スポンサーリンク

2016 09/17

モバP「誕生日なので奈緒をいっぱい撫でてたらくっついて離れなくなった」



1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:24:53.35 ID:9+PkJWiaO



―――事務所


P「え、えっと」

奈緒「…………」ギュー
kmyno.jpg

P「ごめん奈緒、撫ですぎたのは謝る。でもさすがに抱きつかれたら俺も困るんだ」

奈緒「…………」ギュー

P「な、奈緒?」

奈緒「やだ」

P「え?」

奈緒「Pさんが悪いんだ」

奈緒「Pさんのせいだ」

奈緒「Pさんがあたしをこんなにしたんだ」

奈緒「責任取れ。責任取っていっぱいあたしを撫でるんだ。絶対許さないぞ」ギュー

P「いや、あの」

奈緒「やだ! もうあたしは我慢しないからなー!」ムギュー





スポンサーリンク




2: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:27:18.35 ID:9+PkJWiaO

P「わ、分かった。分かったから奈緒、とりあえず落ち着こう。というか顔真っ赤だぞ」

奈緒「Pさんのせいだもん。血圧上がって死んだらPさんが看取れ」ギュー

P「んな縁起でもないことを……」

奈緒「そんなのいいから撫でろよ! 誕生日だからたくさんわしゃわしゃしてやるって言ったのPさんでしょ!」

P「言ったけど! それは奈緒が恥ずかしがってるのを見たかったから――」

奈緒「じゃあ今のあたし嫌い?」

P「え」

奈緒「……素直なあたし、Pさんはイヤ……?」ウルッ…

P(なんだこれ、なんだこれ!)


3: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:29:04.23 ID:9+PkJWiaO

奈緒「…………」ギュウ

P「や、あのな? 奈緒、イヤとかじゃなくてだな……」

奈緒「……ならなんだよぅ。さっきまでいっぱい撫でてくれたのに。嬉しかったのに」

P「そ、そうか」

奈緒「正直、他の娘を撫でてたりするの見ると……ちょっぴり寂しかったりするんだ」

奈緒「でも、Pさんはからかい目的でも……あたしのことも撫でてくれるから。かわいいって……ほ、褒めてくれるからさ」

奈緒「す、す……すき、なんだ。撫でてもらうの。Pさんが……Pさんのことが、だ、だ、だ……だいすけだからっ!」

P(噛んだ)


4: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:30:53.15 ID:9+PkJWiaO

奈緒「…………」

P「…………」

奈緒「……うぅ」

P「奈緒、今の聞かなかったことにするから。も、もう一度トライアゲイン」

奈緒「うぅぅ! うううう~!!」ギュー!

P「いだだだだだ折れる背骨折れる!」

奈緒「好きだぁっ! Pさんのこと大好きなんだよぉぉおおおおお!!」ギュギギギ…!

P「ほんとマジ無理ィッ!!??」


5: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:35:44.00 ID:9+PkJWiaO

奈緒「はぁ、はぁ……! つ、伝わった? あたしの気持ち」ギュー

P「」

奈緒「ふはー、だ、ダメだ……やっぱ素直になるって難しいなぁ」ギュー

P「」

奈緒「もっとこう……しょ、少女漫画みたいな感じとか……えへ、へへへ……♪」ギュー

P「」

奈緒「……Pさん? どうしたんだ?」

P「」

奈緒「え、ちょっと。Pさん、Pさんっ!?」


Pさぁぁぁぁん――!!


6: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:37:05.68 ID:9+PkJWiaO



―――


P「……はっ」

奈緒「あっ、目ぇ覚ました……!」

P「あれ、俺は……いてて」

奈緒「ぐすっ、ごめんPさん……! あたしがぎゅってしすぎたから、Pさん気を失って……」

P「あ、ああ……そうだっけ。いいよ奈緒、気にしない気にしない」

奈緒「でも……」

P「いいって。こうして膝枕してもらえてるだけでも役得だしな」


7: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:38:53.11 ID:9+PkJWiaO

奈緒「あ、ぅ……。お、男の人ってこういうの好きなんだろ? あたしのじゃ満足できないかもしれないけど……」

P「奈緒の膝枕だからいいんだよ。ありがとう」

奈緒「もー、そういうこと言うなよぉ!」

P「って言うと、いつもならひっぱたかれるな」

奈緒「……今日は誕生日だから許す。明日からまた言ったら容赦なく叩くからね」

P「あはは、今のうちにたくさん恥ずかしいこと言っとくか」

奈緒「それはそれであたし死にそう……」


8: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:41:34.95 ID:9+PkJWiaO

P「よ、っと……。悪い、長い時間膝借りて」ムクリ

奈緒「ううん。元々あたしが悪いんだし、もっと寝てていいのに」

P「寝てたら奈緒を撫でられないからな」

奈緒「あぁ確かに。じゃ、いっぱい撫でて!」

P「……素直すぎて違和感がすごいな」

奈緒「そんなこと言われてもどうすりゃいいんだあたし。極端かな?」

P「いや、うん……まぁ、どんな奈緒でもかわいいからいいんだけど」

奈緒「……えへ、えへへ……ぅえへへ、へへぇ……♪」

P(おーおー悶える悶える)


9: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:44:43.15 ID:9+PkJWiaO

奈緒「あーダメだあたし。死ぬぞあたし。幸せすぎて死ぬ」ギュー

P「死なない死なない」ナデナデ

奈緒「無理だって、こんな……なぁ♪」グリグリ

P「ちょ、頭押し付けないでくれ……撫でにくい」

奈緒「ふへー、ふふへへー♪ Pさん、Pさん……♪」ギュー

P「……まずいなぁこれ……」

奈緒「なにが? へへ、なんにもまずくないってば。誰もいない今のうちだよ」

P(そう、今はリミッター外れてるけど……我に返ったら本当に奈緒は死んでしまうのではないだろうか)


奈緒「あぁあたしもうダメだー、好きだーPさーん。大好きだー」スリスリ

P「うーん……」ナデナデ…


―――

――



10: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:46:09.23 ID:9+PkJWiaO



―――次の日


卯月「――プロデューサーさん、まだ奈緒ちゃんと連絡取れないんですか?」
smmruzk01.jpg

P「あ、ああ……。どうも着信拒否されてるみたいで……」

卯月「そんなっ。奈緒ちゃんどうしたんでしょうか……?」

P「え、えーっと……」


李衣菜「――ん、了解。未央ちゃん、凛ちゃんたちが着くまでなんとか説得してみて。……うん、よろしく」
tdrn2.jpg

卯月「李衣菜ちゃん、未央ちゃんは……」

李衣菜「さっき奈緒ちゃんちに着いたみたい。部屋からも出てこないんだって……ほんとどうしたのかな」

卯月「そ、そこまで……!」


11: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:47:47.20 ID:9+PkJWiaO

P「う、そんなにか……はぁ」

李衣菜「プロデューサーさん、一体なにしたんですか? 着拒って相当ですよ」

卯月「昨日、奈緒ちゃんのお誕生日でしたよね? それでプロデューサーさんと一緒にいて……」

李衣菜「あ、デリカシーないこと言っちゃったとか? って、奈緒ちゃんならそれくらいでここまではなんないよね」

卯月「ま、まさかアイドル辞めるなんてことは……!」

李衣菜「ええっ!? ちょ、プロデューサーさん! 全部話してくださいよ、それはまずいですって!」

卯月「プロデューサーさんお願いしますっ! このままじゃ奈緒ちゃんが!」

P「う、うーん」

「「プロデューサーさんっ!」」


P(ど、どうする……!? 話したら余計に部屋から出てこなくなりそうだし……!)


12: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:49:08.71 ID:9+PkJWiaO



―――奈緒の家


未央「かみやーんっ。しぶりんもかれんも来たぞー! 無駄な抵抗はやめて大人しく投降しなさーいっ!」
hndmo11.jpg

「――やだ。絶対出ない」

加蓮「なーおー。バカなことしてないでさー、レッスン行かないとヤバいってー」
hjkrn3.jpg

「――今あたしがヤバい。死ぬ。心臓が張り裂けて死ぬんだあたしは」

加蓮「なに言ってんの? もー、早く出てきなよー」

凛「奈緒……いい加減にしようよ。プロデューサーも怒るよ?」
sbyrn4.jpeg

未央「プロデューサー着拒って、ちょーっと洒落になんないぞー?」

「――ぷ、ぷぷっプロデューサー!? そ、そそそそこにいるのかっ!!?」ガタンッ


13: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:51:25.11 ID:9+PkJWiaO

凛「わっ。いや、いないけど……え?」

「――なんだいないのか……」

加蓮「……へぇぇ~~……♪」

未央「ほっほぉーん……☆」

凛「2人もどうしたの急に……なんでそんなニヤけて」

加蓮「なーおちゃーん♪ プロデューサーさんとなーにがあったのかなぁ~?」

未央「ほれほれ、ドア開けてぜーんぶ話してもらおっかー☆」

「――ひぃぃいいい……! や、やめろー!」

凛「……???」


14: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:52:57.25 ID:9+PkJWiaO



―――


卯月「プロデューサーさん、私も怒りますよっ! どうして話してくれないんですか!」プンプン

李衣菜「もー、煮え切らないなぁ……。プロデューサーさん、往生際が悪いのはロックじゃないですよ?」

P「いや、うん……その、……うーん……」


―――


奈緒「ヤバい、ヤバい、ヤバいヤバいヤバい……! もうやだ、昨日に戻って無かったことにしたいぃぃ……!!」


「奈緒ー♪ あーけーてー♪」カリカリ…

「私たちはかみやんの味方だぞー☆」ドンドン…

「な、奈緒? よく分かんないけど出てきてよ……2人も獲物を狩る目をしてるし――あ、だったら出てこない方がいいのかな」


奈緒「いやだぁぁぁあああああ! もうほっといてよぉぉおおおお!!」



おわり


15: ◆5F5enKB7wjS6 2016/09/16(金) 21:54:04.00 ID:9+PkJWiaO

このあとめちゃくちゃ

奈緒は今年もかわいい
誕生日おめでとう!



転載元:モバP「誕生日なので奈緒をいっぱい撫でてたらくっついて離れなくなった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474028693/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

奈緒短SSモバマス

(1)

AFTER 神谷奈緒「One Step Ahead」

BEFORE モバP「クールなお嬢様」

素奈緒になっても可愛い
[ 2016/09/17 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「誕生日なので奈緒をいっぱい撫でてたらくっついて離れなくなった」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto