅう   きゅう


だんだん底が近づいてきますー


   はち   なな


ゆっくりとふかーくー


   ろく   ご



あたたかな底でしてー


   よん   さん


安心なされー



   に   いち





     ぜろ





おやすみなさい、そなたー



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:12:29.75 ID:GU3yO3dco



……たー、そなたー

芳乃「そなたー」

モバP「……んん」

芳乃「おはようございますー」

モバP「あれ、いつの間にか寝て……しまった、今何時だ」

芳乃「丁度休憩から一時間ほどでしてー、安心なされー」

モバP「そうかよかった……起こしてくれてありがとな芳乃」

芳乃「いえいえー、体の調子はどのようにー?」

モバP「ああ、ちょっと寝たし多少は……えっなんかめっちゃ体軽いなんだこれ」

芳乃「ふふー、わたくしの力がわかりましてー?」

モバP「途中からあんまりぼーっとしてて覚えてないけどすごい気持ちよく寝られたよ……」

芳乃「それは何よりでしてー」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:13:28.06 ID:GU3yO3dco


モバP「よし、それじゃ芳乃のおかげで回復したし頑張ってくるよ」

芳乃「また疲れが溜まってきたときにはわたくしを頼るとよいですよー?」

モバP「正直この元気を貰えるとなると頼り過ぎちゃいそうで怖いな……」

芳乃「いつでも依田の芳乃が力になりましょー」

モバP「ありがとな、じゃあ頑張ってくる!」

芳乃「いってらっしゃいませー」

すたすた がちゃり ぱたん

芳乃「……」

こぽこぽ ふーっ 

ずずーっ ことん

芳乃「……ふーっ」

芳乃「いつでもわたくしが力になりましょー」

芳乃「これからもそなたとわたくしが手と手を携え歩んでいくためにー」

芳乃「ふふー」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/29(火) 06:13:59.89 ID:GU3yO3dco


おしまい
見てくれた人はありがとう
成人向け版はないです



転載元:モバP「入眠よしのん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480366867/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

芳乃短SSモバマス

(6)

AFTER 文香「机の下は居心地がいいのですか……?」

BEFORE 荒木比奈「アタシと晴ちゃんとの」結城晴「共同生活」

かわいいんだけど恐い
[ 2016/11/29 19:51 ] [ 編集 ]
催眠音声そのままやんけ!
[ 2016/11/29 20:23 ] [ 編集 ]
TAS芳乃「多分ー、これが一番早いとー思うのでしてー」
[ 2016/11/30 02:53 ] [ 編集 ]
とみみ庵かな?
[ 2016/11/30 08:23 ] [ 編集 ]
この音声欲しい。最近寝不足でな…
[ 2016/11/30 10:08 ] [ 編集 ]
あのテンポでこれだけ長いと一時間たちそう
[ 2016/11/30 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「入眠よしのん」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto