スポンサーリンク

2016 08/15

【モバマス】幸子「この……裏切り者!!!!」小梅「っ……」



1: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:31:52.06 ID:njSi0Zdg0


美玲「おい、今のは言い過ぎだぞ」
hyskmri4.jpg

乃々「小梅さんは、悪くないじゃないですか」
mrkbnn20.jpg

幸子「だからって……ショックなのには変わりないですよ!!!!」
ksmzsck18.jpg

輝子「幸子ちゃん……」
hsshok17.jpg

幸子「まさか……小梅さんが……!」









幸子「実は双子で、本当の小梅さんはすでに亡くなっているなんて……!!」



※設定変更注意





スポンサーリンク




2: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:33:12.38 ID:njSi0Zdg0

美玲「小梅、本当の話なのか?」

小梅「……はい」
srskkum17.jpg

小梅「私と小梅ちゃんは一卵性双生児――つまり双子です」

輝子「それは、そっくりだろうな」

小梅「はい、私たちは本当にそっくりでした」

小梅「……もう会えないけど」

幸子「そんな……」


3: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:34:19.16 ID:njSi0Zdg0

幸子「どうして……どうしてボクたちをだましていたんですか?!」ガツ

小梅「こふっ……!」

美玲「バカッ!! 首から手を離せッ!!」

美玲「首絞めはやめろッ!!」

幸子「ボクたちを見て笑っていたんですか?! ねぇ!?」

小梅「ぐ……ゃ、め……!」ガクガク

乃々「ひっ……!」ガクブル

輝子「やめ……ろ……」









輝子「やめろぉ!!」バシッ

幸子「くっ……!」

小梅「かはっ……!!」ドサッ





美玲「小梅を確保しろ!!」

乃々「は、早くこちらへ……!」

小梅「ぁ……りが、と……!」ケホッ


4: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:35:10.96 ID:njSi0Zdg0

幸子「何をするんですか輝子さん!?」

幸子「あのニセモノをかばうんですか!?」

輝子「そ、そうだ!」

輝子「小梅ちゃんを傷つけることは、許さない……!」

幸子「バカ言わないでください!」

幸子「ボクたちにとっての小梅さんは、あのニセモノなんかじゃないです!!」

輝子「そんなわけない!」

輝子「私たちはずっと、あ、あの小梅ちゃんと一緒だった……!」

輝子「だから小梅ちゃんは……た、確かに、あの小梅ちゃんなんだ……!」

幸子「でも……そんな……だからって……!!」

輝子「幸子ちゃんも……本当は、分かってるはず……!」

幸子「くっ……うっ……」グスッ


5: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:36:17.83 ID:njSi0Zdg0

美玲「幸子も、辛いよな……」

美玲「だって小梅だと思ってた子が、小梅じゃなかったんだからな」

小梅「……」

乃々「……ところで小梅さん」

小梅「はい」

乃々「本物の小梅さんが亡くなったのは、いつですか?」

小梅「小梅ちゃんの……?」

乃々「えっと、その……きっと辛いと思いますけど……」

乃々「私たちも、気になるので……」

小梅「分かった」


6: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:37:07.52 ID:njSi0Zdg0

小梅「私の妹、白坂小梅が亡くなったのは――」









小梅「7年前……6歳の夏の日です」









乃々「えっ」

美玲「えっ」

幸子「えっ」

輝子「えっ」

小梅「えっ」


7: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:38:13.92 ID:njSi0Zdg0

小梅「あの……何か問題が?」

乃々「大アリですよ!?」

美玲「それじゃ、ここに来た時点で、すでに入れ替わった後だったのかッ!?」

小梅「えっと、入れ替わったというか……」

幸子「それじゃ、ボクと出会った時から、小梅さんはあなたなんですね?!」

小梅「あ、うん……そうだよ?」

幸子「……はあぁぁぁ~……」ヘナヘナ

小梅「えっ……えっ?」

幸子「よかった……よ゛がっだでず……」グスグス

小梅「えっ……?!」アセアセ


8: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:39:38.17 ID:njSi0Zdg0

輝子「幸子ちゃんはな……」

輝子「アイドル・白坂小梅が、途中で入れ替わったんだと、思ったんだ」

輝子「私も……な」

美玲「輝子も、というか……」

乃々「全員ですよね」

小梅「え?」

小梅「……あっ!」ハッ

小梅「そっか……」

小梅「ご、ゴメンね? 私が、口下手だから……!」アセアセ

幸子「ぐすっ……ひっぐ……い゛いんです……」

幸子「小梅さんが小梅さんな゛ら……ボクは大丈夫ですがら゛……!」

小梅「うん……うん……ゴメンね」ギュ...

幸子「う゛え゛ぇ゛ぇ……」ギュー!


9: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:40:52.64 ID:njSi0Zdg0

美玲「まぁ……そんなに昔のことなら、別にウチらがどーこー言う立場じゃないな」

輝子「だな」

乃々「あの、小梅さん……」

乃々「そうなると、また気になることがありまして……」

小梅「うん、いいよ?」ギュ...

乃々(幸子さんをなだめる小梅さんの姿が完全に母親のそれの件について)

輝子(双子の姉だから、いつも妹のお世話をしてたんだろうな……それで小梅ちゃんから母性が感じられたのか……)

美玲(どうりで一人っ子らしくないと思ったぞ……)

乃々「あなたが小梅さんを名乗ってるのは、つまり芸名だとは思うんですけど……」

小梅「うん、そうだよ」

乃々「……どうして、亡くなった妹さんの名前を使ったんですか?」

乃々「芸名をつけたければ、もっと他の名前でも良かったはずですよね?」

小梅「……分かった、全部話すね」


10: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:42:38.05 ID:njSi0Zdg0

小梅「妹が亡くなったのは、キャンプに出掛けた時、崖から足を滑らせて川で溺れたから」

小梅「肝試しに出掛けると言って、夜中に山を走り回ってたから、きっとその時に……」

小梅「それ以来、うちではホラーの話題は禁止になったの」

小梅「でも私、妹には負けるけど……そういうの好きで」

小梅「両親がいない時を狙って、レンタルショップで借りてきて、内緒で見たりして……」

小梅「……私がスカウトされたのは、ちょうどその時だったかな」

小梅「ホラ―DVD両手に抱えてる私を見て、目の色変えてやって来たPさんは……ゾンビみたいだった」

美玲「……だろうな」アタマカカエ

乃々「Pさんェ……」アタマカカエ

輝子(私の時も似たような状態だったと言えない空気……)フヒィ


11: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:44:38.93 ID:njSi0Zdg0

小梅「でも……妹の好きなホラーを、真正面から受け止めてくれたのが嬉しかった」

小梅「すぐにその晩、全部両親に話したよ」

小梅「私がスカウトを受けたこと、今もホラーを愛してること……」

小梅「それに『私たちは逃げてるだけ、これじゃ小梅ちゃんが可哀想だ』……って」

輝子「こ、行動的なんだな」

小梅「妹には、負けちゃうけどね」フフ...

小梅「そのあとは、みんなも知ってる通り、ホラーアイドルとしてデビューすることになったの」

小梅「それは、妹の趣味がきっかけだったから……」

小梅「みんなにも妹を知ってほしい――そう思って、妹の名前を名乗ることにしたの」

小梅「それに……白坂小桃よりも、響きが良かったから」

乃々「そうでしたか……」

美玲「……ん?」

美玲「今さらっと本名を名乗らなかったか?」

美玲「……あれ?」


12: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:46:00.27 ID:azldNPp80

輝子「小梅ちゃんは、妹さん――小梅さんのことが、好きなんだな」

小梅「うん、だって大事な妹だもん」

乃々「……やっぱり、さみしいですか?」

小梅「ううん。今はみんなと一緒だから、さみしくないよ」

小梅「それに……今もずっと、私のそばにいるから」

美玲「そっか、そうだよな」

輝子「いつも一緒、フヒ」

幸子「グスッ……ボグも゛一緒゛でずよ……」ズビー

乃々「わ、私も一緒ですから……!」

「……私も」

小梅「みんな……うんっ」

美玲「おい誰だ今の」


13: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:48:05.93 ID:azldNPp80

乃々「でも、これで解決ですね」

輝子「だな」

美玲「小梅は小梅、それ以外の何物でもないぞッ!」

幸子「……そうですね」グシグシ

小梅「ありがとう、みんな」

美玲「気にするなってッ! ウチらは一心同体だからなッ!」

乃々「でも、小梅さんも水臭いですよ……」

幸子「そうですよ! ちゃんと言ってくれたら、ボクたちだって勘違いしなかったんですからね!?」

小梅「うん……ゴメンね?」

幸子「小梅さんがちゃんと説明してくれたので、もう気にしていませんよ」

幸子「むしろ、謝るのはボクの方です。さっきはひどいことをして、ゴメンなさい」ペコリ

小梅「私も、気にしてないから……ね?」ニッコリ

輝子「これで一件落着……だな」


14: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:49:21.66 ID:azldNPp80

幸子「……ホッとしたら、お腹がすいてきました」グゥ...

輝子「もうお昼過ぎてるもんな」

美玲「それじゃ、みんなで食べに行くかッ!」

乃々「いいですね」

小梅「どこにする?」

幸子「この間、近くにバーガーショップができたんですけど、どうですか?」

美玲「出たよ、上流人間発言」

幸子「どこがですか?!」

美玲「だってあそこ、1個1000円くらいするんだぞッ? そんな気軽に『どう?』って言える店じゃないだろッ!?」

幸子「良いじゃないですか、ボクたちアイドルなんですから!」

美玲「みんながみんな、ギャラを全額個人の口座にいれていると思うなよッ?!」

小梅「まあまあ」


15: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:52:25.21 ID:azldNPp80

乃々「とにかく、行きませんか?」

輝子「そのお店……まだ行ったことないんだ」

小梅「気になるよね」

幸子「ホラ! みなさんも興味津々ですよ!」

美玲「……」

美玲「ハァ……」

美玲「分かったよ、今日はそこに行くぞッ!」

幸子「やった!」

輝子「楽しみだな」

小梅「うんっ」

乃々「えっと、お昼にまわせるカロリーは……」ケイサンチュウ...

美玲「まったく、オマエらは……」フフ


16: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:53:22.60 ID:azldNPp80

美玲「……あ、そうそう」

美玲「ややこしくなりそうな秘密を持ってるヤツは、もういないよな?」

小梅「私は、これで全部だよ」

乃々「そんなもの、ないんですけど……」

幸子「ボクのカワイさの秘密でよろしけr「よし無いな」せめて最後まで言わせてくださいよ!?」

輝子「……」

美玲「それじゃ、行くぞー」

小梅「おー」

輝子「あ……ちょっと準備するから、さ、先に下に行っててくれるか?」

幸子「急いでくださいね! ボクもうお腹ペコペコなんですから!」

乃々「数値が足りない……晩御飯のカロリーを減らさなきゃ(使命感)」ブツブツ









輝子「……」


17: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:54:55.40 ID:azldNPp80

輝子「……」ピッピッ

輝子「……」プルルルル...

輝子「……あ、もしもし?」

輝子「……うん、その入れ替わりのことなんだけど……」

輝子「……やっぱり、罪悪感が……」

輝子「……うん、ゴメンなさい」

輝子「……ちょっとしたイタズラ、だったのに……」

輝子「……そうだね、明日謝るつもり」

輝子「……だ、大丈夫だって、それくらいなら私でも……」

輝子「……だから、お姉ちゃんは来なくても大丈夫だって……」

輝子「……私、もう15だぞ?」

輝子「……それに……」









輝子「同じ顔が2つ並んだら、みんなも困ると思うし……」



終わり


18: ◆ag9TZfREZs 2016/08/15(月) 22:55:48.17 ID:azldNPp80

聞いた話によれば

輝子ちゃんのナカノヒトは双子の妹で

そのお姉さんも声優らしいですね



以上です、ありがとうございました



転載元:【モバマス】幸子「この……裏切り者!!!!」小梅「っ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471267911/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス142'sインディヴィジュアルズ小梅幸子美玲輝子乃々

(4)

AFTER 橘ありす「どうしたんですかPさん、こんな夜の海辺で」

BEFORE フレデリカ「パーソナリティごっこ」

「り」っぽい顔をしたタケノコアイドル登場待ったなしw
[ 2016/08/16 04:12 ] [ 編集 ]
この前未来が声かけたら、りの方と間違えていた案件がありましたね
[ 2016/08/16 04:53 ] [ 編集 ]
えっ…バーガー店は1個1000円ちょいでしょ
[ 2016/08/16 21:54 ] [ 編集 ]
あの子が小梅なのか…
[ 2016/11/15 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

【モバマス】幸子「この……裏切り者!!!!」小梅「っ……」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto