スポンサーリンク

2016 09/17

モバP「クールなお嬢様」



2: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:32:04.78 ID:Q8boHpGy0

モバP「こんばんは、涼」

松永涼「あっ! P来てくれたんだ!」
mtngry10.jpg

モバP「そりゃあ涼の誕生日パーティだからな。ちょっと場違いな気がするけど」

涼「ありがと! お誕生日でも大人ばっかりでつまらなかったの」

モバP「うちの親もだけど、涼の親の関係者が多いからな」

涼「うん。ね、遊ぼうよP」

モバP「ん、良いよ。邪魔にならないところ…人が居ないのは庭の方か?」

涼「うん! こっち来て!」


シリーズスレ
モバP「クールな幼馴染」
モバP「クールな義妹」
モバP「クールなお隣さん」
モバP「クールなお嬢様」
モバP「クールな昔馴染み」
モバP「クールなお姉さん」

モバP「キュートな幼馴染」
モバP「キュートな昔馴染み」
モバP「キュートな悪友」

モバP「パッションな幼馴染」
モバP「パッションな幼馴染の誕生日」
モバP「パッションな再従姉妹」
モバP「パッションなお姉…幼…妹…あれ?」
モバP「パッションなお嬢様」
モバP「パッションな昔馴染み」
モバP「パッションな悪友」



スポンサーリンク



3: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:32:36.61 ID:Q8boHpGy0

涼「ここなら大人も来ないと思うよ」

モバP「おお、こんなところまであったのか…あの噴水とか見たことないぞ」

涼「私もよく知らなーい」

モバP「住んでる涼すらこんななのか…なあ涼、そういや何歳になったんだ?」

涼「12歳だよ!」

モバP「それじゃ今年で小学校は終わりか」

涼「うんっ! ねえねえ、この間聞かせてくれた音楽また聴かせて!」

モバP「ああ良いよ。しかし涼がこういうのが好きなのは意外だな」


4: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:33:08.54 ID:Q8boHpGy0

涼「普段聴いてるのはクラシックとかだけど…こっちの方がカッコよくて好き!」

モバP「おー、趣味が合うなぁ。俺もこっそりバンドの練習してるから今度聴かせてやるよ」

涼「Pもバンドマンなの?」

モバP「ただの学生グループだから大したことないけどな」

涼「ふーん…この人達みたいになるの?」

モバP「ハハッ、流石にこんなにはなれないよ」

涼「じゃあ私がなろーっと」

モバP「おー! 応援してるぞー」ワシャワシャー

涼「えへへー」


5: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:33:40.09 ID:Q8boHpGy0

モバP「……なんて言ってた涼が本当にバンド組んで家出してくるとはな」

涼「いや、ごめんって。頼れるところもなかったからさ」

モバP「あんなに可愛かった涼ちゃんがピアスあけて髪染めて…」

涼「そういうことにも反対されたから家出てきたんだよ…」

モバP「家が厳しいのは知ってるけど一回くらい連絡しとけよな」

涼「分かってるって。ありがとな、Pサン」

モバP「や、だってお前放っておいたら野宿とかし始めそうじゃん」

涼「いくらアタシだってそこまで向こう見ずじゃないよ」

モバP「はいはい。それじゃ電話貸すから早く連絡しておきなさい」

涼「わかったよ。迷惑はかけないようにしておくから」


6: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:34:59.50 ID:Q8boHpGy0

モバP「で、お前どうやって説明したんだよ!」

涼「正直に言っただけだよ」

モバP「Pサンに教えてもらったバンドの道に進みたい、って? さっきから電話が鳴り止まないんだけど」

涼「嘘はついてないだろ?」

モバP「そりゃそうだけどこんな巻き込み方をするなよ…」

涼「アッハハハ! うちの親はPサンのこと信頼してるし大丈夫だって! 電話取ってみなよ」

モバP「…信じるからな…」


7: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:35:34.75 ID:Q8boHpGy0

モバP「本当に怒られなかったぞ…?」

涼「なんて言ってたんだ? アタシを連れ戻せって?」

モバP「あの子のことだからいつかやると思ってました。生活費は振り込みます。ってさ」

涼「あれ? 怒られなかったのか。なんか意外だな」

モバP「お前やっぱり怒られると思ってたのか…ひどいな…」

涼「ビビりすぎだろ、Pサン」

モバP「お前のやんちゃで俺まで怒られることが多かったからな!」

涼「それは謝るよ」


8: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:36:24.71 ID:Q8boHpGy0

モバP「はぁ、まあ家のことに関しては良いよ。ここボロアパートだしバンドの練習なんてできないからな」

涼「そのくらいは分かってるよ。というかなんでPサンこんなとこに住んでるんだ?」

モバP「…ん、お前と似たようなもんだよ」

涼「ハハッ、人のこと言えないじゃんかよ。ま、お世話になるよ」

モバP「お世話はしてやれないからな。家事くらい手伝ってくれ」

涼「当然そのくらいは弁えてるって」


9: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:36:50.16 ID:Q8boHpGy0

モバP「あー、今晩はそこの布団使って寝てくれ」

涼「押しかけて布団までとっちゃ悪いから遠慮しておくよ」

モバP「風邪ひかれても体痛められても困るから使っとけ」

涼「…じゃあありがたく使うけどさ。明日買いに行こうな」

モバP「任せる。俺は明日も仕事だ」

涼「げっ、日曜日だぜ? マジかよ」

モバP「マジもマジ。なんだったら正月もツアーとかあるからな」

涼「あれ? なんだよ、Pサン結局音楽続けてるのかよ」

モバP「……まあそこらへんはおいおい。寝るぞ」

涼「まあ近いうちに聞かせてくれよ、おやすみ」


10: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:37:19.50 ID:Q8boHpGy0

涼「おはよー…て、居ない?」

「仕事行ってくる。朝飯は台所にラップしておいてあるからレンジで温めて食べて」

涼「今6時だよな…? 一体何してるんだ?」

涼「…そんなに忙しいのに押しかけて飯の用意までさせちまって…悪いことしたな」

涼「ん、気にしても仕方ない! まずは朝飯食べてから考えるか」


11: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:37:52.12 ID:Q8boHpGy0

モバP「ただいまー…」

涼「おう、おかえり。お疲れさん」

モバP「帰ってきて声が返ってくるのは良いなー」

涼「相当疲れてないか?」

モバP「大丈夫大丈夫。一晩休めば元どおりだよ…おお、部屋がだいぶ片付いたな」

涼「まあな。昼間することもなかったからよ」

モバP「おー、ありがとう。もしかして夕飯も用意してくれてる?」

涼「ああ。もしかして外で食べてきちまったか?」


12: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:38:43.43 ID:Q8boHpGy0

モバP「いや、今から買いに行こうと思ってたんだ。ちょうどよかったよ」

涼「大したものじゃ無いけどな。あと明日からはアタシもバンドの練習で留守にするから」

モバP「はいよ。ところで布団は買ったか?」

涼「ああ。家の近くで売ってて助かったよ。流石に持ち運ぶには大変だ」

モバP「届けてもらえば良かったのに」

涼「それじゃあ届くの明日になっちまうだろ? Pサンがこんだけ疲れてるのにアタシだけ布団でなんて出来ないよ」


13: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:39:13.86 ID:Q8boHpGy0

モバP「おお、ありがたいこと言ってくれるな」

涼「まあな。さ、冷める前に食べてくれよ」

モバP「ありがたく頂くよ。ところで涼のバンドってどんななんだ?」

涼「やっぱり興味あるか? アタシはボーカルなんだよ。ライブやるときは来てくれよ」

モバP「涼の晴れ舞台は見に行かないとな」

涼「まだ自信もって見せられるものじゃないから少し待っててくれよ」

モバP「涼ならうまくやれるだろ」

涼「おだてたってなんも出ないぜ。せいぜいライブのパフォーマンスが派手になるだけだよ」

モバP「ははは、十分じゃないか」


14: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:39:53.00 ID:Q8boHpGy0

モバP涼「「ごちそうさまでした」」

モバP「そんじゃ悪いけど先に寝るな。おやすみ」

涼「おやすみ。ゆっくり休んでくれよ」

涼「…さて、食器洗うくらいはしておいてやるか。というか食器がほとんど無いのは外食で済ませてるからか?」

涼「…ここにいる間くらいは作ってあげるか」

涼「しっかし生活感が薄いというかなんというか。CDは大量にあるのに服だのなんだのは馬鹿みたいに少ないな」

涼「まあその…変なものは見なかったことに、な…」


15: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:40:26.89 ID:Q8boHpGy0

涼「おはようPサン。朝飯出来てるぞ」

モバP「おう? おはよう…まだ早く無いか? 涼は寝てて良いんだぞ?」

涼「そんなこと言って昨日はかなり早く家出たの知ってるからな。Pサンの家にいさせてもらってるんだからこのくらいはしないと」

モバP「そりゃ嬉しいな。けど体調崩すなよ? 喉風邪はボーカリストの大敵だぞ」

涼「分かってるって。自己管理はしっかりやってるつもりだよ。むしろPサンの方が出来てないんじゃないか?」

モバP「まあ栄養ドリンクで無理やり動かしてるだけだしな」

涼「頼むから体壊さないでくれよ。さすがに心配になるって」

モバP「倒れたときには看病は任せた」

涼「だから倒れないようにしてくれっての」


16: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:42:33.05 ID:Q8boHpGy0

涼「ていうかそんなに疲れを吹っ飛ばせる栄養ドリンクってすごいな」

モバP「スタドリってやつでな。自社生産らしいんだよ」

涼「よかったらアタシにもくれないか?」

モバP「必要か? まあそのくらいなら良いけどさ」

涼「ん、ありがと。それじゃあ行ってらっしゃい」

モバP「行ってきます。帰りはまた遅くなるから寝てても良いからな」

涼「そこまで子供でもないよ」


17: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:43:19.11 ID:Q8boHpGy0


~数ヶ月後~

涼「なあPサン、ちょっといいか?」

モバP「ん? どうした?」

涼「あー、あのな、今週末の日曜日なんだけど時間あるか?」

モバP「仕事入っちまってるな…何かあったか?」

涼「ああ、いや…ライブがあるからさ。忙しいなら今回はいいよ」

モバP「ライブあるのか! いい、いい。仕事ほっぽりだしてそっち行くよ」

涼「いや、まずいだろ」

モバP「…打ち合わせをずらして…これは明日終わらせられるだろ…これは内匠にやらせりゃいいか…」

涼「聞いてないな…まあ無理にとは言わないからさ」


18: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:43:53.63 ID:Q8boHpGy0

モバP「よし、しっかり休み取れたぞ」

涼「なんか電話から男の泣き声みたいなの聞こえたけど大丈夫か…?」

モバP「あいつはいいんだよ。たまにはしっかり働かせないと」

涼「まあそんな軽口叩ける相手なら大丈夫なんだろうけどさ」

モバP「そうそう。で、何時から始まるんだ?」

涼「ん、夕方からだから…5時にはいればいいんじゃないかな」

モバP「分かった。それならその時間にはいるようにするから」

涼「頼んだよ」


19: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:44:40.46 ID:Q8boHpGy0

~当日~

モバP「ここか。いかにもって感じではあるな」

涼「お、時間前にきちんと来てくれたんだな」

モバP「まあな。涼の晴れ舞台はしっかり見るって前に言ったろ?」

涼「まあ見に来てもらえるのは嬉しいよ。聴いてもらうのがアタシがバンドやってる理由でもあるしな」

モバP「おう。んじゃ期待して聞いてるから頑張ってな」

涼「おう!」


20: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:45:09.94 ID:Q8boHpGy0

涼「お前ら! この夜に歌声響かせるからッ! 叫んでってくれよな!!」

涼「一番の得意曲から、行くぜー!!」

ジャージャカジャジャッ!

涼「Dreamin' アスファルト泥だらけのクツあふれー!!」

涼「Dreamin' 灰色の風から俺たちは生まれ!」

ーーーーーーーーー

モバP「おお…ずっと聴いてたやつじゃないか…」

モバP「涼、流石だな…」


21: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:45:44.50 ID:Q8boHpGy0

涼「なあ! どうだった! 聴かせてもらってたあの曲、今じゃ十八番なんだよ」

モバP「良かったよ。やっぱり涼は頑張ってきたんだな」

涼「まあな。あの時聴いてた曲が頭の中で鳴り止まなくてさ」

涼「でもまあ…それも終わりかなぁ。バンドの活動って言っても周りが受験だの就職だのでさ。学生なんてそんなもんかな」

モバP「メンバーが解散しようって?」

涼「ああ、売れないバンドに理由つけての解散だから復帰できるかもわからないしここで一区切りだよな」

モバP「…残念だな。もっと涼の歌を聞いてみたかったんだけど」


22: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:46:23.85 ID:Q8boHpGy0

涼「アタシだってもっと歌っていたかったよ。あのステージの上、どんだけワクワクするか知ってるか?」

モバP「知ってるよ。俺も前にやってたし」

涼「だよな。なんだったらPサンと組むのもアリかもしれないな」

モバP「組む…か。組むってことには変わりないよな。うん」

モバP「涼、帰ったら話がある。早めに帰ってきてくれ」

涼「ここじゃダメなのか?」

モバP「少し準備もあるからな」

涼「わかったよ。じゃあ挨拶すませてきちゃうから」


23: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:46:58.13 ID:Q8boHpGy0

モバP「えっと、このCDとライブDVDがいるかな。写真集とかは…伏せておくか」

涼「なあ、そろそろ入ってもいいか?」

モバP「あー、いいぞ。入ってくれ」

涼「何をそんなに慌てて準備する必要、が…何だ、これ?」

モバP「俺の今やってる音楽関係のCDとDVD」

涼「や、なんだこれ? アイドル? どうかしちまったのか?」

モバP「まあそうかもしれないな。んで本題だ。お前アイドルやるか?」


24: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:47:53.42 ID:Q8boHpGy0

涼「はぁ? アタシがアイドルってそれこそ正反対だろ?」

モバP「歌いたいんだろ? 一番近道を用意したけどやっぱり嫌か?」

涼「だって、なぁ。もっとフリフリなの着て可愛い歌を歌うんじゃないのか?」

モバP「じゃあこれを見てくれ」

キーザーメー!イマーヲー!モーットハーゲーシクー

涼「ハハッ、リーゼントでこの曲調ってアイドルらしくは無いな」

モバP「そいつと同じようなアイドルになる気は無いか? ちょうどそいつとかと組むメンバーを探しててな」


25: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:48:26.49 ID:Q8boHpGy0

涼「ちょうど良いから誘っとけって? 流石にそんなんでやろうとは思わないよ」

モバP「いやいや。お前が俺と組もうっていうからだよ」

涼「は? 何だ、Pサンもアイドルだったのか?」

モバP「それは無いって。アイドルのプロデューサーだよ」

涼「だろうね。それでアタシとやろうって? うん。やっぱりキツイって」

モバP「それでも音楽を続けるチャンスだ。涼の歌を聴かせる相手はまだまだいるぞ?」


26: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:49:31.62 ID:Q8boHpGy0

涼「…わかりやすいよな。そんなにアタシにアイドルをやらせたいのか?」

モバP「違う。アイドルをやらせたいわけじゃない」

涼「それならなんなのさ。さっきからくどいぜ?」

モバP「涼に歌って欲しいから。お前の音楽好きは誰よりも知ってるし、努力もよく知ってる」

涼「…それで?」

モバP「こんなことで辞めさせたくはない。何より俺とは違って才能もあるからな」

涼「あぁ…やっぱりPサンは辞めてたのか。なんとなくわかってたけどな」


27: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:50:06.45 ID:Q8boHpGy0

モバP「才能の差って厳しいな。だから、俺の代わりに他の子達にトップに行ってもらうことにした」

涼「それにアタシも乗っかれってか? アンタと組んで…ね」

モバP「…今すぐに返事をくれとは言わないから考えるだけでもしてくれないか?」

涼「…踏ん切りがつかないってのはあるよ。でも、またPサンについてくのも良いかもな」

涼「うん、二言は無い。アイドルやらせてよ。アタシの歌、響かせるからさ!」


28: ◆eF6RWyN1IM 2016/09/16(金) 19:50:33.22 ID:Q8boHpGy0

涼「ライブ、どうだった? だろ? あんだけ練習したからな」

涼「凄かったな… あんなに熱気があって、熱くなるもんだったんだ…」

涼「拓海達も満足してたし大成功だろ! 財布? アッハハ、そりゃお気の毒に」

涼「なあ、また5人でのライブ用意してくれよ、プロデューサー」

涼「アタシの、アタシ達の歌を、もっと聴かせてやりたいんだ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/16(金) 19:52:37.79 ID:Q8boHpGy0

終わりです
html依頼だしてきます

ところでもしケイトPがいたらダイマして行ってくれませんかね…?



転載元:モバP「クールなお嬢様」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474021897/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(0)

AFTER モバP「誕生日なので奈緒をいっぱい撫でてたらくっついて離れなくなった」

BEFORE 神谷奈緒「すなおになれない」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「クールなお嬢様」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto