スポンサーリンク

2016 07/23

小鳥「夢みる頃を過ぎても」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:45:51.28 ID:hSLcEpgs0

@音無家。早朝。
カーテンの隙間から差し込む陽に顔をしかめる。

「……きもちわる」

降り注ぐ太陽光に、目の奥がズキズキと痛んだ。

「昨晩のチャンポンはマズかったわね……」

まだ布団の上で寝そべっていたいけど、喉が渇いて仕方がない。
加えて胃の中がひっくり返りそう。

「うぅ」

汗ばむ体を引きずってキッチンへ向かう。

「暑いよぉ」

七月下旬。絶好調な太陽が顔を出した早朝の事。




スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:46:13.17 ID:hSLcEpgs0

小鳥「……んく。ぷはぁ」

小鳥「あーあぁ」

小鳥「だいぶマシになったわ」

小鳥「うぅ」

小鳥「うっ」

小鳥「……うええぇ」

小鳥「ぜんぜんマシじゃなかったわ……」ヘナヘナ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:46:58.84 ID:hSLcEpgs0

小鳥「……はぁ。やんなるわ」

小鳥「いつの間にこんなに弱くなったのかしら。うぷ」

小鳥「代謝が悪くなったのも歳の所為、かも」

小鳥「流しに吐きまくる2×歳か」

小鳥「……私、いつまでもこんなで」

小鳥「いつまでも独りなのかなぁ」ぐすん


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:48:11.55 ID:hSLcEpgs0

小鳥「今日もお仕事あるのに。流しから離れられない」

小鳥「うぅ、まだ決済の済んでない書類がぁ」

小鳥「律子さんに怒られるぅ」

小鳥「吐き気だけで熱はないし。頑張って出社しないと……」

小鳥「……うん、ちょっと良くなったかも」

小鳥「なんならちょっと体が軽いぐらいだし」すくっ

小鳥「うっ」

小鳥「」ごくん


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:48:48.45 ID:hSLcEpgs0

小鳥「準備しよ……」

小鳥「ごそごそ」

小鳥「ふぅ。ん? あれ?」

小鳥「下着が緩い」

小鳥「!」

小鳥「こ、これは」?

小鳥「お胸様が」

小鳥「小さくなっとる!!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:49:41.71 ID:hSLcEpgs0

小鳥「ナンデ!? オムネ、ナンデ!?」

小鳥「まさか、萎んだ……?」

小鳥「歳で?」

小鳥「……」

小鳥「……もう、いやぁ」

小鳥「もうヤダ。会社行かない」

小鳥「今日は休むもん! ぜったい!」ぴぴぴ

小鳥「はい、音無です」すちゃ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:50:16.05 ID:hSLcEpgs0

小鳥「あ、律子さん。おはようございます」

小鳥「はい、はい。書類ですね」

小鳥「はい、今日中に、ええ」

小鳥「わかりました。大丈夫です。丁度家を出る所なので」

小鳥「はい、では」カチャ

小鳥「……ノーとは言えないシャチークです、小鳥です」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:50:47.45 ID:hSLcEpgs0

小鳥「はぁ。顔洗うの忘れてた」

小鳥「でも不思議と吐き気以外はいたって好調なのよね」

小鳥「スキップも軽やか」ぴょんぴょん

小鳥「これも女として色々失ってきたからかしら……」

小鳥「さてと、お化粧して、その前に洗面台へ……ってアンタ誰!?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:51:24.93 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(状況を整理しよう)」

小鳥「(今の私は紛れもなく2×歳だ)」

小鳥「(昨日だって焼酎を一本開けてベロンベロン」

小鳥「(でも! 今! 目の前に立つ彼女は!)」

小鳥「(いや、違う)」

小鳥「(鏡の前に立つうら若き少女は!)」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:51:53.81 ID:hSLcEpgs0

小鳥「……なんか若返ってる」

小鳥「やっぱり、お胸さまが大人しくなってるし」

小鳥「昨日寝る前までは、こう、バイーンって感じだったのに」

小鳥「でもいまは、ふにょんって感じなのよ?」

小鳥「ふにょんふにょーん。でも昨日は、ばいーんばいーん」

小鳥「わはははは」

小鳥「これはすごい!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:52:20.88 ID:hSLcEpgs0

@765プロ事務所前

小鳥「何とかあり合わせの服でやってきたけど」ブカブカ

小鳥「何かスースーするし」//

小鳥「オハヨーゴザイマース」がちゃ

小鳥「誰も、居ないわね」

小鳥「今の内に書類だけ整理して病院いこ」そろーり

小鳥「原因不明の奇病かもしれないのに、こんな事してる私」

小鳥「社畜の鏡ね」キリッ 

真美「?」

小鳥「どわっほい!?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:52:58.32 ID:hSLcEpgs0

真美「どわっほい?」

小鳥「ままま真美ちゃん!?」

真美「真美は真美だけど、姉ちゃん誰?」

真美「ふしんしゃ?」ジト

小鳥「(あぁ! 真美ちゃんの怪訝そうな視線、最っ高だわ)」はぁはぁ

真美「うえ!? ちょ息遣い荒いよ、この姉ちゃん」ヒク


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:53:29.98 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(おっと、そうじゃなかった)」

小鳥「真美ちゃん私よ小鳥よ! だからその電話を置いてダメ! 通報やめて!」

真美「姉ちゃんが、ピヨちゃん?」ケゲンソー

小鳥「そうよ、音無小鳥よ」

真美「ぶぅ。真美がコドモだからってバカにしてるっしょ」

真美「ピヨちゃんは姉ちゃんより歳とってるYO!」

小鳥「ぐは! いやそうなんだけど」グサリ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:54:03.90 ID:hSLcEpgs0

小鳥「でもほら私が音無小鳥の証拠に」ごそごそ

真美「証拠に?」

小鳥「ほうら、この写真。事務所でお昼寝中の真美ちゃんよぉ」

小鳥「ぐふふ。よく撮れてるでしょ? おへそだしちゃって、可愛いわぁ」

小鳥「ほらっ、見て! 私の真美ちゃんコレクション!」

小鳥「まだまだあるわよ。テレ顔真美ちゃん、エヘ顔真美ちゃん、ゆきまみ! やよまみ!」

小鳥「これが私の真美ちゃんへの愛の証だぁ!」

小鳥「これでもまだ私が音無小鳥じゃないって言える!?」

真美「Oh……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:54:34.23 ID:hSLcEpgs0

がちゃ

P「おはよー」

真美「に、兄ちゃーーーーん」がばっ

P「うおっ、真美!?」

真美「へ、ヘンタイだよっ、ヘンタイさんが居るんだよ!」

P「変態だって!? どこだっ」

小鳥「はぁぁはぁ、真美ちゃん、真美ちゃん……」ニジリニジリ

P「」

小鳥「あ、プロデューサーさん、おはよーございまーす」

P「誰だアンタっ!!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:55:06.70 ID:hSLcEpgs0

ζ'ヮ')ζ<事情を説明中です~

P「に、にわかには信じがたい話だ」

あずさ「でも音無さんソックリだわ~」

伊織「目元のホクロもそのままだし」

亜美「おーよしよし、怖かったねー」ナデリコナデリコ

真美「うう、ぐすんぐすん」

春香「可愛い女の子に目がない所もね。あはは……」

小鳥「ほんとなんですよぉ、ぷろでゅーさぁーさーん」うるうる


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:55:37.94 ID:hSLcEpgs0

P「しかしだなぁ。そんな荒唐無稽な」

小鳥「判りました、じゃあ私の秘蔵本の隠し場所を」ごそごそ

真美「!」びく

P「わかりましたから! 真美にトラウマ植え付けるのはやめてくださいっ」

春香「な、なんでそんな見せたがるのかな、小鳥さん」

伊織「露出狂に通ずる物があるわね……」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:56:11.81 ID:hSLcEpgs0

律子「しかし、小鳥さんがこうだと、仕事にならないわね」

小鳥「あのー、事務仕事なら」

律子「お客様との応対が無いとはいえませんし」

律子「ってそんな話じゃありません!」

律子「お仕事は良いですから、早く元の体に戻る方法を探さないと。一番大切なのは小鳥さんの健康でしょう?」

小鳥「り、律子さぁん」うるる


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:56:49.81 ID:hSLcEpgs0

P「ともかく原因が判らないと。まずは病院へ行きますか」

小鳥「アポトキシンを飲んだ覚えはないんですけどね」

P「それにしても何で若返りなんて……」

貴音「それは私が説明しましょう」しゅばっ

P「貴音!? 一体どこから」

貴音「それは些細な事です。それよりも先ず、解決すべき問題があるでしょうに」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:57:19.35 ID:hSLcEpgs0

貴音「プロデューサー」

貴音「雨だれ石を穿つ、という言葉をご存じありませんか」

貴音「結論から言いましょう」

貴音「小鳥嬢の若さへの憧れや執念が、彼女を17歳に若返らせたのです」

P「んな、アホな」

貴音「想いの力に底はありませんよ? プロデューサー」

貴音「それに」

小鳥「あ」

貴音「小鳥嬢には心当たりがあるようです」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:57:48.28 ID:hSLcEpgs0

小鳥「そう言えば私、ココのところ自己暗示にハマってたんだわ」

あずさ「暗示?」

小鳥「ええ。鏡美容法っていうんですけど……」

伊織「あんまり聞きたくない話ね、ソレ」

小鳥「鏡の前でこういうの」

小鳥「小鳥、貴方は可愛い。ビューティー、若返る、Pさんの正妻……」

小鳥「毎晩毎晩、自己暗示をかけ続けたの」

小鳥「丁度、昨日が九九日目の晩だったわ……」

伊織「とんだ99 Nightsね」

貴音「げに恐ろしきは女の執念とはこの事です」

春香「二人とも言いすぎだよっ!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:58:22.12 ID:hSLcEpgs0

小鳥「そうよ、そうだったのよ。これが……」

あずさ「アンチ、エイジング……!」ごくり

伊織「いや、おかしいからね」

P「……で、音無さんを元に戻すのはどうしたらいい? 貴音」

貴音「強い呪いこそ、綻びは見えやすいものです」

貴音「もとに戻る為には、願望を成就させることですよ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:58:56.40 ID:hSLcEpgs0

貴音「小鳥嬢がこの姿を取っているのは、彼女の強い願いがそうさせているのです」

貴音「その願いが叶えられたなら、自然と元の姿に戻りますよ」

律子「小鳥さんの」

亜美「望み?」

小鳥「私の望みですか……」

貴音「邪法に縋ってでも叶えたい望みがあったのでしょう?」

伊織「邪法て」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 22:59:29.55 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(私の望み、か)」

小鳥「(若返って私がしたかったこと)」

小鳥「(……そりゃいっぱいあるわよ)」

小鳥「(2×じゃ着れないような女の子な服装とか、体重を気にしないで甘いもの食べて)」

小鳥「(それで……)」ちら

P「?」

小鳥「(……甘酸っぱい恋とか、してみたい)」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:00:00.20 ID:hSLcEpgs0

小鳥「…………」

P「音無さんが長考に入ったぞ」

真美「またヘンな事言わないかなぁ」

P「……そうなった時は全力で真美を守るよ」

小鳥「決めましたっ!」がたんっ

P「き、決めたって何を?」

真美「びくびく」

小鳥「あたし、ゆ、遊園地に行きたいです」

P「(音無さんはそんな、ホントに些細な願いを口にしたのだった)」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:00:32.05 ID:hSLcEpgs0

@遊園地。

ジェットコースターが綺麗な宙返りを決める。滑車の音に伴って楽しそうな叫び声が続いた。
入園チケットを持って、プロデューサーはゲート前の三人の元へ向かった。

P「ほれ、春香に真美に、あとは音無さ……ん」

いつも職場で見る彼女とは違う姿に、言葉を失う。
紺色のブレザーに身を包んだその背は、丁度プロデューサーの胸のあたり。
彼を見上げた拍子に、髪飾りが光に揺らめいた。

P「それ」

小鳥「あ、これですか?」

小鳥「わ、私はちょっと派手かなぁって思ったんですけど」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:01:01.95 ID:hSLcEpgs0

小鳥「服は衣装に丁度良いのがあって。髪留めは春香ちゃんと真美ちゃんが選んでくれたんです」

いつものカチューシャに加えて、格子模様の入った髪留めを刺していた。

小鳥「黄色は亜美ちゃん、真美ちゃんのイメージカラーでしょって言ったんですけど」

P「ひよこ色っていうんですよね」

小鳥「え?」

P「綺麗です。似合ってますよ」

小鳥「きれ……え? きれいって、えぇええ?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:01:35.11 ID:hSLcEpgs0

P「さぁさ、みんな行こうか。せっかく俺がおごるだんから楽しんで貰わないと」

春香「やったー! ねぇねぇ、真美。はじめは何に乗ろっか」

真美「えとえと、真美はね」

P「けど、ちっとは仕事が少ない事を心配してくれても良いんだぞ……?」

小鳥「き、きれぇ」//ぷしゅー

P「さ、音無さんも行きましょう」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:02:03.18 ID:hSLcEpgs0

真美「あー楽しかった! アレもう一回乗ろうよ、はるるん」

春香「ええ、また!? もう三回目だよぉ」

真美「いーじゃんいーじゃん、ほらピヨちゃんもっ」

小鳥「う、うん。もう一回!」

P「ちょっと、みんな……待ってくれよ」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:02:40.74 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(なんて、なんて、なんて)」わなわな

春香「アイスおいしいね」

真美「はむはむ」

小鳥「おいしー」

小鳥「(何て燃費が悪いの、この身体わっ)」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:03:12.32 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(食べても食べてもお腹が減るわ。カロリー消費量半端ないわね)」

小鳥「(そしてそして!)」

真美「はるるん、あそこまで競争だー」

春香「あはは、待ってよー」

小鳥「私も行くわー」

小鳥「(身体がっ身体が軽いっ)」

P「お前たち、走るなよ~」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:03:41.59 ID:hSLcEpgs0

小鳥「待てー、あはは」

小鳥「まてぇ、あはは、はぁ」

小鳥「ちょ、待って……」ぜぇぜぇ

小鳥「(しまった、この頃も体力はないんだった……)」

P「お、音無さん平気ですか?」

小鳥「プロデューサーざん……」ぜぇ


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:04:09.82 ID:hSLcEpgs0

小鳥「ごめんなさい、私はしゃいじゃって」

P「たはは。良いですよ。何だか、危なっかしくて」

P「しばらく、傍に居ます」

小鳥「あ」////

P「どうかしましたか?」

小鳥「な、何でもないです」ぷいっ

P「?」

小鳥「……」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:04:42.50 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(プロデューサーさん優しいよぉ)」ドキマギ

小鳥「(でも、勘違いしないようにしないと)」

小鳥「(私だけじゃなくて、女の子には優しい人だもの)」

小鳥「(危なっかしくて、か)」

小鳥「(ほっとけないと思われるのも、私が若いからなのかなぁ)」

小鳥「(だから、小鳥! いまこそプロデューサーさんに甘えるチャンスなのよ)」

小鳥「(ちょびっとドジで無防備な格好を見せれば、プロデューサーさんも私にメロメロ)」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:05:11.94 ID:hSLcEpgs0

春香「みんなー。クレープ買ってきたよー」

小鳥「!」

P「おいおい、また食べるのか?」

春香「い、いいんですよ、女の子は甘いものは別腹なんです。ねー」

真美「んっふっふ~、兄ちゃんはレデーの扱いが判ってないなー」

小鳥「(チャンス到来っ)」」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:05:44.26 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(クリームを口の横につけて子どもアピール)」

小鳥「(無防備な笑顔にプロデューサーさんもキュン死に作戦よっ)」

P「はいはい。ほら春香は前向いて。危ないから」

春香「大丈夫ですよ、私もそうそうコケたり……っ」ゲシっ

春香「はれ?」ぐらり

P「春香っ!?」だっ

小鳥「!」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:06:13.62 ID:hSLcEpgs0

その時、全てがスローモーションに見えました。

よろけた春香ちゃんは、プロデューサーさんが受け止めます。

そして春香ちゃんの手からクレープが放り投げられました。

ゆっくりと弧を描いてクレープが私に向かって飛来。

避け、否。

小鳥「」べちゃ

春香「小鳥さんっ!?」

真美「まさかの顔面キャッチだYO!!」

P「ちょ、音無さんっ。エライことになってますが」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:06:47.90 ID:hSLcEpgs0

鼻先からクレープをぶちまけられ、口元から生クリームを垂らすあたし……

小鳥「ありね」

真美「ないよ!? どったの、ピヨちゃんっ」

小鳥「ほらほらぁ、プロデューサーさん。JKが白くベタつくナニカを口元につけてますよ~? ありでしょ~?」

P「おおお音無さん、落ちついて」

春香「うぐっ。うう。ごべんなざい。私の所為で小鳥さんが……!!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:07:14.01 ID:hSLcEpgs0

@お手洗い。お化粧直し中。

小鳥「うぅ、クリームは大分落ちたけど」バシャバシャ

小鳥「プロデューサーさん、ドン引きだったなぁ」フキフキ

小鳥「ううんっ! 落ち込んじゃダメよ、小鳥っ。次なる一手を考えなくては」ぐっ

小鳥「そうだ! 躓くフリして、プロデューサーさんに抱き着いちゃおう!」

小鳥「……春香ちゃんみたいに」

小鳥「せっかく若返ったんだから、いっその事、妹キャラで攻めるのはどうかしら?」

小鳥「にーちゃーんって甘えてみるのよ!」

小鳥「……真美ちゃんみたいに」

小鳥「はぁ、あたし何やってるんだろ」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:07:45.66 ID:hSLcEpgs0

P「あ、音無さん!」ぱたぱた

小鳥「ごめんなさい。待たせちゃって」ぺこり

P「いやいや、そんな」

春香「謝らなきゃいけないのは私の方です! 小鳥さん、私のせいで……ごめんなさいっ」

小鳥「大丈夫よ」ニコ

春香「でも……」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:08:23.58 ID:hSLcEpgs0

小鳥「もう、春香ちゃん? 可愛いお顔が曇ってるわよ」

小鳥「それより、せっかくのお休みだもの。もっと楽しみましょう!」

小鳥「ね、プロデューサーさんっ」だっ

P「うわっ、音無さん? 急に走り出して」

小鳥「ほらほら~、あたし先に行っちゃいますよ?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:09:02.39 ID:hSLcEpgs0

小鳥「(結局、考えても邪な考えしか思いつかないもの)」

小鳥「(だから。少女時代のあこがれだった観覧車へ、Pさんと!)」

小鳥「(こんなチャンスもう二度とないかもしれないもの)」

小鳥「(2×のあたしじゃ……プロデューサーさんは……)」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:09:32.77 ID:hSLcEpgs0

P「あ、あの! まってくださいって……」ぜぇぜぇ

小鳥「プロデューサーさん! 私をドキドキさせてくださいっ」

P「急になにいってるんすか」///

小鳥「若い私なら、プロデューサーさんだって嬉しいでしょう?」

小鳥「ほら、一緒にっ」ぐいぐい

P「いや、ちょっ」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:10:00.72 ID:hSLcEpgs0

P「どうしたんですか」

P「……いつもの音無さんと違いますよ」

小鳥「!」

小鳥「そうですよ! 私はいつもと違って若いんです!」

P「音無さん?」

小鳥「真美ちゃんみたいに元気いっぱいで、春香ちゃんみたいに素直で明るくて」

小鳥「若い私って変ですか? でもいいじゃないですか。……ちょっとぐらい夢みたって」

私ってば何いってるんだろう。


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:10:33.95 ID:hSLcEpgs0

小鳥「私は若くなりたかったんです」

些細な事で笑い合ったり、

ちょっとした弾みで指先が触れ合って、照れちゃって、

でもそれがまたおかしくって。

そんな、そんな当たり前の気持ちを、感じたくて。

小鳥「男の人とデートみたいな事、したかったんです」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:11:11.54 ID:hSLcEpgs0

小鳥「あたしは……Pさんに女の子として見て欲しかったんです」

小鳥「2×のあたしじゃなくて、一人の女の子として、Pさんと遊びたかったんです」

P「……」

小鳥「ご、ごめんなさい。なんか、まくしたてちゃって……困っちゃいますよね」

小鳥「でも、私が妄想してきたような事は、もう、できないんです」

小鳥「いい年した女が、学生みたいな恋に憧れるなんて、おかしいですよね?」

P「おかしくなんてないです」

小鳥「でも――」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:11:47.76 ID:hSLcEpgs0

P「それに年も関係ありません」

P「いくつになったって、恋は楽しいもんです」

P「俺だって苦しんで悶絶する夜が、今だってありますよ?」

P「好きな人と一緒に歩いたり、ちょっと口には出来ないような事を妄想したり」

P「そういう事考えては、にやにやしたり」

P「でも恋をするって、俺はそういうことだと思うんです」

P「学生の頃みたいに、胸を弾ませられるなんて素敵じゃないですか」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:12:19.63 ID:hSLcEpgs0

小鳥「プロデューサーさん……」

P「そうやって、何かを強く想う事が出来る音無さんが、俺はとっても素敵だと思います」

小鳥「……!!」

小鳥「あの。あたし」

小鳥「あ、あれ。あたし、もしかして泣いちゃってます……?」ほろほろ


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:12:45.27 ID:hSLcEpgs0

小鳥(あたしは、別にこのままで……2×歳のままでも)

小鳥(恋をしたっていいんだ)

小鳥(ああ、でも。もっとたくさん遊びたかったなぁ)

小鳥(遊園地の次はプールに行って)しゅ18才

春香「ああ! 小鳥さんのお胸さまが!」

小鳥(遊び疲れた帰りの電車で、Pさんの肩に寄りかかったりして)しゅぅ24才

真美「ばいんばいんにっ!」

小鳥(そんなこと、もっとしたかったなぁ)しゅぅう2×才


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:13:35.16 ID:hSLcEpgs0

小鳥「……」

P「……音無さん」

小鳥「ごめんなさい、ごめんなさいっ」バッ

P「音無さん。こっちむいてくださいよ」

小鳥「いま、みっともない顔してるんで。だから……こっち見ないでください」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:14:20.06 ID:hSLcEpgs0

――――
――

小鳥「(結局その日はそれで終わっちゃった)」

小鳥「(プロデューサーさんが事務所まで送ってくれて。車の中では春香ちゃんや真美ちゃんに気を使わせちゃったな」

小鳥「(事務所に着くと、律子さんやみんなが笑顔で迎えてくれた)」

小鳥「(多分気づいてたと思うけど、あたしの眼が赤い理由は誰も聞かなかった)」

小鳥「(……みんなの優しさに事務所のトイレでまた泣いてしまった)」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:14:52.87 ID:hSLcEpgs0

そして……

満員電車に揺られ、日々の業務に追われる。

妄想を働かせる暇もなく過ぎる毎日の事。

@765プロ事務所

相変わらず冷房は壊れていて、扇風機の首が忙しく動いている。
時折、涼しい風が吹いては、机の上の重なった資料を揺らす。

P「音無さん。次のミーティングの資料ですけど」

小鳥「それでしたら――はい、これです」ごそごそ

P「ありがとうございます。やぁ、それにしてもすっかり夏ですね」

小鳥「え、ええ。そうですね……」

デスクから首を捻って外を見ると、ビルの隙間から立派な入道雲が見えた。


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:15:30.46 ID:hSLcEpgs0

小鳥(あの一件以降、身体に不調はなくなったけど……)

小鳥(プロデューサーさんとは、何だか気まずい感じ)もじもじ

P「おとなしさん」

小鳥(それに冷静に思い返すと、Pさんに告白めいたことをしちゃったよーな)ドキドキ

小鳥(でもしょうがないじゃない。こちとら一体何年片思いしてると思ってるのよ)

P「音無さん」

小鳥「(……思いしちゃうな。Pさんと初めて出会った日)」

小鳥「(『こんな綺麗な女性と働けるなんて』そんな可愛い事を言ってくれたっけ)」

P「音無さんっ」

小鳥「へ!?」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:16:01.47 ID:hSLcEpgs0

P「今からコンビニ行きませんか? アイドル達がそろそろ帰ってくるし。アイスでもご馳走しようかなと」

P「手伝って貰えると嬉しいです」

開け放たれた窓から蝉しぐれが聞こえる。

一拍の間をあけて、あたしは答えた。

小鳥「も、もちろん。お手伝いしますよっ」

あたしの頬が赤くなっていないか、心配だった。


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:16:32.29 ID:hSLcEpgs0

@コンビニまでの街路。

プロデューサーさんの半歩後ろを、歩くあたし。

ドキドキが止まらない。

そういえば二人で出歩くのは久しぶり。

意識しだすと、妄想も出来ない。頭の中が真っ白になる。


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:17:01.82 ID:hSLcEpgs0

「音無さん」

「は、はい! なんでございましょう!?」

……声が上ずってしまった。

あたしの緊張を知ってか知らずか、プロデューサーさんは柔らかく笑う。

鼓動が半音を上がるのが分かった。

「今日は髪留めつけてないんですね」

髪留め。春香ちゃんと真美ちゃんが遊園地デートで選んでくれた。

あたしには若いと感じて気おくれしてた。

「あれ、かわいかったのにな」

「……あ」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:17:57.91 ID:hSLcEpgs0

『こんな綺麗な女性と働けるなんて』

お世辞だと思っていたあの言葉が思い出される。

今まで真剣に向かい合ってこなかったのはきっと、あたしなんだ。

プロデューサーさんの言葉を信じられなかったのは、あたしが弱かったから。

彼の本心を知るのが怖かったから。

若さとか、同僚だからとか、適当に理由をつけて、逃げてたのはあたしなんだ。


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:18:34.99 ID:hSLcEpgs0

でも、もう言わなきゃ。言わないと、この気持ちを伝えないと一生後悔する。

プロデューサーさんは言ってくれたじゃない。

年齢なんて関係ないって、誰かの事を大切に思う事に資格なんて必要ないって。

あたしは、あたしの好きな人の言葉を信じられないっていうの?

だから、あたしは言う。


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:19:01.39 ID:hSLcEpgs0

「プロデューサーさん?」

夢みる頃を過ぎたって、

いまも私は恋していられるの。

それは貴方のおかげなんですよ?

「なんですか、音無さん」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 23:19:35.30 ID:hSLcEpgs0

こんなキモチを教えてくれて ありがとう

あなたのことが とってもだいすきです


おしまい



転載元:小鳥「夢みる頃を過ぎても」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469281550/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

小鳥短SS765プロ

(1)

AFTER 桃華「桃から生まれた女の子、ですわ」

BEFORE ちひろ「ポケモンgoが人気との事なので、乗っかってみました」【モバマスSS】

良い小鳥だった
[ 2016/07/24 08:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

小鳥「夢みる頃を過ぎても」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto