スポンサーリンク

2016 10/17

飛鳥「フゴフゴムムーンっと食レポ訓練」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:51:56.20 ID:mGV1lWqKO

飛鳥((長い秋雨も去り、本格的に秋が到来した))

飛鳥((秋。どこか仄暗い寂しさと、彩り溢れる華やかさが同居するセカイ………嫌いじゃない))

飛鳥((学校を終えて事務所に向かい、1杯のコーヒーと共に灰色の街を眺める))

飛鳥((日も短くなり、このルーティーンを済ますころにはすっかり黄昏時だ))




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:53:08.32 ID:mGV1lWqKO

飛鳥((ボクのいる窓際の対角_________デスクスペースでは、プロデューサーがPCと睨み合っている))

飛鳥((先程差し入れたコーヒーを、彼は一息に飲み干した。仕事に集中しているときの彼は、手近な飲食物を無意識に摂るクセがある))

??「……………………で、だから私はスプーン屋さんにこう言ったんです………………」テクテク

飛鳥((廊下の足音、話し声。彼がキーボードを叩く音。セカイが奏でる音楽に、ボクは耳を傾けた))

??「……………………って思ったら、薄力粉じゃなくて強力粉だったんですね…………」テクテク


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:54:32.91 ID:mGV1lWqKO

飛鳥((彼にコーヒーのおかわりを淹れてあげよう。ふと思い立って給湯室に向かった))

??「……………………そうして手に入れたのがこのスプーンです!ソ連の秘密研究所が作ったという逸品で………………」トタトタ

飛鳥((多少物音を立てても、彼は画面から目を離さない。せわしなく働く彼の背中に、ボクはある種の安心感を覚える))

??「……………………さっそく曲げてみますね!……」ドタドタ
??「……………………このパンですか?5時のおやつです!…………」バタバタ

飛鳥((ミルクは多め、砂糖は入れない。自分のついでに淹れるうち、彼の好みもすっかり覚えてしまった))

??「ムムムーン!!ムーン!!!……あれ?曲がりませんね?もう一丁ムムムーン!!」ドタドタドタドタ

??「フゴフゴフゴ!!グモモ!!グモモモガグモ!!」バタバタバタバタ

飛鳥「プロデューサー、コーヒーのおかわりはどうだい。そろそろ一息ついても…

裕子・みちる「「おはようございまーーす!!」」ドアバーン

飛鳥「うるさいなぁ、もう!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:56:31.96 ID:mGV1lWqKO

でる人
nnmyask13.jpgohrmcr10.jpg
hryk12.jpg


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:57:21.57 ID:mGV1lWqKO

裕子「あっ」ムムムーン

みちる「お取込み中でしたか?ごめんなさい!」フゴゴ

飛鳥((大原みちる、堀裕子。バラドルとしての活動を主とする二人だ。………少し、大人気無かったかな))

飛鳥「いや、いいんだ。すまない、少し冷静さを欠いていたよ」

裕子「そうですか!ちょっと音量下げますね」…ムムムーン

P「お、賑やかになったと思ったら高校組も揃ったか」

みちる「お疲れ様です!プロデューサー!」フゴ

P「ああお疲れ。そうだ、3人とも話があるから後で応接室に来てくれ」

裕子「話?3人一緒にですか?」

飛鳥((3人で仕事…?裕子達と行ったオーストラリアが思い出される))

みちる「あれま、なにか撮影でしょうか」

飛鳥((面子から察するに、また海外だろうか?何処に行こうがボクは変わらない。彼の期待に応えるだけの結果を残す…それだけだ))

P「撮影には違いないんだが…3人にテレビ番組のオファーが来ててな」

飛鳥((………えっ?))


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 09:59:37.70 ID:mGV1lWqKO


________________________


飛鳥「……料理番組?この3人でかい?」

P「そうだ。地方局だがゴールデンだぞ。うまくやれば知名度も一気に上がる」

みちる「それは頼もしいですが……響子ちゃんや葵ちゃんの方が適任じゃないですか?」

P「あー…そこらへんじっくり説明したいんだが、あいにくこの後会議があってな。悪いがユッコ、悪いがテレパシーで読み取ってくれないか?」

裕子「お安いご用です!」ムムムーン

飛鳥((……えっ))

裕子「あー来てます来てます……じゃあ2人にはざっくり説明しときますね」

P「ありがとう。会議が終わったら改めて話そう。一応概要が人数分刷ってあるから、目を通しておいてくれ」

みちる「わかりました!」

飛鳥((みちるも平然と受け入れている……ミラクルテレパシーに偽りなし、なのか?))

P「じゃあ悪い、時間なんで失礼する」

飛鳥((料理番組。勿論初めてのことだ。それも、彼女達と))

裕子「お疲れ様です!」ムムムムーン!

みちる「お疲れ様です!」フゴゴゴー!

飛鳥((……不安だ))


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:01:08.97 ID:mGV1lWqKO


___________________________


裕子「えっとじゃあ、脳に直接送りますね」ムムムーン

P『簡単に言うと、アイドル3人1組でやる料理対決だ。昔深夜帯にやってたゲロゲロキッチンって分かるか?あれを全年齢向けにしたイメージでいい』

P『大きく違うのは、勝敗の判定だな。審査員が直接料理を食べないんだ』

飛鳥「?」

P『料理を作るのは2人だけ。残った1人がそれを食べて、レポートする。より美味しそうだと思わせたチームが勝ちなんだ』

P『ただの料理対決よりもタレントとしての総合力が必要になる。3人ともこういう仕事は初めてだから、不安なら前もって練習するといい』


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:04:39.30 ID:mGV1lWqKO

裕子「…って具合ですね」

みちる「なるほどー。よくわかりました」

裕子「それで皆さん、料理の経験は?」

飛鳥「全く無いな。カップラーメンが関の山だ」

裕子「私は家族の手伝いをするくらいです。みちるちゃんは?」

みちる「うちは実家がパン屋ですから、パンだけなら自信があります。ただそれ以外となると…」

裕子「うーん…。しかも、食レポもしなきゃいけないんですよね」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:07:19.51 ID:mGV1lWqKO

飛鳥「さっき練習と言っていたが、具体的にはどうするんだい?」

P『給湯室の設備を自由に使っていい。調理用具も一通り揃ってるからな。』

裕子「…とのことです」

みちる「ユッコさんがいると捗りますね」

裕子「朝飯前です!美少女アイドルサイキッカー、ユッコですから!」

みちる「もうすぐ夕飯どきですけどねー」あははー

飛鳥「……そうだ、折角全員揃ってるんだし、今から何か作ってみないか?」

みちる「そうですね。確かに今からやれば丁度いい時間になります」

裕子「じゃあ善は急げです!給湯室に急ぎましょう!」ピロピロピロピロー……


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:10:54.00 ID:mGV1lWqKO

飛鳥((一瞬で給湯室に…テレポーテーションか?))

みちる「今から買い物に行くと時間かかりますし、できれば有り物で済ませちゃいましょ」

裕子「冷蔵庫には何がありますか?」

飛鳥「野菜庫にニンジン、タマネギ、ジャガイモ、あとレタスにパセリ……あとこれは、セロリかな」

裕子「パッと思いつくのはカレーですが」

飛鳥「冷蔵室にはスタドリと飲み物類だけ。この大きなタンクはおいかわ牧場の牛乳だな」

みちる「肉抜きカレーはちょっと許せないですね…」

裕子「あ、冷凍庫にも色々ありますよ!大人組が買い込んだ冷食やライラちゃんのアイス、あとイカや貝がけっこうたくさん」

飛鳥「この前七海達が採ってきたものだろう」

みちる「あ、思いつきました!……………」

____________________________________


飛鳥「…………なるほど、いい案だね」

裕子「じゃあさっそくレシピを探しましょう!サイキック検索ゥー!」スマホポチー

飛鳥((エクステ、外してこよう))


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:12:28.66 ID:mGV1lWqKO

みちる「まずニンジン、タマネギ、セロリなどの皮を剥き、賽の目に切って炒めます」

飛鳥「サイノメ?」

みちる「サイコロのサイです!ちっちゃい四角ってことですね!」

裕子「な、涙が…サイキックバリア…!」

みちる「玉ねぎの痛いのは鼻から入りますからね!バリアは鼻に張るといいですよ!」

飛鳥「ミーティングのときは不安だったが…結構すごいじゃないか」

みちる「カレーパンの仕込みを手伝ってましたからね!これくらいは慣れっこです!」

裕子「頼もしいですね!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:13:53.67 ID:mGV1lWqKO

みちる「そういえば、なんで私たちが選ばれたんでしょうか?」

飛鳥「確かに…何か共通点がある訳でも、接点がある訳でもないメンバーだね」

裕子「ちょっと聞いてみます…」ムムムーン

P『先方から「とびきりキャラが濃いのを出してくれ」って指定があってな。俺の思うトップ3を選んだ訳だ』

みちる「なるほどー!やっぱりサイキックがあると便利です!」

裕子「ふふーん!ざっとこんなもんですよ!」

飛鳥((トップ3……))チラッ

裕子「ムムムーン!」

みちる「フゴゴゴゴ!」

飛鳥((せめて、ボクが3位であると願いたいな))


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:16:26.66 ID:mGV1lWqKO

裕子「えっと次に…冷凍のアサリを鍋に入れて、白ワインを加えて蒸します!」

飛鳥「ワインか」

みちる「大人組の飲みかけのがありますね!ちょっと拝借しちゃいましょっか」

裕子「早苗さんには後で言っておきます!精々ちょっとシメられるくらいですよ」

飛鳥「大丈夫なのかい…?」

みちる「ああ、一気にいい匂いがしてきましたね!お腹すいてきました!もう1つ食べちゃいます!」フゴゴゴゴゴ

飛鳥((大ぶりのバタール。今夕食を作ってるのに))

みちる「パンは別腹ですから!」グモモモモ モグー

飛鳥((……みちるもエスパーなのか?))


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:17:44.25 ID:mGV1lWqKO

裕子「具材が浸るまで水を足したら、コンソメを加えてしばらく煮込みます!」

みちる「とりあえずひと段落ですね」

飛鳥「その、食レポは全員が練習する必要があるものなのか?」

みちる「資料によるとレポート役は抽選で決まるそうなので」

裕子「誰に来ても大丈夫にしておく必要があるんですね」

飛鳥「そうか…正直な所、ボクは自信無いな」

裕子「そうですか?活動歴で行ったら飛鳥ちゃんが一番なんじゃ」

飛鳥「今回みたいなバラエティ番組……とりわけ食レポなんて、全く初めてのことだからね」

飛鳥「社会に媚びへつらうような笑顔を偽ることはできないし、その気もない。ボクには向いてないとさえ思えるな」

みちる「うーん…そんなに難しく考えないくていいんじゃないでしょうか?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:18:50.89 ID:mGV1lWqKO

飛鳥「?」

みちる「おいしいものを食べたら、自然と笑顔になるものです」

みちる「パンは小麦、塩、水、イーストがあればできます!シンプルでいいということです。パンも、何事も!」

みちる「もし飛鳥さんがレポート役になっても、どーんと構えててください!」

裕子「そうですね!美少女サイキッカーユッコの手にかかれば、靴底だって松坂牛にしてみせます!」

飛鳥「……裕子、それは意味がわからないよ」

裕子「でも、伝わりましたよね?」ニカッ

飛鳥「……ああ。」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:20:21.63 ID:mGV1lWqKO

みちる「さあ!あとは仕上げです!」

裕子「牛乳を加えて、塩コショウで味を整えたら…」

飛鳥「クラムチャウダー、完成だね」

みちる「盛り付けは私に任せてください!2人はテーブルの準備をお願いします!」

飛鳥「ああ。悪いが裕子、先に行っててもらえるかい?少しやりたいことがあってね」

裕子「?わかりました!」ピロピロピロピロー……


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:22:05.30 ID:mGV1lWqKO

飛鳥((クラムチャウダーにみちるのパン。それだけでも悪くないが、ちょっと寂しいだろう))

飛鳥((確か冷蔵庫に…あった、レタスだ。これでサラダでも作っておこう))

飛鳥((プロデューサーが言っていた、この3人の意味。異端だから、というのも事実だろうが、それだけじゃない。そうなんだろう?プロデューサー))

裕子『きっとそうですよ!』

飛鳥((急に脳内に入ってこないでくれるかい。驚くしそれに……今のは忘れてくれ))

裕子『ごめんなさい。サイキック立聞きしちゃいました』

裕子『みちるちゃんの方も大丈夫みたいです!料理を運んできてください!』

飛鳥「ああわかった、すぐ行くよ」

飛鳥「と、口に出す必要も無いんだったな、サイキッカー」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:23:05.00 ID:mGV1lWqKO

みちる「できましたよー!」

飛鳥「えっと…」

裕子「これは…」

飛鳥「巨大なパンにしか見えないな」

みちる「よーく見てください。まんなかのとこ」

裕子「ああっと!切れ込みが入って…蓋になってるんですね!」

飛鳥「中にクラムチャウダーが…なるほど、パンが器になっているんだね」

みちる「はい!本場サンフランシスコ風の盛り付けです!」

※イメージ
L8KGHh0.jpg


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:23:46.05 ID:mGV1lWqKO

みちる「それでは、冷めないうちにいただきましょう!」

「「「いただきまーす!」」」

飛鳥((クラムチャウダー。普段はあまり食べない料理だが、中々悪くない。拙い料理でも美味しく感じるのは、自分たちの手で作ったからかな))

みちる「…どうですか?」

裕子「…飛鳥ちゃん?」

飛鳥「ああ、美味しいよ」

みちる「それはそれは」ニヨニヨ

裕子「よかったですね」ニヤニヤ

飛鳥「どうしたんだい、2人して…」

みちる「飛鳥ちゃん、すごいいい笑顔ですよ」

飛鳥「!」

裕子「飛鳥ちゃん、こっち向いて!」パシャリ

飛鳥「裕子、それ誰かに送ったら…ボクは羅刹になるよ」

裕子「大丈夫です!プロデューサーに送るだけですから!」

飛鳥「……………!!」

飛鳥「それが最大の禁忌だよ!」

みちる「あははははー!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:25:20.03 ID:mGV1lWqKO

____________________

裕子「このパン、なんかすっぱくないですか?」

みちる「あ、悪くなってる訳じゃないですよ。サワードゥといって、自然酵母で発酵させたパンなんです」

飛鳥「へぇ…もしかしてこれも、サンフランシスコ風なのかい?」

みちる「その通りです!サワードゥの器にクラムチャウダーを入れて食べるのが本場流です!万が一と思って持参しておいて正解でした!」

飛鳥「なるほど。パンの酸味とミルクのまろやかさが合わさって、チーズにも似た風味だ」

裕子「飛鳥ちゃん、しっかりレポートできてるじゃないですか」

みちる「そうですね!私たちも負けていられません」

飛鳥((そうか…こういう事なのか))

___________________________


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 10:25:49.87 ID:mGV1lWqKO

P((長い会議を終え、携帯を確認する。2時間足らずのうちに、電話・メールが合わせて7件。うち2件は至急))

P((そして、担当アイドルからのメールが1件))

P「……いい笑顔じゃないか」

P「」グゥ~

P「…………………」

P「俺の分は、あるのかな」

おわり



転載元:飛鳥「フゴフゴムムーンっと食レポ訓練」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476665462/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス飛鳥みちる裕子

(2)

AFTER 佐久間まゆ「胞子まみれのリア充の街」

BEFORE 【モバマス】モバP「大石泉を依存させたい」

このタイトルだけで出てくるアイドルが分かるというね
[ 2016/10/17 21:01 ] [ 編集 ]
力を使いこなせるユッコはただの有能美少女、はっきりわかんだね
[ 2016/10/17 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

飛鳥「フゴフゴムムーンっと食レポ訓練」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto