スポンサーリンク

2016 09/27

みく「ありうらかんにゃ」



2: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:06:17.54 ID:LqDMF8GF0


みく「柑奈ちゃんってさー」
mekwmk21.jpg

柑奈「はい、どうしました?」
arurknn9.jpg

みく「Pチャンのこと、好きなの?」

柑奈「好きですよ!」

みく「即答なんだ」

柑奈「そりゃあもちろん!」

みく「ふーん」

柑奈「どうしたんです? いきなり」

みく「いや、特に深い意味はないにゃ」

柑奈「そういうの~よくあるよね~♪」ジャラーン

みく「いきなり歌い出したよ」




スポンサーリンク



3: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:07:19.19 ID:LqDMF8GF0


柑奈「みくちゃんはプロデューサーさんのこと、嫌いなんですか?」

みく「いや、そういうことじゃなくって。えーっとね」

柑奈「?」ジャッジャジャッジャッジャジャッジャ

みく「ノリのいいギターやめて」

柑奈「♪」ポロンポロン

みく「指弾きで優しい音色を響かせても一緒にゃ!」

柑奈「イエーイ! セイピース!」ジャカジャーン

みく「話が進まないから一旦ギター置こ?」


4: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:08:01.01 ID:LqDMF8GF0


柑奈「それで、どうしたんです?」

みく「えっとね。もう単刀直入に聞いちゃうんだけど」

柑奈「はい!」


5: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:09:09.77 ID:LqDMF8GF0



みく「柑奈チャンとPチャンって付き合ってるの?」


6: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:10:13.10 ID:LqDMF8GF0


柑奈「……」

みく「……」

柑奈「……」

みく「……柑奈チャン?」


7: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:10:39.25 ID:LqDMF8GF0


柑奈「……」

みく「おーい」

柑奈「……ツキアッテナイデスヨ?」

みく「なんでカタコト」


8: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:11:29.19 ID:LqDMF8GF0


柑奈「じっちゃんが川の向こうで手を振っているとこに行っちゃいましたよ」

みく「それアカンやつや」

柑奈「ま、じっちゃん生きてますけどね!」

みく「なんやねん!」


9: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:12:50.00 ID:LqDMF8GF0


柑奈「びっくりしたのは本当ですよ?」

みく「ホントに? 今はずいぶん落ち着いて見えるにゃ」

柑奈「心臓すっごいバクバク言ってますから。聞いてみる?」

みく「エ、エンリョしとくにゃ……」

柑奈「エアコンの温度を勝手に下げちゃったらちひろさんに怒られるかなぁ」

みく「……」

柑奈「ふー、あっついあつい……ちょっとお腹空きません?」

みく「……柑奈チャン」

柑奈「どうしました?」


10: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:14:04.81 ID:LqDMF8GF0


みく「まだ答え聞いてないにゃ」

柑奈「答え?」

みく「みくの質問!」

柑奈「その……付き合ってるかってことですか?」

みく「それしかないにゃ」

柑奈「プロデューサーさんと」

みく「うん」


11: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:16:18.38 ID:LqDMF8GF0


柑奈「付き合ってないですよ」

みく「……ホントに?」

柑奈「ウソついてどうするんですか」

みく「つかない理由もないにゃ」

柑奈「それじゃ堂々巡りですよ」

みく「柑奈チャンが真実を言えばそこで終わるよ?」

柑奈「むぅ~……ウソついてないのに」

ガチャッ


12: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:20:07.06 ID:LqDMF8GF0


モバP(※以下表記P)「なんだ、ふたりともまだいたのか。お疲れさま」

みく「おつかれサマにゃ」

柑奈「お疲れさまです!」

P「日が暮れるのも早くなったからさっさと帰ったのかとおもった」

柑奈「ちひろさんから留守番を頼まれたので」

みく「誰かが戻ったら帰ろっかなっておもってたけど、それじゃPチャンがかわいそうだからもうちょっといるにゃ」

P「P冥利に尽きるなほんと」

みく「めっちゃ棒読みやん」

P「ソンナコトハナイデスヨ」

柑奈「あはは……」


13: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:20:47.41 ID:LqDMF8GF0


みく「まだ仕事するの?」

P「だから戻ってきたんだよ」

柑奈「最近忙しくしてますよね」

P「ありがたいことにな。俺が忙しいのはいいことだよ。みんなの仕事がちゃんとあるってことだから」

みく「まぁそうだけど」

柑奈「無理だけはしないでくださいね?」

P「善処するよ」

柑奈「……」ジーッ

P「……適度に休みます。ハイ」

みく(強い)


14: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:23:17.43 ID:LqDMF8GF0


みく「せっかくみくたちがいるんだからおしゃべりしようにゃ」

P「帰ってきたばっかりだぞ」

みく「どうせお仕事で外行ってたんでしょ?」

P「そうだけどさ」

柑奈「なら休憩しても罰はあたりませんよ!」

P「仕事しながらでも話はできるから」

柑奈「コミュニケーションはとれませんよ?」

P「……今日は随分来るな」

柑奈「そうですか?」

みく「Pチャンは仕事の虫だにゃ」


15: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:25:09.92 ID:LqDMF8GF0


P「ほう」

みく「なんにゃ」

P「そういう言葉も知ってんだなぁって」

みく「バカにしすぎやない?」

P「シーチキンを鶏肉だとおもってた子がねぇ」

みく「そ、その話はいいでしょ!」

柑奈「ま、まぁ私も子供のとき、卵をあたためたらヒヨコになるとおもってましたし」

みく「それぜんっぜんフォローになってないから!」

P「魚の切り身が泳いでるっておもってる小学生もいるから」

みく「みく高校生! 高校生だから!」


16: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:25:43.50 ID:LqDMF8GF0


P「ごめんな。やっぱり仕事しながらは無理だわ」

みく「誰もみくのこといじってなんて言ってないにゃあ!」

P「いじりがいがあるのが悪いわな」

みく「ぐぬぬ……なんとかしてみくのペースに……」

柑奈「みくちゃん、声が漏れちゃってる」

みく「!」ピコーン


17: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:27:13.16 ID:LqDMF8GF0


みく「にゃふふ……そうにゃそうにゃ……」ゴソゴソ

柑奈「?」

みく「Pチャン、あっち向いてて」

P「なんで」

みく「いいから!」

P「はいはい」


18: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:29:03.81 ID:LqDMF8GF0


みく「柑奈チャン、これ着けて」ヒソヒソ

柑奈「着けるのは大丈夫ですけど……これは」ヒソヒソ

みく「それでこうポーズして……次にこう」ヒソヒソ

柑奈「え、えぇ!? 結構はずかしい……」ヒソヒソ

みく「普段、ラブ&ピースとか言ってる柑奈チャンなら大丈夫!」ヒソヒソ

柑奈「そ、そうかなぁ……」ヒソヒソ


19: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:30:24.16 ID:LqDMF8GF0


P「乙女の会議は終わったか?」

みく「もうちょっと! ホラ、柑奈チャン」

柑奈「う、うん……」

P「もういいかい」

みく「もういいよ!」

P「なんだ、手品の仕込みでもしてた……」


20: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:31:01.14 ID:LqDMF8GF0


柑奈「あ、ありうらかんにゃ、です! にゃ、にゃーん」

P「」


21: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:31:44.38 ID:LqDMF8GF0


みく「どうにゃ!」ドヤァ

柑奈「ネ、ネコミミはともかく、このポーズは……」

みく「腰もしっかり入ってて、柑奈チャンなかなか素質があるにゃ」

柑奈「なんの素質ですか、それ……」

みく「ふわふわの髪にネコミミってのがまたいいにゃ」

柑奈「うぅ……はずかしか~」

みく「フフン、Pチャン声も出ないみたいにゃ」


22: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:32:47.98 ID:LqDMF8GF0


(……さん……わさん……)

みく「!?」

P(前川さん……ありがとう……ありがとう……)

みく(こいつ直接脳内に……!)


23: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:34:31.31 ID:LqDMF8GF0


P「良さ」

みく「見たことないレベルの安らかな顔で拝み始めたにゃ……!」

P「良さ……」

みく「語彙が消失してる……」

柑奈「も、もうやめても……」

みく「まだにゃ!」


24: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:37:07.94 ID:LqDMF8GF0


みく「Pチャンを仕留めるなら今しかないにゃ!」

柑奈「仕留める……?」

みく「ボディもなにもかもお留守な状態に追い討ちかけるにゃ!」

柑奈「本来の目的ってなんでしたっけ……?」

みく「なんだったか忘れたけどこのチャンスをみすみす逃すわけにはいかないにゃあ!」

柑奈「具体的にはなにを?」


25: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:37:54.28 ID:LqDMF8GF0


みく「ええっと、とりあえずネコっぽいこと! なんか!」

柑奈「ネ、ネコっぽいこと……」

P「……精神が違うところに行ってた気がする」

みく「まずいにゃ! 柑奈チャン早く!」

柑奈「えぇ!?」

P「なんだなんだ」

ヴーヴー

みく「なんにゃ! いいところで……」


26: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:39:07.77 ID:LqDMF8GF0


みく「……」

みく「……あー!!」

P「いきなりでかい声を出すな」

みく「すっかり忘れてたにゃ! 今日みんなで猫侍を見るんだったにゃ!」

柑奈「猫侍?」

P「ドラマの」

みく「ネコ好きみんなで集まって鑑賞会! ってわけでみくは先に帰るね! お疲れにゃ!」

柑奈「あっ、これどうすれば……」

P「……行ったな」


27: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:40:37.01 ID:LqDMF8GF0


P「さて。俺は仕事するから、有浦も帰りなさい」

柑奈「……」

P「有浦?」

柑奈「ブツブツ」

P「おーい、柑奈さーん?」

柑奈「……を……して……」ブツブツ

P「……まぁいいか」


28: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:42:05.18 ID:LqDMF8GF0


柑奈「あのっ!」

P「なんだ」

柑奈「これ……似合ってますか?」

P「想像以上にな」

柑奈「想像以上に?」

P「……かわいいなと」

柑奈「かわいい、か……えへへ、言葉で聞くと照れちゃいますね」

P「……」

柑奈「どうしました?」

P「いや、なんでもない」

柑奈「?」


29: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:42:41.27 ID:LqDMF8GF0


P「いつまで着けてるつもりだ、それ」

柑奈「ちょっと気に入ってかもしれません。にゃーんって」

P「そうかぁ」

柑奈「ダメですか?」

P「いや別に」

柑奈「じゃあなんで顔そらすんですか?」

P「肩こりがね。首をほぐしてるだけだよ」

柑奈「目も合わせてくれないんですか?」

P「やっぱり長時間のデスクワークしてると血流がね」

柑奈「むぅ……」


30: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:49:37.82 ID:LqDMF8GF0


P「仕事仕事」

柑奈「プロデューサーさん!」グイッ

P「有浦、近い」

柑奈「違います!」

P「なにが」

柑奈「わ、私は今、ありうらかんにゃです!」

P「いや、ちょっとよくわからないし、恥ずかしいんなら言うなよ」

柑奈「かんにゃ、ですからね! ネコです!」

P「耳も付けてるしな、じゃないよ。近い近いって」


31: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:54:16.81 ID:LqDMF8GF0


柑奈「プロデューサーさんはネコ嫌い?」

P「好きだけど」

柑奈「ならいいじゃないですか」

P「フワフワしすぎだろ」

柑奈「そういうものじゃないですか?」

P「線を引くときはちゃんと物差しを使う人間だ」

柑奈「プロデューサーさん強情!」

P「それはお互い様な」


32: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:55:25.94 ID:LqDMF8GF0


P「こんなところ誰かに見られでもしたら」

柑奈「私たち以外誰もいませんよ」

P「それがよくないってこと」

柑奈「別になにかしてるわけじゃないのに」

P「この距離感が問題なんだよ」

柑奈「もっと近づけば問題ないですか?」グイッ

P「行動したあとに聞いてくるのはルール違反だな」


33: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:56:10.62 ID:LqDMF8GF0


柑奈「でも実力行使はしないんですね」

P「そりゃまぁ」

柑奈「ズルいです。そういうところ、本当に」

P「よくわからないけど、とにかく離れてくれ。まずはそれから」

柑奈「嫌だって言ったら?」

P「ならどけてくれ」

柑奈「ふふ、同じじゃないですか、それ」


34: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:57:10.90 ID:LqDMF8GF0


柑奈「みくちゃんに言われたんです」

P「なにを?」

柑奈「付き合ってるのかって」

P「誰が?」

柑奈「私とプロデューサーさん以外いないじゃないですか」

P「だとはおもったけど、もしもってことがあるからね」

柑奈「随分余裕ですね」クスッ

P「そうでもしてないと色々保てないんだよ」


35: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:57:56.58 ID:LqDMF8GF0


P(クソ、無駄にいい匂いすんな……)

P(こう近くで嗅がされると思考回路が焼ききれそうだ)

P(こういうときこそ平常心、明鏡止水の心よ)

P(ちょっと前の休みにGガンダムを見た俺ならやれる。やれるぞ)

P(深く呼吸をして落ち着こう)スーハースーハー

P(……)

P(いかん、有浦から出されたラブ&ピースが肺の中いっぱいに)


36: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:59:22.63 ID:LqDMF8GF0


P(……有浦は俺のことをどうおもっているんだ)

P(悪くは見られていない。どうでもいい人間にこんなことはしないだろうし)

P(なら好かれている? それはいいことだ、ただその好意の種類はなんだ?)

P(例えば、そこで拒絶してみろ。彼女は傷つくだろう。選択肢は1か0か、それしかないだろう)

P(いや、言葉さえ間違えなければ、傷つかずに済む未来だってきっとある。楽な方へ身を寄せるのはただの思考停止だろうよ)

P(その選択のどこが悪い。ただ次の分岐点に行くだけだ。ここにはふたり以外誰もいやしない。言わなきゃバレない)


37: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 22:59:54.89 ID:LqDMF8GF0


柑奈「……」グリグリ

P「……なんだ」

柑奈「別になにもありませんよ?」グリグリ

P「ならなんで頭をこっちに押し付けてくるんだ」

柑奈「言ったじゃないですか。私は今、ありうらかんにゃだって」

P「なんの説明にもなってないよな」

柑奈「ネコって自分のニオイをつけようと体をすり寄せるじゃないですか?」

P「聞いたことはある」

柑奈「縄張りとかもそうですね。マーキングして、自分のものだーって証明してるんだって、みくちゃんが言ってました」

P「デ・ニーロばりのなりきりだな」

柑奈「だから、そういうことです」


38: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:04:06.52 ID:LqDMF8GF0


P「そういうこと?」

柑奈「言わせるんですか?」

P「いや、言わなくていいよ」

柑奈「じゃあ、もう言います」

P「いいって」

柑奈「ネコって案外独占欲が強いんですよ」

P「いいよ」

柑奈「私、子供じゃないんですよ?」

P「知ってる。知ってるからさ……」

柑奈「プロデューサーさん、私」


39: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:10:57.30 ID:LqDMF8GF0


ガチャッ

薫「おつかれさまでー!!!」
rzkkor17.jpg

柑奈「!?」ビクッ

薫「せんせぇ、ただいまー!」

P「り、龍崎おかえり」

薫「柑奈お姉ちゃんもただいまー!」

柑奈「お、おおおかえり、薫ちゃん」

ちひろ「ふぅ、戻りましたー」

P(一気に事務所が騒がしくなった)


40: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:11:55.81 ID:LqDMF8GF0


薫「せんせぇ!」

P「こら、人の膝の上に乗るんじゃありません」

薫「かおる、今日もおしごとがんばったんだよ!」

P「そりゃそうだ、仕事は頑張るものだからな」

薫「今日はとくべつがんばったの!」

ちひろ「ずっと『せんせぇに褒めてもらうんだ』って言ってましたよ」クスッ

P「……」

薫「ダメ?」

P「……偉いな」

薫「えへへぇ♪」


41: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:12:36.13 ID:LqDMF8GF0


ちひろ「プロデューサーさん」

P「なんです?」

ちひろ「私も頑張りましたよ?」

P「お疲れ様です」

ちひろ「それだけ?」

P「……困らせないでください」

ちひろ「ふふ。つい♪」


42: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:13:23.20 ID:LqDMF8GF0


薫「あれ?」

P「どうした?」

薫「ん~~~?」

柑奈「どうかしたの?」

薫「うーん」

P「キョロキョロして、なんだ」


44: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:15:06.59 ID:LqDMF8GF0


薫「せんせぇの服から柑奈お姉ちゃんのにおいがする」

柑奈「!?」

P「」

ちひろ「あら」


45: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:18:41.24 ID:LqDMF8GF0


柑奈「き、きき気のせいじゃないかな?」

薫「そうかなぁ」クンクン

ちひろ「あらあら」

柑奈「さ、さっきまで話してたから」

薫「せんせぇいいにおいしないもん」

P「」

ちひろ「あらあらあらあら」

柑奈「プ、プロデューサーさんだっていいにおいする日もあるんじゃない?」

薫「これ柑奈お姉ちゃんのにおいだよ?」

柑奈「」

P「」


46: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:19:46.21 ID:LqDMF8GF0


ちひろ「プロデューサーさん?」

P「な、なんですか?」

ちひろ「柑奈ちゃん?」

柑奈「ひゃい!」

ちひろ「どういうことか」


47: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:21:08.17 ID:LqDMF8GF0


ちひろ「教えていただけませんか?」ゴゴゴゴゴ

P・柑奈「」

薫「?」


48: ◆ksPx5/M7Wg 2016/09/26(月) 23:21:57.86 ID:LqDMF8GF0



おわり

ありがとうございました



転載元:みく「ありうらかんにゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474895102/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス柑奈みく

(1)

AFTER 池袋晶葉「朝の通学路にて」

BEFORE 里奈「ふわぁぽよ、的な?」

自らアイデンティティをクライシスさせていくスタイル
かんにゃちゃんのファンになります
[ 2016/09/28 06:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

みく「ありうらかんにゃ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto