スポンサーリンク

2016 07/29

兵藤レナ「想いの力」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:05:35.59 ID:PZoUl7T40

CGプロ

レナ「でね、Pくんたら」
hydrn13.jpg

藍子「可愛いですねぇ」
tkmraik3.jpg

愛海「プロデューサーにそんな時期がねぇ。いやはや信じられないよ」
mnktatm15.jpg

P「……あのさ」

レナ「何かしら?」

P「俺の消したい過去を広めないでくれませんか?」

レナ「別にPくんの過去を話してるわけじゃないわよ。私の思い出話をしてるだけ」

P「内容がほとんど俺の話じゃねぇか!」

藍子「ぷ、プロデューサーさん落ち着いて……」

レナ「それにどこに行くにも一緒についてきたのはPくんよ。だから必然的に私の思い出はPくんの話になるわね」

P「くそったれぇ……」


前スレ
兵藤レナ「人生のギャンブル」
兵藤レナ「今と昔のPくん」





スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:06:09.52 ID:PZoUl7T40

愛海「えー、いいじゃんプロデューサーってずっとレナさんと一緒だったんでしょ?」

レナ「まぁそうねぇ」

P「……認めたくないがそうなる」

愛海「となるとレナさんのお山が慎ましい時から知ってるわけでしょ?」

愛海「日々変化するお山を堪能してたなんてずるいよ! あたしもレナさんのお山が慎ましやかな時にも堪能したかった!」

レナ「た、堪能って……」

P「馬鹿なの? 俺がねーちゃんの堪能してると思ってるの? あんなに横暴なのに?」

愛海「触ってないとしても見てたんでしょ!? ずるい! 今あたしが出来るのなんてレナさんのお山と藍子さんのお山を堪能することぐらいだよ!」

藍子「ひゃっ……あ、愛海ちゃんだめぇ……」

愛海「これだよ……このささやかながらもしっかりとした主張……それでいて大きい人にはない満足感……」

レナ「わぁー……」

藍子「あ、あつみちゃ……んっ……あっ……」

愛海「育てる喜びって言うのかな。今しかないこの感触を楽しめないと大きくなってからもまたどこか思い入れが違うんだよね」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:06:56.52 ID:PZoUl7T40

芳乃「ほー? 藍子殿やわたくしのように慎ましやかな胸にも希望はあるとー?」

レナ「!?」

愛海「当然だよ! ……いや、もうむしろ希望しかないよね。こう、すべての人を平和にするってくらいの希望が。確かに大きいのも良いけど、小さいのもまた良いんだよ」

愛海「大きいのを堪能するのもそりゃ夢だとは思うよ! でもね! 過ぎたるは及ばざるが如しって言うでしょ? 何事もバランスなんだよ!」

芳乃「ほー」
yrtysn13.jpg

愛海「大きいのも小さいのも、すべてをバランスよく堪能する事こそがあたしの夢であり野望なんだ!」

愛海「だから! すべてのお山には夢と希望が詰まってる! あのね、大きさじゃないんだよ!」

芳乃「なるほどー」

愛海「!?」

P「おう、お帰り、芳乃」

芳乃「ただいま戻りまして―」

P「久々の里帰りはどうだったよ?」

芳乃「久方ぶりにばばさまと語らう事ができー、わたくしもまた活力が漲っておりますー」

レナ「えっと……?」

P「じゃあ、その調子でまずは愛海によろしくな」

芳乃「かしこまったのでー」

芳乃「さて、愛海殿―?」

愛海「あい……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:08:53.47 ID:PZoUl7T40

藍子「はぁ……はぁ……」

P「大丈夫か?」

藍子「す、すみません……ちょっと今は……触らないで欲しいです……」

P「まぁ、落ち着くまでゆっくりしてなさい」

レナ「ねぇ、Pくん……あの娘は?」

P「まだねーちゃんが会ってなかったうちの事務所、最後のアイドルだよ」

P「芳乃―! それくらいで良いからこっち来てくれるかー?」

芳乃「でしてー」

P「ほい。自己紹介よろしくな」

芳乃「わたくし、依田は芳乃でしてー」

レナ「ひょ、兵藤レナです。よろしくお願いします」

芳乃「わたくしこそー、よしなにー」

レナ「……小学生?」

芳乃「むぅー! こう見えてもわたくしは齢16でしてー!」

レナ「16!?」

P「不思議だろ? でも本当なんだ」

芳乃「この世に生まれ出でたのはですがー」

レナ「こ、この世?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:09:29.63 ID:PZoUl7T40

P「何せ神だからな」

レナ「神!?」

芳乃「でしてー」

P「いやはや、芳乃が居るとすべてが不思議とうまくいくんだよ」

レナ「そうなの?」

芳乃「はいー。わたくしの出来る範囲でですがー」

P「ここ最近俺がずっと営業で不振だったのもそれもこれも芳乃が不在だったからだ!」

レナ「えぇー……」

芳乃「いえいえー、わたくしは力を貸しているだけに過ぎずー」

芳乃「ほぼすべてはそなたの力によるもの故ー」

P「でも実際芳乃の言う通りにするとうまくいくんだよなぁ」

P「というわけでねーちゃんも困った事があれば芳乃に相談したらいいよ。なんでも答えてくれるぞ」

芳乃「わたくしの力及ぶ範囲であればー」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:09:56.50 ID:PZoUl7T40

レナ「そう? じゃあちょっと試してみようかしら」

芳乃「ほー? それはー?」

レナ「トランプよ。ポーカーってわかるかしら?」

芳乃「ぽーかー?」

P「あー、やめといた方が良いよ」

レナ「これでも向こうじゃ結構名前売ってたのよ? 負けるわけないわ」

芳乃「はてー?」

レナ「えっと、簡単に言うと5枚引いて役をそろえるのよ」

芳乃「ほー」

P「しーらないっと……」

レナ「ま、お姉さんが教えてあげるからちょっと遊びましょ?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:12:04.54 ID:PZoUl7T40

数十分後

レナ「……」

芳乃「ほー、ろいやるすとれーとふらっしゅでしてー」

P「言わんこっちゃない」

藍子「芳乃ちゃん相手じゃいくらレナさんでも分が悪いですよね」

愛海「あのー、あたしはいつになったら解放してもらえるんでしょうか?」

P「ねーちゃんが芳乃に勝ったらだろ?」

藍子「ですね。レナさんも自信満々に解放してあげるって言ってましたし」

愛海「そのレナさんがさっきからずーっと青い顔なんだけど!?」

レナ「ま、待ってて……次こそは……次こそは勝てるから!」

芳乃「愛海殿はまだしばし反省する必要があるのでー」

愛海「もう限界です! 芳乃様! せめて! せめて膝の上からどいてください!」

P「いくら軽い芳乃とは言え正座の上に30分も乗られたらそりゃきついよなぁ」

藍子「さすがにちょっとかわいそうになってきましたね」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:12:30.88 ID:PZoUl7T40

愛海「ほら! 藍子さんもそう言ってるし! お願いします! 芳乃様!」

芳乃「……仕方ないのでしてー」

芳乃「では……どくとしますかー」

レナ「待ちなさい」

芳乃「ほー?」

愛海「なんで!? なんで!?」

レナ「私は宣言したのよ。私が勝って芳乃ちゃんをどかすって」

P「あーあ、ねーちゃんの負けず嫌いが始まった」

レナ「まだ勝ってないわよ!」

芳乃「ほー。ならばレナ殿の言う通りにー」

愛海「勘弁してください!」

藍子「あはは……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:13:06.81 ID:PZoUl7T40

レナ「……」

P「どんまい」

愛海「あ……足が……」

藍子「愛海ちゃん、大丈夫……?」

芳乃「これに懲りたならばー、二度は行わぬが吉かとー」

愛海「……そうだね。今日はもうやめとく……」

芳乃「ほー? まだ懲りておらぬとー?」

愛海「な、なんのことやら! あたしはもう行くね! お疲れ様でした!」

P「まったくあいつは懲りないな」

藍子「それが愛海ちゃんの良いところでもありますから」

芳乃「しかしー。最近は特においたが過ぎるかとー」

P「芳乃が休暇とって里帰りしてたからな。おしおきする人いなくてやりたい放題だったんだろ」

藍子「そうですね。芳乃ちゃんが帰ってくるのも明日の予定でしたし、それまでは大丈夫って思ってたのかも」

芳乃「ばばさまにー、本日戻ると良いものが見れると言われたのでー」

藍子「良いもの?」

P「ねーちゃんの無様な姿は俺にとっちゃ良いものだったな」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:13:39.41 ID:PZoUl7T40

レナ「……うるさい」

P「あれあれ? 大きな事言って一度も芳乃に勝てなかったレナさんじゃないですか。どうしたんですか?」

レナ「ふんっ!」

P「いってぇ! 何すんだ!」

レナ「知らない!」

藍子「あはは……」

芳乃「真、お二人は仲がよろしいのでー」

P「腐れ縁だからな」

P「っとそれより、そろそろ藍子のラジオの収録行くけど、ねーちゃんはどうする?」

藍子「あ、もうそんな時間なんですね」

レナ「んー、そうね……」

芳乃「レナ殿はわたくしとお話がー」

レナ「え?」

P「そっか。芳乃がそう言うなら仕方ないな」

P「じゃ、行くぞ。藍子」

藍子「あ、はい。手を繋いでもいいですか?」

P「ん? 構わんぞ。ほれ」

藍子「ありがとうございます」

レナ「……」

P「じゃあ行ってきます」

藍子「行ってきますね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:14:09.54 ID:PZoUl7T40

レナ「……むぅ」

芳乃「レナ殿ー?」

レナ「えっ? あぁ、何かしら?」

芳乃「少しばかりお話してもよろしいですかー?」

レナ「いいわよ」

芳乃「では……」

芳乃「わたくしがー、ばばさまの元に戻っていたのは訳がありましてー」

レナ「訳?」

芳乃「はいー。ここ最近、わたくしの力が衰えたと思っていたのですがー、実は違ったようでしてー」

レナ「えぇ……?」

芳乃「先ほどのとらんぷのようにー、この世の出来事はー、わたくしの出来る範囲であれば如何様にも出来ましてー」

芳乃「しかしー、あの方をわたくしに振り向かせる事だけは叶わずー」

芳乃「無論、藍子殿然りー、雪乃殿、里美殿、愛海殿も然りー」

レナ「?」

芳乃「人の心を掌握する事は如何なわたくしと言えど些か困難でありましてー」

芳乃「しかしー、出来ない事ではないのでしてー」

芳乃「故にわたくしの力が衰えたのだとばかりー」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:14:39.53 ID:PZoUl7T40

レナ「どういう事かしら?」

芳乃「……人は時として神をも超える力を持ちますー」

レナ「まぁ、確かにたまに神がかった運の持ち主は居るけど……」

レナ「向こうに居た時も、カジノを潰して回る超幸運な日本人の都市伝説があったくらいだし」

芳乃「……その方には心当たりがあるのでしてー」

芳乃「しかしながらー、一度その方は置いておくとしてー」

芳乃「神を超える力の源はー、想いでありー、この想いとはー、如何に神であれど容易く干渉は出来ないのでしてー」

レナ「想いの力ってなんかちょっと微笑ましいわね」

芳乃「しかしー、紛れもない事実でしてー」

芳乃「事実、あの方にわたくしの力が通じないのもー、あの方の心の中にはすでにレナ殿が居られるからでしてー」

レナ「て、照れるわね……」

芳乃「レナ殿があの方の中に居てはわたくしの力は通じませぬー……」

レナ「えっと……芳乃ちゃんが何を言ってるか全部は理解出来てないんだけど……」

レナ「想いの力とやらで神を超えられるなら、芳乃ちゃんも超えればいいんじゃないかしら?」

芳乃「ほー?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:15:19.91 ID:PZoUl7T40

レナ「私はディーラーだったから、すべての結果には何かしらのテクニックやトリックがあるって考えてるわ」

レナ「さっきのトランプも芳乃ちゃんが何かテクニックやトリックを使ってあれだけ勝ち続けてたとしか思ってないわ」

レナ「それがイカサマであっても見破れなければテクニックだし、もちろん見破れたら不正だからノーゲームよ」

芳乃「ほー、わたくしの力がイカサマだとー」

レナ「……そうとしか考えられないけど、実際見破れてないから……」

レナ「Pくんは芳乃ちゃんを神って紹介してくれたけど、私にはただの女の子にしか見えないもの」

レナ「だから、芳乃ちゃんも本当にPくんに気があるなら、自分で言ってたように想いの力とやらでなんとかしないとね?」

芳乃「ほー……、そのような考え方がー……。盲点でしてー」

レナ「そう?」

芳乃「はいー。わたくしは知らず知らずのうちに己の力に甘えていたようですー」

レナ「人間ってそう言う物よ。調子に乗って天狗になってるといつかその鼻っ柱を折られるの」

レナ「でも、そこで挫けずに這い上がれると、その人はより魅力的でかっこよくなれるのよ」

芳乃「ほー」

レナ「だから、芳乃ちゃんも頑張ってね。Pくんは私の大事なおとうとだから」

芳乃「かしこまりましてー」

芳乃「では、これからはわたくしの……わたくしの人としての力のみであの方に見てもらうとしましょー」

レナ「うんうん。それが良いわよ」

芳乃「ならばまずはあの方が戻られましたらお膝の上に乗せていただきましょー」

レナ「芳乃ちゃんは可愛いわねぇ」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:15:50.47 ID:PZoUl7T40

P「ただいま戻りましたー」

藍子「ただいまですー」

レナ「おかえりなさいー」

芳乃「おかえりなさいでしてー」

レナ「……まだ手を繋いでたの?」

P「ん? ああ、藍子に頼まれたし」

藍子「ふふっ。私のお願いを聞いてくれてありがとうございます」

P「何、藍子は良い子だからな。このくらいのお願い聞いてやらんと罰が当たる」

レナ「……ふーん」

P「? なんで機嫌悪いんだよ?」

レナ「え? 別に悪くないけど……」

P「そうかぁ?」

レナ「えぇ……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:20:47.94 ID:PZoUl7T40

芳乃「そなたーそなたー」

P「おー? どうしたー?」

芳乃「少しばかりそこの椅子にお座り頂けたらとー」

P「ここに?」

P「よいっせと……」

芳乃「えいっでしてー」

P「な、なんだ急に」

藍子「なんだか今日は甘えん坊みたいですね。芳乃ちゃん」

芳乃「昔はよくこうしてばばさまのお膝の上に居たのでー」

P「あー、幼少期の記憶って奴か」

芳乃「それにレナ殿からそなたにあぴーるを頑張れと言われたのでー」

P「そうなの?」

レナ「……」

P「ねーちゃん?」

レナ「……」

P「ねーちゃんはなんでさっきからずっと無言でこっち睨んでるんだよ……」

レナ「えっ? に、睨んでなんかないわよ?」

P「睨んでたよな、芳乃?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:21:23.23 ID:PZoUl7T40

芳乃「はいー、先ほどから藍子殿やわたくしを見る目少しばかりー」

レナ「そ、そうかしら? 自分では普通にしてたつもりだったけど……怖がらせちゃったのならごめんね?」

藍子「怖がってなんかないので大丈夫ですよ。それより体調が悪いとか、ですか……?」

P「そうなの?」

レナ「そんな事はないけど……」

芳乃「人は休息を取る事も大事でしてー」

芳乃「レナ殿は所属してからと言う物、ほぼ毎日ここに来ておられるようでー」

レナ「と言っても仕事あるわけじゃないから、レッスンと他の娘の仕事見学させてもらってるだけだし……」

P「なんだかんだ事務仕事は手伝ってくれてるから疲れが溜まってるんじゃない?」

P「それにアメリカから戻ったばっかりだしまだ日本の感覚に戻ってないとか」

レナ「そう……なのかしら……?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:21:52.77 ID:PZoUl7T40

芳乃「お疲れならばー、早めに休むこともあいどるの勤めかとー」

P「芳乃の言う通りだぞ、ねーちゃん」

藍子「無理はよくないですよ? このお仕事って不規則ですし、結構ハードですから」

レナ「そうね……じゃあ今日は帰って休んでようかしら」

芳乃「それが良いのでしてー」

P「うむ。芳乃に従ってれば間違いはないからな」

レナ「……」

藍子「レナさん?」

レナ「なんでもないわよ。じゃあ今日は失礼するわね。お疲れ様」

芳乃「お疲れ様でしてー」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:22:21.23 ID:PZoUl7T40

モバP アパート

レナ「なんなのよ。Pくんったら芳乃芳乃って」

レナ「私の方がずっとPくんの事知ってるし、Pくんにアドバイスも出来るってのに」

レナ「あー、もうダメね。こういう時は何かストレス発散をしないと……」

レナ「ちょっと走ってこようかしら。汗流せばすっきりするし運動してる間は何も考えなくて済むし」

レナ「というわけでPくんのジャージを借りてっと……よし。行ってきますかね」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:22:53.41 ID:PZoUl7T40

P「ただいまー……ってあれ? ねーちゃん? ねーちゃーん?」

P「おかしいな……電気も点いてないし、寝てるのか?」

P「ねーちゃん? 寝てるの?」

P「……あれ、居ないし……」

P「どこ行ったんだ……?」

P「携帯も財布も机の上だし……」

P「ねーちゃん……?」

P(まさか、何か事件に巻き込まれたとか……? でも家の鍵はかかってたし……)

P「部屋が荒らされてるわけでもないし、多分強盗とかではないと思うが……」

P「……また居なくなっちゃうのかな」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:23:43.76 ID:PZoUl7T40

レナ「ただいまー……」

P「ねーちゃん!?」

レナ「どうしたの? そんな大声出して」

P「……なんで俺のジャージ着てるの?」

レナ「ああ、ちょっと借りたのよ。走ってきたくて」

P「こんな時間まで?」

レナ「もっと早く帰るつもりだったわよ。でも、なんかもやもやってしてたから限界まで走ろうかなって」

P「限界ってどれくらい走ってたのさ」

レナ「えっと……私が帰って来たのが18時頃だったから……えっと3時間くらい?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:24:11.00 ID:PZoUl7T40

P「3時間って……馬鹿じゃないの?」

レナ「……私もそう思う」

P「はぁ……とりあえず、ご飯まだでしょ? なんか作っておくからシャワー浴びてきなよ」

レナ「そうするわ。さすがに汗だくだしね……」

P「まぁ、何にせよ無事で良かったよ。また居なくなったのかと思ったし」

レナ「またって何よ。私がPくんの側から居なくなったことなんてなかったじゃない」

P「アメリカの件を無かった事にするのか」

レナ「あ、あれは仕方ないのよ! うん!」

レナ「とりあえずシャワー浴びてくるわね!」

P「はぁ……」

P「……ま、とりあえず明日もねーちゃんと一緒に居れるみたいだし良しとしよう」

P「何作ろかなー」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:24:41.45 ID:PZoUl7T40

レナ「ふー……さっぱりしたわ」

P「何か着てください」

レナ「こっちを見てもいないのによくわかったわね」

P「ねーちゃんの事なら大抵わかる。付き合い長いし」

レナ「……芳乃ちゃんとか他の娘より?」

P「? 当然だろ? 一体何年の付き合いだと思ってんの?」

レナ「うふふ……」

P「何にやけてんの……気持ち悪いんですけど」

レナ「なんでもないわよ♪」

P「それより早く何か着てください」

レナ「ねぇ、ご飯なぁに?」

P「バスタオル一枚で抱き着かないでください。あと、ご飯は親子丼です」

レナ「あら、意外。案外料理出来るのね」

P「何か着ろって言ってんだろ!」

レナ「もう、何よー」

P「もういいから早く服着て! ご飯食べたいの!」

レナ「はーい」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 20:25:09.25 ID:PZoUl7T40

P、レナ「「いただきます」」

レナ「あら、びっくり美味しいわね」

P「それなりに一人暮らししてるしね」

レナ「コンビニとかばっかりなんだと思ってたわ」

P「忙しいとそうなるけど、自炊に関してはおばさんとおかんに叩き込まれたし」

レナ「おばさまだけじゃなくて?」

P「うん。なんでも夫婦のうちのどっちかが料理出来ないと子供が可哀想だからって」

レナ「ふーん。私はそんな事言われなかったけど……」

P「ねーちゃん結婚するって思われてなかったとか?」

レナ「……かもしれないわね」

P「ねーちゃんみたいに、ちゃらんぽらんに生きてると他の人と共同生活なんて無理そうだしね」

レナ「そうね……私もPくんとしか一緒に暮らせる気がしないわ」

P「……」

レナ「何ニヤけてるのよ」

P「いや、この親子丼が改心の出来だった。我ながら上手く出来たと思うと、これはやばい」

レナ「はいはい……」

レナ「Pくんと一緒に居ると本当に飽きないわねぇ」

End



転載元:兵藤レナ「想いの力」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469790307/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスレナ藍子愛海芳乃

(0)

AFTER ありす「喫茶マウンテン?」

BEFORE 【モバマスSS】シンデレラたちの昼

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

兵藤レナ「想いの力」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto