スポンサーリンク

2016 11/24

真美「アーミネーター」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:19:10.60 ID:Sk8K0hYi0

伊織「亜美がおかしくなった?」

真美「そうなんだよー!見てよこれ!」

亜美「...」

伊織「やけに姿勢がいいし...おとなしいわね」

真美「どうすればいいのかもう真美にはわかんないよ...」

伊織「いつからなの?」

真美「昨日の夜からだよ...」






スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:21:25.96 ID:Sk8K0hYi0

~~~昨夜~~~

真美「亜美ー、そろそろお風呂はいらないとー」

亜美「...」

真美「なんだもう準備してたのー?それなら言ってくれれb」

亜美「...」スチャ

真美「」

真美「...そんな真っ黒なサングラスどうしたの...?」

亜美「...」

亜美「風呂に行こう」

真美「え」

真美「...うん」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:25:02.07 ID:Sk8K0hYi0

真美「ふー...身体あらいおわっt」

亜美「b」ブクブク

真美「あ、亜美ぃーー?!」

亜美「」ブクブク

真美「溺れる!溺れるよ亜美!」

亜美「っはぁ!」ザバー

真美「な、なにやってんのさ亜美ー...」

亜美「...」

真美「と、とにかく身体洗ってきなよ、ね?」

亜美「...」コク


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:28:46.68 ID:Sk8K0hYi0

亜美「...」ジャー

真美(どうしたんだろう...)

亜美「......」

真美「...」

亜美「伏せろ!」

真美「?!」ビクッ

亜美「...」ブシャアアア

真美「ちょっ!う、ぶばばばばば!」バシャバシャ

亜美「...」

真美「な、何すんの亜美!」

亜美「...伏せろと言ったろ」

真美「言ってから一秒もしない内にシャワー向けてきたっしょ?!」

真美「ご丁寧に水圧切り替えてくれちゃってさ!」

亜美「...」

真美「だんまりかこらー!」

亜美「......」

亜美「さっさと失せろ、ベイビー」

真美「はああ?!」

亜美「ガタガタ言うなクソ野郎」ブシャアアア

真美「ちょっとぉ?!うわあああ!」バシャバシャ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:31:32.19 ID:Sk8K0hYi0

伊織「災難ね」

真美「そうなんだよ~...」

伊織(亜美はターミネーターにでもなったの?)

真美「このダボダボな革ジャンだって数日前は家のどこにもなかったしこのブッカブカのブーツだって突然だしてきたんだよ?」

伊織「わざわざ買ってきたのかしら...?」

亜美「...」

伊織「というか暑さも感じないのかしら?ここ結構暖かいのに」

真美「まるでロボットだよー...」

亜美「...」ピク

伊織「ん?」

真美「どしたの?いおりん」

伊織「今ロボットって言葉に反応したような...」

亜美「...」

真美「今の亜美が何かに反応するわけないっしょ~」

真美「昨日だって喋りかけても無視か」

伊織「ガタガタ言うなクソ野郎」

真美「それそれ」

伊織(ターミネーターよね...)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:34:07.15 ID:Sk8K0hYi0

真美「いおりぃ~ん...」

伊織「私にどうしろっていうのよ...」

真美「いおりんの力で治すんだよ!いや!治してください!」

伊織「そんなこと言われたって...」

亜美「......」キリッ

真美「ほら、こんなサングラスかけてキリッとした亜美嫌っしょ?」

伊織「私は似合ってると思うわ」

真美「そういうことじゃないよー!」

真美「ホントにどうしちゃったのさ亜美ー...」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:37:38.30 ID:Sk8K0hYi0

伊織「それはそうと」

真美「?」

伊織「亜美がさっきから手に持ってるケースは何かしら」

真美「あ、ホントだ、なんか細長いの持ってる」

亜美「...」

伊織「亜美?何これ」

亜美「...」バサ

伊織真美「?!」

伊織(バラと...)

真美「銃?!」

亜美「...」グシャ

伊織(オーバーな動作でバラ踏んじゃったわ...)

亜美「伏せろ」

伊織「は?」

亜美「」スッ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:41:46.46 ID:Sk8K0hYi0

バァン!

伊織真美「?!」

真美(モノホン?!)

伊織(いや、よく出来てるけど偽物よね...)

真美「ちょっと?!危うく死人が出るとこだったっしょ?!」

伊織「出ないわよ」

亜美「亜美はターミネーターだ」

伊織「あ、やっぱり?」

真美「亜美がこんなことするなんて...人を撃つなんてしちゃダメっしょ?!」

亜美「なぜ」

伊織(あ、でもこれちょっと面白いことになるかも)

真美「なぜってなんでもだよ!」

亜美「なぜ」

真美「あぁーみぃ~!!」

伊織(えっとここは...)

伊織「右手を挙げて人を撃たないって約束しなさい」

亜美「!!」

伊織(あ、嬉しそうな顔してる)

亜美「...」ヒョイ

亜美「人を撃たないと約束する」

真美「えっ」

真美「真美のいうことは聞いてくんないのに...」グスッ

亜美「...」

伊織(亜美がちょっと心配そうな顔してるわね...)

伊織「真美、ちょっと耳貸しなさい」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:43:58.61 ID:Sk8K0hYi0

真美「ターミネーター?」

伊織「そうよ、ターミネーターの真似をしてるのよ...多分」

真美「じゃあ病気とかじゃなくってわざとやってんの?」

伊織「まぁ、そりゃそうでしょうね」

真美「...よかったぁ~」ハァ

伊織(本気で心配してたのね...)

真美「じゃあ今はとりあえず合わせればいいんだね?」

伊織「そうね、気が済むまでやってやろうじゃない」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:44:39.22 ID:Sk8K0hYi0

伊織真美(とは言ったものの...)

亜美「...」

伊織真美(今何を求めてるかがわからない...)


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:47:58.48 ID:Sk8K0hYi0

亜美「...何か飲み物はあるか」

伊織(喉乾いたのね...)

真美「飲み物...」ガチャ

真美「げっ」

伊織「どうしたのよ真美」

真美「冷蔵庫にただの炭酸水しか入ってないよー...」

伊織「いいじゃないそれで」

真美「亜美これ嫌いだから多分今これ持ってくと...」

伊織「あのショットガンで撃ってくるわね...」

伊織「弾入ってないけど」ボソ

真美「うぅ...」

伊織「しかたないわ」

真美「?」

伊織「正直になにもなかったって言うのよ」

真美「えー?!」

真美「ま、真美には荷が重いよいおりん...」

伊織「何言ってんのよ、あんたの可愛い妹でしょ」

真美「いやそりゃ可愛いけど...」

伊織(......)

伊織「ほら、わかったら行く!」ドン

真美「うあうあ~!押さないでよー!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:49:38.27 ID:Sk8K0hYi0

真美「ごめん亜美...」

真美「飲み物は...その...なかったよ......」

亜美「...」チラ

伊織(な、なにかしら...)

亜美「...」

伊織(あ、あれ、すごい敵意を感じる)

亜美「...」

亜美「ではまた来る」サッサッサ

伊織(あっ...)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:51:08.82 ID:Sk8K0hYi0

真美「い、いてて...」

真美「ちょ、ちょっと亜美?!」

亜美「...来た」

真美「と、とりあえず降りてくれると...」

亜美「...」ペシ

真美「あう...」

亜美「...」

真美「え、ええっとぉ...」

亜美「...」ペシッ

真美「あう...」

亜美「...」

真美「...」

亜美「...」サッ

真美(え...銃?)

亜美「...」カシャッ

真美「わ、わかった!買ってくる!コンビニでなんか買ってくる!」

伊織(さっき撃たないって誓ったばかりじゃない...)

亜美「...」サッ

伊織(ちょっと亜美が調子に乗ってきてる気がする...)


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:53:24.59 ID:Sk8K0hYi0

伊織「あの...亜美?」

亜美「なんだ」

伊織「ちょっとサングラス外してもらえる?」

亜美「...」スチャ

伊織「」

伊織(すっごい丁寧なメイクが左目にしてあるわね...)

伊織(てかこいつ1と2どっちのT800なの?)


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:54:05.60 ID:LCa58e8Fo

いおりん詳しすぎない


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:55:08.91 ID:Sk8K0hYi0

真美「か、買ってきました!」ハァハァ

亜美「...」チラ

真美「うひぃ?!」ビク

真美(め、眼がとんでもないことになってるよ亜美ーー?!)

亜美「...」

真美「あ、あの、だ、ダイナソーダで...いいよね?」

亜美「...」

亜美「...」コク

真美(よかったぁ...)


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:57:51.75 ID:Sk8K0hYi0

亜美「...」ゴクゴク

伊織(ターミネーターとは思えないくらい美味しそうに飲むわね)

亜美「ぷはぁ」

真美「いおり~ん...」

伊織「ん?」

真美「これいつまで続くんだろ...」

伊織「さぁ?ちゃんと面倒見なさいよ、お姉ちゃん?」

真美「うへぇ、こういうときだけお姉ちゃんって言うのやめてよ~...」

亜美「...」

伊織「ほら、見てるわよ?」

真美「ど、どしたの?亜美?」

亜美「...」ヒョイ

真美「え、ペットボトル?」

伊織「捨てろってことじゃないの?」

真美「ええ?!自分でy」
亜美「」カシャ

真美「はい!いますぐ捨てさせていただきます!」

伊織(なんであんな偽物の銃を怖がってるのかしら...)


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 21:59:17.43 ID:Sk8K0hYi0

伊織「あんた...」

亜美「...」

伊織「ちょっと調子乗ってきてるでしょ」

亜美「...」

伊織「てかもうサングラスしといてくれないかしら...」

亜美「...」スチャ

伊織(聞き分けいいのね)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:02:12.15 ID:Sk8K0hYi0

伊織「真美」

真美「なに~...?」

伊織「げ、元気ないわね」

真美「だって亜美なんか怖いし...」

伊織「まぁいいわ」

伊織「あんたも亜美に対処しやすくするために」

伊織「ターミネーター見てみたら?」

真美「え?」

伊織「多分、亜美のほしい反応をしないともっと酷い目にあうわよ」

真美「そ、それもそうかも...」

伊織「まぁとりあえず1と2だけでも見なさい」

真美「家帰ったら見てみるよー」

「伊織ちゃーん」

伊織「あら?やよい?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:04:50.67 ID:Sk8K0hYi0

亜美「...」ドヤァ

伊織「」

伊織(声帯模写の真似事してんじゃないわよこいつぅ!!)

ガチャ

伊織「誰かしら」

「伊織ちゃーん」

伊織「今度はホントにy」
真美「...」ドヤァ

伊織「」

伊織(こいつらぁ...)ワナワナ

伊織「...怒るわよ」

真美「もう怒ってるっしょー?」

伊織「うるさい!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:07:40.94 ID:Sk8K0hYi0

伊織「ふーん...真美、いいの?そんな態度で」

真美「え?」

伊織「私もう仕事ないし今帰ってもいいのよ?」

真美「ちょ、ちょっと?!真美をこの亜美と二人っきりにするっていうの?!」

伊織「せいぜい苦しみなさい、じゃあ私はこれで」ガチャ

真美「うわああああ!ハクジョウ者ーー!」

亜美「......」ジー

真美「ひ、ひぃっ」

亜美「...」

デデンデンデデン

真美「ひゃぁ?!」

ピッ

亜美「もしもし」

真美(着メロかよっ!)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:09:48.29 ID:Sk8K0hYi0

亜美「はい...はい...」

真美(あれ、相手は誰だかしらないけど普通っぽい?)

亜美「......」

亜美「うーん、ミキそういう難しいことわかんないの!」

真美(えええええ?!)

<ちょっと亜美?!ねえ!ふ、ふざけてないd プツッ

真美(い、今の律っちゃんの声だったよ?!)

亜美「......」

真美「...」

真美(な、なんでこっち見てるの...すっごい気まずいよー!)

亜美「...」ザッ

真美「ひっ」

真美「な、なに...?ちょ、ちょっと亜美?」

亜美「...」

真美「え、ちょっと、な、なんで無言で近づいてくるの?!」


真美「い、いやあああああああ!!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:12:15.87 ID:Sk8K0hYi0

ガチャッ

真美「!」

伊織「ちょっと亜美?!あんた律子からの電話どうしたのよ!」

真美「いおりーん!!」ウルウル

亜美「......」

伊織「なんとか言いなさい」

伊織「あ、今律子こっち向かってるって」

亜美「!」

真美「...ちょっと亜美?どこいくの?」

伊織「あ、あんた...」







亜美「I'll be back」ガチャ

伊織「絶対ウソでしょおおおお?!」

バタン

真美「行っちゃった...」

伊織「私、知らないわよ...私悪くないわよね...」

真美「多分いおりんのせいじゃないよ...」

伊織「大体、さっきは日本語だったのになんで今回は英語なの...」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:15:06.98 ID:Sk8K0hYi0

~~~翌日~~~
伊織「おはよー...」

伊織「え」

亜美(黒いレザージャケット、革靴、サングラス)

真美(錆色のジャケット、ズボン、シニョン)

伊織「なんであんたまで感化されてんのよーーー!!!」

真美(違うんだよいおりん!これは亜美が勝手にやったんだよ!)

真美(まぁ面白そうだからやめようとはしなかったんだけど...)

真美(でもこれどうしよう...)

真美(昨日家帰ってから見たの1と2とジェニシスとかいうのだけだよ...)

真美(亜美が言ってたT-Xってなんだろう...)


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:17:10.00 ID:Sk8K0hYi0

亜美「I'm back」

伊織「うるさい!!」

真美「ノープロブレム」

伊織「あんたは違うのよ!!」

ガチャ

伊織「律子!!」

律子「...」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:19:07.56 ID:Sk8K0hYi0

律子「ターミネーターと遊んでいる伊織を見て私ははっきりわかったわ」

伊織「?!」

律子「ターミネーターはこの上ない保護者よ」

伊織「あんたメガネの度あってないわよそれ」

律子「伊織のそばを離れることはしない」

律子「イタズラもしない」

伊織「今してる最中よ!」

律子「入れ替わって困らせたりもしない」

伊織「それ注意してたのあんたでしょ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:23:11.32 ID:Sk8K0hYi0

亜美「...」

真美「律っちゃんも知ってるんだねー!」

律子「勿論よ!」

律子「まぁ私のおすすめはラスト・アクション・ヒーローだけど...」

亜美「?」

真美「なにそれ」

律子「今度一緒に見る?」

真美「見るー!」

伊織「...」

律子「あの世界のターミネーターはT-1000とスタローンていう...」

亜美「えっ?ターミネーター出んの?!」




真美「ジェニシスはジョンの扱いが...」

律子「4のジョンは...」

伊織「......」






















伊織(持ってきておいたT-800のエンドアームあとで見せてあげよ...)


終わり


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 22:25:22.91 ID:Sk8K0hYi0

久々にターミネーターを見たので
ただスカイネットジョンは少し酷いと思いました

ありがとうございました



転載元:真美「アーミネーター」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479903550/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

765プロ短SS亜美真美伊織律子

(1)

AFTER モバP「ひゃくはち」

BEFORE Pとちひろの仲良し妄想日記その3

デデンデンデデン って文字だけだとサザエさんのEDテーマの出だしが聞こえてくるから困る
[ 2016/11/24 19:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

真美「アーミネーター」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto