スポンサーリンク

2016 10/23

フレデリカ「コミュ力向上JKごっこ」



2: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:35:17.35 ID:Ff6NpCtXO




フレデリカ「ふんふんふふーん、フィロソフィアー」
mymtfrdrk9.jpg


肇「ふぅ…今日も疲れました」
fjwrhjm17.jpg


朋「お疲れ様、って言いたいけど今日何かしてた?」
fjitm6.jpg


文香「今日は…一応、ラジオの収録を…」
sgswfmk14.jpg


肇「文香さんはずっと本読んでましたけれどね」


フレデリカ「杏ちゃんが居なかったから全然進まなかったんだー」


肇「…朋さんは、今日は何を?」


朋「あたしは、タロットカードを使った種も仕掛けもない手品教室よ」


前スレ
フレデリカ「チェーンジ!ごっこ」
シリーズスレ
スリーエフ





スポンサーリンク



3: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:36:10.54 ID:Ff6NpCtXO




肇「…」


朋「肇ちゃん、もしかして此奴もやべぇ奴みたいな視線はあたしでも傷付くわよ?」


肇「あ、すみません…つい癖で…」


フレデリカ「そんな肇ちゃんの為に!」


肇「結構です」


フレデリカ「…そんな肇ちゃんの


肇「ドリンク、何か持って来ましょうか?」


フレデリカ「…フレちゃんはレモンティーかなー…」


朋「せめて聞いてあげよ?!」


4: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:37:17.30 ID:Ff6NpCtXO




肇「仕方ありませんね…」


フレデリカ「えっとねー、最近肇ちゃんが荒んでるでしょー?」


文香「…以前の様な潤いは、もはやどこにも…」


フレデリカ「しかし、かの者は未だ解に手を伸ばせぬまま…」


肇「つまり、JKっぽく振舞ってコミュ力を鍛えていこう、と…」


文香「…確かに、私にも必要なモノかもしれませんし…」


フレデリカ「そのために朋ちゃんを呼んだんだー」


朋「…杏ちゃん呼ばない?」


5: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:37:54.45 ID:Ff6NpCtXO




肇「だからファミレスなんですね」


フレデリカ「いぇーす!女子高校生のアフタースクールパーリータイムはファミレスでドリンクバーだからねー」


朋「ここ女子高校生一人しかいないんだけど」


文香「…若さを僻む事はありません…朋さんには、朋さんの魅力が、きっと…」


フレデリカ「取り敢えずポテト頼んじゃおっか」


肇「全員コーヒーで大丈夫ですよね?」


朋「進んでるの?進んでないの?」


6: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:38:43.72 ID:Ff6NpCtXO






フレデリカ「さてさてー、取り敢えずテーブルの上がJKっぽくなったねー」


肇「あ、でしたら英単語帳も置いておきますね」


文香「…では、私は夏目漱右のこころを…」


朋「え、じゃああたしはタロットカードかしら」


フレデリカ「いい感じに混沌としてきたし、じゃー始めよっか」


文香「…」


肇「文香さん、JKにとってポテトは冷めてからか本番ですよ」


文香「…分かってはいます…精神的向上心の無いモノは馬鹿ですからね」


朋「取り敢えず二人とも座らない?」


7: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 16:56:36.07 ID:Ff6NpCtXO



朋「そう言えば、なんで杏ちゃんいないの?」


肇「プロデューサーさんとゲームセンターに行ってしまったからです」


朋「そっちの方がJKっぽくない?!」


肇「つまり朋さんは高校時代、学校の規則を破ってまでゲーセンに行く不良だった、と…」


朋「不良じゃなかったしそんな規則も無かったわよ?!」


文香「…何か注文しませんか?」


肇「ダメですよ文香さん、ポテトとドリンクバーだけで六時間は粘らないと」


文香「…」


朋「二人とも目が怖いし、フレデリカちゃんも何か喋ってよ」




9: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 17:08:39.96 ID:Ff6NpCtXO



ピンポーン


肇「は?」


文香「…なにか?」


フレデリカ「じゃーフレちゃんも何か頼もっかなー」


文香「では、私は茄子の油味噌炒めを…」


朋「JKっぽさは?!」


肇「仕方ありませんね…鶏皮ポン酢で」


朋「あの」


肇「実際のJKなんてそんなものです」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 17:22:25.93 ID:siH2DQwP0

なんかもう既に朋ちんがストレスで倒れそうなヨカーン


11: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 17:41:59.58 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「ふんふんふふーん、麩」


朋「ざっつ!」


文香「…では、JKらしく雑談でも…」


肇「どうせ雑談しかしないじゃないですか」


フレデリカ「ふんふんふふーん、フリートーク」


肇「では、ライブについての反省会でも…」


文香「…では、私はホワイトスノウポエムノートの音読を…」


フレデリカ「その声、我が友文香氏ではないかなー?」


肇「では、私は山手線に撥ねられて怪我をしなければ」


朋「さりげない自殺志願やめない?」


12: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 17:50:20.65 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「じゃー大富豪やるー?」


肇「トランプ、持ち歩いてるんですか?」


朋「タロットカードならあるわよ?」


フレデリカ「じゃー朋ちゃんはハングドマンね」


朋「振り雑過ぎない?」


文香「…ハングドマン…忍耐、抑制…朋さんにぴったりですね」


朋「…愚者よりはマシね」


13: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 17:55:16.04 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「温泉巡りしたくない?」


肇「それはいいですが…あまり、纏まった休みが…」


文香「…でしたら、古書店巡りは…」


フレデリカ「あ、冷奴きたよー」


肇「あ、でしたら私はきつねうどんを…」


文香「…では、私は」


肇「文香さん、お財布は?」


文香「…問題イナフです」


朋「なさそうであるじゃない!いや無いんだけど!」


14: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 17:59:32.83 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「ところで何しようとしてたんだっけー?」


文香「…確か、肇さんの過去編を語る、と…」


肇「ちがったと思いますけど」


フレデリカ「過去は…振り返らない!ってかんじー?」


文香「…常に前だけを向いて生きているのでしょう…羨ましい限りです」


フレデリカ「若いっていいねー、流石JK」


朋「あ、戻ってきたわね」


15: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 18:01:40.90 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「肇ちゃん手持ちあるー?」


肇「まぁ、多少は…」


文香「…杏さんを呼びましょうか?」


肇「文香さんなら山手線に撥ねられても軽傷で済みそうですよね」


朋「物騒!」


フレデリカ「はー、ツッコミ欲しいねー」


朋「あれ?あたしは?」


肇「頑張って下さいね」


16: ◆TDuorh6/aM 2016/10/23(日) 18:04:08.90 ID:Ff6NpCtXO



フレデリカ「で、大富豪やるー?」


文香「…JKはありですか?」


肇「普通にジョーカーっていいません?」


フレデリカ「だよねー、ここに普通のJKはいないもん」


肇「フレデリカさん、虎と戯れる企画があるそうですよ?」


フレデリカ「フレちゃんまだ死にたくないかなー…」


朋「…発狂しそう…」








転載元:フレデリカ「コミュ力向上JKごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477208069/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

スリーエフ短SSモバマスフレデリカ文香

(5)

AFTER P「嫁が欲しいな」伊織「!」

BEFORE 神谷奈緒「憎めない常務と秋の魅力満喫☆わくわくバスツアー……!?」

これあれだな、作者さん人数増えすぎて使いこなせてないんですよね
[ 2016/10/24 00:01 ] [ 編集 ]
肇ちゃんがさらにやさぐれていく…
[ 2016/10/24 01:05 ] [ 編集 ]
みんな何歳か忘れてしまった
フレデリカが大学生なのは覚えてるが
[ 2016/10/24 17:41 ] [ 編集 ]
文香も朋も19じゃなかったっけ
[ 2016/10/24 19:57 ] [ 編集 ]
ふじともちゃんとかいう終身名誉JK
[ 2016/10/25 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

フレデリカ「コミュ力向上JKごっこ」

Copyright © 2023全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto