スポンサーリンク

2016 07/16

岡崎泰葉「ころころ丸い、網目の幸せ」



1: だりやすかれんだよ ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:41:55.81 ID:U+SVthFQO



―――


「――ただいま、戻りました……」


夏の気配が色濃く漂い始めた街をぽてぽてと歩き、過ごし慣れた事務所へようやくたどり着いた。


陽炎が揺らめくアスファルト。照りつける日差しを容赦なく反射し、肌を焼いてくるビルの窓ガラス。

それらをなんとか掻い潜った私は、肺に溜まった熱気を吐き出してひと息。


「おかえりなさい、泰葉ちゃん。外暑かったでしょう? クーラー入れときましたよ♪」

「あ……ちひろさん。ありがとうございます……ふう、本当に茹だりそうでした」

「ふふふ。お仕事お疲れさまでした」


今日はもう、日が沈んで涼しくなるまで外には出ない。

汗を拭いながらそう決めて、いつものソファーに身を預けた。


前スレ
千川ちひろ「泰葉ちゃんが一心不乱にデレステをプレイしてる」
シリーズスレ
だりやすかれん





スポンサーリンク



2: だりやすかれんだよ ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:43:21.24 ID:U+SVthFQO


「今日のお仕事は……うん、泰葉ちゃんはもう無いみたいですね」

「はい、良かったです……。またこの暑い中に放り出されるのは、ちょっと……」


カチカチカリカリとマウスを動かして、ちひろさんがスケジュールを確認してくれる。

手帳にもしっかり書いてあるけれど、自分で確認するには今は頭がくらくらしすぎて……ちょっぴり甘えてみたり。


「ふふ、なにか飲み物でも飲みます?」


くったりとソファーに沈み込む私を見て、優しいお姉さんはにこやかに聞いてくれた。


「あ……それじゃ、アイスコーヒーを」

「はーい、ちょっと待っててね♪」


3: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:45:25.33 ID:U+SVthFQO


給湯室に消えていく影をぼやっと眺めて、もう一度息を吐く。

今度は室内の冷たい空気を感じて、今日のお楽しみを思い出した。


「……ふふっ」


鞄を漁って、丁寧にしまっておいた包みを取り出す。

私の好きな青色のリボンで括られた、桃色の袋。


――だってピンクも好きでしょ?


……いつそのことがバレたのか分からないけど、まぁそれはそれでいいとして。


『誕生日おめでとう! R&K』


挟まれている小さなメッセージカードに書かれた短い言葉だけでも、ふたりの想いは充分に伝わってきた。


4: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:47:06.65 ID:U+SVthFQO


「はぁ……良い香り」


ラッピングされていても、なお漂う香ばしい匂い。

この匂いだけでお腹がいっぱいになってしまいそう。

今朝、事務所を出て別れる際に、慌ただしく渡されたけど……未だその香りは衰えず。


「……はぁ~」

「――おまたせしましたー♪ ……なにしてるんですか泰葉ちゃん」


鼻をくっつけてくんくんしていた私を誰が責めるというのか。

プレゼントを放り投げなかっただけでも褒めてほしい。


5: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:48:29.95 ID:U+SVthFQO


「ア、アリガトウゴザイマス……」

「いえいえ。……で、それってもしかして」

「は、はい……ふたりの手作りだそうです」

「あら♪ 良かったですね」


か、顔赤くなってないかな……。

ごまかすように手早くリボンを解いて、ついに中身を拝見。


「――はぁ~……っ♪」


6: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:50:41.21 ID:U+SVthFQO


ああ。

朝からずっと我慢していた。

時間が経っても褪せることのない、鼻腔をくすぐる魔力。

袋を揺するだけで弾ける、この言い難い衝動。

決してお店では手に入らない。

少しいびつな円形。

荒い焦げ付き。

見様見真似だと分かる網目模様。

プロのメロンパニストからすれば、拙さが溢れるこれはただの石ころ同然だろう。

しかし私にとっては、彼女たちが心を込めて作ってくれた、至大至高にして唯一無二のメロンパン。

宝石と言っても過言ではない。


7: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:52:11.58 ID:U+SVthFQO


生地を練り、焼いたのはきっとあの子。

そして華やかにトッピングしたのはあの子だ。

ふたりが……私のために作ってくれた。それだけで宝物。食すなどもったいない。

ああでも、食べなければふたりに申し訳ない。

ああでも、食べてしまえば無くなってしまう。

どうして。


どうしてメロンパンは食べると無くなってしまうの?

私はいったい、どうすればいいの……!?




「写真撮ってから食べれば良いと思いますよ」


至極真っ当な答えがちひろさんから告げられた。


8: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:53:17.05 ID:U+SVthFQO


「――ごくり。では……いただきます」


アイスコーヒーで唇を湿らせ、いざ。


「――はむっ」



サクッ。



「――――!」



ふんわり。



「――――!!」


9: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:55:07.37 ID:U+SVthFQO





私の意識はそこで途切れた。



.


10: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:56:28.56 ID:U+SVthFQO



―――


「――やーすはー。そろそろ起きなよー」


つんつんと、泰葉の頬をつつくのは北条加蓮。

仕事から戻って来たら、蛍光緑のアシスタントに膝枕されていた彼女を発見したのだ。


「ダメだよ加蓮、寝てるんだから……」


アシスタントに代わり膝枕を任されているのは、同じく仕事から戻った多田李衣菜。

未だ眠る彼女にちょっかいを出す加蓮を咎め、優しく泰葉の頭を撫でる。


「……はぁ~……♪」

「……ほんとに寝てるの、これ」

「ね、寝てるんじゃないかな……?」


11: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:58:16.54 ID:U+SVthFQO


幸せそうなため息……もとい、寝息を吐く泰葉に、ジト目を送る加蓮。

李衣菜にしても半信半疑であり、やはりこれは本当は起きているのでは……と思わざるを得なかった。


「っていうか、メロンパン食べて気絶ってなんなの? そんな不味いもの作ったっけ、私たち」

「や、味見したし……美味しいのできたと思うんだけどなぁ。ねぇPさん?」

「ああ、充分美味いぞ? この……堅いメロンパンでも」


本番ではなく、実験的に作ったミニメロンパン――クッキーのような堅さの代物――を口に放り込み、ネクタイを締めた彼は笑顔で答えた。


12: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 12:59:51.18 ID:U+SVthFQO


「だよねー? 美味しいはずなんだけどなー。ちょっとー、泰葉ったらー」

「だからつんつんしちゃダメだって……起きない泰葉も泰葉だけど」

「ひと口ふた口で満足しちゃったわけ? おーきーてー!」

「泰葉ー、全部食べてもらわないとこっちも困るよー。せっかくの手作りプレゼントなんだからさー」

「はぁ……はぁん……♪」

「なんか喘いでるし……ふ、ふふっ♪」

「どんな夢見てるの泰葉……。く、あははっ♪」


呆れながらもその緩みきったにやけ顔に釣られ、李衣菜も加蓮も破顔した。


13: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 13:01:41.12 ID:U+SVthFQO


見守る大人も、穏やかにメロンパン……クッキーを頬張る。


「美味さで気絶ってあるんですね」

「ふふ、私もびっくりしちゃいました。急にこてーんって倒れちゃうんですもん」

「俺もその場で見たかったな――かったいなぁこのクッキー」

「え? 小さくて試作とは言えメロンパンでは――」


ザクッ。


「クッキーですねこれ。美味しいですけど」

「クッキーですよね」


14: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 13:02:41.41 ID:U+SVthFQO


「もー、あんまりクッキークッキー言わないでよ」

「初めて作ったわりには上手くいったんですからね?」

「いや、ごめんごめん。でもほんとに美味しいぞ」

「きっと泰葉ちゃん、この美味しさとふたりの想いを受け取ったから、ちょっと振り切れちゃったんですよ♪」

「へへ、泰葉のこの顔見てたらそんな気がしますっ。ね、加蓮!」

「むー、いまいち信じられないけど……まぁいっか。起きたらまた食べさせればいいし♪」


15: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 13:04:01.18 ID:U+SVthFQO


「はは、そしたらまたすぐ気絶しちゃうかもな」

「ならひっぱたいて起こす!」

「うわ、ひどー……」

「李衣菜が!」

「えっ私が!? やだよ泰葉叩くなんて! 加蓮にならまだしも」

「それもひどくない?」

「ふふふ♪ じゃあ私、アイスコーヒー淹れ直して来ますね♪」

「あーどうも、ありがとうございますちひろさん」


16: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 13:05:26.16 ID:U+SVthFQO



「泰葉ー、早く起きないと李衣菜に叩かれちゃうよー?」

「叩かないってば、もー……。泰葉もいい加減起きてよーっ」


「さくさく……ふんわりぃ……♪」



夢の中でも、現実でも。

今日も岡崎泰葉は、メロンパンのような幸せに包まれている――。



おわり


17: ◆5F5enKB7wjS6 2016/07/16(土) 13:08:54.39 ID:U+SVthFQO

というお話だったのさ
泰葉さんお誕生日おめでとうございます!

http://i.imgur.com/uhXRe2z.jpg
今日は記念日だからみんなでメロンパン食べよう!



転載元:岡崎泰葉「ころころ丸い、網目の幸せ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468640515/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

だりやすかれん短SSモバマス泰葉加蓮だりーな

(2)

AFTER モバP「パッションなお姉…幼…妹…あれ?」

BEFORE 泰葉「昔の私に誇れる私に」

そこは自作だろうがよ!
[ 2016/07/17 00:03 ] [ 編集 ]
その画像はずるい
[ 2016/11/16 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

岡崎泰葉「ころころ丸い、網目の幸せ」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto