スポンサーリンク

2016 06/29

周子「泰葉に練習を手伝ってもらう」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:06:48.48 ID:iR3T0QrT0


周子「あー、ああ、何故結婚を認めてくれぬのですー」
somshu11.jpg

周子「ってダメだよねーコレじゃ。泰葉まだかなー」


ピンポーン


周子「はーいどうぞー」

ガチャ

泰葉「お邪魔します」
okzkysh19.jpg

周子「どーぞどーぞ入ってー」




スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:13:09.48 ID:iR3T0QrT0

泰葉「それで、緊急の用事って……?」

周子「いやー、明日舞台のオーディションがあるんだけどねー?」

周子「結構大きい仕事だからさすがに気合い入れとこうかなって思ってさ。本読み手伝ってほしいなーって」

泰葉「本読み、ですか……?」

周子「そーそー。ここ最近あたしってばあんまりちゃんとした人と仕事してなくてさ」

周子「頼れるの泰葉だけなんだよね。ってワケでお願い!」

泰葉「はあ……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:16:30.79 ID:iR3T0QrT0

泰葉「主役ですか?」

周子「ん。脇役のオーディションに行こうかとも考えたんだけどねー。セリフ覚えなくて済むし」

泰葉「脇役だってセリフはありますが」ピシャリ

周子「いや、巨人の脇の役」

泰葉「ホントに脇の役だったとは」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:19:31.99 ID:iR3T0QrT0

泰葉「どう演じるんですかそれ……」

周子「夏場にこう……臭ったりとか?」

泰葉「斬新過ぎません?」

周子「いや、まあそれはともかく。読んで欲しいのはここなんだけど」

泰葉「あー……王様の役?」

周子「うん。おっさんの役だけど、まあ読んでもらうだけだからさ」

泰葉「ここですね、はい……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:22:14.45 ID:iR3T0QrT0

周子「じゃあ行くよー」

泰葉「はい」





周子「あー、ああ、何故結婚を認めてくれぬのですー」

泰葉「ええいならぬならぬゥ!! この私に意見するつもりかァッ!!!」グワッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:27:22.73 ID:iR3T0QrT0

周子「」

泰葉「あの……次周子さんですよ?」

周子「え? あ、ああ……ウン」

周子「え、えっと……『私はイーダ様について行くと決めたのd――」

泰葉「五月蠅ァい!! 斯様などこの馬の骨とも知れぬ男にくれてやるものかァッ!!!!」グワッ

周子「」

泰葉「衛兵!! 衛兵ィッ!! この無礼者を地下牢に放り込めェ!!!!」ブンッ

周子「」

泰葉「フハハハハハ!!!! ハーッハッハハハハハ!!!!」ガハハハ

周子「ちょっとちょっとちょっと」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:31:15.72 ID:iR3T0QrT0

泰葉「はい?」

周子「力が凄い」

泰葉「そうですか?」キョトン

周子「読んでもらうだけでいいんだけど」

泰葉「でも、演劇なんですよね?」

周子「なに、いつもこういう感じでやってんの?」

泰葉「……?」キョトン

周子「いやそんな可愛い顔されてもさ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:33:58.59 ID:iR3T0QrT0

周子「あー……まあいいや。ごめん、じゃあ次この勇者とのシーンなんだけどさ……」

泰葉「えっと……ここですね」ペラッ

周子「そうそう。ごめんね、また男役だけど」

泰葉「いえいえ、本読みなので気にしなくても」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:39:06.13 ID:iR3T0QrT0

周子「お待ちくださいイーダ様、あそこには恐ろしい竜が……」

泰葉「いえ、私は旅立たねばならぬのです……!」キリッ

ポイッ

泰葉「北の谷にどれほどの試練が待ち受けていようと……」

周子「ねえ台本捨てたけど」

泰葉「いえ、貴方の為を思うのならばこれも!!」

周子「覚えたの? もうセリフ覚えちゃってんの?」

周子「まあいいや。『それなr」

泰葉「それならば私もお供いたします!」バッ

周子「あたしのセリフなんだけど」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:42:53.12 ID:iR3T0QrT0

泰葉「このまま二人で……! 貴方様と運命を共に出来るのならば私はどんな運命であろうと――」

泰葉「その結婚を認める訳にはいかんな」クルッ

泰葉「ああ、あなた、どうか落ち着いて……」クルッ

泰葉「うーん……こんな夜中にどうしたのママ……?」コシコシ

泰葉「ヒェッヒェッヒェッ、私に良い考えがありますぞよ」ヒェッヒェッヒェッ

周子「一人で何役するつもりなのさ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:46:56.77 ID:iR3T0QrT0

泰葉「はい?」キョトン

周子「なんでそんなピュアな瞳で見てくるのさ」

周子「途中から台本も見てないし」

泰葉「一通り見たので……」

周子「もういいもういい! 決闘のシーン、こっちにしよう! ね!?」

泰葉「はあ……」


ペラッペラッ


泰葉「殺陣のシーンですか?」

周子「そう! この女剣士とぶつかるシーン!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:52:17.67 ID:iR3T0QrT0

周子「私とて役立たずのお姫様ではありませぬ! 剣を……取らせていただきます!」

泰葉「アーハッハッハ!! 残念だったねえお姫サマぁ? ここが貴方の墓場となるのよ……?」

周子「もうツッコまないかんね」

泰葉「死ねェェいッ!!」バッ

周子「ふッ、やっ!」ヒュッバッ

泰葉「ふンッ、たァッ!!」シュンッシュンッ

周子「やぁーっ!」ブンッ

泰葉「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッッ!!!!」グラッ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:57:13.69 ID:iR3T0QrT0

周子「お分かりいただけましたでしょうか、私とてこの旅の中で――」

泰葉「ぐッ……は……あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッ!!!!」ヨロッ

周子「ねえちょっと」

泰葉「あ、ああ……あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」フラ・・・フラ・・・

周子「ちょっと、ちょっと」

ガクン

泰葉「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」

周子「近所迷惑だってば!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 00:58:49.13 ID:iR3T0QrT0

泰葉「ぐッ……まさか、まさかこの私の体に……」グラッ


ダラアアアア


泰葉「傷を付けるとはねぇ……!!」

周子「なんで血出てんの!?!?!?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:00:23.00 ID:iR3T0QrT0

周子「ちょっと、ちょっと待って」

泰葉「はい?」スッ

周子「なんで血出てんの?」

泰葉「斬られた演技したからだと思いますけど……?」

周子「演技したから!?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:02:25.66 ID:iR3T0QrT0

周子「斬られた演技したからって血が出るの!?」

泰葉「いや、そんなこと言われても……」






泰葉「悲しくなくても涙が流れるのと一緒ですよ」フフッ・・・

周子「深い」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:04:16.87 ID:iR3T0QrT0

周子「もうなんか深いこと言い始めたし……」

スッ

泰葉「……」

周子「いつの間にか立ち位置戻ってるし」

泰葉「いや、結構動きもあったので……」

周子「慣れてるね……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:06:45.00 ID:iR3T0QrT0

周子「じゃあもういいや。兵士Aやって」

泰葉「兵士A……?」

周子「そ、モブなら変なことも起こんないでしょ。セリフも『行くぞ、オー』だけだし」

泰葉「すいません、本読み必要ですか……?」

周子「いいから!」

泰葉「はあ」

周子「『行くぞ、オー』だけ! 他のこと言わないでよ?」

泰葉「はい……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:08:58.45 ID:iR3T0QrT0

周子「今から北の谷へ参ります! 皆様! ついてきてくださいませ!!」

泰葉「行くぞー」グッ




「「「「「「「「「「「オー!!!!」」」」」」」」」」」



泰葉「おー!」

周子「待って待って待って」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:10:57.31 ID:iR3T0QrT0

周子「なんか今凄いいっぱい人の声聞こえたんだけど!?」

周子「一人!? 今本当に一人で言ってた!?」

泰葉「……?」キョトン

周子「いやそんな首傾げられてもさ」

周子「周りを引き出してんのかな……」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:12:09.44 ID:iR3T0QrT0

周子「行くぞー」


周子「オー!」


周子「ほらあたしが言っても何も起きないよね」

泰葉「行くぞー」


「「「「「「「「「「オー!!!!」」」」」」」」」」」


周子「なんで!?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:14:00.61 ID:iR3T0QrT0

周子「アレかな、泰葉が言うと周囲まで引きずりこんじゃうのかな。演技が凄すぎてもう……」

泰葉「100人乗ってもー」



「「「「「「「「「「大丈夫ー!!」」」」」」」」」」



周子「そんなシーン無かったけど!?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:15:40.77 ID:iR3T0QrT0

周子「あ、スポンサーかこれ……。イ○バ物置なんだ……」

周子「もういい、木の役やって、木の役」

泰葉「あれ、本読み……」

周子「いいから! 立ってるだけ! セリフも無し!」

泰葉「はあ……」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:17:29.88 ID:iR3T0QrT0

周子「今から北の谷へ参りm……」

フッ・・・

周子「なんであたしの部屋なのに照明落ちてんの?」

泰葉「……」

周子「なんで泰葉のとこだけ明るいの?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:19:59.68 ID:iR3T0QrT0

泰葉「……」ユラァ・・・


チチチチ・・・

バサッバサッ・・・


周子「なんか小鳥集まって来てんだけど」

泰葉「……」ユラァ・・・



スッ・・・



泰葉「……」

周子「ねえ今そのリンゴどっから出したん?」

泰葉「……」

周子「実った? リンゴ実った?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:21:35.66 ID:iR3T0QrT0

周子「タイム、タイム」

泰葉「はい」スッ

バサバサ・・・

周子「小鳥あっという間にどっか行ったし」

泰葉「木の役やめたので」

周子「演技力が過ぎるよさっきからずっと」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:24:35.74 ID:iR3T0QrT0

泰葉「書いてある文字を読めばこのくらい……」

周子「文字読んだだけ!? 文字読んだだけって言った!?」

泰葉「はい」

周子「文字ならなんでも!?」

泰葉「はい……」

周子「じゃあミンティア! ミンティアの成分表示読んでよ」

泰葉「成分表示って……」エーット・・・


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:29:48.86 ID:iR3T0QrT0

スッ

泰葉「残念だったねソルビトール」フッ

周子「ソルビトール!?」

泰葉「アスパルテームから話は聞いてるよ……おかしいと思ったんだ」

周子「あ、コレミンティアの成分か」

泰葉「一部にゼラチンを含む、だってさ……ハッ、ちゃんちゃらおかしいね」

周子「凄い、原材料で会話してる……」

泰葉「食べ過ぎるとお腹がゆるくなる可能性がございます……サヨナラだよ、これで」ガリッ


バターン

周子「倒れた」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:32:11.02 ID:iR3T0QrT0

周子「え、凄い凄い何コレ」

泰葉「まあ仕事柄……」ムクリ

周子「カレンダー、カレンダーでもイケる?」

泰葉「え? どれどれ……」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:34:32.21 ID:iR3T0QrT0


シュバッ!!


泰葉「大安!」スタッ

泰葉「赤口!」ヒュバッ

泰葉「先勝!」ババッ

泰葉「友引!」シュッ

泰葉「仏滅!」ザンッ

泰葉「五人揃って! 一週間!!」ババーン


周子「凄すぎる」





34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 01:36:05.71 ID:iR3T0QrT0

元ネタはタイムマシーン3号のコント「演劇」
元ネタっていうかほぼほぼ弄ってないけども


おしまい



転載元:周子「泰葉に練習を手伝ってもらう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467131527/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

周子泰葉短SSモバマス

(2)

AFTER 渋谷凛「10センチを埋める雨」

BEFORE モバP「芳乃が甘噛みしてくるようになった」

泰葉の演技力高過ぎる問題

官能小説読んで欲しい
[ 2016/06/29 21:08 ] [ 編集 ]
官能小説読んでも、声掛けたら一瞬で素に戻るのか…
[ 2016/06/29 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

周子「泰葉に練習を手伝ってもらう」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto