スポンサーリンク

2016 11/26

【モバマスSS】翠「私が食いしん坊キャラという風潮」



2: オリP 2016/11/25(金) 23:21:16.44 ID:T6jyJGTf0


翠「一理もないと思います」
mznmdr11.jpg


翠「確かにあの美食公演では、そういうキャラでやっていましたが、あくまでもそれはキャラです」


翠「美味しいものには屈しません」キリッ


美由紀「翠ちゃーん!お父さんからカニが来たから一緒に食べよー!」
ynsmyk5.jpg


翠「本当ですか!早速今夜食べましょう!」


美由紀「今回はどうやって食べる?」


翠「今回はカニ鍋なんてどうでしょう?この間千秋さんとみぞれ鍋を一緒に食べておいしかったので」


美由紀「美味しそう!」




スポンサーリンク



3: オリP 2016/11/25(金) 23:22:11.15 ID:T6jyJGTf0

翠「ええ。カニの後は大根おろしを入れて食べても良いですし、その前でも十分美味しいですよ」


美由紀「二人だけじゃ淋しいからのあさんも誘ってもいいかな?」


翠「もちろん。鍋は食べる人が多いければ多いほどおいしくなりますからね」


美由紀「じゃあ、のあさん誘ってくるね」


翠「はい。では私は準備を行います。――ふふふ。楽しみです」


モバP「――早速キャラ崩れてるじゃないか…」


――夜


美由紀「のあさん連れてきたよー!」


のあ「今夜はご随伴にあずかるわ…」
tkmnna10.jpg


翠「ようこそのあさん。さ、上がってください」


4: オリP 2016/11/25(金) 23:22:47.03 ID:T6jyJGTf0

美由紀「わぁー良い匂い!」


翠「準備万端ですよ」


みゆき「はい、カニだよー!私とのあさんで脚と甲羅は分けてきたよ!」


翠「美由紀ちゃん、のあさんありがとうございます。それでは入れましょうか?」


のあ「みぞれ鍋はあるのかしら?」


翠「はい。いつでもできますが…」


のあ「先にそれを所望するわ。みぞれの繊細な風味はカニの濃厚な風味に負けてしまう…」


翠「そういうことでしたか…。ありがとうございます。早速準備しますね」


5: オリP 2016/11/25(金) 23:24:40.28 ID:T6jyJGTf0

――


翠「さあ、準備できましたから、開けますよ!」パカッ


美由紀「ふわー!雪だるまだー!」


のあ「見事ね…」


美由紀「これ、写真撮るねー!」カシャ


翠「熱でこの姿はすぐに溶けてしまいますからね」


のあ「刹那の時を生きる…。まるで私たちのようね…」


美由紀「あ、もう溶けてきちゃった…」


翠「今が食べごろですね。今すくいますね」


のあ「具材は何を使っているのかしら?」


翠「今回は醤油ベースで白菜、ねぎ、豆腐、いわしのつみれが入っています。この後カニを入れるのでお肉類はまだカニの後で」


のあ「ふっ…。さすがね」


翠「千秋さんの時に学ばせて頂きましたから」


美由紀「そうなんだー。鍋って奥が深いね」


翠「はい。やる度に新しい発見がありますからね」


のあ「…」


6: オリP 2016/11/25(金) 23:25:38.98 ID:T6jyJGTf0

美由紀「それじゃ、カニいれまーす!」


翠「これはどれくらいでいいんですか?」


美由紀「生でも食べれるから、しゃぶ、しゃぶでオッケーだよ!」


翠「それではやりましょうか。しゃぶ、しゃぶ…」


美由紀「しゃぶ、しゃぶ!」


のあ「…」シャブシャブ


翠・美由紀・のあ「」


翠「…おいしいですね。思わず言葉を忘れてしまいました」


のあ「ええ。美由紀の御両親のカニはあの公演でも食べたけど、美味しかったわ。そして今回のもまた美味…」


美由紀「おいしーい!やっぱりカニはお父さんの所だね!カニはまだまだあるからもっと食べよう!」


翠「締めにはうどんも準備してありますよ!」


のあ「まさに、カニパね」


7: オリP 2016/11/25(金) 23:26:32.05 ID:T6jyJGTf0

――翌日


翠「――というわけで昨日は、とても有意義な時間を過ごしました」


モバP「翠…。昨日、お前は食いしん坊キャラはやめるということは…」


翠「…今日から頑張ります!」


洋子「あ、翠ちゃんいたいたー!」
situyk13.jpg


翠「洋子さん。どうしたんですか?」


洋子「今夜、ヒートアップチアーズの三人でキムチ鍋を作ろうと思うんだけど、翠ちゃん鍋詳しいよね?良かった一緒に作って食べない?」


翠「キムチ鍋ですか…」


洋子「そう!せっかくだから辛い鍋で美味しく汗をかこうと思って!最近めっきり寒くなってきたし!」


モバP「」ジー


8: オリP 2016/11/25(金) 23:27:18.65 ID:T6jyJGTf0

翠「分かりました。どちらの部屋に向えばいいですか?」


洋子「六時に私の部屋に来て!翠ちゃんが来れば、美味しいお鍋が食べれる!いつきさんと智香ちゃんに連絡するね!」


翠「キムチ鍋ですか…。私も食べるのは初めてですが、美味しそうですね…」


モバP「翠。さっきの誓いはもう撤回なのか?」


翠「…あ、明日から」


モバP「こら、もうアカンな…」


洋子「翠ちゃん!みんな行けるって!早速材料買ってこよう!」


翠「はい!」


モバP「最近、車の暴走事故が多いから気を付けろよ」


洋子・翠「はーい」


9: オリP 2016/11/25(金) 23:28:23.63 ID:T6jyJGTf0

――洋子の部屋


洋子「いっぱい買ってきたから、早速作ろう!」


翠「材料を切っていきましょう。まずは一口大の大きさに――」


智香・いつき「こんばんわー!」


洋子「ちょうどいいところに!早速で悪いけど、いつきさんと智香ちゃんはガスコンロの準備してくれないかな?」


智香「分かりました!」
wkbystmk8.jpg


いつき「盛り付ける器はどこかな?」
mnbitk14.jpg


洋子「あ、食器棚にあります!」


翠「先に葉物と鶏肉入れましょう。火が通りにくいですし、豚肉や豆腐はすぐに火が通ります」


洋子「なるほど」


洋子「できたよー!翠ちゃんお手製のキムチ鍋ですよー」


翠「お手製だなんて…。私はただ材料を切っていれただけですよ…」


10: オリP 2016/11/25(金) 23:29:13.01 ID:T6jyJGTf0

いつき「おいしそー!お肉もいっぱいで、野菜もいっぱい摂れそう!」


智香「今日もいっぱい体動かしてきましたからね。もう我慢の限界です」


洋子「そうだね!それじゃ頂きまーす!」


翠・いつき・智香「いただきまーす!」


翠「ここで豚肉とお豆腐入れますね。火が通るのが早いので、少しだけ待ってください。――はい、どうぞ!」


いつき「豚肉美味しい!」


智香「いつきさん!豚肉だけじゃなく、白菜やネギも食べましょう!美味しいですよ!」


洋子「豆腐もアツアツで、あふっ…。美味しいー!」


翠「私も鶏肉を…。うん。キムチのピリッとしたからさとマッチします!」


いつき「ねえ。翠ちゃん。締めはもちろんあるよね?」


智香「ご飯で雑炊ですか?それとも?」


翠「うどんです」


洋子・いつき・智香「おおー!」


11: オリP 2016/11/25(金) 23:30:13.10 ID:T6jyJGTf0

――翌日


翠「――それから、四人でお腹いっぱいキムチ鍋を堪能して、最後はうどんで締めたんですよ」


モバP「…」


翠「そしたら、いつきさんが『うどんだけじゃなくて、ご飯も食べたい!』となって、さらに締めの締めで雑炊も作りました」


モバP「…なあ、翠。俺とかわした昨日の約束だけどな――」


雅「翠ちゃん見つけたぁ~」
tkmymyb8.jpg
tkmymyb8.jpg


翠「雅さん。どうしたんですか?」


雅「事務所のみんながぁ、『翠ちゃんは鍋の達人』って言う話を聞いたんだけど」


翠「鍋の達人かどうかは…」


雅「今夜、ガールズパワーのみんなと女子力会議を開くんだけど、そこで豆乳鍋を作りたいの~」


翠「豆乳鍋ですか。それは良いですね」


モバP「おーい。みどりー」


雅「でしょぉ~。だから翠ちゃんが来てくれるとちょ~助かるんだぁ」


翠「良いですね!私で良ければお手伝いします!」


雅「ありがとぉ~。今夜六時から雅のお部屋でやるから、まず買い出し一緒にいこぉ~」


翠「はい!」


モバP「…」


12: オリP 2016/11/25(金) 23:31:17.99 ID:T6jyJGTf0

――雅の部屋


翠「早速調理していきましょう。今回はコラーゲンたっぷりなんですよね?」


雅「そう!女子力アップの必需品!鶏一羽を丸ごと使ったスープだよぉ」


翠「まずは昆布で沸騰しないようにだしをとって、その後、スープを入れる」


雅「その後は塩コショウで味を調えて、投入を入れればオッケー♪」


翠「入れる具材は野菜類が多いですね」


雅「お肉は美味しいけど、カロリー高いから程々にねぇ」


翠「なるほど。参考になります」


美沙希「こんばんわぁ。みやびぃおよばれに来たよぉ」
etumsk10.jpg


彩華「あ、良い匂い…。本格的な豆乳鍋ねぇ」
ksbayk12.jpg


雅「あ、みさきぃに彩華。いらっしゃーい。もうすぐ女子力アップの豆乳鍋、出来るからぁ」


13: オリP 2016/11/25(金) 23:32:12.61 ID:T6jyJGTf0

美沙希「翠ちゃん。ありがとうぉ。さすがは鍋の達人ねぇ」


翠「いえ、こちらもいい勉強になりました」


彩華「翠ちゃんの凛としたたたずまいも女子力高いわよねぇ…。彩華たちに教えてくれなぁい?」


翠「え?私がですか…。あまり参考になるようなことはないかと…」


雅「翠ちゃんは、大和撫子のイメージがあるし、育ちが良いお嬢様って感じがするわぁ」


美沙希「その部分もお鍋つつきながら、いっぱい話そ!」


――翌日


翠「――私は、少しガールズパワーの皆さんと縁がなかったんですが、昨日の鍋で色々とお話しを聞けて良かったです。今まで挑戦しなかったお化粧や美容にも挑戦してみようかと」


モバP「なあ、翠。お前食いしん坊キャラは…」


14: オリP 2016/11/25(金) 23:32:52.62 ID:T6jyJGTf0

茜「翠ちゃんはいますかぁ!」バタン


翠「ひゃっ!茜さん。どうしたんですか?」


茜「驚かせてすいません!鍋は翠ちゃんに聞けと言われまして!お願いがあるんです!今夜、未央ちゃんと藍子ちゃんと一緒に鍋を作るんですが、作り方が分からないのです!」
hnakn16.jpg


翠「どういった鍋を作りたいんですか?」


茜「カレー鍋です!」


翠「…なるほど。私で良ければつくらせてください」


茜「おお!助かります!翠ちゃんがいれば百人力です!」


翠「では早速買い出しに行きましょう!」


モバP「食いしん坊キャラというよりも、鍋キャラ?」


15: オリP 2016/11/25(金) 23:33:42.68 ID:T6jyJGTf0

――茜の部屋


翠「では、作りましょう。今回はカレー粉からスープを作ります」


茜「本格的ですね!」


翠「美味しい料理は会話を弾ませますから。和風だしとお水、そしてカレー粉で味を付けて、その後に具材を入れていきましょう」


茜「カレーはどんなお肉にも合いますからね!豚、鶏、牛!いろいろ買ってきました!」


翠「もちろんお野菜も合いますよ。白菜や人参、玉ねぎなんかも美味しいですよ」


茜「おお…。こうしてみると、美味しそうです…。カレーの匂いが食欲を増幅させます!」


翠「ええ…。これは、美味しそうですね…。このぐつぐつという音も魅力的です」


茜「」グツグツ


翠「」グツグツ


茜「ゴクリ…」


翠「ゴクリ…」


16: オリP 2016/11/25(金) 23:34:42.05 ID:T6jyJGTf0


未央「こんばんわー!カレー鍋食べに来たよー!」
hndmo26.jpg


藍子「お邪魔しまーす」
tkmraik3.jpg


翠「はっ!」


茜「あっ!」


未央「ちょっと!茜ちん!みどりん!作る人たちが先に食べてちゃまずいっしょ!」


藍子「でも、良い匂い…。お腹空いてきちゃいましたね…」


翠「すぐに追加の具材入れますから…!」


茜「少々お待ちください!」


未央「…美味しかったの?」


翠「…手前味噌ですが、すごく…」


茜「一口だけ食べようと思っていたら、次々と…」


藍子「そこまで言うなら、美味しいんでしょうね。早く食べたいなあ」


未央「お?藍子ちゃんも食いしん坊キャラになっちゃったのかな?」


藍子「もう!そんなこと言うと未央ちゃんの分まで食べちゃいますから!」


17: オリP 2016/11/25(金) 23:35:40.76 ID:T6jyJGTf0

未央「冗談!冗談だって!私も食べたいよー」


翠「大丈夫です。今回は少し多めに買ってきました」


茜「そうです!お肉に野菜もいっぱいあるので一杯食べてください!」


未央「ねえねえみどりん。この鍋の締めって何?」


藍子「カレー鍋だと、ご飯もおうどんも美味しそう」


翠「今回は――」


茜「それは最後のお楽しみです!まずは食べましょう!」


未央「おー!」


――


未央「大分お腹いっぱいになってきた…」


藍子「そろそろ、締めを教えてくれませんか?」


茜「今回の締めはご飯と!」


翠「チーズでカレーリゾットです!」


18: オリP 2016/11/25(金) 23:37:51.40 ID:T6jyJGTf0

未央「おー!」パチパチ


藍子「おー」パチパチ


翠「では早速やりますよ。まずはカレー粉を入れて味を濃くします。その後にご飯を入れて混ぜます。最後にチーズを入れてふたをします」


未央「どれくらい待つの?」


茜「一分間です!」


翠「完成まで少し待っててください」


藍子「その間、みんなで写真を撮りましょう」


未央「良いねー。あーちゃんナイスアイディア!」


藍子「セルフタイマーにして、はい撮りますよー」カシャ


藍子「明日、画像を送りますね」


翠「はい。楽しみです」


茜「そろそろ開けますよ!それ、オープン!」パカッ


未央「おー!」


藍子「わー!美味しそう!」


翠「それじゃ、皆さんに分けますね」


19: オリP 2016/11/25(金) 23:39:59.64 ID:T6jyJGTf0

――翌日


翠「カレー鍋。初めてでしたがすごく上手に出来ました。これ、皆さんで撮ったんです」


モバP「鍋は良いとして、いい思い出になったじゃないか」


翠「はい。鍋のおかげで事務所の皆さんとも仲良くなれた気がします」


モバP「ここ毎日鍋ばかりじゃないか。トレーナーさんに怒られないか?」


翠「昨日のカレー鍋は高めですが、それ以外は問題ありません。炭水化物少な目にしていますので」


モバP「そのあたりは翠はしっかりしていそうだから心配はしていないが、しっかりしていれば問題ない」


のあ「翠…」


翠「のあさん。どうしましたか?」


のあ「今夜、空いているかしら?」


20: オリP 2016/11/25(金) 23:40:49.44 ID:T6jyJGTf0

翠「はい。レッスンの後で少し遅くなりますが、それでよろしければ」


のあ「構わないわ。では、今夜待っているわ」


モバP「…のあさんが人を誘うというのは」


翠「何か相談事でしょうか?」


モバP「何か深刻な話だったら、悪いが報告してくれないか?」


翠「分かりました…」


――夜 のあの部屋


翠「こんばんわ」


のあ「ようこそ。歓迎するわ。茶の間で待っててもらえるかしら?」


翠「はい。――のあさんの部屋って初めて入りますが、シンプルで良いですね」


のあ「何もないかしら?」


翠「いえ…。ワンポイントのこだわりがあっていいな。と。参考にします」


21: オリP 2016/11/25(金) 23:41:32.62 ID:T6jyJGTf0

のあ「ありがとう。さ、もうすぐ出来るわ」


翠「テーブルにガスコンロということは、鍋ですか?」


のあ「ええ。あなたに鍋の達人となったあなたに、食べてもらいたいものよ」


翠「何でしょうか?」


のあ「今回の鍋は、湯豆腐よ」


翠「…湯豆腐ですか」


のあ「原点にして至高の逸品よ。具材はどれも至高のものよ」


翠「そうですか…。なら、本気で味わうまで!」


のあ「では作るわ。鍋の中に昆布を入れる。この昆布にはあらかじめ切れ込みを入れてあるわ」


翠「切れ込みですか?一体何のために?」


のあ「じきに分かるわ…。昆布の上に豆腐を入れてふたをして、火をつける。火は強火よ」


翠「…」


22: オリP 2016/11/25(金) 23:42:37.93 ID:T6jyJGTf0

のあ「この時が楽しみね…」


翠「はい…。鍋をしている時、どんな匂い、味になっているか、最高に緊張します…」


のあ「そろそろね…」パカッ


翠「…まだ、気泡が立っているだけですね…」


のあ「豆腐がグラリグラリと揺れた。そろそろ食べごろよ。薬味はいろいろあるから好みで使って構わないわ」


翠「のあさんはどれを使いますか?」


のあ「私は柚と、生姜、そして鰹節。そして醤油…。醤油は冷たいままよ…」


翠「頂きます…」


翠「!」


のあ「どうかしら?」


翠「すごい…。この豆腐にの力もさることながら、このはっきりした味…!豆腐がここまで美味しいなんて…!」


のあ「これが湯豆腐の神髄よ…」


翠「これを食べてしまったら、他の湯豆腐にはもう…」


のあ「駄目かもしれないわ…。禁断の果実を食べてしまったイブのように…」


23: オリP 2016/11/25(金) 23:43:30.71 ID:T6jyJGTf0

翠「そう言えば、昆布に切れ込みを入れた理由は?」


のあ「これが無いと、豆腐の揺れが分からなくなってしまうの…。気泡で昆布が持ち上がってしまう…」


翠「なるほど…。そういう細かい部分もあるんですね…」


のあ「さあ、まだまだ豆腐はあるわ。食べましょう」


翠「はい!」


――翌日


翠「――というわけです。あの湯豆腐は私の中に激震が走りました」


モバP「そ、そうだったか…。――まさか湯豆腐食わせたいだけなんて、のあさんって意外と負けず嫌いなんだな…」


24: オリP 2016/11/25(金) 23:44:10.19 ID:T6jyJGTf0

翠「どうですか?プロデュ-サーさん。今夜食べていきませんか?のあさんから作り方をすべてマスターしましたので」


モバP「そうだな。鍋の達人の翠のお手並みを拝見しますか」


翠「私はまだまだ修験者です。まだまだ経験を積みます!」


モバP「――アイドルどこ行ったー?」


――


のあ「」ペラリ


美味しんぼ「」


のあ「今度はこの料理をやってみようかしら…。ふふっ。マグロのお茶漬けをみくあたりに…」


劇終!


25: オリP 2016/11/25(金) 23:45:00.47 ID:T6jyJGTf0

番外編 モバPの報告書


今回の移籍に伴う補償についての報告書


人的補償○ 金銭補償×


現在、我が事務所では一人でも有望な戦力が欲しい。確かに出て行かれた穴は大きいがそれを短期で埋めるつもりはない。中長期を見て戦力となる人員を見つけたい。


ポジションについて


投手◎ 捕手× 内野手○ 外野手△


現状としては投手を補強したい。捕手は幸いにも若く戦力として立つ選手が多い。内野手は二遊間を埋められる人材が欲しい。レギュラーより下となると途端に戦力が落ち、特にショートはそれで序盤躓いた。


外野手は確かに抜けた穴だったが、伸びてきた選手も出てきた。今回はぐっと我慢し、若い力が出てくることを祈りたい。


26: オリP 2016/11/25(金) 23:45:41.00 ID:T6jyJGTf0

右腕△ 左腕◎


投手は左腕を補強したい。今シーズン投げた主力左腕は僅か四人。先発として使った投手は三人。先発もそうだが、リリーフとしても活躍できる左腕を熱望したい。


ちひろ「…なんですかこれ?」


モバP「イトイの人的補償の報告書です」


ちひろ「」ビリビリビリィ!


モバP「せっかく作ったのに!」


ちひろ「それは球団に任せて待っていてください!」


モバP「誰持ってくるんだろう…。エノキダ、イワタ辺りかねえ…。ノウミとかトリタニでも面白いんだが…」


ちひろ「マハラを取った実績ありますからねえ…。あの時はどっちがFAで来たか分からなかったですからね。ニシオカなら釣れそうですが…」


モバP「それも面白いですよね。怪我明けでどれほどできるか分かりませんが内野は出そうですね」


ちひろ「――じゃなくって!もうすぐ五周年ですから頑張ってくださいね!」


モバP「ういーっす」


ちひろ「五周年ですから、定例ガチャもすごい人を据えますし、皆さんには精一杯頑張っていただきますよ…」


27: オリP 2016/11/25(金) 23:47:15.17 ID:T6jyJGTf0

以上です。
寒くなってきて、鍋が恋しい季節…。アイドルと一緒に鍋をつつきたかった…。

イトイ…。新天地でも少しだけ応援させてもらいます。
ゴトウはおりっくす復帰の速報はよ。はよ!

では。また。



転載元:【モバマスSS】翠「私が食いしん坊キャラという風潮」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480083647/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(0)

AFTER 幸子「今日、私はボクを卒業します」

BEFORE モバP「冬の幸子」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

【モバマスSS】翠「私が食いしん坊キャラという風潮」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto