スポンサーリンク

2016 08/20

モバP「川島さんとの旅行」【モバマスSS】



2: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:14:25.36 ID:4Fn3bdeK0

――事務所――

モバP(以下P)「川島さん、今週土日オフですよね?」

川島「ん、そうだけれど」
kwsmmzk14.jpg

P「もし予定空いてましたら、二人で旅行に行きませんか?」

川島「いいわよ」





川島「えっ」

夏美「えっ」
ntm13.jpg

芽衣子「ええええっ!?」ガタッ
nmkmik14.jpg

真奈美「む?」
kbmnm1.jpg


川島「ちょっと待ってP君」

P「あ、やっぱりもう予定ありますか?」

川島「そうじゃないの、そうじゃないのよ」

P「?」

真奈美「旅行なら芽衣子君がいるだろう」

芽衣子「そうそう!私が旅行好きなの知ってるでしょー!?」

P「芽衣子ちゃんは多分行った事あるだろうから退屈だと思うし…」

芽衣子「旅行は一人と数人じゃ楽しさが違うの!」

P「そ、そういうものなの?ゴメンよ」

夏美「まあまあ、Pさんの事だから、もう色々準備しちゃってるんでしょ?」

P「ええ、まあ…芽衣子ちゃんオフじゃないでしょ?」

芽衣子「うぅ~…川島さんずるい~…」

川島「そう言われても…それに私も驚いてるわよ」

真奈美「行ってきたまえ、P君からのご褒美だと思えばいい」

夏美「そうね、最近忙しかったし」

芽衣子「がわじばざぁ~ん!わだじのぶんばでだのじんでぎでねぇ~!!」ブワッ

川島「め、芽衣子ちゃんそんな泣かないで…」




スポンサーリンク



3: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:15:57.79 ID:4Fn3bdeK0

――駅入り口――

川島「待ち合わせの30分前に来ちゃうなんてまるで女子高生みたいねぇ私ったら…」

川島「………」

川島「ううん全然待ってないわよぉ~♪」キャピッ

川島「なんてね…」

P「川島さん?」

川島「キャッ!?」ビクッ

P「うわっ!す、すみません」

川島「い、いや別にいいんだれど…見てた…?」

P「な、何の事ですか…?」

川島「なぁにその反応!やっぱり見てたのね!?」

P「あ、あー早くしないと新幹線来ちゃうなー!急がなきゃー!」ダッ

川島「あっ!待ちなさーい!」ダッ


4: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:16:26.21 ID:4Fn3bdeK0

――新幹線内――

川島「それにしても流石ねP君」

P「え?」

川島「私、集合予定の30分前に着いちゃったのにちゃんともう来てるんだもの」

P「ああ…遅刻しちゃマズイかなって思ったので、職業病かもしれません」

川島「でも、そういう事を心がけるのはいいことだと思うわ」ニコッ

P「そ、そうですか?ありがとうございます……」


5: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:16:56.48 ID:4Fn3bdeK0

――旅館、二人部屋―

P「じゃあちょっと行ってきます」

川島「あら出かけるの?折角だし一緒に行動しない?」

P「うーん…とりあえず午前中は自由行動にする予定だったんですが」

川島「P君が出かけたらお姉さんヒマになっちゃうわよ」

P「うーん…まあそれなら構いませんよ、早速行きましょうか」


6: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:17:26.07 ID:4Fn3bdeK0

――お土産屋――

P「あ、これおいしそうだな、みんなにあげるのに一個買っていこう」

川島「ねえP君」

P「どうしました川島さん」

川島「このキーホルダーどう思う?」

ピニャッ

P「え、なんですかこのちょっとブサイクな黄緑色の生き物」

川島「えーっと、ご当地ぴにゃこら太って書いてあるわ」

P「変な名前ですね、でも好きですよこういうブサかわキャラクター」

川島「そうだ、二人でこれ買ってペアルックにしましょ?」

P「ええっ、このぴにゃこら太をですか…?」

川島「ダメ?」

P「まあ川島さんがいいならいいんですけど…」

川島「それならすぐ買ってくるわね、ちょっと待ってて!」

P「川島さん、あんなんで本当に良かったのかな…」


7: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:17:55.83 ID:4Fn3bdeK0

――どこかのお城――
川島「P君、お城とか好きなの?」

P「お城には限りませんね、歴史的建造物、中でもでかければでかいほど好きです」

川島「大きさが大事なの?」

P「大事です!」カッ!

P「大きいって事はそれだけ土地を使ってるって事じゃないですか、つまりその建造物がある場所は建てた人がそれだけの土地を使えるくらい偉い人だったって言う事の表れでもありますしそんな大きな物を建てる為の人材の確保だって…」ペラペラ

川島「あ、あらあら変なスイッチ入れちゃったかしら…」

P「…ですからただ大きいから好きなのではなく、なぜ大きいのかという部分を考えた時巨大な歴史的建造物がいかに価値のあるものなのかという部分が…」ペラペラ

川島「ね、ねえP君!お姉さんちょーっとお腹空いちゃったなー!」

P「ハッ!す、すみません一人でペラペラと…」

川島「まあ別にいいのよ、こんなP君見たの初めてだったしちょっと新鮮だったわ」

P「で、では大体見終わりましたしどこかでご飯食べましょうか」


8: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:18:28.26 ID:4Fn3bdeK0

――男湯――

かぽーん

P「ふぅ~…」

P「いかん、いかんぞ」ブツブツ

P「あんなしょうもない一人語りをしてしまうとは、恥ずかしい」ブツブツ

P「もっとあのお城の事話したかったのにあんな…」ブツブツ

P「ぬあぁぁ~!」

おっさん「兄ちゃん大丈夫か?さっきから独り言多いぞ」


9: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:19:55.54 ID:4Fn3bdeK0

――女湯――

川島(すっごく楽しかった♪)

川島(P君があんなに活き活きとしてるの初めて見たかも)

川島(すごく真面目な人だと思ったけれど、子供っぽいところもあるのね)

川島「お風呂上がったら、ちょっとだけからかっちゃおうかしら」


10: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:20:21.99 ID:4Fn3bdeK0

――旅館、二人部屋――

P「じゃあ僕は先に寝ますね」

川島「子供っぽいところ見せちゃってちょっと恥ずかしいのよね、わかるわ」

P「うぐっ!」

川島「いいじゃない、少しくらい可愛いところが無いとつまんない男に見えちゃうわよ?」

P「そうは言いますがね………」

川島「それに今回の旅行だってそうよ」ズイッ

川島「君が旅行に行く人だと思わなかったし、ましてや他人を誘うとも思ってなかったからこそみんな驚いたのよ?」

P「そこまで真面目人間に見えてましたか」スス…

川島「それにどうして私なの?誘ったときにも言ってたけれど旅行なら芽衣子ちゃんがいるじゃない」ズズイッ

P「そ…それは…ですね…」スススッ

川島「それは?」ズズズイッ

P「………」スス…

川島「………」ズイッ

P「あの…」

川島「どうしたのかしら」

P「めちゃくちゃ顔近いんですけど」

川島「そんな事はいいから、どうして私を誘ったの?」

P「うぐぐ…」

P(どうしても気になるんだろうなぁ…)


11: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:20:59.85 ID:4Fn3bdeK0

P「……だからです」

川島「え?」

P「川島さんを好きだから、です…」

P(ぬあぁぁぁぁぁぁ!言ってしまった!)

川島「え?あ…え…?」

P「も、もちろん友達とか!そういうのじゃなく、一人の女性として、です!」

P「でも、アイドルと恋愛なんてご法度ですし、それがプロダクションの社員となればさらに危ない事だとわかっています!」

P「だからこの旅行で自分の気持ちに決着をつけておきたかったんです!」

P「『この旅行が最後、これを最後に川島さんを好きでいることはやめよう』って!」

P「だから、えーっと…」

川島「ふふっ、あははははははっ!」

P「え!?ど、どうしました!?」

川島「P君、本当はすごくおしゃべりなのね」

川島「今もそう、いつものP君じゃ考えられないくらい早口になってるわ」

P「あ…」

川島「ありがとう、とっても嬉しい」

P「………」

川島「私も、P君の事、好きよ」

P「え…ええええええええっ!?」

川島「そ、そんなに驚かなくてもいいんじゃない?」

P「す、すいません、でも…」

川島「わかってるわ、さっき君が言ったようにアイドルの恋愛はスキャンダル」

川島「でも、私も君の告白を聞いて決心がついたわ」

P「?」

川島「私…」

川島「アイドル辞めるわ」


12: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:22:01.22 ID:4Fn3bdeK0

――事務所――

P「…本当に良かったんですか?ようやく仕事も増えてきたのに」

川島「ええ、いまさら後悔はしないわ」

真奈美「既に心は決まっているんだな?」

川島「ええ」

真奈美「ならば私は君を止めない、頑張れ」ニッ

川島「ありがとうね」

夏美「ふふっ、Pさんとの旅行から帰ってきて翌日に『アイドル辞めるわ』なんて言うからすごくびっくりしちゃった」

川島「それを言ったらされた私の方がびっくりしたわよ~」

芽衣子「うぅ~…、寂しくなるね…」グスン

川島「そんな顔しないで芽衣子ちゃん、たまには遊びに来るわ」


13: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:22:38.93 ID:4Fn3bdeK0

――プロダクション出入り口――

P「川島さん、今までお疲れ様でした」

川島「ち、ちょっとちょっとどうしたのいきなり」

P「アイドル川島瑞樹と、プロデューサーの僕の関係はここで終わり」

P「だから、これからは俺も素の自分を見せるよ」

川島「あら」

P「これからもよろしくな!」ニッ

川島「ええ、これからずーっと、ね!」ニコッ


おしまい


14: ◆GmAlOfM3fI 2016/06/28(火) 10:23:53.19 ID:4Fn3bdeK0

以上です
担当ではないですが結婚するなら川島さんみたいな人がいいなあって思ってます



転載元:モバP「川島さんとの旅行」【モバマスSS】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467076439/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

kwsmさん夏美芽衣子真奈美短SSモバマス

(5)

AFTER 加蓮「あんずとうさみんとだらだらとはなしを」

BEFORE 智絵里「ほたるちゃんが」朋「幽霊に!?」

ネタキャラ扱いされてるけど、事務所限定でも普通に高スペックだと思うんだけど。
[ 2016/08/20 22:23 ] [ 編集 ]
俺来月32歳だけど川島さんの様な年上のお姉さんに貰って欲しい
[ 2016/08/21 01:58 ] [ 編集 ]
全方向にオーバースペックだから一周回ってネタキャラにしかならないのよね、わかるわ
ガチったら一瞬で全部ケリついちゃうもの(担当Pの贔屓目)
[ 2016/08/21 02:34 ] [ 編集 ]
アナウンサーになれる時点で教養がしっかりとあることは保証されてる
それにアイドルになれるくらいの美貌
才色兼備とはこのことですわ
[ 2016/08/21 17:59 ] [ 編集 ]
某ゲームのダ・ヴィンチちゃんと同じようなもんじゃね
いろんなところで高スペックを持ってるから、ユーモアの能力も高かったというだけ、的な
[ 2016/08/21 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

モバP「川島さんとの旅行」【モバマスSS】

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto