スポンサーリンク

2016 09/19

高垣楓「告白の味」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:37:35.02 ID:dVnErJdS0

前書いた楓さんSSの続きです。
前作を読むこと推奨

高垣楓「好き、嫌い、大好き」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:39:51.26 ID:dVnErJdS0

「恋は盲目」

よく聞く言葉だが、そこまで的を得ているわけでもない。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:42:31.07 ID:dVnErJdS0


ついこの間、俺は恋をした。
正しく言うと、自分の恋に気づいた。

常に恋に夢中かと言われたら、それは違う。

朝は眠気を感じるし、家に帰るときには何を食べるかを考える。
恋をしていても、四六時中相手のことを考えているわけではない。


送っているのは、いつもと変わらない日常だ。

だけど。





スポンサーリンク


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:43:28.79 ID:dVnErJdS0

例えば、少しだけ目が合う瞬間。
自分の気持ちを改めて自覚して、相手のことで頭の中が一杯になる。

そんな時、「ああ、これが恋なんだな」と実感する自分がいる。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:44:11.22 ID:dVnErJdS0

......................................................

周囲の喧騒が、空間に溶けていく。
周りの人が喋っているのは分かるけど、内容までは分からない。
ここに、二人だけでいるような気分がした。

楓さんが、目の前にいる。
今日は焼酎の気分らしい。


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:45:18.49 ID:dVnErJdS0


グラスの中の、角張った氷が透き通っている。
軽く口を付けると、楓さんが話しかけてきた。


「プロデューサーさんは」

「誰にも言えないようなことって、ありますか?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:47:19.07 ID:dVnErJdS0


先程までしていた話と全く脈の無い質問に、少し驚く。
「そうですね......」と言って間を取った。
それから、誤魔化すために当たり障りのない回答をする。

「職業柄、基本的に秘密は作らないようにしてますね」

「そうですか」

俺の答えを聞いて、楓さんはにっこり笑った。
この笑顔をもう少しだけ見ていたくて、俺は続ける。
大人になって暫くして、今更実感したことだ。

「伝えたいことは、伝えられた方が良いですから」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:49:05.40 ID:dVnErJdS0


「じゃあ、プロデューサーさんはそれが出来ていますか?」

そう言われて、微妙な苦笑いが顔に出てしまった。
この気持ちを、はっきりと伝えられたら。
そんなことを考えて、こう返した。

「まだ、できていないと思います」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:50:32.81 ID:dVnErJdS0

....................................................

季節が変わり、少し涼しくなってきた頃。
外回りから帰ってくると、ちひろさんがFAX用紙を何枚か渡してきた。

衛星放送、全国系列の旅番組のオファーだった。
かなり離れた所で、泊まりがけのロケになるようだ。

出演は一人だけ。指定は高校生以上であれば特に無し。
アイドル達の予定を確認すると、空きがあるのは楓さんしか居ない。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:51:44.51 ID:dVnErJdS0

「出演するのは、楓さんにしますね」

俺がそう言うと、それを知っていたかのようにちひろさんがからかってきた。

「良かったですね」

好きな人と一緒に旅行(ロケ)に行けて、嬉しいでしょう?
そんな感じのニュアンスが、この一言に含まれているような気がした。

この人は俺の気持ちを弄んでいるのだろうか。

「何が良いんですか?」

「楓さんと、二人っきりじゃないですか」

「二人だけでは無いです。それに......」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:52:46.56 ID:dVnErJdS0


成人組のロケなら俺が付いていく必要はない。
その旨ををちひろさんに言ったら、

「何言ってるんですか?」

と、有無を言わせない笑顔で見つめてきた。

前より嬉しさ多め、そんな感じの苦笑いをした。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:57:47.65 ID:dVnErJdS0


......................................................

今回のロケ場所は、地方の温泉街だ。
温泉の他にも、酒造りが盛んな所らしい。

楓さんは、今回のロケの話を聞いて

「楽しそうですね」

と言っていた。
仕事の疲れを打ち消す、最高の笑顔だった。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:58:41.50 ID:dVnErJdS0

でも、そんなことよりも。
楓さんが楽しく仕事ができるならそれでいい。

そう思っている自分が、少しだけ滑稽に思える。

だけど、楓さんにこの気持ちを伝えようとは思わない。

アイドルとプロデューサーの恋愛以前に、失敗することが怖い。
楓さんと俺が作ってきた関係を、壊すのが嫌だった。


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 17:59:27.74 ID:dVnErJdS0


そう考えたら、ふと「恋は盲目」と言う言葉の続きを思い出した。

「恋は盲目であり、恋人たちは自分たちが犯す愚行に気付かない」

俺は今、恋をしている。
分かりきったことだ。

だけど、愚行は犯していない。
愚行を犯す程の、勇気がない。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:00:14.40 ID:dVnErJdS0

......................................................

移動する新幹線の中。
窓際には楓さんが座っていて、その隣に俺がいる。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:00:54.22 ID:dVnErJdS0

正直、とても緊張している。

顔を伏せて黙っていると、自分の心臓の音が聞こえきた。

楓さんに聞こえていたりしないかな?
そんなわけないのに、どうでもいいことばかり考えてしまう。

俺は乙女か。
頭の中で、自分に喝をを入れた。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:01:40.66 ID:dVnErJdS0


トンネルを抜けて、視界が明けた時。
楓さんが急に話しかけてきた。

俺は少し驚いて、楓さんの方を向いた。

「前の話の続きですけど......」

「はい」

恐らく、前に飲みに行った時の話の続きだろう。
楓さんは、窓の外を見つめながら続ける。

「私は、あります。誰にも言ってないこと」

次の停車駅を知らせるコールが鳴った。


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:04:29.24 ID:dVnErJdS0

......................................................

今、撮影で老舗の酒造会社に来ている。

古い木造建築特有の、ひんやりとした空気が体を包んだ。
外は未だに残暑が厳しい中、撮影場所は涼しかった。

狭い店舗の中で、撮影スタッフがひしめき合っている。
なるべく音をたてないようにして、楓さんが見える場所に移動した。
隙間から顔を覗かせると、楓さんが商品紹介をしているのが見えた。


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:06:30.84 ID:dVnErJdS0


ここでは、「喜び」とか「悲しみ」といった感情を味で表したお酒を販売しているらしい。

楓さんに魅入っていると、後ろから声をかけられた。

「......すみません。これ新商品ですので、どうぞ召し上がってください。」

振り返ると、酒造会社の人が紙コップに入っているお酒をくれた。


「これはどんな味ですか?」

と質問しようとしたが、その人はカメラに緊張しているらしい。
俺に紙コップを渡すと、すぐにどこかへ行ってしまった。


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:09:25.42 ID:dVnErJdS0

仕方ないから、自分で味を考えることにした。

お酒を口の中に運ぶと、少しだけ強い甘さが広がった。


この味に合う名前を頭の中で探したら、真っ先に「恋」が出てきた。


「少し違うな......」

それに少し違和感を覚えてから、もう一口飲んだ。

普段はアルコールを摂らない時間帯だから、いつもより酔いが回りやすい。
体が上擦るような感覚がして、まだ話をしている楓さんを遠目で見た。

「告白」をする前のような気持ちになった。
「恋」だと思った時よりも、それは少しだけ甘い。


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:10:38.88 ID:dVnErJdS0


......................................................

次に待ち構えていた温泉でのロケを済ませ、俺は旅館の湯船に浸かっていた。
勿論、男湯。

体を浸している湯が熱くて、意識が朦朧としてくる。
それを誤魔化すために、斜め上を向いた。


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:11:46.93 ID:dVnErJdS0

俺が動かなくなると、周りは静かになった。
風の音、虫の鳴く声が聞こえてくる。

竹柵越しから、弱い水音がした。
向こう側の人が何かを飲んでいるようだ。


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:14:20.36 ID:dVnErJdS0

「プロデューサーさーん、居ますかー?」

その人は、楓さんだった。
温泉に入っても酒を飲んでいるようだ。

俺が居るとは限らない男湯に声をかけるのもおかしかったし、
このまま答えるのも恥ずかしかったから、黙り込んでしまった。


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:15:09.53 ID:dVnErJdS0

「あ、虫の無視......。ふふっ......」

楓さんが、駄洒落で揺さぶりを掛けてきた。
急に黙っていられなくなって、口を開いた。

「浴場で飲んでも大丈夫なんですか?」

「旅館の人が、大丈夫だって言ってました」

楓さんが言い終わったのと同時に、秋らしい強い風が吹いた。

「プロデューサーさん」

「この後、一緒に行きませんか?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:15:49.64 ID:dVnErJdS0


......................................................


この旅館自体もかなり大きい建物だったから、特に驚きは無かった。


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:17:30.56 ID:dVnErJdS0


俺は今、楓さんと旅館の中庭にいる。
吹き抜けの構造になっていて、盆栽や池がある大きな庭だ。
隅々に申し訳程度の照明がある。

不意に。
俺の前を歩いていた楓さんが、くるりと回った。
照明よりも強い月の光に、その姿が照らされている。

「プロデューサーの秘密、聞かせてください」

しつこい。
そう思いながら、
今までに、何回も。胸が痛くて、恋の感覚がした。

「そうですね......」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:18:21.00 ID:dVnErJdS0


......................................................

自分の秘密。
思い慕いとか、好き嫌いとかの類ではなく、幼少期のちょっとした経験。

それを俺が話した後、二人は無言の時間が続いた。


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:19:52.95 ID:dVnErJdS0


月が、夜空に滲み始めて。
楓さんは、俺の話を聞いた後から少し寂しそうな顔をしている。

その表情を、変えたくて。
それくらいに、好きで。
それでも伝えられなくて。

だけど、このまま秘密にはしたくない。

矛盾の中で、誰にも聞こえないように呟いた。

今日で、二回目。再び、告白の味がする。


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:21:01.28 ID:dVnErJdS0

「楓さんのその目まで、愛しています」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:21:55.49 ID:dVnErJdS0

楓さんが俺の方を向いて、目が合った。

月明かりが眩しくてよく見えなかったが、
その顔は少しだけ笑っていたような気がする。


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 18:23:26.18 ID:dVnErJdS0


終わり。

はい、今回も駄洒落エンドでした。

自分の恋心を認めても伝えられないPと、Pの本音を聞きたい楓さんの話です。
文中のPが楓さんが求めている「告白」と、違う「告白」を言って誤魔化している所でそれを表しています。

お読みいただきありがとうございました。
HTML依頼出しておきますね



転載元:高垣楓「告白の味」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474187844/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(0)

AFTER モバP「智絵里の頭を1ヶ月間毎日撫でる実験」

BEFORE 百合子さんとウサギさん【ミリマス】

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

高垣楓「告白の味」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto