スポンサーリンク

2016 08/21

加蓮「あんずとうさみんとだらだらとはなしを」



1: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 21:34:44.58 ID:6PYdgtbR0

デレマスですよ
内容にそんなにつながりはないけど 裕子「Shinr(e)iテスト」の多分次の日
だらーっとおはなしします



2: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 21:36:17.51 ID:6PYdgtbR0




ガチャッ



杏「おはよ……ふあぁ……」
ftbanz19.jpg

菜々「おはようございまーす」
abnn25.jpg

加蓮「おはよー。……今日は二人で出勤かーなるほどなるほどー」
hjkrn14.jpg

杏「何朝からにやにやして」

加蓮「んーん? 今日も仲良しだなぁって」

杏「加蓮と奈緒には負けるよ」

加蓮「とーぜん♪」

菜々「えー? 杏ちゃんとナナも仲良しですよぅ」

杏「張り合わなくていいから」

加蓮「仲良いのはわかってるってばー、今日もお泊りだったでしょ」

菜々「なんでわかるんですか?」

杏「そりゃま、家の場所ぜんぜん違うのに二人で同じ時間に来てればねー」

菜々「あ、それもそうですね」




スポンサーリンク



3: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 21:43:01.77 ID:6PYdgtbR0


加蓮「杏はまたウサミン星一泊かー」

菜々「それがですねー、昨日は菜々が杏ちゃんのお家にお世話になったんですよ」

加蓮「えっ?! そっかー、ふーん」

杏「何にやにやしてんの」

加蓮「いやー、ついに杏が菜々ちゃんを連れこんだかと思うと面白くて」

菜々「えっ?!」

杏「連れこんだて」

菜々「ちょっ……なんっ、でそんなえっちな感じになるんですかぁ! 違いますよぉ!」

加蓮「あはははっ菜々ちゃん落ち着いて」

杏「菜々ちゃんどーどー」

菜々「ナナはウマですか!」

加蓮「ウマミン星人だ」

杏「フッ」

加蓮「ヒヒヒン ヒヒヒン ウーマミン はい!」

菜々「ウサミンです!! ウサミンですから……なんで杏ちゃんまで笑ってるんですか!」

杏「ふふふっ、いや、あんまりにも下らなくてんふふ」

加蓮「ウサギもウマもニンジン好きそうだしちょうどいいね」

菜々「良くないですよー! やめてくださいよー!」


4: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 21:51:28.14 ID:6PYdgtbR0


加蓮「それにしてもなんか珍しい感じだね」

杏「ん?」

加蓮「杏、家に人泊めるのとか好きじゃなさそうなのに」

杏「んー、確かにそんなに得意じゃないかもね」

菜々「あ、あのー……迷惑でした……?」

杏「まぁ菜々ちゃんなら大丈夫かな」

菜々「杏ちゃーん……!」

加蓮「ふーん、なんで?」

杏「ほら、お母さんって家族だし」

菜々「杏ちゃーん……」

加蓮「ほらお母さんがすごい不服そうな顔してるよ」

杏「おばあちゃんとかのほうが良かった?」

菜々「なんでですかー! 同い年でしょー!」

杏「お母さんごめんなさい」

菜々「だからー!」

杏「わはは」

菜々「もー、なんでそういうこと言うんですかー……嫌なわけじゃないですけどー……」

加蓮「ふふっ、それだけ気が置けない仲ってことじゃん? ね?」

杏「何ニヤニヤしてんの」

加蓮「んーん、なんでも?」


5: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 21:59:14.99 ID:6PYdgtbR0


杏「まぁ嫌だったら泊めないからね、杏はNoと言える日本人だぞー」

加蓮「なるほどねー。確かに何もしたくないないって毎日言ってるね」

杏「だから加蓮は泊めない」

加蓮「えーん、菜々ちゃーん、杏がいじめるよー」

菜々「あらあら」

加蓮「ママー泊めてー」

菜々「だからなんでママなんですか!」

杏「だって加蓮絶対家捜しするでしょ」

加蓮「バレた?」

菜々「あっウサミン星入国拒否です」

加蓮「えー、ひどーい」

菜々「入国拒否です」

加蓮「ふっ」

杏「んふ」

菜々「な、なんですか!」

杏「ウサミン星も入国審査はしっかりしてるんだなぁって、んふふっ」

加蓮「あはっ、ぺーぱーずぷりーずってねあはは」

杏「家族を養うために働いてるのかな、ウサミン星に栄光あれー」

菜々「ちょっとちょっとー! ウサミン星を赤い星にしないでくださいよー!」

杏「ふふふっごめんちょっとツボに入ったふふふごっごほっげほっ」

加蓮「あっはははは笑いすぎでしょははははははは」


6: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:07:29.08 ID:6PYdgtbR0


菜々「大丈夫ですか?」サスサス

杏「ひー……笑いすぎて漏らすかと思った……」

菜々「女の子がそういうこと言っちゃダメですってばー」

杏「割と事実だから仕方ないね」

菜々「なおダメですよ?!」

加蓮「はい杏」

杏「なにこれ」

加蓮「ペットボトル」

菜々「加蓮ちゃん!」

杏「いやぁそれはちょっと……」

加蓮「緑茶だから大丈夫だよ」

菜々「加蓮ちゃん!! そういうこと言っちゃダメですってば!!!!」

杏「ほら、叱られてるよ加蓮」

加蓮「はーい、ママごめんなさーい」

菜々「わかってくれたらよ……くないですー! だからなんでママなんですかー!」

加蓮「あはははっ」

菜々「もーっ……」

加蓮「はー……それだけ落ち着くってことだよー、ね?」

杏「ん、まぁ、まぁね」

菜々「それは嬉しいですけどー……いじらないでくださいよー」

加蓮「んーアタシも杏も好きな娘にはいじわるしちゃうタイプだからー、ね?」

杏「もうそれでいいです」


7: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:15:54.14 ID:6PYdgtbR0


加蓮「やったじゃん菜々ちゃん、愛されてるよー?」

菜々「あらー、ほんとですかー? もう杏ちゃんったらー♪」

杏「……」ポフッ

菜々「?」

杏 ナデナデ

菜々「わっ、杏ちゃん?」

杏 ワシャワシャワシャワシャ

菜々「わあぁ! どうしたんですかー?!」クシャクシャクシャクシャ

加蓮「わー、何かワンちゃん撫でてるみたい」

菜々「ワンちゃんじゃないですよ、ウサミンですよ!」ワシャー

加蓮「わー、奈緒みたいにわっしゃわしゃ」

杏「ふぅ……いい仕事をした」

加蓮「すごーい。杏が働いてる」

菜々「よくないですよぅ……」

加蓮「ふわふわでかわいいと思うよ」

杏「まぁ、菜々ちゃんはいつものほうがかわいいかな」ナオシナオシ

菜々「あ、ありがとうございます……」

加蓮「何かアタシも奈緒撫でたくなってきちゃった」

菜々「そんな奈緒ちゃんが加蓮ちゃんちのワンちゃんみたいな」

加蓮「んー? そう見せかけて実は奈緒が飼い主だったりしてー。なーんてね」

杏「いかがわしいなぁ」

菜々「えっ?! そっ、そういうのは良くないですよ!」

加蓮「冗談だから菜々ちゃん落ち着いて」

菜々「え、あっあ、そ、そうですよね! ……びっくりしたー…………」


8: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:23:03.67 ID:6PYdgtbR0


加蓮「菜々ちゃん杏の家でなんか面白いもの見つけてないの? かわいいポエムとかさー」

杏「杏がそんなものを書くように見えるかね」

加蓮「書いてたらいじらしくていいと思うよ」

杏「まさかぁ、菜々ちゃんじゃあるまいし」

菜々「ナナも書いてないですからね?」

加蓮「タンスの中に黒歴史があったりしないの?」

菜々「ありませんよ!」

杏「黒歴史じゃなくて歴史があるかもしれない」

菜々「あ、ありませんよー!」

加蓮「……スーパーファミコン?」

杏「セガサターンとか」

加蓮「なにそれしらない」

菜々「えっ……」

加蓮「セガってゲーム機作ってたんだね」

杏「せがた三四郎も今は昔……」

加蓮「せがさたーんしろ?」

杏「ある意味合ってる」

加蓮「あれ菜々ちゃんが打ちひしがれてる」

菜々「う、うう……ウサミン星は建国十万五十三年です……」

杏「なんで閣下と同じなの」


9: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:30:37.96 ID:6PYdgtbR0


加蓮「ウサミン星人って悪魔だったんだ」

菜々「悪魔じゃないですよー……みんなの幸せを願うウサミン星人ですよー……」

杏「悪魔だったら加蓮の親戚じゃない? はいキュー」

加蓮「やらないよ?」

杏「みりあちゃんならやってくれただろうなぁ」

加蓮「かれんやらないよ」

杏「そっちはやるの?」

菜々「ナナの真似だってしてくれてもいいじゃないですかー!」

加蓮「して欲しいの?」

菜々「……そうでもなかったです」

加蓮「それにほら、悪魔じゃなくて小悪魔だから」ニコッ

杏「小物ってこと?」

加蓮「杏の方がちっちゃいじゃん」

杏「杏はほら、愛されジャストサイズだから」

加蓮「なにそれ女子力高ーい」

菜々「杏ちゃんぎゅってすると収まり良くて落ち着きますよね」

加蓮「へー、へぇー、ふーん」

杏「何ニヤニヤしてんの」

加蓮「んーん?仲良いなーって」

菜々「そうですよーなかよしなんですよー!」


10: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:37:14.26 ID:6PYdgtbR0


加蓮「というか杏のとこに泊まったんだよね」

菜々「お世話になっちゃいました」

加蓮「布団とか有ったの?」

杏「あー、まぁ……」

菜々「無かったですよ?」

加蓮「え?」

菜々「きらりちゃんのお布団はありましたけど勝手に使っちゃ悪いですし……」

加蓮「うん」

菜々「今日は押しかけちゃいましたからソファーでもって言ったんですけど杏ちゃんが良いから良いからって」

加蓮「あ一緒に寝たの?」

菜々「杏ちゃんもナナもちっちゃいから寝れちゃうんですよね」

加蓮「杏のムッツリ」

杏「ほんとやめて」

加蓮「スキャンダルだよ?」

菜々「えっ?! 違いますよーそういうのじゃないんですよぉー!」

加蓮「でも杏を抱いたんでしょ?」

菜々「ちょっ、そういう言い方しないでくださいよ! ぎゅってしてただけですから! ねっ?!」

杏「うん、まぁ……」

菜々「ほらー、ほらぁー!」

加蓮「なんか……杏、ごめんね?」

杏「余計つらいからやめて」


11: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:43:27.24 ID:6PYdgtbR0


加蓮「でもそっかー、お泊りかぁ、楽しそうだねね」

菜々「加蓮ちゃんはしないんですか?」

加蓮「んー、子供の頃はそういうのに縁なかったし……なんか恥ずかしいじゃん?」

菜々「恥ずかしい?」

加蓮「寝てるとことかさ、普段見せない無防備なとこ見られるわけでしょ?それって恥ずかしくない?」

杏「自意識過剰だよ」

加蓮「えー」

杏「そんなに加蓮のこと見てるの奈緒ぐらいだよ」

加蓮「その奈緒に見られるのがヤなの!」

杏「急に乙女みたいなこと言い出したね」

菜々「可愛らしいじゃないですか」

加蓮「え、だって……恥ずかしくない?」

杏「それを杏に聞く?」

菜々「わかりますよ……ナナも寝起きは……」

加蓮「それにね、アタシ眠り浅いから、変な寝言とか言っちゃってそうで……」

杏「録音して売ればいいの?」

加蓮「やめてやめてまた変な夢とか見ちゃうから」

菜々「見るんですか?」

加蓮「陸走り回ったり海潜ったりもうてんてこまいまいだよ」

菜々「そういえば前言ってましたね。なんだか随分楽しそうですけど」

加蓮「寝た気はしないけどね」


12: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:50:08.03 ID:6PYdgtbR0


菜々「あー、そういう夢ってなんだか起きた後へとへとなんですよね。不思議と」

杏「杏にはわかんない感覚だなぁ」

加蓮「睡眠優良児めー……菜々ちゃんも眠り浅いんだ」

菜々「そうですねー、夜中に目が覚めちゃったりして」

加蓮「それでなかなか寝付けなくなっちゃうんだよね」

菜々「あ、でも最近はあんまりなくなったかもしれないです」

加蓮「へー、いいなー」

菜々「杏ちゃんぎゅってするとぐっすり寝られるんですよねー」

加蓮「それマイナスイオンとか出てるんじゃない?」

杏「池袋博士も一ノ瀬博士も科学的根拠はないって言ってた」

加蓮「今なら加湿除湿にプラズマクラスターまでつけちゃう」

菜々「なんかむやみやたらに便利ですね」

杏「空気清浄機か何か?」

加蓮「目の付け所がシャープでしょ?」

菜々「それ言いたかっただけですよね」

加蓮「あはは、わかる?」

杏「最近李衣菜化が激しいね」

加蓮「え、やだ気をつけよ」

菜々「な、なにげに酷いですね……」

加蓮「アタシまで李衣菜になったらいよいよ地球がヤバいからね」

杏「最近やけに地球の未来を憂うよね」

菜々「それも言いたかっただけですよね」


13: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 22:57:39.21 ID:6PYdgtbR0


加蓮「そういえばさ、結局何があったの」

杏「何が?」

加蓮「ほら、杏が菜々ちゃんちに行くのは聞いてたけど、菜々ちゃんが杏の家に泊まってたみたいだし?」

杏「あー、なるほどね」

菜々「えっとー……実はその、お家に霊がいるって言われちゃって、怖くなっちゃって……」

加蓮「えー? ちっちゃい子じゃないんだからー」

菜々「小梅ちゃんと裕子ちゃんに言われちゃって……」

加蓮「あ、それ絶対居る。仕方ないやつだ」

菜々「ううう……」

杏「よしよし、落ち着いて」サスサス

加蓮「霊かー、なんか懐かしいなー」

菜々「えっ」

加蓮「ほら、病院はそういうものに近いって言うじゃん? アタシも見えるわけじゃないけど、なんとなーく居るなーって思って過ごしてたよ」

菜々「ひぃ……」

杏「加蓮もその辺が分かる人なんだ」

加蓮「小梅ちゃんとか裕子ちゃんみたいにお友達ーみたいには思えないけどね」

杏「まぁあの二人は特殊だよ」

加蓮「病院ってさ、元気になって卒業していく人もいれば二度と卒業できなくなる人もいるわけでしょ? アタシもああやって死んでもずーっと病院に縛られるのかなーって」

杏「重いよ」

加蓮「女の子にそれはひどくない?」

杏「そういうことじゃないよ」

加蓮「そーお? まぁ、奇跡的に元気になってさ、奇跡的にアイドルやってるんだけどね」


14: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 23:04:28.61 ID:6PYdgtbR0


奈緒「奇跡じゃないだろ」
kmyno10.jpg

加蓮「な、奈緒?」

奈緒「元気になったのもアイドルになったのも、加蓮が戦ってきたからだろ。そんなふうに言うなよ……」

加蓮「……んもー真面目な顔しちゃってー♪」ギュッ

奈緒「うわっ、と、いきなり抱きつくなよ! 危ないだろ!」

加蓮「なおー♪ なおー♪」ワシャワシャ

奈緒「なんだよー! 撫でるなよー!」

杏「なんていうか、アレだね」

菜々「愛されてますねぇ」

加蓮「いいでしょー、奈緒は私のだからねー♪ あげないよー♪」ワシャワシャ

奈緒「撫でるなってー!」

杏「いらないから持って帰っていいよ」

加蓮「やったー♪」ギュー

奈緒「あーもー!」

菜々「気軽に人を取引しますね」

杏「ウサミン星でもよくやってるし」

菜々「やってません! やってませんよぉ!」

杏「わはは」

加蓮「奈緒は心配性だなーもー♪」ワシャシャシャ

奈緒「やめろー!」

加蓮「かわいいなー♪ ……でも、ありがとね」ボソッ


15: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 23:11:29.26 ID:6PYdgtbR0


奈緒「髪がめちゃくちゃじゃないかもー」ワッサー

加蓮「あっはは、奈緒わさわさだー♪」モフモフ

奈緒「やーめーろーよー! なーおーせーよー!」

杏「あのなんか……耳かきのおしりの方みたいなわさわさ感」

奈緒「なんだと」ナオシナオシ

菜々「あれ梵天って言うんですよ」

杏「お母さんは物知りだなぁ」

菜々「だからー!」

杏「わはは」

奈緒「よし、なおった」

杏「え……物理法則無視した変形してない?」

菜々「なんか半分ぐらいのおっきさになった気がしますね」

加蓮「アタシは割と見慣れてるんだけどなー奈緒の詐欺変形」

杏「スーパーロボか何か?」

奈緒「あたしをおもしろ生物にするのやめろ」

加蓮「奈緒はおもしろじゃなくてかわいいだもんねー」

奈緒「か、加蓮のほうがかわいいとかそういうの、似合うだろ……」

加蓮「っもー♪ 奈緒はかわいいなー♪」ワシャワシャ

奈緒「わーばかまためちゃくちゃになるだろー!」

杏「そういうのは家でやって」


16: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 23:19:06.59 ID:6PYdgtbR0


菜々「あ、杏ちゃん、そろそろレッスンの時間ですよ」

杏「んぇ? ……今日は遠慮しとくよ」

奈緒「いや、遠慮とかじゃないだろ……」

菜々「えー、杏ちゃん歌いましょうよー」

杏「めんどくさい」

菜々「うーでもでも一緒に歌ったら楽しいと思いますし……」

杏「……しょーがないなーもー」

奈緒「……アレな、杏割と菜々ちゃんには甘いのな」

杏「奈緒にだけは言われたくない」

奈緒「なんでさ」

杏「二人になるからって変なことしちゃ駄目だよ奈緒」

奈緒「しないわ!」

加蓮「……しないの?」

奈緒「ばっ、な、はぁ!?」

加蓮「あっはは赤くなってるー」

奈緒「あーもー!」

菜々「それじゃ、いきましょっか」

杏「あいよー」

奈緒「がんばってなー」フリフリ

加蓮「いってらっしゃーい」フリフリ

菜々「いってきまーす」フリフリ

杏 フリフリ



バタン


17: ◆ganja..OLI 2016/08/20(土) 23:23:00.90 ID:6PYdgtbR0

おしまい
杏ちゃんちのベッドって普通にちょっと大きそうですよね
 
前のぐだぐだ話してるのは→ 加蓮「あんずとうさみんとぐだぐだなはなしを」

読んでくれた人ありがとう、また次もよろしくおねがいしますね



転載元:加蓮「あんずとうさみんとだらだらとはなしを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471696484/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス菜々加蓮奈緒

(0)

AFTER 飛鳥「コンビニ万歳、さ」

BEFORE モバP「川島さんとの旅行」【モバマスSS】

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

加蓮「あんずとうさみんとだらだらとはなしを」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto