スポンサーリンク

2016 08/09

まゆ「Pヘッドを被ったあなたは」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:45:59.50 ID:+lj15o9b0

「どうしてそんな変わった被り物をしてるんですかぁ?」

まゆは、訊ねます。
すっぽりと頭からかぶって……まるで、アルファベットのPのような。

「顔を見られたくないんだ」

その人は言います。

まゆは、真っ赤な日記帳に書きます。
“顔を見られたくないから、被り物をしている”と。




スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:47:24.61 ID:+lj15o9b0

「僕が怖くないかい?」

今度は、その人が訊きます。

まゆは、首を横に振りました。
不思議と怖くありません。その人が部屋に入ってくると、何だかホッとしましたから。

「何か欲しいものは?」

その人は、重ねて訊ねます。

考えるけれど、思い浮かびません。
そこで日記帳を開いて自分が書いたことを辿ります。
"アイスクリーム"と書いてありました。だから、言います。

「アイスクリーム」

「そうか。アイスクリームが欲しいんだね?」

「分からない」

「今度、持ってくるよ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:48:34.00 ID:+lj15o9b0

その人が、なぜここにいるのか。まゆがなぜこの部屋にいるのか。
まゆにはさっぱり分かりません。
きっと、ここはまゆの部屋です。目覚めたらここにいたので、きっとそうなのでしょう。

でも、格子の付いた窓も、シミひとつないシーツも、簡素な家具も、どこか病院や施設を思わせました。
もしかして、まゆは入院してるでしょうか。

ならきっと、この人は先生です。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:49:30.86 ID:+lj15o9b0

「先生」

と、呼んでみました。

「僕は、先生なのかい?」

と、その人は言いました。
そう言われて、まゆは、急に分からなくなりました。

「先生ではないんですか?」

「いや。先生だ、僕は先生だよ」

まゆは安心しました。
このことを日記帳に書いておかなくちゃ。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:50:52.87 ID:+lj15o9b0

探そうとした日記帳は、探すまでもなくまゆの手の中にありました。
開くと、“アイスクリーム”と書かれています。

あれ。なんだっけ?

アイスクリームがどうしたのだろう。
まゆは、アイスクリームが欲しいんでしょうか。


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:52:40.06 ID:+lj15o9b0

「どうしたの?」

見るとその人は、おかしな被り物をしていました。
だからきっと、お芝居の人です。

今から、私を笑わせてくれるのだと思いました。


ですが、その人は、特別には面白いことはしませんでした。
それどころか、何だか悲しそうです。
顔は見えませんが、きっと悲しい顔をしているんだと、何となく分かります。

まゆは、ふいに泣きたくなって、気が付くと、ベッドの上で震えていました。


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:54:04.21 ID:+lj15o9b0

「寒い?」

と、その人は訊きます。

寒いわけではないのに、まゆは震えています。
なので、

「寒くないです」

と言いました。

「じゃあ、なんで震えてるの?」

その人は、重ねて訊きます。

「分からない……」

まゆは答えます。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:55:19.88 ID:+lj15o9b0

分からないけれど……ただ、その人に抱き締めて欲しいのです。

でも、会ったばかりのその人に抱き締めて欲しいなんて、おかしいです。
被り物で顔は見えませんが、若い男の人だったらなおさらです。

まゆはとても怖くなって、泣き出しました。

「どうしたの?」

その人は訊きました。


まゆは、泣いています。泣いて泣いて泣いて……。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:56:53.28 ID:+lj15o9b0

………
……


「どうしてそんな変わった被り物をしてるんですかぁ?」

まゆは、訊ねます。
すっぽりと頭からかぶって……まるで、アルファベットのPのような。

「昨日も、訊かれたね」

その人は言います。
まゆは、覚えてないです、と答えます。

でも日記帳には、
“顔を見られたくないから、被り物をしている”
と、書かれてありました。

「顔を見られたくないんですね」

まゆがそう言って、その人は頷きます。


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:58:18.29 ID:+lj15o9b0

「どうして顔を見られたくないんですかぁ?」

まゆは、訊きました。


その人は言いました。


「あるところに男と女がいました。会った瞬間から、運命を感じる出会いでした。それから辛いことも楽しいことも、2人でたくさんの思い出を作っていきました。
 そして、女の子は病気にかかりました。それはとても哀しい病気でした。つい今あったことも、忘れてしまう病気です」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 22:59:51.10 ID:+lj15o9b0

「病気なんですね……可哀想に」

「そうでもないんだよ。忘れるということはね、嫌なことも忘れてしまう事だからね。
 でも……覚えているほうが辛いんだ。覚えていることを無理矢理忘れることはできない。
 一番良かった日のことを、来る日も来る日も思い出してしまうんだ」

その人は、うつむいて泣いているみたいでした。


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:01:05.83 ID:+lj15o9b0

まゆは、言いました。

「P(ピー)さん」

その人は顔を上げました。

「僕が、Pかい?」

「ええ」

まゆはそういって笑い、日記帳に書きました。
“Pさんと呼ぶように”と。

まゆは声に出して読みました。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:02:09.02 ID:+lj15o9b0

「Pさん……あれ、何のお話でしたっけ?」

「ああ、病気の女の子の話だ」

「男の人の話じゃなかったでした?」

「男の人の話でもある」

「男の人は、何の病気なんでしょう?」

「忘れられていたら、どうしようって思って、苦しくて眠れない病気だ」

「忘れられていたら、どうしよう……」

「そうだ。大切な人から忘れられてしまったら、彼は辛くて、死んでしまうだろう。だから、怖くて顔を隠す男の人の話だ」

「大切な人から、忘れられてしまったら……」

まゆは、考えました。


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:05:29.63 ID:+lj15o9b0

「そうしたら、新しく名前をつければいいんじゃないですかぁ?」

まゆは、言いました。
とても素晴らしい思いつきだと思いました。

「Pさん」

続けてまゆは、訊きます。

「その被り物を取ったら、何と呼べばいいんでしょう?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:07:24.16 ID:+lj15o9b0

Pさんは、答えました。

「……君が呼びたいように」

「まゆが、呼びたいように?」


Pさんは、被り物に指をかけて、ゆっくりと外し始めました。

中から出て来たのは――




名前は分からないけれど、とても、気持ちのいい顔でした。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:08:23.35 ID:+lj15o9b0

「まゆ、あなたの顔、知ってる気がします」

そう言って、手を伸ばします。

その手を、彼はそっと握ってくれました。


涙を零しながら、やさしく握ってくれました。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:10:02.77 ID:+lj15o9b0

………
……


Pさん。

まゆは、彼のことをそう呼びます。
“Pさんと呼ぶように”
と、日記帳にも書いてあります。

どうして、その人はPさんなのでしょう。
それはきっと、その人がそう呼ばれると、とても嬉しそうだからなのだと思います。


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/08(月) 23:11:04.77 ID:+lj15o9b0

P目線の同時進行も考えましたが、出来るだけ簡潔にまとめました。
ここまで読んでくださった方に、博士の愛した数式を。



転載元:まゆ「Pヘッドを被ったあなたは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470663959/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

まゆ短SSモバマス

(3)

AFTER モバP「未央と茜が激辛キムチ鍋食って倒れただと!?」

BEFORE 卯月「シンデレラ・ロード」

まゆは忘れられるからいいけど
Pには救いが無いという
時の電車に乗って使い捨ての切符で変身してる正義の味方を思い出す
[ 2016/08/09 00:32 ] [ 編集 ]
まさかこのタイトルでシリアスとは思わんかったよ……
[ 2016/08/09 00:40 ] [ 編集 ]
こんな未来は迎えたくないなあ
[ 2016/08/09 00:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

まゆ「Pヘッドを被ったあなたは」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto