スポンサーリンク

2016 06/23

春香「律子さん…実は…」律子「な、なによ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:00:36.57 ID:6VghRQqc0

春香「実は私…隠していたことがあるんです…」

律子「う、うん」ドキドキ

春香「言いにくいことなんですけど…」

律子「な、なによ」ドキドキ

春香「言っちゃっていいのかな…」

律子「早く言いなさいよ」

春香「これは秘密なんですけど…」

律子「わかったわよ!早く言いなさいよ!」

春香「実は私…」


春香「無個性じゃないんです!!!」

律子「……は?」




スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:06:41.94 ID:6VghRQqc0

律子「よくわからないけど…愛の告白じゃなくて安心したわ…」

春香「は?告白?誰が誰にですか?」

春香「もしかして私が律子さんにですか…?はぁ…そんなわけないでしょ…」

律子「うるさいわね!紛らわしいのよ!」

春香「じゃあもし告白だったならなんて答えてましたか?」

律子「そうね…私で良ければ…ってそうじゃなくて!」

律子「何か話したいことがあったんでしょ!?」

春香「そうでした!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:08:54.57 ID:6VghRQqc0


律子「それで…なんだっけ?」

春香「忘れないでくださいよ~!私が無個性じゃないっていう話ですよ!」

律子「あー…」

春香「ずっと秘密にしてたんですけど…そろそろ潮時かと思って」

律子「そうね、確かに春香は可愛いしお菓子作りも上手いし…無個性じゃないわ」

春香「えへへ~…ってそうじゃないんですよ!」

律子「リボンのこと?そういえば昨日と比べて色が濃いような…」

春香「違います!」

律子「えー…じゃあどういう…」

律子「あ、色が薄くなった?」

春香「律子さん!くどいですよ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:09:50.84 ID:6VghRQqc0

律子「ごめん…でもよくわからなくて…」

春香「説明しますから静かに聞いててください」

律子「うん」

春香「まずですね、私の個性といえばお菓子作り、リボン、あとドジ…くらいで他のみんなより薄いって言われますよね」

律子「知ってたの?傷つくと思って隠してたのに…」

春香「ファンサイトとかを見てるとどうも…」

律子「そうね…それで、他にもキャラ作りがしたいっていうこと?」

春香「惜しいですね」

春香「作らなくてもすでにあるんです!」

律子「…?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:17:13.71 ID:6VghRQqc0

律子「春香に他にも個性があるっていうこと?それならもっと前に出せばいいじゃない」

春香「はい…それはそうなんですけど…」

律子「それなら無個性って呼ばれることもなくなるし、アイドルとしての活動もしやすくなる。いいことだらけじゃない」

律子「なにか理由があるってわけじゃあるまいし…」

春香「実は…大有りなんですよ!」

律子「えっ?」

律子「それで…その理由って?」

春香「その…他の個性が…」


春香「みんなと被っちゃってるんです!」

律子「!!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:21:35.71 ID:6VghRQqc0

律子「た、例えば?」

春香「はい…まず、男の人が苦手なんです」

律子「微妙なのから来たわね…雪歩ってことかしら」

春香「はい…実は私も男の人が苦手で…喋ってるだけで汗と震えが止まらないんです」

春香「たまに涙が出ちゃうことも…えへへ」

律子「えへへじゃないわよ!大変じゃない!」

律子「雪歩みたいにプロデューサー殿は大丈夫なの?」

春香「それが…」

律子「そう…」

律子「プロデューサー殿に春香のプロデュースを変わってもらえるか頼んでみるわ」

春香「ほんとですか!?ありがとうございます!」パァァ

律子「今日までよく頑張ったわね」ナデナデ

春香「えへへ~」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:22:35.03 ID:6VghRQqc0

律子「それで、みんなと被ってるってことは…まだあるの?」

春香「そうなんですよ!」

春香「他のは悩んでるってほどじゃないんですけど」

春香「私、大食いなんですよね」

律子「そうきたかー」

春香「はい!だからお弁当いただいても全然足りないんですよね~」グー

春香「私も貴音さんみたいに大盛りにしてもらえませんか?」

律子「うーん…貴音だけでも実は経費がギリギリなのよね…」

春香「そうですか…」

律子「しょうがないわね、私がなんか作って持ってきてあげるわ」

春香「えっ!?本当ですか!?ヤッター!」パァァ

律子「その代わり!残したら許さないわよ!」

春香「もちろんですよ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:23:22.76 ID:6VghRQqc0

律子「それと…」ジーッ

春香「な、なんですか?」

律子「くれぐれも太るんじゃないわよ」

春香「ふ、太りませんよ!」

律子「そう?じゃあ先月までずっと着てたお気に入りの服はどうしたの?」

春香「あ、あれは~…梅雨になったから!衣替えですよ!衣替え!」

律子「……本当は?」

春香「おしりが入らなくなっちゃいまして…」

律子「はあ…そんなところまで貴音と被らなくてもいいのに…やっぱり作るのやめようかしら」

春香「そんな!?」

春香「お願いしますよ!律子さん!ダイエットしますから!」

律子「ふふっ…わかったわよ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:24:26.15 ID:6VghRQqc0

律子「もう大丈夫?」

春香「はい!今まで悩んでたのが嘘みたいです!でも…」

律子「でも?」

春香「実はまだ被ってる個性があるんですよね~」

律子「まだあるの!?」

春香「はい…次はあずささんなんですけど」

律子「あずささん…?っていうことは迷子かしら?それなら、私が送り迎えしてあげるわ」

春香「えっ?ヤッター!でもそうじゃないんですよ」

律子「違うの?」

春香「違うんです」

律子「えっ?でもそれじゃあ…もしかして」

春香「はい…胸が…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:25:19.12 ID:6VghRQqc0

律子「…まじで?」

春香「これは最近なんですけど…成長しちゃって…」

律子「でもそうは見えないけど?」

春香「実はさらし巻いてるんですよね」

律子「そうなの!?」

律子「なんでまたそんな…いいことじゃないの!」

春香「そうなんですけど…そうのはずなんですけど…」

春香「この前…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:26:44.09 ID:6VghRQqc0

~~~~~~~~~~

春香『千早ちゃん!おはよう!』

千早『あら、春香。おはよ…ちょっと待って』

春香『?』

千早『春香…あなた胸、大きくなってない?』

春香『えっ?そうかなあ?そういえばちょっと服がきついんだけど…』

春香『って!誰が太ったって!?』ビシッ

千早『春香!』

春香『は、はい!』

千早『誤魔化さないでちょうだい!真剣な話なのよ!』

春香『えっ…えーっと…』

千早『どうしてなの?どうしたの?なにか変わったことをしたの?食生活を変えたとか?なにかスポーツでも始めた?ストレッチ?サプリメント?ねえ、教えてちょうだい』

春香『あ、あの…その…』

千早『ねえ、ねえ、ねえ、教えてちょうだいよ』ギュー

春香『千早ちゃん…?い、痛いよ!』

春香『だ、誰か助けてー!』

~~~~~~~~~~


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:28:11.07 ID:6VghRQqc0

律子「千早…そんなに悩んでたなんて…」

春香「それ以来どんどん大きくなるんですけど迂闊に出せなくて…」

律子「大変ね…こればっかりは私にはどうしようもないわ」

春香「夏になったら水着の仕事とかどうしようかと考えたら夜も眠れませんよ…」

律子「そうね…なるべく千早と合わせないようにするわ」

春香「それはそれで少し寂しかったり…」

律子「文句言わないのっ」

春香「はーい…」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:29:06.71 ID:6VghRQqc0

春香「どんどんいっちゃいましょう!」

律子「…まだあるの?」

春香「これはちょっと信じてもらえないかもしれませんけど」

律子「春香の言うことなら信じるわよ」

春香「わーい!ありがとうございます!」ギュー

律子「わっ!や、やめなさい!そんなことより早く言いなさいよ!」

春香「けちですねえ…律子さんは」

律子「う、うるさいわよ」

春香「次のやつは凄いですよ!」

春香「私、万物と話ができるんです!」

律子「…」

春香「…?」ニコニコ

律子「ごめん信じられない」

春香「そんな!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:30:05.63 ID:6VghRQqc0

律子「だって響の動物と会話、ってのもちょっと信じがたいのに…万物とって」

春香「でも本当なんですもん!」

律子「人とすら満足に会話できないのに?」

春香「あー、言いましたね律子さん!」

春香「イス!律子さんを落としちゃいなさい!」

律子「あはは!そんなので椅子が動いたら楽でいい…わっ!!?」ドンガラガッシャーン

律子「…」

春香「…信じました?」

律子「…信じるしかないでしょ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:30:50.75 ID:6VghRQqc0

律子「でもここまでくると会話と言うより超能力の類じゃない?」

春香「超能力?」

春香「えーっ?律子さん超能力なんて信じてるんですかー?なんか可愛いですね」ケラケラ

律子「能力使ってる張本人のあんたが言うな!」

春香「あ、ちなみにそのイスはずっと律子さんのおしりが重いって言ってましたよ」

律子「えっ?…そう言われるとちょっと椅子にも気を使っちゃうわね」

律子「とりあえずこの椅子は破壊するけど」

春香「ああ!やめてあげてください!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:31:44.63 ID:6VghRQqc0

春香「あとこれは体感なんですけど」

春香「動物に凄く好かれるんですよね」

律子「人間にも好かれたらいいのにね」

春香「好かれてますよ!大人気ですよ!」

春香「律子さんも学習しませんね…やれ!鳥たち!」

鳥「ピーッ!」ダダダダ

律子「わーっ!どこから入ってきたのよ!」

小鳥「ピヨーッ!」

律子「小鳥さんは何やってんですか!」

小鳥「ピ、ピヨ…?どうして事務所に!?」

春香「に、人間にも効くんですね…」

律子「ちょっと危ない力ね…これ」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:32:40.50 ID:6VghRQqc0

律子「さすがにもうお腹いっぱいよ…」

春香「一応まだあるんですけど…どうします?」

律子「…聞いとくわ」

春香「私、美希と同じ天才気質なんです!」

律子「えっ?天使?そうね、春香は天使だわ。可愛い可愛い」ナデナデ

春香「うー…わざとやってませんか!?」

律子「だって天才って…何が言いたいかもちょっとわかんないし」

春香「でも天才なんですよね~、ダンスも一回見たら覚えちゃいますし…歌も千早ちゃんと同じくらいうまいですし」

律子「でも、実力として発揮できてないじゃない」

春香「発揮してないんですよ!能ある春香さんは実力を隠すんです!」

春香「ほら!私のファンって普通な私を好きな人が多いじゃないですか」

律子「はいはい」

春香「むー!なんか納得いかない!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:33:27.75 ID:6VghRQqc0

律子「まだあるんでしょ?ちゃっちゃと言っちゃいなさいよ」

春香「でももうちょっとですよ?」

律子「残ってるのは…伊織とか?」

春香「あ、伊織とも被ってますよ」

律子「ハゲてるの!?そんな!?誰か!育毛剤!」

春香「失礼ですよ!私にも伊織にも!」

春香「私の家、凄くお金持ちなんです!」

律子「よかった…ハゲてないのね…ほっ」

春香「そもそも伊織もハゲてませんから!」

春香「しかも私、沖縄に別荘があって…ちょっとの間住んでたんです」

律子「ってことは…」

春香「なんくるないですよね~」

律子「方言も響と被ってるのね…」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:34:28.10 ID:6VghRQqc0

律子「でもさすがに亜美と真美とは被ってないわよね」

春香「のヮの…」

律子「嘘でしょ…?」

春香「実は私には生き別れた姉妹がいましてですね」

春香「その子たちが双子だったんですよ」

律子「あ、あんた自体は双子じゃないのね」

春香「いえ、私も合わせて三つ子です!」

律子「嘘…」

春香「さらにその子たちもアイドルとして活躍しようとしてるんだとか」

春香「不思議ですよね、世の中って」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 00:36:09.89 ID:6VghRQqc0

春香「私もオリジナリティー溢れる個性が欲しいよーっ!」

律子「あ、そういえば私は?私と被ってる個性はないの?」

春香「律子さん…ですか?」

春香「律子さんは…うーん…」

律子「えー…」

律子「それだけあって私だけないの…」ショボーン

春香「律子さん…律子さん…」

春香「あっ!ありました!」

律子「本当!?」パァァ

春香「実は……」

律子「うんうん!」

春香「最近視力が落ちてきたんですよ!」

律子「…」ニコニコ

春香「…」ニコニコ


律子「それだけ!!?」



おわりですよ!おわりっちゃん!


27: ◆xaMxKRAwcO6W 2016/06/23(木) 00:38:39.06 ID:6VghRQqc0

というわけでおしまい
使い古されたネタだけどりっちゃん誕生日おめでとう!



転載元:春香「律子さん…実は…」律子「な、なによ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466607636/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

6月23日は律子の誕生祭律子春香短SS765プロ

(3)

AFTER 李衣菜「北条加蓮の」泰葉「今日は雨だから」

BEFORE モバP「妄想はもうよそう」

鳥をけしかけたら小鳥さんまで操られてワロタ
[ 2016/06/23 12:42 ] [ 編集 ]
俺も椅子になってりっちゃんに座ってもらいたい
[ 2016/06/23 14:29 ] [ 編集 ]
遠回しなはるりつかと思ったら違ったか
[ 2016/06/23 16:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

春香「律子さん…実は…」律子「な、なによ」

Copyright © 2018全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto