スポンサーリンク

2016 10/09

荒木比奈「青春リベンジ、っス」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:55:24.08 ID:IB+NWrj/o


比奈「学園祭の仕事…でスか?」

P「ああ」

比奈「学園祭に呼ばれるってなんか、声優さんみたいでスね…えへへ」

P「あ、トークショーとかじゃないぞ」

比奈「えっ?違うんでスか?」

P「比奈は学園祭に生徒として参加する側だ」

比奈「えぇ…。どういう企画なんスか、それ…」

P「アイドルで学園祭を作る企画らしい。現役学生だけじゃなくて、比奈みたいに成人したアイドルも呼んでるみたいだぞ」

比奈「なるほど…。制服とか着るんスかね…、へへ、この歳で制服着るのってなんかコスプレっぽいっスね」




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:56:06.41 ID:IB+NWrj/o

P「あ、そうだ。その制服のことなんだけど、自分の制服を持ってきて着てもらうことになってるから」

比奈「えっ」

P「比奈は2年前まで着てたし、入らないなんてことは」

比奈「な、ないっスよ…、多分…」アセアセ

比奈「というか、女の子にそういうこと言うの、デリカシーないっスよ…」ムッ

P「ごめん…」

比奈「…なんて、冗談っスよ。プロデューサーに言われても、嫌な感じしないんで」

比奈「制服、実家にあると思うんで、明日あたりにとってきまス」

P「送ろうか?」

比奈「どもでス。じゃあ明日の昼前くらいに事務所に来まスね」

P「おう」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:56:55.19 ID:IB+NWrj/o

―――

次の日、車内


P「そういえば比奈ってさ」

比奈「なんでスか?」

P「高校の時とかってどういう子だったんだ?」

比奈「高校の時っスか?…うーん、友達と趣味の話して、漫画描いて、深夜から早朝に寝る生活してたっスね」

P「今と変わんないな…」

比奈「でスね…えへへ…」

比奈「あー、そう考えたら、学生っぽいこと全然してないっスね…。アタシの青春はどこかに行ってしまったっス…」

比奈「まあ、後悔はないっスよ。それがあったから、今こうしていられるんで…へへ」

比奈「あ、でも、他のルートには少し興味はあるっスけどね…。まあ、もう後戻りはできないんで」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:57:33.68 ID:IB+NWrj/o

P「…戻る方法があるって言ったら?」

比奈「へっ?」

P「この仕事、ちょうどいいんじゃないか?まあ、疑似だけど…、比奈がやりたい別の青春。撮影の合間とかにさ」

比奈「いいんでスか?」

P「この企画自体お祭りみたいなもんだし、日程にも余裕あるからな」

比奈「…じゃあ、プロデューサーに手伝ってもらいたいんスけど、いいっスか?」

P「おう、いいぞ」

比奈「えへへ、ありがとうございまス。当日までに考えとくんで、覚悟しといてほしいっス」

P「何やらせる気だよ…」

比奈「ヒミツっスよ♪」

P「なんか怖いな…っと、着いたぞ」

比奈「んじゃ、探してくるんで、待っててください」

P「おう」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:58:24.36 ID:IB+NWrj/o

...

比奈「お待たせしたっス」

P「おかえり。制服あったか?」

比奈「あったっスよ。だいぶ奥の方にあったんで苦戦しました…」

比奈「よいしょ…っと」ドサ

P「荷物多くないか?」

比奈「いやぁ、ローファーとかも入ってるんで」

P「あぁ、なるほど」

比奈「あと…漫画とか。久々にタイトル見て読みたくなることってありまスよね?」

P「わかるわ…」

比奈「ふふ、プロデューサーも同類っスね」

P「はは。じゃあ、帰るか」

比奈「はいっス」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:58:59.26 ID:IB+NWrj/o

比奈「そういえば、学園祭ってことは、出し物とか模擬店もやるんスか?」

P「ああ、やるぞ。比奈はメイドカフェな」

比奈「うぇ!?ちょっと、そういうことは先に言ってくださいよ!」

P「はは、ごめんごめん」

比奈「後で菜々さんに色々教えてもらいまスか…」

P「比奈の高校時代とか、学園祭は裏方やってそうだよなあ」

比奈「その通りっスよ。あの頃は表に出るような仕事は断固拒否してたんで…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 17:59:30.85 ID:IB+NWrj/o

比奈「ポスター描いたりとか…、わかりやすいっスね、アタシの高校時代」

P「そりゃ、今の比奈見てればな」

比奈「アイドルになって変わったと思ってたんスけど、変わってないこともたくさんでス」

比奈「来年の今頃も、こうやってちょっとずつ変わりながら、でも変わらずお仕事できるといいっスね…へへ」

P「…そうだな」

比奈「じゃあ手始めに、このお仕事頑張るっスよ~!あと、青春リベンジも、っス!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:00:27.92 ID:IB+NWrj/o

―――――

数日後、学園祭現場

比奈「えへへ、久々の制服っスよ。どうっスか?プロデューサー?」

P「似合ってるけど…、そのジャージは?」

比奈「あ、これっスか?高校のときもこんな感じで羽織ってたんで…」

比奈「サイズもセーフだったっス、ギリギリ…。ちゃんとレッスンしといてよかったっスね…」

P「あ、そうだ。仕事もそうだけど、もう一つ、比奈がやりたいこと、考えてきたか?」

比奈「ふっふっふ…もちろん考えてきましたよ、名付けて『青春リベンジプラン』っス!」

P「そのままだな」

比奈「この際ネーミングセンスはほっといて欲しいでスよ…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:01:07.71 ID:IB+NWrj/o

比奈「プロデューサーには、アタシの先輩役やって欲しいっス」

P「俺が先輩?」

比奈「はいっス。それで、学園祭の間…アタシと付き合って欲しいっス」

P「えっ」

比奈「いつか言ったと思うんスけど、アタシ、ベタな展開って大好きなんでスよね」

比奈「だから、こういう学園祭デートみたいなのに、憧れるんスよ…」

比奈「アイドルである以上、こういうのってダメだと思うんでスけど、こんなの、今回しかないっスから…」

比奈「やっぱ、ダメっスよね…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:01:56.74 ID:IB+NWrj/o

P「…わかった」

比奈「いいんスか?」

P「どうせ収録の待ち時間使ってやろうと思ってたし、周りはスタッフばっかりだからプロデューサーと担当アイドルが一緒にいても別になんとも思わないだろ」

比奈「…へへ、ありがとうざいまス…」

比奈「…でも、もうちょっとプロデューサー自身の気持ちで考えて欲しかったっス」ボソッ

P「なんか言った?」

比奈「何でもないっスよ!」

P「?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:02:35.63 ID:IB+NWrj/o

比奈「それより、まだ撮影まで時間ありまスよね?」

P「ああ、比奈は午後からだからな」

比奈「じゃあ、学園祭一緒に見て回りたいっス、センパイ♪」

P「…その呼び方、凄い違和感あるな…」

比奈「かわいい後輩っスよ。もっとかわいがってくださいよ、センパイ」ギュッ

P「これ、スタッフにも誤解されそうだな…」

比奈「大丈夫っスよ。こういうプレイって言えば」

P「全然大丈夫じゃないんだよなぁ」

比奈「冗談っスよ」

P「冗談になってない」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:03:06.09 ID:IB+NWrj/o

比奈「…ふふ」

P「…はは」

比奈「なんか良いっスね…こういうの…。青春って感じ、しません?」

P「なんとなくわかる。どうでもいいやり取りして笑って…」

比奈「甘酸っぱいっスね…。今日はこれにとことん付き合ってもらいまスからね!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:03:56.92 ID:IB+NWrj/o

―――

比奈「やりたいことその1、『二人で学園祭を回る』っス」

P「まあこれはド定番だな」

比奈「リアルJKだったときの学祭はオタ友達と回ってたんスけど、こうやってセンパイと回るのは良いっスね…。ドキドキしまス」

P「デートみたいなもんだしな…」

比奈「あっ、クレープ食べません?」

P「ん、いいよ」

比奈「アタシはイチゴのでお願いしまス」

P「俺も同じので…。って、なんだよ」

比奈「違うの頼んで欲しいんスよ」ジー

P「…じゃあ、チョコので」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:04:50.46 ID:IB+NWrj/o

比奈「ありがとうございまス。…すること、わかりまスよね?」

P「…なんとなくな」

比奈「…じゃ、センパイからお願いしまス」

P「え…、比奈からじゃないのか」

比奈「恥ずかしいじゃないスか…」

P「えっかわいい」

比奈「そういうコト言わないでください…照れまス」

P「これ一生終わんないからやめよう」

比奈「そうでスね」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:06:03.60 ID:IB+NWrj/o

P「じゃあ、あ、あーん…」

比奈「あ、あーん」パク

比奈「…味わかんないっス…えへへ…」テレテレ

比奈「今度はこっちから…あーん…」

P「あむっ。……甘いな」

比奈「甘いっスね…色んな意味で…」

比奈「半分くらいこうやって食べようと思ってたんでスけど、一口で胸焼けしたっスね…」

P「残りは自分で食べるか…」

比奈「そっスね…これ以上は色々ヤバいっス」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:06:31.47 ID:IB+NWrj/o

比奈「…あ、間接キス…」

P「…意識しないようにしてたんだけど」

比奈「…イヤでも意識させまスからね、センパイ」

P「耐えられるかなあ…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:07:19.78 ID:IB+NWrj/o

―――

比奈「さて、お昼っスね」

P「どうする?どっかでなんか買うか」

比奈「ふっふっふ…。ここでやりたいことその2っスよ」

比奈「屋上でお昼ごはんっス!」

P「あー、わかるわ…。学園モノって屋上でお昼食べるの多いよな。現実の学校は危険だからって開いてないとこばっかりだけど」

比奈「そうなんスよね…。ウチも開いてなくて断念しました」

比奈「なので!今日は絶対屋上でお昼食べるっスよ!」

P「すごい意気込み」

比奈「当たり前っスよ。わざわざお弁当まで作ってきたんスから」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:08:17.12 ID:IB+NWrj/o

P「え?誰が?」

比奈「アタシが」

P「比奈料理できたんだ?」

比奈「失礼っスね…。アタシだって一人暮らしの女子っスよ?お弁当作るくらい造作もないっス」フフン

P「なんか楽しみになってきたな…」

比奈「あ、あんまり期待しないで欲しいっスね…」

P「さっきの自信はどうした」

比奈「期待されると急に不安になるじゃないでスか…」

P「わかるけどさ…。屋上ついたぞ。開いてるかな…?」ガチャ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:09:11.42 ID:IB+NWrj/o

P「お、開いてるじゃん。機材とかの一時置き場として開けといたのかな?しかも誰もいないし」

比奈「さすがに仕事中にこんなところにお昼食べに来る人なんてアタシ達しかいないっスよ」

P「はは、確かに」

比奈「はい。センパイの分っス」

P「さんきゅ。…お、サンドイッチ」

比奈「これくらいは作れまスから」

P「…ん、美味いな」

比奈「…えへへ。こうやって誰かに料理食べてもらうことってほとんどなかったんで、なんかくすぐったいっスね」

P「ありがとな、比奈」ナデナデ

比奈「えっ、ちょっと…、こんなの予想外っスよ…。えへ、えへへ…」

P(かわいい)ナデナデ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:10:36.72 ID:IB+NWrj/o

比奈「撫でられついでに、一つ甘えてもいいっスか…?」

P「ん?」

比奈「ちょっと、膝貸してもらっても、いいっスか?」

P「膝?膝枕か?」

比奈「っス」

P「いいぞ。ほら」ポンポン

比奈「じゃあ失礼しまス…。ひゃああ…。おもったより恥ずかしいっスねこれ…」

P「こっちも相当恥ずかしいんだけど」

比奈「こういうお互いが恥ずかしいのって青春感ありまスね!!!」

P「無理やりテンション上げて恥ずかしいの隠さなくてもいいぞ」

比奈「…バレバレっスね」

P「そりゃあな」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:11:04.46 ID:IB+NWrj/o

比奈「…いい天気っスねぇ」

P「雲ひとつないな」

比奈「青春っスねぇ」

P「青春か?」

比奈「そうっスよ、青春っス」

P「そっか」

比奈「そうっス」


P「……」


比奈「……」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:11:38.87 ID:IB+NWrj/o

………

P「比奈、比奈」ペシペシ

比奈「…んぁ?…アタシ、寝てました?」

P「寝てた。そろそろ撮影の準備な」

比奈「申し訳ないっス。膝借りて寝ちゃうなんて」

P「いいよ、それくらい。その代わり、仕事は120%の出来でな」

比奈「望むところっス」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:12:11.19 ID:IB+NWrj/o

―――


比奈「…っはー。お疲れ様でしたー」


P「お疲れ。比奈」

比奈「あー、プロデューサー、お疲れ様っス」

P「あれ、センパイじゃないのか?」

比奈「やだなあ、今はお仕事っスよ。公私混同はしないっス」フンス

P「なるほど、そういうことか…」

比奈「お仕事は終わったんで、ここからはセンパイでいくっスよ」

比奈「やりたいことその3っス。メイドカフェでセンパイに接客っス」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:12:44.42 ID:IB+NWrj/o

比奈「センパイが自分のクラスに来てキャーキャー言われてるところからのヒロインを指名!みたいなベタな展開っスけど、おいしいっスよね」

P「え、俺そんな人気な先輩の設定だったの」

比奈「少女漫画のメインキャラっていったらそういう感じじゃないでスか」

P「まあ確かにそうだけどな…」

比奈「まあそんな細かい設定はどうでもいいんスよ」

P「いいのかよ」

比奈「いいんス。センパイは黙って接客されててください」

P「…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:13:12.96 ID:IB+NWrj/o

………

比奈「お待たせしましたっス?スペシャルパフェとメロンソーダっス?」

P「…」

比奈「なんか言ってくださいよ…。恥ずかしいじゃないスか」

P「恥ずかしいのかよ」

比奈「恥ずかしくないわけないじゃないっスか…。仕事でやるのとは違うんスよ…」

P「かわいいよ、比奈」

比奈「うぇっ!?そういうことじゃないんスよ……えへへ」テレテレ

P(かわいいしチョロい…)

比奈「気を取り直して…。メイドカフェといえばアレっすよね」

P「アレ?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:13:59.45 ID:IB+NWrj/o

比奈「これっスよ。…はい、あーん?」

P「…これ、さっきもやったよな」

比奈「…ダブっただけっスよ。おとなしくあーんされてください」

P「あーん…、んむっ」

比奈「どうっスか?」

P「美味しいよ」

比奈「アタシの作ったサンドイッチとどっちが美味しいっスか?」

P「…比奈が作ったサンドイッチ」

比奈「もう、センパイったら~!照れるじゃないっスか~!えへへ…」

P(誘導尋問だ…)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:14:39.81 ID:IB+NWrj/o

比奈「バカップルらしい感じで良いっスね」

P「良いかな?」

比奈「こういうのもアリっすよ」

P「こっちから押すとすぐ照れるくせに」

比奈「不意打ちはズルいじゃないっスか…」

P「そういうもんなのか…」

比奈「そういうもんっスよ」

P「そういえば、このあと打ち上げみたいなのがあるらしいけど、まだ時間あるんだよな…。どうする?」

比奈「もうしばらくゆっくりしてって欲しいっス、センパイ♪」

P「…」

P(このあと滅茶苦茶あーんされた)


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:15:11.77 ID:IB+NWrj/o

―――

P「おー、結構でかいな」

比奈「あの組み木、キャンプファイヤーっスか?」

P「だな。昔はキャンプファイヤーでフォークダンス、みたいなのが定番だったけど、今はもう殆どやらないよなあ」

比奈「漫画でしか見たことないっスよね」

P「お、火ついた」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:16:10.06 ID:IB+NWrj/o


比奈「…こう、火を見てると、なんか変な気分になりまスね…。寂しいような…」

比奈「これが終わったら、先輩と後輩の関係は終わって、アイドルとプロデューサーに戻るんスね」

比奈「1日だけでしたけど、青春リベンジ、できたっス。ありがとうございました、センパイ」

P「比奈にそうやって呼ばれるのももう終わりかと思うと、ちょっと名残惜しいな、はは」

比奈「…」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:16:42.69 ID:IB+NWrj/o


ギュ

P「…比奈?」

比奈「青春リベンジ、やりたいこと、最後の一つっス」

P(比奈が手を握って、肩に頭を預けてきた…)

比奈「少しだけ、このままで、いさせて欲しいっス、センパイ」

P「……ああ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:17:28.24 ID:IB+NWrj/o

―――


P「キャンプファイヤー、終わったな」

比奈「…終わったっスね。アタシの青春リベンジも、終わったっス」

比奈「思い返してみれば、二人称が変わっただけで、やりとり自体はほとんどいつも通りだったっスね」

P「確かに…」

比奈「でも、いつもの会話でも、シチュエーション変わるだけで、けっこうドキドキできたっス。ありがとうございました」

比奈「プロデューサーとアタシの関係、アイドルとプロデューサーに戻りましたけど、また、いつも通り、やっていきたいっスね」

P「ああ、そうだな」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:18:08.34 ID:IB+NWrj/o

比奈「…実は、一つだけ、青春リベンジ。やり残したことがあったんス」

P「えっ?」

比奈「でもそれは、ああいうシナリオの中じゃなくって、もっとふさわしいタイミングでやりたくなったんで…。今回はいいっス!」

P「なんなのかは教えてくれないのか…」

比奈「…それは自分で気づいてください、鈍感プロデューサー!」

P「…まあ、いつか、そのタイミングが来たら、答えはわかるか」


P「じゃ、帰るか、比奈」

比奈「はいっス!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 18:19:11.58 ID:IB+NWrj/o


終わりです。

ありがとうございました。後輩比奈といちゃいちゃしたい

月末比奈は来てくれません…



転載元:荒木比奈「青春リベンジ、っス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475916880/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

比奈短SSモバマス

(0)

AFTER フレデリカ「お祭りごっこ」

BEFORE 星輝子「しょーこ・おぶ・ざ・でっど」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

荒木比奈「青春リベンジ、っス」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto