スポンサーリンク

2016 09/10

モバP「幼馴染の多田李衣菜」



1: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:27:34.98 ID:ON4+oqN0o


事務所

P「……」カタカタカタ

李衣菜「Pさーん」
tdrn2.jpg

P「…………」カタカタカタカタ

李衣菜「Pさーん」

P「………!」カタカタカタカタ!

李衣菜「Pさんってばー!」

P「っ!」カタカタカタ!

李衣菜「っ!」ギュイーン!ジャカジャカジャーン!

P「やーっかましい!なんだよ!」

李衣菜「ヒマ!相手してよー!」

P「えー……仕事してるんだけどー……」

李衣菜「だから早く終わらせてよー」

P「ギターの練習してろよー。出来たらなんかやるからー」

李衣菜「なんかって何さー」

P「何でもやったらぁー」

李衣菜「それじゃハーゲンかなー」





スポンサーリンク



2: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:28:44.78 ID:ON4+oqN0o


P「要望が地味に高い!もっとショボイの来ると思ってた!」

李衣菜「いやー、もうこれは確定だね!ロックに二言は無しだよ!」

P「いや別に俺はロック名乗った覚えはない!今の無しだ!」

李衣菜「買ってもらうもんねー!ッヒューッ!」ジャカジャーン

P「おいこら!俺は絶対に買わねーかr スパーーンッ!

ちひろ「何を大人気ないこと言ってるんですかあんたは!!」

P「あたたたた……な、何するんですかちひろさん!今のはこんのちまっこいのが…」

李衣菜「いぇーい!いいぞちひろさん!ありがとうございます!」

ちひろ「いえいえ、どういたしまして…… それよりPさんですよ!何してるんですか!子どもみたいに!」

P「あ、ああすいません……確かに子どもっぽかったですね……こいつと話してるとついこんな感じになっちゃうんですよ……」

李衣菜「結構子どもっぽいところあるよねPさん」

P「っさい!このやろっ!」ワシャワシャ

李衣菜「わわっ、ちょ、やめてってば!」

ちひろ「」スパーンッ

P「二度もぶつことはないでしょ!」

ちひろ「そりゃぶったたきもしますよ!担当アイドルの扱いが雑過ぎます!」

P「……あーそっか、ちひろさん、俺たちがPとアイドルって関係しか知らないのか」


3: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:30:06.05 ID:ON4+oqN0o


李衣菜「えっ、言っちゃうの?」

P「まぁ黙っててもねぇ……」

ちひろ「えっ、あなたたちまさか……!」

P「俺と李衣菜なんですがね。実は……」

ちひろ「わーっ!聞きたくない!聞きたくない!スキャンダルはイヤーっ!」

P「幼馴染なんですよ」

ちひろ「……へっ?」

李衣菜「幼馴染です!」

P「そう、幼馴染。昔、こいつの家の近所に住んでて…… どうしたんです?」

ちひろ「えっ!?あ、いやいや!あ、そーなんですか!幼馴染!で、ですよね!そりゃそーですよね!へ、変なことなんて考えてませんよ!!ええ!」

李衣菜「昔っからPさんこんな調子で絡んできてさー。まったくいつまでも子どもっていうか……」

P「お前がいうか!」ワシャワシャーッ!

李衣菜「うわあーっ!」

ちひろ「……えっと、じゃあもうせっかくなんで昔の話も教えてくださいよ!」

李衣菜「えっ」

P「ああ、いいですよ」

李衣菜「ええっ!?」

P「あれはまだ、だりーながロリーなだった頃でした……」

李衣菜「えっ、回想!?」


4: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:31:39.35 ID:ON4+oqN0o


・・・・・・・

P「ただいまー」

りいな「あっ!P兄ちゃん!」

P「んあ?なんでりーなおるん?」

P母「李衣菜ちゃんのお母さんがちょっと出かけなくちゃいけないって、ちょっとの間預かってほしい頼まれたのよ」

P「ふーん」

りいな「ねえねえP兄ちゃん!またCD貸して!」

P「えぇ!?また!?」

P母「相手してあげなさい。ちょっと買い物行ってくるから」

P「うぇーい……」

りいな「早くCD聴かせてー!」

P「はいはいっと。えーっと」ゴソゴソ

りいな「早く早く!」

P「今やってるからちょっと静かにしようかー!!」ワシャワシャーッ

りいな「ふわーーーっ」


5: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:32:30.77 ID:ON4+oqN0o



P「んじゃ今日は……これでも流しとくか」

りいな「ウッヒョー……!カッコイイ……!これなんて曲なの!?」

P「あー、ロックバンドのロックンロールって曲だよー」鼻ホジー

りいな「ロック……!カッコイイ……!わたしも出来るかなー!」

P「あーできるできるきっとできるよー」

りいな「もーっ!ちゃんと話聞いてるのー!?」

P「聞いてる聞いてるー」

りいな「んもー!聞いてってばー!」ポコポコ

P「あっはっはっは」

りいな「もーーー!!」ボコボコ

P「あっはっは……あ、待って、痛い痛い痛い」

りいな「……」ボコボコボコ

P「いだだだ!ストップ!ストップ!」

りいな「……えへへー」ボコボコボコボコ!

P「痛いでしょーがーーーっ!!」ワシャワシャーッ

りいな「うわーーーっ!」


6: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:33:23.10 ID:ON4+oqN0o


・・・・・・

P「とまあこんな感じのかまってちゃんでしたね」

李衣菜「その割に全然構ってないじゃん!!鼻ほじってたじゃん!」

P「こら!そんなこといっちゃいけません!」

李衣菜「えーっ!?」

ちひろ「というか、李衣菜ちゃんがロックの影響受けたのってPさんがきっかけだったんですね」

P「いや、わかんないです。こいつ気が付いたら急にロックロック言いだしてたんで」

ちひろ「えっ?」

李衣菜「Pさんに色々CD聴かせてもらったのは確かにそうだけど、なんかその前からロックって言ってた気はする……」

P「あれ?マジでいつから?俺覚えてないんだけど」

李衣菜「わ、忘れちゃった…… ま、まあ生まれながらのロックってことで!」


7: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:34:17.94 ID:ON4+oqN0o


ちひろ「じゃあPさんの影響ってわけでもないんですね」

P「そうですね。というか俺の持ってるCDが全部ロックだったってわけじゃないですし」

ちひろ「へぇー」

李衣菜「ちょ、ちょっと待って!それ初めて聞いたんだけど!」

P「言ってなかったし」

李衣菜「だってPさん!曲聴いたときに大体ロックとかバンドとか……!」

P「ごめんあれ全部テキトーだったわ。Jポップとかメタルとかバリバリ混ざってたし流してた」

李衣菜「んーーーーもーーーーー!!!」ポコポコ

P「あっはっはっはっは」

ちひろ「えっ……ってことは……」


P「こいつがふだんロックロック言ってるのは俺のせいかもしれません。曲全部ロックだって思わせてたんで」

李衣菜「たまになんか変だと思うときあったもん!テレビで聴いたことある曲出たときに「これ知ってる!ロックだ!」みたいなこといって首かしげられたことある!」

P「Jポップかアイドルソングだろうね」

李衣菜「もーーー!!」

P「あっはっは」

ちひろ「ちなみにその後は?」

P「そうですね……そんなに昔じゃないんですけど……」


8: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:34:50.90 ID:ON4+oqN0o


・・・・・・

李衣菜「Pさん!Pさん!」

P「ん?おー、李衣菜!よく俺が実家に帰ってきたってわかったな!」

李衣菜「何言ってるの!勝手に一人暮らし始めちゃって!」

P「いや普通に実家帰れる距離だから別に連絡とかいらんよなーって」

李衣菜「んもー……大学はどうなの?」

P「おう、そこそこ楽しくやってるよ。そうそう、俺もやっと内定出たんだよ!」

李衣菜「そうなの!?おめでとう!どこどこ?」

P「芸能プロダクションだ!ほれ、もう名刺まで作ってもらったんだぞ!変わった会社だよな!せっかくだし一枚やろう」

李衣菜「Pさんらしい会社だね!ロックな精神で行こうぜー!」

P「ロックってそれでいいのか?」

李衣菜「うん」

P「いいんだ……」


9: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:35:18.46 ID:ON4+oqN0o


李衣菜「で、内定出てどうしたの」

P「あー、その前に……ほれ、お前が好きそうなCDやるよ」

李衣菜「いいの!?うわー!これ最近話題になってた!ありがとう!」

P「へっへっへ褒めろ褒めろ…… そうだ、俺の部屋のCDも欲しいのあったらもってっちゃっていいぞ」

李衣菜「えっ……?でもあれって大事なものなんじゃ……」

P「いや、大事なCDは全部持ってったし、うちに置いたぶんもパソコンに移したんだよ。でも捨てたくはないんだ。貰ってくれない?」

李衣菜「捨てたくないならとっておけばいいじゃん」

P「おふくろに『あの部屋が片付けられないからなんとかしろ!』って怒られちゃってさ」

李衣菜「それがなんで内定と関係あるの?」

P「区切りとしていったん掃除しろ!との命令だ。まぁそういうことだから」

李衣菜「貰えるんなら貰っとくよ!ありがとう!」

P「おう、大事にしろよ!」


10: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:36:45.75 ID:ON4+oqN0o


・・・・・・

P「ってな感じですよ。名刺渡したから一応スカウトって形でここに転がり込んでる状態ですけどまさかアイドルとして来るとは思いませんでしたね」

李衣菜「いやぁ……ロックな勢いで来ちゃいましたよ!今では完璧なロックアイドル!いぇい!」

P「おいおい……そういやなんでCDあげたのに俺のラインナップ把握してないんだ?」

李衣菜「うっ……じ、実は……箱から出すのがめんどくさくて……」

P「おっまえこんにゃろ!」

ちひろ「でもずいぶん気前いいですね。CDあげちゃうなんて。結構な量でしょう?」

李衣菜「いや、多いっちゃ多いんですけどPさんが今住んでるとこにめちゃくちゃ置いてあるんで」

P「あっ、馬鹿!それ言っちゃだめ!」

李衣菜「へっ?」

ちひろ「……なんで知ってるの?李衣菜ちゃん?」

李衣菜「あっ……」

ちひろ「……Pさん?」

P「……帰るぞ李衣菜ァ!」

李衣菜「あっ!ま、待ってよPさーん!」

ちひろ「こらーっ!待ちなさーい!」


11: ◆nIlbTpWdJI 2016/09/09(金) 23:37:12.67 ID:ON4+oqN0o



P「ったく!なーんで言っちゃうかな!」

李衣菜「ごめんってばー!あ、そうだ!帰りにちゃんとハーゲンダッツ買ってよ!?」

P「誰が買うか!!」ワシャワシャーッ

李衣菜「うひょーっ!」
                おしまい




転載元:モバP「幼馴染の多田李衣菜」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473431254/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

だりーな短SSモバマス

(0)

AFTER モバP「恋するユッコの催眠術」

BEFORE ありす「文香さん引けませんでした……」 飛鳥「ああ……」

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「幼馴染の多田李衣菜」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto