スポンサーリンク

2016 11/03

橘ありす「事務所メンバーの昔話」佐久間まゆ「その1ですよぉ」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:44:13.77 ID:ijsnC2NT0


まゆ「……」
skmmy22.jpg

ありす「……」
tcbnars19.jpg

まゆ「……」

ありす「チェックメイトです」

まゆ「あうっ……」

高森藍子(まゆちゃん5連敗……)
tkmraik3.jpg

まゆ「うぅ、何回やっても勝てません……」

ありす「まゆさんがゲームで私に勝とうなんて100年早いですよ?」

塩見周子(すっごい自信……いやあたしもありすちゃんには余裕勝ちなんてできないけどさ)
somsyu2.jpeg

まゆ「むぅ……アドバイザーに志希さんを連れてくるべきでしょうか」

ありす「それはダメです」
藍子「それはズルいですよ」
周子「チートみたいなもんやね」

まゆ「うぐっ」

周子(実際志希ちゃんが本気出したら誰も勝てないんやろなぁ)

ガチャ
三船美優「お疲れ様です……」
mfnmy15.jpg

ありす「美優さん、お疲れ様です」

藍子「お疲れ様です美優さん、お茶飲みますか?」

美優「ありがとう……いただくわ」

藍子「はいっ♪少し待っててくださいね」



前スレ
高森藍子「料理を教えて欲しい?」橘ありす「はい」
橘ありす「3人でおでかけ……ですか?」佐久間まゆ「ですよぉ」
佐久間まゆ「新人アイドルさん?」高森藍子「はいっ♪」
高森藍子「まゆちゃんの様子が変?」橘ありす「はい……」





スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:45:41.49 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐々木千枝「むー」
sskce17.jpg

ありす「千枝さん?どうかしたんですか?」

千枝「ありすちゃん……宿題をやってたんだけどここが分からなくて……」

ありす「どれですか?……えっとこれは……」


美優「ふふっ」

まゆ「美優さん?どうかしたんですか?」

美優「いえ……なんだかありすちゃんと千枝ちゃんを見てたら……なんて言えばいいのかしら」

周子「あーなんとなくわかるかも、ほんわかするっていうかさ」

藍子「妹がいたらこんな感じかなって」

美優(妹……そうよね、娘にしては大きすぎるわよね……)

まゆ「ありすちゃんも千枝ちゃんも可愛いですからね」

藍子「そういえば美優さん、この前の地方ロケのテレビ放送っていつなんですか?」

美優「えっと……確か今週末に放送されると思うけど……」

周子「ゴールデンじゃないとはいえ、60分番組のメインなんて流石だよね~美優さん」

美優「そんな……私なんて空いてた枠に無理やり入れてもらったようなものよ?実際、共演者の方が本当のメインの番組だったから……」

まゆ「それでもすごいですよぉ」

藍子「そういえば、共演者の方って誰なんですか?」

美優「そっか、あの番組放送まで出演者は未公開だったわね……言っても大丈夫かしら?」

周子「シューコちゃんはもちろん外に言うつもりはないし、大丈夫なんじゃないかなー」

まゆ「えぇ、放送まで秘密にしますよ」

美優「それなら大丈夫かしら……えっと共演者の方はね……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:46:31.99 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー
数週間前
和歌山県

「では三船さん、まず番組オープニング部分を撮影します、お一人での撮影となりますので準備の方よろしくお願いします」

美優「はい……」

美優(大丈夫かしら……)

美優(あら、そういえばプロデューサーさんは……)

美優(番組ディレクターさんとお話中……邪魔しちゃだめよね……)



「それでは撮影入りまーす」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:47:32.29 ID:ijsnC2NT0

撮影中

モバP(以下P)「今回は三船を使っていただきありがとうございます」

大物番組D(以下D)「いやいや、こちらこそまさに俺の求めてた人が来てくれて嬉しいよ」


※実際のテレビ番組の作成現場では一番立場が上なのはチーフプロデューサーだそうですが、アイドルのプロデューサーとかぶるためディレクターとしてます


P「恐縮です」

D「今回はメインがべっぴんさんだからね、それに釣り合うような美人さんが欲しかったのよ……いいね、落ち着いた雰囲気もあって今回の旅の撮影にはぴったりだ」

P「三船は事務所の中でも年長者ですから、そういう面もあるかと」

D「ははっ、この撮影がうまくいったら今度は別の子もお願いしたいね」

P「是非とも」

D「気が少し早いけどね、次もよろしく頼むよ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:48:12.97 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーー

美優(ふぅ……なんとかできたかしら)

P「美優さん、お疲れ様です」

美優「プロデューサーさん……お疲れ様です……」

P「どうでしたオープニング撮影は」

美優「そうですね……やっぱり、まだ緊張してしまいますね……」

P「よかった、この様子なら大丈夫そうですね」

美優「え?」

P「美優さん、この規模の撮影は初めてですからもっと緊張してしまうかと思ってたんです、でも自分が緊張してるのを自覚できてますし、適度な緊張はむしろいい傾向です」

美優「そう……ですね……」

P「このあとは共演者の方と合流して撮影になります、では行きましょうか」

美優「はい……プロデューサーさん……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:49:12.71 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

??(あら?川の水位が昔より低いような……)

??(雨が降らないから川が乾く……イマイチね)

美優「あの……」

??「はい?」

美優「高垣楓さん……ですよね、三船美優と言います、撮影の方よろしくお願いします……」

高垣「はい、高垣楓です、よろしくお願いしますね」
kedeafaga

※別事務所のアイドルさんは名字表記でいきます

高垣「うふふっ、話は聞いてますよ、なんでも事務所一のべっぴんさんだって」

美優「え!?だ、誰がそんなことを……?」

高垣「美優さんのプロデューサーさんが言っていたらしいですよ~撮影前にうちのプロデューサーが話してました」

美優(プロデューサーさん……)

高垣「でも羨ましいわ、私のプロデューサーなんて私のこと一回も褒めてくれたことないんですよ?酷いと思いませんか?」

美優「…………」

高垣「美優さん?」

美優「あ、ごめんなさい……なんだか……高垣さんのイメージがだいぶ違って……」

高垣「楓です」

美優「え?」

高垣「名字で呼び合うなんて他人行儀じゃないですか、歳も近いですし、一緒の撮影するんですから仲良くしましょうよ」

美優(……なんだか……ありすちゃんみたい……)

高垣「美優さん?」

美優「いえ、……そうですね、よろしくお願いします楓さん」

高垣「ええ」

高垣(なんだか不思議な感じ……私そんなに人付き合い得意じゃないのに……美優さんには自然と話ができる……)

美優(でも、なんででしょう……高垣……いえ、楓さん相手だと普段の自分でいられるような……)



高垣P「うんうん、美人が並ぶと目の保養になるな、プロデューサーの特権だよこれは」

P「何を言ってるんですか……まぁ二人とも美人なのは認めますけど」

高垣P「相変わらずお堅いなぁお前は……もっと気楽にやったらどうだ?」

P「性分です、高垣Pさんこそ楓さんにもう少し素直になってもいいんじゃないですか?」

高垣P「なんの話かさっぱりわからんな」

P(この人は……)

サツエイカイシシマ-ス
ジュンビノホウオネガイシマス-


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:50:18.93 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
数時間後
奈良県

P「美優さんお疲れ様です」

美優「はい、お疲れ様です」

P「ひとまず今日の撮影はこれで終わりになります、スタッフさんが旅館を抑えてくれているのでそこに行きましょう」

美優「はい……」

高垣「あ、美優さん達はもう旅館へ?」

P「高垣さん、お疲れ様です」

高垣「お疲れ様です、私も旅館へ行くところですしお二人も一緒にと思いまして」

P「高垣Pさんはどうしたんです?」

高垣「あの人なら別の女と話してますよ……私というものがありながら……」

P(つまり事務所の別の子と連絡中か)

美優「あはは……」

高垣「というわけであの人のことなんか知りません!」

P(あとでフォローしておこう)

美優「では……行きましょうか?」

P「ええ、こっちです、すぐそこなので歩いて行きましょう」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:51:31.16 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー
旅館

高垣「あら、立派な旅館ですねぇ」

美優「すごく大きいですね……」

P「ある程度の団体にも対応できるよう改装したらしいですよ」

美優「そうなんですね……」

P「受付に行ってきます、少し待っててください」


高垣「美優さんのプロデューサーさんは真面目なんですね……」

美優「え?……そうですか?」

高垣「えぇ、うちのプロデューサーなら今頃旅館の女将さんに鼻の下伸ばしてるところです」


P「お待たせしました、美優さんと高垣さんは2階の部屋になります、お隣ですね」

美優「プロデューサーさんは……?」

P「1階ですね、スタッフ関係者は全員1階になってます」

高垣「あら?お食事はお部屋でも食べられるんですね」

P「ええ、旅館の方へ言えば部屋まで運んでくれるそうです」

高垣「でしたら、ご一緒しませんか?」

美優「私は構いませんよ……プロデューサーさんは……どうでしょう?」

P「わからないですね……スタッフの方で話もあるかもしれませんし……」

高垣「そうですか、残念です。お酒も用意していたんですが」

美優(持ち歩いてたのかしら……?)

P「すみません、もし時間が空いたら高垣Pさんと一緒に行きますよ……それと、お酒は程々でお願いしますね、明日も撮影はありますから」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:52:38.62 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーー

高垣P「……これはいったい」

P「…………」

高垣「あらぁ~♪プロデューサー達も来たんですねぇどうぞ~」

高垣P「…………楓、三船さんはどうしたんだ」

高垣「美優さんですか?ふふっ美優さんったら少し舐めただけで倒れちゃって……お酒苦手だったのかしら……?」

高垣P(実際どうなんだ)
P(強い方ではありませんが、そんなにすぐ潰れる人じゃないはずです)

高垣P「……舐めただけって、実際どのくらい飲ませたんだ?」

高垣「わかりません♪」

高垣P「このばかえで!!なにしてんの!?!?」

高垣「うふふっ♪」

高垣P「すまん、俺の不注意だ」

P「いえ、こちらこそ止めておくべきでした」

P・高垣P「はぁー…………」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:53:30.99 ID:ijsnC2NT0

翌日

P「美優さん、大丈夫ですか」

美優「はい、気分も悪くないですし……お酒も残っている感じはしません……」

P「そうですか……」

P(まさかここまで計算済み……?いや、そんなわけが……)

P「ひとまず今日は移動からです。兵庫の方に行って、そのまま西へ移動しながら撮影になります」

美優「はい、わかりました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
兵庫県

美優「そういえば……兵庫はありすちゃんと小梅ちゃんの故郷ですよね……何かお土産買っていこうかしら……?」

P(こういう時の美優さん本当に優しげな顔してるよなぁ……)

高垣P「P、ちょっといいか」

P「はい、今行きます。すみません美優さん少し外しますね」



P「どうしました?」

高垣P「いや、大したことじゃないんだがな……」

P「はぁ」

高垣P「……子どもってのはどんなもんを買っていけば喜ぶんだ?」

P「……はい?」

高垣P「いや、うちの事務所にも兵庫出身のチビどもがいてな、俺は担当していないんだが楓になついててな……」

P「それで何かお土産を?」

高垣P「ああ」

P(素直じゃないというかなんというか……なんか奈緒みたいだ……)

P「そういうことなら美優さんにも聞きましょう、彼女も今選んでますから」

高垣P「あぁ……そうだな」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:54:10.64 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
鳥取県

美優「これが鳥取砂丘ですか……自分の目で見るのははじめてですね……」

高垣「広いですねぇ」

P「ここでは夕焼けをバックに撮影しますので、それまでは自由ということになります」

美優「今はまだ2時ですから……だいぶ時間はありますね……」

高垣P「楓、お前絶対酒は飲むなよ」

高垣「飲みませんよぉ~お仕事中はお酒は避けて歩かないと……うふふっ」

高垣P「2点」

P・美優(厳しい……)


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:54:55.52 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「美優さん、どうですか撮影の方は」

美優「すごく、上手くやれている感じがしますね……楓さんが上手だからでしょうか……」

P「謙遜しなくても、美優さんもバッチリだと思いますよ」

美優「ありがとうございます……」

「あぁ、Pさんここにいたんですね」

P「なにかありましたか?」

「ディレクターが話をしたいそうです」

P「わかりましたすぐ行きますね」

美優「気をつけてくださいね」

P「ありがとうございます、撮影開始前に一度連絡入れますね」

美優「はい」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:55:29.38 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー
美優(このあとどうしようかしら……まだ時間はあるし……)

??「あの!すみません!」

美優「?」

??「この辺りで小学生くらいの男の子見ませんでしたか?」

美優「いえ、みてないわ……」

??「そうですか……」

美優「……何かあったの?」

??「えっと、それが……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

美優「弟さんが……」

??「はい、待ってるように言ったんですけど……」

美優「……私も探すの手伝うわ」

??「え?でも……」

美優「いいのよ……時間も空いてたから、それで……あなたの名前は?」

五十嵐響子「わたし、五十嵐響子って言います」
igrskyk2.jpg

美優「響子ちゃんね……私は三船美優、とりあえずこの周辺で聞いてみましょうか」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:55:59.79 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

美優「見つからないわね……」

響子「どうしよう……」

美優(そういえばここ撮影現場のすぐ近く……だいぶ歩いてきたのね)

高垣「あら?美優さん……その子は?」

美優「ああ、楓さん。実は……」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

高垣「えっと、響子ちゃんだったかしら?もしかしてその子って赤い帽子をかぶってて、リュックを背負ってるかしら?」

響子「はい!そうです!!どこかで見たんですか!?」

高垣「さっき撮影現場の近くでそんな男の子がいて……泣いてるようだったから気になったのだけれど……」

美優「とりあえず行ってみましょう……」

響子「はい!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:56:41.78 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

響子「本当にありがとうございました……なんてお礼を言ったらいいか……」

美優「無事でよかったわ……」

高垣「えぇ……ほんとうに」

P「美優さん、そろそろ撮影の時間ですよ……って、その子達は?」

美優「えっと、いろいろありまして……」

高垣「ええ、いろいろあったんです、ふふっ」

P「はぁ…………!?」

美優「プロデューサーさん?」

P「ティンときた」

美優「え?」

P「あの、あなたお名前は?」

響子「わ、私ですか?えっと……五十嵐響子です……」

P「五十嵐さんですね、私こういうものでして……」

響子「アイドル事務所のプロデューサーさん……?」

P「私は回りくどいことが苦手なので単刀直入に言わせていただきます、アイドルになりませんか?」

響子「……へ?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 00:57:47.71 ID:ijsnC2NT0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まゆ「楓さんが共演者さんだったんですか」

美優「まゆちゃんはお知り合いだったかしら」

まゆ「はい、モデル時代に何度かお会いしたことがあります。ジャンルが違ったのでそんなにたくさんではないんですが……」

藍子「すごいですよね楓さん、アイドルデビューからあっという間にトップアイドルだなんて」

周子「今や日本中で知らない人の方が珍しいんじゃない?」

美優「えぇ……だから正直私でいいのかって不安にもなったの……でも……」

藍子「でも?」

美優「楓さん、すごくいい人でしたから……なんというか、初めて会ったのに昔からの友達みたいな……そんな感覚がしたんです……」

遊佐こずえ「美優とー……楓はー……そうるめいとだからー……」
yskze4.jpg

藍子「あ、こずえちゃんいらっしゃい」

周子「相変わらず突然現れるねこの子は」


響子「お疲れ様です」

藍子「あ、響子ちゃんお疲れ様、レッスンどうだった?」

響子「なんだか難しくて……頭で理解できても身体がついてこないというか……」

こずえ「まゆー?……この人はー?……」

まゆ「あぁ、響子ちゃんと会うのは初めてですね。五十嵐響子ちゃん、事務所の新しいアイドルさんですよ」

こずえ「ふわー……よろしくねー……」

響子「えっと……よろしくお願いします?」

響子(あっ、もしかしてこの前『ほぼ全員』って言ってたのはこの子のこと……?)

こずえ「そうだよー……でもー……こずえだけじゃー……ないよー?……」

響子「へ?」

響子(私今喋ってないよね?)

藍子「こずえちゃん、お菓子食べる?」

こずえ「食べるー……へへー……」

響子(……深く考えるのはやめよう……)

まゆ「うふふっ、私たちの事務所は今日も平和ですね……」

おわり


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 01:00:17.27 ID:ijsnC2NT0

書いてみたらそんなに長くなかったです、はい。

というわけで番外編美優さん地方ロケ編でした。またの名を響子出会い編です。
何気にP初登場の巻、多分これからも番外編には顔を出す気がします、個人的に書いてて楽しかったです。

では、もし読んでくださった方がいらっしゃいましたら百万の感謝を。



転載元:橘ありす「事務所メンバーの昔話」佐久間まゆ「その1ですよぉ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478101369/
SS速報VIPのSS紹介です。



スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス美優まゆありす藍子響子周子こずえ

(0)

AFTER 乃々「まゆさんが迷子です」

BEFORE フレデリカ「宣伝ダーツごっこ」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

橘ありす「事務所メンバーの昔話」佐久間まゆ「その1ですよぉ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto