スポンサーリンク

2016 08/28

やよい「カプリコの上の部分?」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 20:39:10.71 ID:lb6zvx9l0

やよい「ふぅ…」

亜美「ん?やよいっちどうしたの?」

真美「なんか暗いじゃん」

やよい「亜美、真美…」

真美「なんか悩みごと?」

やよい「じつは長介とケンカしちゃって…」




スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 20:45:18.92 ID:lb6zvx9l0

亜美「えー!なにがあったの?」

やよい「最近、よくテレビとかに出させてもらうことが多くなったでしょ」

真美「うん。みんな売れてきたよね」

やよい「だから少しだけお金に余裕が出てきたし、留守にすることが多くなってきたから、お詫びにお菓子を買って帰るの」

亜美「やよいっちもビックになりましたなー」

やよい「それで、この前お店で『カプリコ』ってお菓子を見つけて…」

真美「ああ、あれおいし→よね」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 20:53:47.52 ID:lb6zvx9l0

やよい「そうなの!!」

やよい「アイスみたいな面白い形で!すごく甘い苺の匂いがして!ふわふわで少しサクッとして!ホロッっとして!」

やよい「1回買って帰ったら家族のみんなも大好きになって!最近はいつもカプリコみんなでカプリコを食べててね!」

やよい「みんなカプリコを食べてるときはすごくなかよしで笑顔になってて!」

やよい「すごく幸せな気持ちになるの!!」


亜美・真美「お、おう…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:02:23.55 ID:lb6zvx9l0

亜美「それで、どうしてケンカになるの?」

やよい「うん…昨日の夜のことなんだけど…」


長介『姉ちゃん。カプリコ食べてもいい?』

やよい『ダメだよ。カプリコがすごくおいしいのはわかるけど、今食べたら晩ごはん食べれなくなるでしょ』

長介『じゃあいくつかをみんなで分け合うから!それならいくらカプリコがボリュームたっぷりで食べ応えのあるお菓子でも大丈夫だよ!』

やよい『もう。しょうがないなぁ…』

かすみ『やった!浩司は少しだけにしとこうねー』

長介『浩太郎は俺と分けような。浩三はまだ無理だから我慢してな』

浩三『 』


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:16:49.42 ID:lb6zvx9l0

ワイワイガヤガヤ


かすみ『~♪』

長介『……』

長介『……なあ』

かすみ『ん?なーに長介?』

長介『ちょっと…イチゴ部分…食べすぎじゃないか?』

かすみ『そうかなー?』

長介『浩司と浩太郎の食べる量を考えたらそっちの量のほうが多いだろ。だからちょっとわけよう』

かすみ『ええー』

長介『この前もそうだったんだからいいだろ!』

かすみ『でもー…』

やよい『なに揉めてるの?』

かすみ『お姉ちゃん、長介がー』


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:26:20.27 ID:lb6zvx9l0

やよい『もう!長介はお兄ちゃんなんだからそのくらい我慢しなさい!』

長介『なんだよそれ!……ね、姉ちゃんなんか嫌いだーー!』ダッ!

やよい『長介!』

浩司『いえでしちゃったの…?』

浩太郎『じょーはつって言うんだぞ』



やよい「ってことがあったの」

やよい「結局、すぐ帰ってきたんだけど…それからギクシャクしちゃって…」


亜美「うーむ。カプリコがまた一つの戦争の引き金となってしまったか…」

真美「カプリコの赤は流れ落ちる血の赤とはよく言ったものだ…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:42:09.92 ID:lb6zvx9l0


やよい「長介、私がいない間たくさん家のことやってくれたのに…長介の気持ちを考えてなかった…」

亜美「大変だったね…やよいっち…」

真美「でも大丈夫。今日からはその悩みから開放されるよ」

やよい「え?」

亜美・真美「これだよ!『カプリコのあたま』!」
hira116736.jpg


亜美「やよいっちのような悩めるカプリコ人の為につくられた商品だよ」

真美「カプリコの上の部分だけを商品化したものだよ。これでケンカもなくなるね」

やよい「うん!ありがとう!亜美!真美!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:50:47.22 ID:lb6zvx9l0

やよい「ただいまー!みんなお菓子買ってきたよー!」

かすみ「おかえりお姉ちゃん!カプリコ?」

やよい「今日はちょっと違うの。はい、『カプリコのあたま』」

かすみ「わー!かわいいー!」

やよい「さあ、みんなで食べよう!小分けになってるから少しずつ食べられるよ!」

かすみ「うん!」

やよい「……あの…長介も一緒にたべよ…?」

長介「……ふん」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:55:22.20 ID:lb6zvx9l0

やよい「おいしいね!」

かすみ「うん!見た目もハートの形でかわいいね!」

長介「……」モグモグ

やよい「…長介はどう?」

長介「…カ、カプリコはおいしいに決まってるだろ」

やよい「うん!そうだねおいしいね!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 21:58:42.21 ID:lb6zvx9l0

やよい「苺部分だけだからケンカにもならないね」

かすみ「うん。……でも…なんか…」


長介「…………」モグモグ



     長介『食べにくいか?浩司。よし兄ちゃんがちょっと割ってやるからな』

     浩司『うん!ありがとうお兄ちゃん』

     かすみ『ほら浩太郎も!そんなに慌てて食べないの!こぼしてるよ!』

     浩太郎『えへへ!ゴメン。だってカプリコおいしいんだもん!』

     長介『しょうがないなぁ。姉ちゃんが帰ってくる前にみんなで掃除しような』 

     かすみ・浩太郎・浩司『おー!』




長介「…………」

長介「姉ちゃん……。次からは普通のカプリコでいいよ…」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:08:58.44 ID:lb6zvx9l0

やよい「え?」

かすみ「うん…わたしもそっちのほうがいいかな…」

長介「……」

やよい「どうしたの?二人ともおいしくなかった?」

かすみ「ううん!すごくおいしかったよ!甘くてふわふわで!」


かすみ「でも……」

かすみ「なんか寂しい…」

かすみ「いつもはカプリコを食べると、もっともっとぽかぽかして、暖かくて、幸せな気持ちになるの…」


長介「…姉ちゃん…昨日はあんなこと言ってごめん…」

長介「俺は、苺の部分を食べることじゃなくて、家族みんなでカプリコを食べることが嬉しかったんだってわかったよ」

長介「勿論この『カプリコのあたま』もすごくおいしかったけどね」

やよい「長介……」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:14:47.39 ID:lb6zvx9l0

P「そうか…そんなことがあったのか…」

やよい「はい。あんなにカプリコの上の部分がほしがってたのに…不思議です」

やよい「でも…長介もかすみも、家族のことをあんな風に思ってくれてるってわかって…嬉しかったです」

亜美「またカプリコが一つの戦争を終結に導いてしまったか…」

真美「カプリコの赤は家族の血のつながりをあらわすとはよく言ったものだ…」

P「……」

P「カプリコは全部でカプリコなんだな…」

やよい「え?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:18:29.18 ID:lb6zvx9l0

P「765プロでいうなら、アイドルのみんなはカプリコの上の部分だ。華やかで、みんなの注目を集める主役だ」

P「そしてコーンの部分は俺や律子、小鳥さんに社長なんかの裏方だ。あまりスポットライトを浴びることはない」

P「でも…どっちも必要な存在なんだ。全員がそろってはじめて真価が発揮されるんだ。全員そろってカプリコなんだ。」

P「俺たちがカプリコだ」



亜美「なに言ってんだこいつ…」



真美「兄ちゃん…」キュン

亜美「真美!?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:26:34.80 ID:lb6zvx9l0

P「考えてみれば、ほかにも教訓を与えてくれるお菓子は色々あるな」

P「たとえば有名なきのことたけのこ……。どちらも必要な存在だ」

P「二つだから切磋琢磨できるんだ。アイドル界のトップに立った765プロがきのこだとすれば、たけのこはそれを追いかけるジュピターだ」

P「二つを合体させた『森のチョコの木』なんかもあるが、あまり有名じゃないしな」


貴音「過ぎたるは猶及ばざるが如し…ですね」

あずさ「いいとこどりすればいいってことじゃないのねー」

P「!みんな…来てたのか」

春香「えへへ。立ち聞きちゃいました」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:36:52.07 ID:lb6zvx9l0

伊織「その…カプリコ?ってやつはよくわからないけど、全員揃ってってのは同感よ」

美希「でこちゃんカプリコ知らないの!?苺の香りがしてすごくおいしいの!一緒に食べるの!」

雪歩「カプリコにあうお茶を探さないと…」

真「チョコだから、コーヒーとか紅茶のほうが……いえ、ごめんなさい」

響「ハピ粉なんかも、もっと欲しいと思ってもあんまりあると飽きるのかなぁ」

千早「何事も、もっとこうなればって考えるぐらいが調度いいのかもしれないわね」

P「そうだな。…………あ、でもあれは増やした方がいいな」

全員「?」




P「プリンは4連にすべきだ。」

P「やよいの家に行った時、兄弟6人+俺で3連プリンを2個買うと、いつもやよいが我慢させられる。不憫で仕方ない。」

全員「」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/27(土) 22:40:03.55 ID:lb6zvx9l0

おわりです。ありがとうございました。
個人的にはですが、『カプリコのあたま』は無しです。
でもカプリコは基本どれもすごくおいしいです。



転載元:やよい「カプリコの上の部分?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472297878/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロやよい亜美真美

(1)

AFTER 【ミリマスSS】P「俺がロ○コンですって!?」

BEFORE つば九郎「……」城ヶ崎美嘉「……」

大人ならやよいにプリン譲れよ…。
[ 2016/08/28 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

やよい「カプリコの上の部分?」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto