スポンサーリンク

2016 07/18

凛「私の初恋協奏曲」



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:04:08 ID:K7pWgpbE

レッスンに夢中になるあまり、脱水寸前で膝をついた。

凛「はぁっ……はぁっ……」


急なスケジュールの空きに入った個人レッスンなので、トレーナーはいない。

体調管理は自己責任だ。

汗で湿ったジャージが体に張り付く。

傍らに置かれたスポーツドリンクを手に取り、一気に飲み干ほうとするが、途中でむせてしまう。

私にあるのは努力だけだ。

トップアイドルの資格。それは前に進み続けることだと思う。




スポンサーリンク



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:04:44 ID:K7pWgpbE

プロデューサーが迎えにくると言ってたね。

過保護だなと口元が緩む。

スマホを見ると、予定の時間までもう時間がない。

シャワー浴びなきゃ。

汗かいちゃったし。


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:05:33 ID:K7pWgpbE

冷たい水が気持ちいい。

持参したシャンプー一式を取り出す。持ち歩くのは一回分。

据え置きのシャンプーは使わない。少しだけ、香りがキツいんだ。

体を洗っていると、自然と自分の胸に目がいく。

あまり大きくない。

全体的にまだ幼さが残る印象は拭えない。

プロデューサーは私なんかで欲情するのかな?

つまらないことを考えていたら時間が迫っていた。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:06:19 ID:K7pWgpbE

マイ洗面器に水を張り、髪をゆっくりと浸けた。

ロングは痛み易い。

シャンプーを水に溶かし、湿らせるように髪に馴染ませる。

凛「……短く切っちゃおうかな」

プロデューサーがいないときは髪までは洗わない。

これが避けられない女心。
私の卑しい部分。

常にパーフェクトな自分を見せたいから。


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:08:32 ID:K7pWgpbE

プロデューサーを待たせてしまった。

凛「もう来てたんだ」

素っ気なく声をかける。

モバP「ああ。今日もお疲れ様」

凛「ちょっとシャワー浴びてたから。待たせてたらごめん」

モバP「いや、大丈夫だ」

凛「そっ」

彼の横に立ち、不機嫌そうな顔で並んで歩き出す。

二人きりは嬉しい。
そして苦手。


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:09:08 ID:K7pWgpbE

最近、何を話せばいいのかわからなくなる。

無言で助手席に座った。

知ってる?

前はよく、車内ではスマホをいじってたけど、今はあなたと二人の時は……

臭わないかな?
彼の横顔を注視する。


スマホは鞄の奥に。


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:09:52 ID:K7pWgpbE

モバP「凛は明日はバラエティの撮影だな」

凛「そうだね」

当たり障りのない会話。

モバP「凛なら今さら緊張もないか」

凛「そんなことないよ」

私たちの間に会話なんてそんなにない。

気を遣う彼と、頭が真っ白な自分。

指にぎゅっと力をこめる。

気難しいところがある私が、数少ない心を許した人。

そして卯月たちとは決定的に違う点。


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:10:33 ID:K7pWgpbE

凛「少しだけ……遠回りしない?」

ありったけの勇気をこめて。

モバP「うん?珍しいな?なにかあったのか?」

凛「ないけど……ダメかな?」

恋愛は難しい。
卯月や加蓮たちとはバカやって盛り上がれるのにね。

プロデューサーを前にするとダメだ。

モバP「いや、いいぞ」

凛「ありがと」

これまでは結構素直な気持ちをぶつけてきたと思う。

隣にいてほしいとか、告白ぎりぎりの際どいセリフも口にしたよね。

どうやら私は、本気で人を好きになると臆病になってしまうヘタレらしい。

振り返らず前を向いてなんて……今は……。

弱ったなぁ。


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:11:44 ID:K7pWgpbE

車を停めて、ジュースで乾杯。

時間も時間だし。アイドルという立場上、男女二人で出歩くわけにもいかない。

プロデューサー相手なら大丈夫だと思うけど。

凛「これなに?」

モバP「スタミナドリンク」

凛「……ああ。いつもプロデューサーが飲んでるやつね……」

モバP「元気でるぞ?」

複雑な味がした。
一気に口の中に流し込む。

疲労が吹き飛んだような不思議な感覚。

スタドリって凄い。


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:14:08 ID:K7pWgpbE

凛「どこかで何か食べていこうか」

モバP「そうだな」

ド〇キーでハンバーグを食べた。

カロリーが恐ろしくてメニュー表を睨む私を見て、プロデューサーが勘違い。

こういう店は嫌いか?とか。そういう問題じゃないよ。

でもまあ、たまにはいいかな。


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:14:41 ID:K7pWgpbE

奈緒たちとも最近は来てない。

スタイルを維持するのに、カロリー計算は必須になっちゃったし。

加蓮は気にせず何でも食べる。
長い病院生活の反動からかな。

……帰ったら走ろう。

ハナコはスタイル維持の救世主。


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:15:14 ID:K7pWgpbE

プロデューサーが支払いを済ませ、店を出た。

凛「ごちそうさま」

モバP「なんのこれしき。安いもんさ」

確かに。最近は稼いでるだろうからね。

事務所のアイドルが増え続けてる。

私にとっても死活問題。

車に戻って二人でデレステで盛り上がった。

……プロデューサーは課金しすぎだよ。


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:16:00 ID:K7pWgpbE

諭吉数枚犠牲にして、プロデューサーは満足な結果を得られたようだ。

子供みたいにはしゃぐプロデューサーの横顔を、私はずっと見つめていた。

プロデューサー可愛い。

私はモバマスで、卯月に使いすぎていたので今は自重。

卯月、迎えたよ?
シンデレラガール

卯月にそう報告したら、突然私に抱き着いて喜んでくれたっけ。


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:16:42 ID:K7pWgpbE

遅い時間になったので、名残惜しいけどここでお開き。

プロデューサーとお別れし、ハナコの散歩に出た。

着信音。

凛「なに?」

加蓮「今日さ、Pさんとデートしてたよね?」

情報網恐るべし。

どこで知ったの?

凛「ご飯食べただけだよ」

加蓮「なんだ、つまらない」

からかうような加蓮の楽しそうな声。

凛「知ってて電話したくせに」

加蓮「バレた?」

凛「バレバレ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:20:47 ID:K7pWgpbE

加蓮「私もド〇キーで奈緒とチーズカリーバーグディッシュ食べてたから。300のやつ!」

ドヤ顔の加蓮が頭をよぎる。

てか重い!

凛「太っても知らないから」

加蓮「私って太らない体質みたい」

女の敵みたいな発言に遺憾の意を唱えた。

加蓮は笑ってるだけ。

世の中理不尽だ。

巻き込まれた奈緒が可哀想。

奈緒なら平然と食べてそうだけど。


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:21:26 ID:K7pWgpbE

加蓮「凛はもっと食べないと。胸大きくならないよ」

凛「余計なお世話」

散歩しながら親友と話す時間も大切。

まだ人目の多い公園のベンチに座り、プロデューサーに帰り際に貰ったエナジードリンクを一気飲み。

凛「不味い……もう一杯……」

加蓮「え?」

凛「プロデューサーから貰ったエナジードリンクが不味い」

加蓮「……あぁ」

加蓮「前に病弱ならこれを飲めってたくさん飲まされたっけ……」

凛「色んな味が事故起こしてるみたい……」

加蓮「でも効くといえば効く。私もエナドリで元気になったから」

衝撃の事実だ。

むしろ知りたくなかった。


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:22:29 ID:K7pWgpbE

凛「私ずっと、プロデューサーの課金って反則だと思ってたんだ」

無意識につい打ち明けてしまう。

加蓮「凛ならそうかもね」

凛「あんなの実力じゃない。金の力でアイドルを売り出してるだけ。プロデューサーは私たちのこと信じてないのかな?って」

凛「でも違った。課金でアイドルを迎えるたびに事務所は明るくなってる。大切な仲間が増えていく」

加蓮「私はエナドリに救われたしね」

凛「課金は必要悪なんだ。選択肢の一つだよ。今ならそう思えるんだ」

加蓮「私たちの活動の幅が広がったのは事実だしね」

凛「努力と無課金だけではたどり着けない場所があるって痛感したよ」

加蓮「私たち何真面目に語り合ってんだろ。らしくないぞ、凛」

凛「ごめん。急に思い出したから」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:23:54 ID:K7pWgpbE

加蓮「で?悩みは解決した?」

凛「まだ……かな」

公園のトイレに移動する。防犯対策のためか、結構明るい。

加蓮「全部話しちゃいなよ。加蓮お姉さんが聞いてあげるからさ」

凛「そうだね、加蓮お姉ちゃん」

加蓮「……なんか鳥肌たった」

個室に入って一息ついた。

ここは穴場だ。
夜訪れるのは酔っ払いくらい。
まず人はこない。

外の様子を伺いながら、私は口を開いた。


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:24:35 ID:K7pWgpbE

凛「ねえ、加蓮」

小声で呟く。

凛「私さ、プロデューサーが好き」

加蓮「っ……!」

電話越しに息を呑む加蓮。

加蓮「知ってたよ」

わかってる。

凛「加蓮も好きだよね?」


加蓮「……き、気づいてたか。当然だよねー……」

ずっとはぐらかされてきたから。

思えば恋愛事で、互いの気持ちを口にしたことなんてなかったよね。


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:27:24 ID:K7pWgpbE

凛「抜け駆けはしないよ」

加蓮「奈緒の気持ちも知ってるんでしょ?」

凛「わかりやすいからね」

はぁ……という加蓮のため息。

近くに人の気配はない。

加蓮「……私たちの友情って一生続くと思ってたんだ」

凛「私もだよ」

今でもそう思いたい。


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:27:58 ID:K7pWgpbE

加蓮「凛と奈緒と私。最高の三人組だった」

凛「いつからだろう」

加蓮「うん」

凛「加蓮がプロデューサーと二人っきりでいるのを見たとき、私は嫉妬でおかしくなった」

加蓮「凛がPさんと一緒にいると胸が苦しい」

凛「加蓮だけじゃない。私以外の女の子と仲良くしてると悲しくなる」

加蓮「私もそう」

凛「自分がこんなに独占欲が強かったなんて……」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:28:41 ID:K7pWgpbE

凛「嫌悪感を拭うために、毎日仕事とレッスンに打ち込んでさ。他の事、考えられないくらい自分追い込んで」

凛「プロデューサーに心配されて。でもそれだって構ってほしいから……最低だよ、私」

加蓮「……凛は凄いよ。凄いと思う」

凛「凄くないよ……。シンデレラガールになったときは本当に嬉しかった。純粋に夢に向かって走っていられた」

凛「今はもう……アイドルにすがって現実逃避してる惨めな女」

加蓮「でもそれって、それだけ本気だってことでしょ?自分を制御できないくらいPさんが好きだって」

凛「今だって一方的に打ち明けて親友を牽制してる。しかも公園のトイレで……」

加蓮「うぇっ!?」

凛「人に聞かれる心配はないから安心して」

加蓮が「重症だなー」とかもらしていた気もするがスルーした。


23: 根が真面目な凛→根が凛→ネガ凛…なんちゃって…ハイ、スイマセン 2016/07/18(月) 13:45:45 ID:K7pWgpbE

加蓮「凛はPさん以外に恋したことある?」

凛「ない、かな?」

加蓮「私たちって恋愛初心者なんだよ。上手く自分の感情を制御できないのもそう」

凛「…………」

凛「私、加蓮が好きだよ。奈緒も」

加蓮「親友として?」

凛「親友として」

加蓮「私も凛と奈緒が大好き」

凛「親友として?」

加蓮「親友として」


ありがとう加蓮。


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:46:40 ID:K7pWgpbE

凛「私怖かったんだ。もしプロデューサーに想いを伝えて、親友に嫌われたらって」

凛「……恋に怯えていたんじゃなくて、失うことを恐れてたんだね」

加蓮「誰だってさ、そういう一面があるんじゃないかな?人間だもの」

凛「みつを。……そうだね、なんかナーバスになってたのかも」

加蓮「Pさんって無駄に人気高いでしょ?」

凛「たしかに」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:47:19 ID:K7pWgpbE

加蓮「競争率高すぎだもん。誰と付き合っても恨んだりしないって。……まあ、略奪はするかもだけど」

凛「なら、三人で同時に告白して三人とも恋人にしてもらうとか」

加蓮「それは嫌。プライド的に」

凛「妥協」

加蓮「でも、凛や奈緒となら……」

凛「常識で考えてプロデューサーがオッケーしないよね」

加蓮「……ですよね」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:48:31 ID:K7pWgpbE

心が軽くなっていく。

些細なことでも、本音で話せる親友は大切。

凛「私決めた。プロデューサーを攻略する」

加蓮「頑張れ。凛が落としたら私が奪うから」

凛「オイコラ」

加蓮「冗談ではありませーん」

加蓮のにやけ面が目に浮かぶ。

加蓮「落とせるもんなら落としてみな♪」

なんかムカつく。


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:51:05 ID:K7pWgpbE

酔っ払いのお姉さんが入ってきた。

急いでドアを閉めたので、姿はよく見えなかったけど、どこか見覚えがあったような……

「トイレに行っトイレなんて……ふふっ」

おええっ

あーあ。
お隣に入った女性が吐いてるうちに、私は退散することにした。

「酒豪が集合すると宇宙規模の飲み会になりますね。これは予想外の展開です……」

何を言ってるんだか。


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:53:47 ID:K7pWgpbE

一方、奈緒さんは

奈緒「うわ……録画溜まってるよなぁ。最近忙しかったからな。夏アニメチェックしないと」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/18(月) 13:59:53 ID:K7pWgpbE

私は渋谷凛。

今、恋をしています。

年相応に悩んで、たくさん間違って、それでも前に進み続けようと思います。

いつか落としてみせるからね、プロデューサー?

加蓮や奈緒、他の皆には負けないよ。

自分を磨き続けていけば、いつか彼が振り向いてくれると信じてる。

私は振り返らない。

私の名は渋谷凛。
アナタの魔法で生まれた――アイドルだよ?



転載元:凛「私の初恋協奏曲」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1468814648/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス

(2)

AFTER 二宮飛鳥「灰色の世界の外」

BEFORE 桃華「友人達とメイド喫茶、ですわ」

楓さんが酔いはしても吐くほど弱くはないだろ、いい加減にしろ!
[ 2016/07/19 04:10 ] [ 編集 ]
なんかこれじゃない感
[ 2016/07/19 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

凛「私の初恋協奏曲」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto