スポンサーリンク

2016 09/16

神谷奈緒「十五夜お月様の次の日に」



1: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:18:37.00 ID:7RrsTDkQo


ブロロロロ・・・・・・

奈緒「ん、あれ……?ここ、どこ……?ふわぁ……ああ」
kmyno10.jpg

P「ああ、起きちゃったか。今日は遅くまでお疲れさま。」

奈緒「あれ、Pさん……?なんで……」

P「なんだ寝ぼけてるのか。収録終わって車乗った瞬間に寝ちゃってたんだよ」

奈緒「…あ、あー思い出した。いやぁー、今日は疲れた!」

P「もう遅いからなぁ。まぁそのおかげで奈緒の寝顔も撮れたんだがな」

奈緒「は、はあ!?ずるいぞ!寝てる隙狙うなんて!け、消せ!消せってばぁ!」

P「もう遅いわ!トラプリLINEを確認するんだな!」

奈緒「えっ!?……うわあ!ホントに送ってる!何してんだよPさあん!」

P「いいものは共有しないとなーって」

奈緒「あーもーっ!いいからそういうのっ!!」




スポンサーリンク




2: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:19:27.34 ID:7RrsTDkQo


P「あっはっは!それはともかく、今日は時間かかり過ぎた。寮の空き部屋に泊まってくれ」

奈緒「はぁー……まったく、してやられた……」

P「まあまあ。可愛い顔して寝てたぞ?」

奈緒「は、はぁ!?か、かわいいって、しれっと言うなよ!!」

P「あー可愛い!奈緒かわいい!」


3: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:20:25.40 ID:7RrsTDkQo



奈緒「~~~~!!!も、もう怒った!Pさんなんて知らない!ふーんだ!ふーーーーんだ!!」

P「おっと、そう拗ねるなよ。遅くまで頑張ったご褒美になんか買ってやるから。」

奈緒「ごほうび?」

P「そっ、ゴホービ。こんな時間だからコンビニくらいしか空いてないけど」

奈緒「……な、なら……」

P「なんだ?」

奈緒「…………ちょ、ちょっと寄ってほしいところがあるんだ」


4: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:21:05.91 ID:7RrsTDkQo


ブロロロロ…… バタンッ

P「ここでいいのか?ただの公園みたいだけど」

奈緒「ああ、ここがいいんだ。ちょっと教えてもらったところなんだけど」

P「ふぅん…… 結構広いんだな。芝もいい感じで……昼間来たほうがよかったんじゃないか?」

奈緒「よ、夜の方がいいんだ!こ、こっちの……これかな、小高い丘に……」

P「なんだ?何があるんだ?」

奈緒「いいから来いって!ほら、上見ろよ!」


5: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:21:38.43 ID:7RrsTDkQo


P「上?……おお、こいつはすごいな!」

奈緒「だろ?とっておきの天体観測スポットだって。一回来たかったんだよ!」

P「ああ、星もよく見えるし、何より月がいいな!」

奈緒「……きれいだな」

P「ちょうど十五夜だ。これから秋になっていくんだな……」

奈緒「……Pさん」

P「ん?」

奈緒「そ、その…… も、もう少しここにいても、いいかな?」


6: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:22:16.99 ID:7RrsTDkQo


P「そうだな。もうみんな寝てるだろうし、女子寮の鍵も預かってるから問題ないよ」

奈緒「そ、そっか……」

奈緒(静かだ……本当に。虫の声がかえって静かさを教えてくれる……誰もいないんだな……)

奈緒(……だ、だれもいない!?そりゃそうなんだけど、改めて気づくとめちゃくちゃ恥ずかしいじゃねーか!)

奈緒(しかもあたしからここ誘ってるし!うわーっ!二人っきりだよ!どーするつもりだったんだあたしは!)


7: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:22:53.94 ID:7RrsTDkQo


P「奈緒?」

奈緒「うひゃい!?」

P「なんだその声…… いやぼーっとしてたからな」

奈緒「い、いやーその何でもないよ!た、ただな?月が綺麗だなーと……」

P「……ああ。月が綺麗だな。もう死んだっていいくらいに」

奈緒「……そう思わせるくらいには十分すぎるかもな」


8: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:23:46.09 ID:7RrsTDkQo


P「ま、本当に死ぬわけにはいかんけどな。……そろそろ日付が変わりそうだな」

奈緒「えっ?もうそんな時間なのか?」

P「だから言ったろもう遅いって……っと、12時過ぎた。奈緒!」

奈緒「なんだよ急に」


9: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:24:20.70 ID:7RrsTDkQo






P「誕生日おめでとう!」





奈緒「……あ、そっか。日付変わったんだもんな」

P「プレゼントは…… また改めてってことで申し訳ないんだけど……」

奈緒「いやいや!こんな時間にここにいることが想定外なんだろうし!それに」

P「それに?」


10: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:24:53.13 ID:7RrsTDkQo


奈緒「こ、こんなきれいな月を一緒にみ、見れ……やっぱなんでもない!」

P「えー、最後まで言ってくれよ!」

奈緒「ううううううるさい!それより、プレゼント!しょぼかったら承知しないぞ!」

P「えー!?そんなこというの!?『月が綺麗ですね』って言ってくれたのに!」

奈緒「へっ?……あ、ああああああれはそう意味じゃなくてな!?もー!」

P「俺の返事はあの通りだけどな!さ、帰ろうか」


11: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:25:29.76 ID:7RrsTDkQo






奈緒「~~~~~!! ぷ、プロデューサーのバカァ!」




おしまい


12: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/16(金) 01:26:29.62 ID:7RrsTDkQo

短いですが、奈緒の誕生日を祝いたくてこうなりました。

おめでとう!奈緒可愛い!カワイイ!!かわいい!!!



転載元:神谷奈緒「十五夜お月様の次の日に」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473956316/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

奈緒短SSモバマス

(0)

AFTER 朋「茄子さんって占い信じてるの?」

BEFORE 神谷奈緒「愛をこめて」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

神谷奈緒「十五夜お月様の次の日に」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto