スポンサーリンク

2016 10/24

桃華「お姉さん、ですわ」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:15:42.01 ID:mZq9DIqL0

(ある日)

仁奈「桃華おねーさん!桃華おねーさん!」
ichrnn17.jpg

桃華「あら仁奈さん、どうかいたしまして?」
skrimmk11.jpg

仁奈「えへへ、次のおしごとまで少し時間があるのでお話に来たんでごぜーます!」

桃華「あら、それは嬉しいですわ」

仁奈「桃華おねーさんはどうしたんでごぜーますか?」

桃華「わたくしはレッスンが終わりましたので、お茶をいただいてから帰ろうと思っていましたの」

仁奈「そうなんでごぜーますか」

桃華「仁奈さん、よろしければわたくしと一緒にお茶を飲みませんか?お菓子も用意しておりますの」

仁奈「お菓子!?わーい!仁奈もごいっしょしてーでごぜーますよ!」

桃華「うふふっ、ではすぐに用意をいたしますわ、少しお待ちになっていてくださいね?」

仁奈「はーい!」


シリーズスレ
桃華「お仕事の合間の待ち時間、ですわ」
桃華「友人達とメイド喫茶、ですわ」
桃華「いつもの3人でお茶会、ですわ」
桃華「桃華の初体験、ですわ」
桃華「属性談議、ですわ」
桃華「一つ屋根の下、ですわ」
桃華「桃から生まれた女の子、ですわ」
桃華「生存本能ヴァルキュリア発売記念パーティー、ですわ」

桃華「7月31日、ですわ」
桃華「レッスン後の一勝負、ですわ」
桃華「お泊まり会とラジオ、ですわ」
桃華「わたくし達のラジオ、ですわ」
桃華「ももあり、ですわ」
桃華「ラムネ、ですわ」
桃華「薔薇ンポリン、ですわ」
桃華「1周年、ですわ」
桃華「肝試し、ですわ」
桃華「志希さんのあやしいおクスリ、ですわ」
桃華「やめられないとまらない、ですわ」
桃華「CuDa、ですわ」
桃華「アップルパイ、ですわ」
桃華「U149、ですわ」
桃華「お姉さん、ですわ」



スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:16:10.94 ID:mZq9DIqL0

(トクトクトク…)

桃華「はい、どうぞ、熱いので気をつけてお飲みになってくださいね?」

仁奈「はーい!んぐんぐ…このお菓子もおいしーなー!」

桃華「気に入っていただけて何よりですわ…あら、仁奈さんお口にお弁当がついておりますわ」

仁奈「へ?ん~…ごしごし、取れたでごぜーますか?」

桃華「仁奈さん、じっとしていらして?…はい、取れましたわ」

仁奈「…えへへ~、桃華おねーさん、ありがとうごぜーます!」

桃華「そういえば一つ気になっていた事があるのですが」

仁奈「ん?なんでごぜーますか?」

桃華「いえ、以前『イカバラプリンセス』でご一緒した時にはちゃん付けで呼ばれていたと思いますけど…いつのまにか『おねーさん』と呼ばれておりましたので」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:16:38.17 ID:mZq9DIqL0

仁奈「ん~…仁奈はお友達はちゃんを付けるでごぜーます」

桃華「あら、わたくしはお友達ではないのですか?」

仁奈「そんなことねーでごぜーます!桃華おねーさんのことは大好きでごぜーます!でも…」

桃華「でも?」

仁奈「事務所の他のおねーさんみたいなママ候補のおねーさんは『おねーさん』って呼んでいるんでごぜーます」

桃華「ママ候補…ですの?」

仁奈「そうでごぜーます!仁奈の本当のママは忙しくてあまり遊べねーのです…だから事務所に一杯ママが居たら寂しくねーのです!」

桃華「それで…わたくしもママ候補、ということですの?」

仁奈「そうでごぜーます!…その、嫌でごぜーますか?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:17:10.90 ID:mZq9DIqL0

桃華「まさか!仁奈さんのような元気で可愛い娘なら大歓迎ですわ」

仁奈「わ~い!嬉しーでごぜーます!」

桃華「ああほら仁奈さん、暴れてはいけませんわ、埃が舞ってしまいます」

仁奈「は~い、ごめんなさいでごぜーます」

桃華「うふふ、良い子ですわ、ゆっくりとお茶を楽しみましょうね?」



梨沙「…」
mtbrs15.jpg


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:17:47.60 ID:mZq9DIqL0

(またある日)

こずえ「ふわぁ…」
yskze14.jpg

桃華「あらこずえさん、ごきげんよう」

こずえ「あ~…ももか~…」

桃華「はい、桃華ですわ、こずえさんはお一人ですの?」

こずえ「うん~…れっすんおわって…あとはかえるだけ~」

桃華「そうなのですか、わたくしも本日のレッスンが終わって後は帰るだけですのよ」

こずえ「ん~…ももか…こっち…」

桃華「どうかしまして?」

こずえ「こっち…すわって…すわれ~…」ポンポン

桃華「こずえさんの横に座ればよろしいの?では、失礼しますわね」ストン


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:18:35.58 ID:mZq9DIqL0

こずえ「とぉ~…」ポスン

桃華「ひゃっ!こずえさん…膝枕をして欲しかったのですか?」

こずえ「うん…ももかいいにおいするから…すき…」

桃華「まったくもう、いきなり乗られますとビックリしてしまいますわよ?」

こずえ「…いやだった~?」

桃華「先に声をかけてからでしたらお膝くらいいくらでも貸してあげますわ」

こずえ「…うん…こんどからはちゃんという~…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:19:02.64 ID:mZq9DIqL0

桃華「うふふ、わかっていただけたのでしたらそれで良いですわ」ナデナデ

こずえ「ふわぁ…ももかのなでなで…きもちいぃ…すぅ」

桃華「あらこずえさん…眠ってしまいましたわ、レッスンでお疲れだったのでしょうか…」

こずえ「ん~…ままぁ…」

桃華「ご家族の夢でも見られているのでしょうか…仕方がありませんわね、しばらくはこのままでいてさしあげますわ」ナデナデ



ありす「…」
tcbnars19.jpg


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:19:59.18 ID:mZq9DIqL0

(また別の日)

ちひろ「うっ…えぐっ…グズッ…」

桃華「ほらちひろちゃま、お泣きやみなさって?お化粧が落ちてしまいますわ」

ちひろ「だっで…だっで…部長ったらちょっとしたミスを鬼の首獲ったみたいにあげつらってネチネチと…」

桃華「それで泣いていても始まりませんわ、次はそういったミスをしないようにするしかないですわ」

ちひろ「そうですけど…昔のミスほじくり返したりとか…とにかくしつこいんですよぉ…」

桃華「…終わった事を蒸し返すのはいただけませんわね」

ちひろ「グスッ…そうなんですよ…果てはセクハラまがいの事も言ってきますし…」

桃華「お辛かったのですわね…」ナデナデ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:20:56.57 ID:mZq9DIqL0

ちひろ「うわぁぁぁぁん!私だって頑張ってるのにぃぃぃぃ!鬼とか悪魔とか散々言われるのは酷いですよぉぉぉぉ!」

桃華「そうですわね、ちひろちゃまはわたくし達のために頑張って下さってますわ…わたくし達は皆感謝してますことよ?」

ちひろ「うっ…ヒック…」

桃華「ひとしきりお泣きになったらまた頑張りましょう?それでどうしても無理でしたら…ウチの使用人として雇って差し上げますわ」

ちひろ「桃華ちゃん…あ”りがどうございまずぅぅぅぅ…」

桃華「ふふっ…良い子良い子、ですわ」ナデナデ

ちひろ「あぁ^~」


梨沙「うわぁ」

ありす「見て見ぬ振りをしてあげましょう、大人は色々大変なんですよ…きっと」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:21:49.42 ID:mZq9DIqL0


(またまた別の日)

(ガチャッ)

桃華「ごきげんようですわ」

梨沙「これより第一回!」

ありす「桃華さん甘やかし大会を開始します!」




桃華「は?」

梨沙「いやね?アンタ最近自分も忙しいのに色んな子の面倒見たりもしてるでしょ?」

ありす「いくら桃華さんがしっかりしているといっても皆が桃華さんに甘えてしまっては桃華さんが休まりませんよね?」

桃華「別にそんなことは…わたくしは当然の事をしているにすぎませんわ」

梨沙「それでも疲れってモンは知らず知らずのうちに貯まっているものよ?」

ありす「桃華さんがそれで最高のパフォーマンスを発揮出来ないとなると私たちにも迷惑がかかりますし」

桃華「それは…そうかもしれませんわね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:22:42.85 ID:mZq9DIqL0

梨沙「あ、今のを分かりやすく言うと『大切な友人である桃華さんの体調が悪くなるなんて耐えられません』ってトコよ?」

ありす「なっ…!?べ、別にそんなことを言ったつもりは…!」

桃華「うふふ、わかっていますわ、ありすさんは本当に素直じゃありませんわね」

ありす「桃華さんまで…と、とにかく!そういうことですので」

梨沙「第一回!」

ありす「桃華さん甘やかし大会を開始します!」

桃華「それはさっき聞きましたわ」

梨沙「と、いうワケで今回のチャレンジャーはこの人達!」

桃華「なんですのそのノリは…」

ありす「可愛い妹分の危機に即参上、"la Roseraie"の皆さんです」

響子「こんにちはっ!今日はいつも頑張っている桃華ちゃんのために頑張っちゃいます!」
igrskyk17.jpg

有香「押忍!不肖この中野有香、桃華ちゃんのために精一杯頑張ります!」
nknyk12.jpg


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:23:45.14 ID:mZq9DIqL0

桃華「………あら、お二人だけですの?それでしたら本当に休ま…」

フレデリカ(以下「フレ」)「…などと、その気になっていたモモカちゃんの姿は!」ガシッ
mymtfrdrk13.jpg

志希「お笑いだったぜ~!にゃっは~!」ハスハス
icnssk11.jpg

桃華「ひゃぁっ!志希さん!フレデリカさん!いきなりなんですの!?」

フレ「いや~モモカちゃんがいつまでも入口に居るからつい」

志希「桃華ちゃんが良いニオイだからつい」

桃華「『つい』で驚かせないでくださいまし!まったくもう…」

響子「桃華ちゃん、こんなこと言っていますけど、この企画を発案してくれたのはあのお二人なんですよ?」

桃華「…そうなのですか?」

有香「桃華ちゃんが少し疲れているみたいだって私たちと梨沙ちゃん達に声をかけて集めてくれたんです!」

ありす「まぁ…細かい内容についてはこちらに丸投げでしたけど」

桃華「そうだったんですの…ふふっ、ありがとうございますわ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:24:35.17 ID:mZq9DIqL0

フレ「なんのなんの、可愛い妹分のためにはこれくらいお安いもんさ~!」

志希「このメンバーはなんだかんだ気に入ってるしね~」

響子「そういうことですので、今日は私たちが桃華ちゃんを甘やかしてあげます!」

桃華「甘やかす…お気持ちは嬉しいのですけどわたくしは」

フレ「モモカちゃん!モモカちゃんは大人びているといってもまだ子供なんだから!遠慮なんかしなくても良いんだよ!」

桃華「ですけど…」

有香「さあさあ!もう色々準備は整っていますよ!寮に戻りましょう!」

桃華「えっ?でも…今日はレッスンでは…?」

志希「にゃはは~!それは全部ダミーだよ!今日は桃華ちゃんオフなのだ~!」

桃華「ええ…それなら寮を出る所で教えていただきたかったですわ」

響子「あはは…どうしてもサプライズをしたいということでしたので…」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:25:25.49 ID:mZq9DIqL0

梨沙「ま、そういうことなんでお姉さん達に甘やかしてもらいなさい」

ありす「私たちは予定通りレッスンをしてから戻ります」

志希「ん?二人も今日はオフだよ?」

ありす・梨沙「…へ?」

フレ「モモカちゃんのしんゆーならフレちゃん達の妹も同然だよ~!それに、モモカちゃんだけ仲間はずれはよくないよ~!」

桃華「フレデリカさん…」

志希「そういうコトなんで、皆で寮に戻ろ~!」

響子「寮に戻ったらおいしいご飯を用意してありますからね」

有香「私はトレーナーさんから教わったマッサージを!」

志希「アタシは特製のスタミナが回復する気がするドリンクを!」

フレ「フレちゃんは…居るだけでフレちゃんオーラで疲れを取るよ?」

桃華「フレデリカさんったら…わかりましたわ、それでは今日は思う存分甘えさせていただきますわ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:26:00.84 ID:mZq9DIqL0

梨沙「…こういうのもたまには良いかもね」

ありす「私は…別に…」

桃華「ありすさん、皆さんのご厚意は素直に受け入れませんと」

梨沙「ありすは問答無用で甘やかしてやれば気が付いたら堪能してるから大丈夫よ」

響子「こういうのは弟で慣れてますから!」

有香「響子さん、頼もしいです!」

ありす「うぐぐ…」

フレ「ささ、ありすちゃんごあんな~い!」

ありす「あっ、ちょっと手を掴まないで…もうっ!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:27:11.26 ID:mZq9DIqL0

志希「アタシ達もはやくいこーよー」

響子「そうですね」

梨沙「まぁ志希のドリンクはともかく響子の料理は楽しみね」

有香「梨沙ちゃんはこの後ファッションショーが控えているらしいじゃないですか、モデル歩きの練習で足の筋肉に疲れが貯まっているでしょうからしっかりマッサージしてあげます!」

梨沙「あらホント?それは嬉しいわね!」

桃華「うふふ、心配性な親友達とお姉様方を持てて…わたくしは幸せですわね」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 21:27:52.69 ID:mZq9DIqL0

おわりです、お目汚し失礼しました。



転載元:桃華「お姉さん、ですわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477224891/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

ももありさがじゃれあってるシリーズ桃華梨沙ありす短SSモバマス

(3)

AFTER 【モバマスSS】遅咲きの山桜【藤原肇】

BEFORE P「嫁が欲しいな」伊織「!」

ママ候補とかいうあまりにも闇が深い言葉
[ 2016/10/24 00:59 ] [ 編集 ]
そもそも桃華は呼び捨てじゃね?
[ 2016/10/24 07:24 ] [ 編集 ]
遂についたシリーズ名w
今までの内容的に時々じゃれあうってなんだっけ?になる件w
[ 2016/10/24 23:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

桃華「お姉さん、ですわ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto