スポンサーリンク

2016 11/17

輝子「プリンターからボノノさんがわんさか出てくる」厚みのない乃々「あうう…」ウィーン



1: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:07:48.54 ID:929GSxdTO

……ウィーン ウィーン ゴウンゴウン

厚みのない乃々「むーりぃ…」

厚みのない乃々「むーりぃ…」

厚みのない乃々「むーりぃ…」

厚みのない乃々「むーりぃ…」

ウィーン ウィーン ゴウンゴウン……

輝子「これは…」
hsshok17.jpg





スポンサーリンク




2: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:08:27.34 ID:929GSxdTO


まゆ「どうしたんですか」
skmmy22.jpg

輝子「キ、キノコの写真を印刷しようとして、プリンターの電源をつけたんだ。そ、そしたらボノノさんが薄っぺらくなって出てきた…」

まゆ「なるほど、ここだったんですね」

輝子「?」

まゆ「さっきPさんが困っていたんです。乃々ちゃんがどこかに隠れて居場所がわからないって」

輝子「ボノノさん…プリンターの中にいるのか?」

厚みのない乃々「むーりぃ…」

まゆ「きっとそうでしょう。電源がついてプリンターが動いた影響で、元々いた乃々ちゃんが押し出されているんだと思います」


3: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:09:08.25 ID:929GSxdTO

輝子「ところてんの原理…?そうなのか?ボノノさん」

厚みのない乃々「むーりぃ…」

輝子「聞こえてないみたいだ」

まゆ「見た目通り自我が希薄なんでしょう。本人の意識はまだプリンター内部にあるはずです」

輝子「しかし困ったな…も、もうすぐラジオの収録なのに…」

まゆ「出てくる乃々ちゃんは紙1枚分の厚みしかありません。背中側から始まって今やっとうなじの印刷が始まったところだから、到底間に合いませんね」

輝子「なるほど、3Dプリンターと同じ理屈なんだな」


4: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:09:44.94 ID:929GSxdTO

輝子「で、どうするんだ…?ボノノさん抜きで仕事に行くか…?」

まゆ「それはできません。折角Pさんが取ってきてくれたアンダーザデスクの初仕事なんです」

輝子「で、でも…」

まゆ「助けに行きましょう」

輝子「!?」

まゆ「乃々ちゃんが入れてまゆ達が入れない訳がありません」

輝子「でも、プリンターの中は1人でも狭いって……3人は無理じゃ」

まゆ「輝子ちゃん」

輝子「?」

まゆ「机の下に3人入るのだって普通は無理ですよ」

輝子「!!!!!!!」

まゆ「……行きましょうか」


5: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:10:11.54 ID:929GSxdTO

___________________________________________

輝子「フヒ……む、結べたぞ」

まゆ「命綱替わりの真っ赤なリボン……。絶対安全とは言えませんが、一刻を争います」

輝子「プリンターに入るって言っても、どこが入り口なんだ?」

まゆ「紙の入り口ならトレイ、データの入り口ならUSBポートですが」

輝子「ふ、二手に分かれるのはどうだ?」

まゆ「そうしましょうか。まゆはトレイから入ります」

輝子「じゃあ私はUSBだな……」

まゆ「では、中で会いましょう」

___________________________________________


6: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:10:44.17 ID:929GSxdTO

輝子「」

輝子「」モゾモゾ

輝子「ここは…」

輝子「辺り一面真っ白だ……宙に浮いてるカラフルなのは……インクか?ここがプリンターの中なのか」

まゆ「輝子ちゃん」

輝子「まゆさん!」

まゆ「よかった。無事に入れたんですね」

輝子「ああ。と、とりあえずボノノさんを捜さないと…」

まゆ「時間もありません。急ぎましょう」


7: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:11:11.67 ID:929GSxdTO


乃々(厚みがある)「あうう…」
mrkbnn20.jpg

輝子「いたぞ、ボノノさんだ」

乃々「キノコさん、まゆさん……もりくぼは一体…?」

まゆ「ここはプリンターの中です。勢いで入ってしまったんですね」

乃々「もりくぼは無我夢中でした…」

輝子「で、見つけたはいいがどうやって出るんだ」

まゆ「リボンで外界と結ばれているまゆ達はともかく、乃々ちゃんは今印刷され中ですからね」

乃々「もりくぼの身体が背中の方からじわじわ消えてるんですけど………」

輝子「そ、それ印刷されてるからなんだ。外にその分の身体が出てきてる。薄くなって」

乃々「ひぇえ……」

輝子「リ、リボンのそばがワープホールみたいになってる……ここを通れないか?」

乃々「ワープホール……もりくぼは通れないみたいです」

輝子「そんな」

まゆ「自発的に入ったまゆ達と違い、乃々ちゃんの場合事故のようなものですからねぇ」

乃々「あうう…」

まゆ「とりあえず手はあります。マスターキーを持ってきました」

輝子「マスターキー?」


8: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:11:43.02 ID:929GSxdTO

(マスターキー)
WtWb2AL.jpg


9: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:12:11.06 ID:929GSxdTO

輝子「お、斧…」

乃々「これ斧です…」

まゆ「マスターキーですよぉ」

輝子「これで壁を壊すのか?」

まゆ「ええ。とりあえずやってみましょう」


10: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:12:40.46 ID:929GSxdTO

まゆ「フン!」

ガスッ

まゆ「フン!」

ガスッ

まゆ「フン!」

ガスッ

まゆ「フン!」

ガスッ

まゆ「フン!」

ガスッ

まゆ「はぁ、はぁ…」

輝子「そんな…アイドル腕相撲第3位のまゆさんでも壊せないなんて…」

乃々「むーりぃ…」

まゆ「困りましたね…」


11: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:13:33.97 ID:929GSxdTO

🍄~~~~ フワフワ

輝子「あ、これは」

まゆ「どうかしましたか?」

乃々「すごい色のキノコが宙に浮いてるんですけど……」

輝子「印刷しようとしてた写真のキノコだ……そうか、印刷する前に中の世界で作られてるんだな…」

まゆ「それ、使えるかもしれません」

乃々「どういうことですか…?」

まゆ「印刷物を構成するもの、それはインクです」

輝子「ああ」

まゆ「そしてこの宙に浮かんだインク……プリンター世界にいる私たちは、粘土細工の要領で好きなものを作れるはずです」

こねこね こねこね…

まゆ「ほら」

輝子「このブサイクは…」

乃々「ぴにゃこら太……!」


12: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:13:59.11 ID:929GSxdTO

輝子「でもこれでどうするんだ?」

まゆ「こうです」

乃々「ぴにゃこら太をリボンでくくって……?」

まゆ「ワープホールから外の世界に投げます」ヒョイ

輝子「?」

乃々「?」

まゆ「………っ。かかりました。引きますよ」

穂乃香「ぴにゃこら太ー!」ズザザザザ
ayshnk12.jpg

輝子「穂乃香さんが釣れた…!」

まゆ「あとはこれを繰り返します」

乃々「わけがわからないんですけど…」

まゆ「説明は後です。どんどん釣りましょう」


13: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:14:44.13 ID:929GSxdTO

まゆ「眼鏡」ヒョイ

春菜「」ズザザザザ
kmjhrn11.jpg

まゆ「もう一度ぴにゃこら太」ヒョイ

柚「」ズザザザザ
ktmyz23.jpg

輝子「お昼寝してるネコ」ヒョイ

藍子「」ズザザザザ
tkmraik3.jpg

乃々「リコッタチーズパンケーキですけど…」ヒョイ

夕美「」ズザザザザ
aibym13.jpg

まゆ「2人ともいい調子ですよぉ」


14: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:15:10.62 ID:929GSxdTO

まゆ「日当たりのいいベンチ」ヒョイ

ライラ「」ズザザザザ
ly4.jpg

輝子「カブトムシ」ヒョイ

莉嘉「」ズザザザザ
jgskrk19.jpg

乃々「いちじくのタルト」ヒョイ

かな子「」ズザザザザ
mmrknk.jpg

輝子「カブトムシ」ヒョイ

莉嘉「」ズザザザザ

まゆ「特異点」ヒョイ

晶葉「」ズザザザザ
ikbkrakh8.jpg

乃々「カブトムシ」ヒョイ

輝子「ドロローサへの道」ヒョイ

まゆ「天使(エンジェル)」ヒョイ

ズザザザザ……

ズザザザザ……………

ズザザザザ………………………


15: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:16:03.67 ID:929GSxdTO

「頑張りま「ふーん「フフーン「フンフンフフーン「フゴゴモゴ「ムムーン「シャツを開け「嘘ついたら無「ボンバー「ホラホラ笑顔

輝子「す、すごいことに…」

忘「あらあら~「まあまあ眼「わかる「ゼロが過去で「働きたく「にょわ「あの子「フヒヒ「ぽよ「ですぞ「ニンッ「暑くな「みりあ

乃々「満員電車よりひどいんですけど…」

もや「ドゥユノ「ダヨー「ぎゃおお「キャハ「眼ぇ背け「口にはしないけ「神さまがく「自分を曲「にゃは「くれぐれも悪用「際ど

輝子「ま、まゆさんは一体何を考えて…」

いラ「スシ「ロック「世界レベ「もう時間が無いんで「植木鉢「おいしいから「チョップ「ダスビ「コンプライ「気持ち良くし「ワン

まゆ「これで狙い通りですよぉ」

ツーキスキ「気持ちにな「こんちきち「闇に呑まれ「せんせ「牛丼「ドーナツ「アァン「ウサ「わだす「ですわ「お山に「ふぇぇえ

まゆ「事務所の全アイドルがたった一つプリンターに。明らかに過剰です。つまり………」

「ぐさぁ「心が豊かに「大作戦「ッス「みちこ「ロコは「橘です「さんですよー「れす「はぁ~「涙バイバイバ「パフェ「今日のログインボ「いつでもそばにいるよ「じゃけんの「でしてー」

まゆ「爆発します!」


16: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:16:36.84 ID:929GSxdTO




K A B O O O O O O M ! ! !



17: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:17:02.38 ID:929GSxdTO

乃々「う、うう……」

輝子「ここは……」

乃々「外、なんですけど……」

輝子「で、出られた、のか………フヒ」

まゆ「乃々ちゃん、身体の具合はどうですか?」

乃々「あぅ……大丈夫です。あらかじめ外に出てた薄いもりくぼとくっついたみたいです」

輝子「よかった…」

まゆ「これで一件落着ですね」


18: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:17:32.30 ID:929GSxdTO

………後日!


19: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:18:12.95 ID:929GSxdTO

乃々『リスナーのみなさんこんばんは……もりくぼですけど』

乃々『突然ですがもりくぼはアイドルを引退することになりました』

乃々『もりくぼはアイドルを辞めますが、アイドルのもりくぼはいなくなりません』

乃々『セブンイレブンのプリンターに【17403343】と入力して下さい。薄型もりくぼを全部刷って重ねるともりくぼクローンができます』

乃々『今後のアイドル活動はぜんぶもりクロ(もりくぼのクローン)がやります……それでは………』


20: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:18:39.32 ID:929GSxdTO

乃々((そう。もりくぼは見つけてしまったのです))

乃々((あの日入ったプリンターに搭載された、スキャナー機能))

乃々((読み取り機構から内部世界に入ったもりくぼの情報は、繋がれたPCに転送されていました。PDFで))

乃々((千ページ近いデータを全て印刷すると、驚くことにもりくぼが出来ました。体温が、脈拍が、意識がありました。3Dプリンターの要領でした))

乃々((もりくぼは考えました。今後の仕事はこれにやってもらおうと))

乃々((ファンは喜んでもりクロを印刷するでしょう。もりくぼは二度と人前に出ないでいい。かんぺきです))


21: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:19:20.38 ID:929GSxdTO

___________________________________________

森久保の考えには2つの不備があった。

オリジナルの森久保が完全に身を隠すのは不可能だった。これが一つ。

そしてもう一つ。

結果から書くと、日本中のプリンターが残らず爆発した。


22: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:20:04.55 ID:929GSxdTO

印刷されたもりクロは、オリジナルと同様に仕事から逃げようとした。

そしてほぼ全ての個体は、自らの生まれ故郷であるプリンターを隠れ場所に選んだ。

最終的な森久保密度は、プリンター1台あたりの平均で43人。
過負荷の代償としてプリンターはもれなく爆発した。

一方「世界で初めてクローンを実用化したアイドル」として、森久保への注目はかつてなく高まっていた。

注目は仕事を呼び、代行してくれるクローンは全員爆発と共に消え去った。

………森久保には、ただ莫大な仕事だけが残った。


23: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:20:31.84 ID:929GSxdTO

P「見つけたぞ森久保ォ!」ドアバーン

乃々「ひぅっ」

乃々「………なんでここが分かったんですか」

P「晶葉謹製の発信機だ。実家の許可は取ってある」

乃々「いぢめです………」

P「とりあえず森久保、サイン5000枚、今日中に書いてもらおうか」

乃々「ごせんまい………?」

P「物販用のプロマイドだ。普段は印刷で済ませてるが、あいにく日本中のプリンターが爆発したからな」

乃々「あの、次で引退ライブには」

P「ならない」

乃々「じゃ、じゃあ、ごせんまいが終わったら?」

P「新型プリンターのイメージキャラクターの話が来てる。まずはその打ち合わせ」

P「次も、その次も、そのまた次も、でかい仕事がわんさか来てるぞ。頑張ろうな森久保」

乃々「む、む、む………」

乃々「む~りぃ~………………!」


24: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:20:58.40 ID:929GSxdTO

fin.


25: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:21:28.22 ID:929GSxdTO

いじょうです よかったですね

森久保が言っていた番号をセブンイレブンで打つとマジで森久保が出てきます
重ねるとクローンになるかまではわかりません(やってみてください)


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/17(木) 09:24:36.46 ID:FRy4Lgooo


なかなかのカオスっぷりだった
ちなみに印刷は何時まで出来るんだ?


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/17(木) 09:33:18.87 ID:D5xSJcwpo

USBポートから入るとかやっぱアイドルって…


28: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/17(木) 09:39:47.98 ID:QmOV9/NQO

11/24の日付が変わるまではできます



転載元:輝子「プリンターからボノノさんがわんさか出てくる」厚みのない乃々「あうう…」ウィーン
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479341268/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス乃々輝子まゆアンダーザデスク

(4)

AFTER 小松伊吹「誕生日、初めてのお酒」

BEFORE 鷺沢文香「スイッチ・オフ」

ガチで森久保出てきて笑った これはセブンイレブンの巧妙なステマ
[ 2016/11/17 19:22 ] [ 編集 ]
アイドルならプリンターに入るくらい朝飯前だよわな!(混乱)
[ 2016/11/17 19:31 ] [ 編集 ]
珍しく有能なまゆだったな
[ 2016/11/17 20:41 ] [ 編集 ]
意識も実体もある森久保がカラーコピーたった10万円で手に入るとかなったら、森クロが性的な被害にあってる案件だらけで世界がとんでもないことになってそう。
[ 2016/11/24 08:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

輝子「プリンターからボノノさんがわんさか出てくる」厚みのない乃々「あうう…」ウィーン

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto