スポンサーリンク

2012 08/01

美希「Pちゃんとミキ」



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:13:54.46 ID:9nS6pL8z0


美希「ねー」

P「なーに?」

美希「Pちゃんって、何なの?」

P「何って言われても……」

美希「お化け?」

P「そのようなものかもね」

美希「やっぱりお化けなの。でもちっともこわくないの」

P「それはよかった」

Pちゃんはヘビっぽいニョロニョロのお化けみたいです
でもちっともこわくありません




スポンサーリンク




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:16:32.56 ID:9nS6pL8z0


―出会い―

P「やあ」

美希「ひゃっ、な、なに?」

P「ボクPちゃん。よろしく」

美希「……」

P「怪しいものじゃないよ」

美希「ミキは……、星井ミキって言うの。9さい」

P「よくできました」

P「じゃあ、一緒に遊ぼうか」

美希「……えー?」

P「何その嫌そうな表情。いいじゃない、暇そうだし」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:19:20.17 ID:9nS6pL8z0


美希「怪しい人とは遊んじゃ駄目って」

P「失敬な。ボクのどこが人間に見えるっていうんだい」

美希「あ、それもそうなの」

美希「じゃあ一緒に遊ぶの!わーい!!」

P「今更ながら、ミキの頭の軽さにちょっと頭痛がしてきたよ」

美希「ミキはねー、ぼーっとして、あふぅってなるのが好き」

P「人の話はよく聞きましょうね」




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:22:47.53 ID:9nS6pL8z0


美希「じゃあねー、砂場で遊ぶの」

P「ミキくらいの年だと、そういうの恥ずかしいんじゃないの?」

美希「……ダメ……?」

P「さあやろう、いますぐやろう、さあやろう」

美希「やったあ!なの!」

Pちゃんはあんまり物に触れないので、ほとんど見てるだけでした。

美希「でも、とっても楽しいの!」

P「それはよかった」




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:25:23.76 ID:9nS6pL8z0


―美希の部屋―

美希「というわけで二人は出会ったの」

P「お、なにやら難しい言葉づかい」

美希「あ、Pちゃん」

Pちゃんはいつでも見えるわけではありません
いつの間にやらひょっこり現れます

P「今日は何して遊ぼうか?」

美希「じゃあ公園に行くの」




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:27:59.58 ID:9nS6pL8z0


―公園―

P「何をするんだい?」

美希「虫取りなのー!!」

P「ボク、虫は苦手だなあ」

美希「Pちゃんにいっぱいエサ取ってあげるのー!!」

P「ボク、虫は苦手だなあ」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:31:43.74 ID:ULI1hQCiO


なんのパロディ?




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:33:19.42 ID:9nS6pL8z0


>>10
西原理恵子「いけちゃんとぼく」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:32:09.30 ID:9nS6pL8z0


オッサン「ぐへへ……お嬢ちゃん、ひとりかい?」

美希「ひとりじゃないもん」

オッサン「ひとりじゃないか。どーれ、おじさんと遊ぼうか」

美希「ヤっ!遊ばない!」

オッサン「このガキが!」

P「このクソ親父が!」

というと、Pちゃんは一瞬でとても大きく膨らみました
そして、オッサンを飲み込んでしまいました

オッサン「……ん?何か変だな……?」

そう言うが早いか、オッサンの頭をどこからともなく飛んできたバールのような
ものが直撃し、オッサンは気を失ってしまいました

P「さ、逃げようか」

美希「うん!」




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:36:05.02 ID:9nS6pL8z0


美希「Pちゃんは不思議なことができるんだね」

P「そうみたいだね」

美希「これからも、ミキを守ってね」

P「それはもう、望むところです」

美希「じゃあ、一緒に帰るの」

その日の夜はなぜかおにぎりがお供えされたそうです

P「うーん、あんまり嬉しくない」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:41:06.48 ID:9nS6pL8z0


―お盆―

美希「今日から、おぼん?らしいの」

P「そうだね」

美希「親戚の人がたくさん来たり、親戚の人の所にたくさん行ったりしないと
  いけないから、めんどくさくてミキ、お盆キライ!」

P「そんなことを言っちゃいけないよ」

P「お盆は、亡くなった人が帰ってくると言われているからね」

美希「……なんだか怖いの……」

P「怖がることはないんじゃないかなあ。普段あの世で見守ってるご先祖様
 が、たまに帰ってくる日なんだから」

美希「あ、そういうことならあんまり怖くないの」

P「手を合わせて、ありがとうございますとでも言っておけば、
 ご先祖様涙流してこれからもがんばると思うよ」

その日、ミキはずーっと手を合わせていました




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:43:40.13 ID:9nS6pL8z0


―習い事―

P「どうしたの?」

美希「ダンスの習い事行きたくないの……」

P「キラキラしたいって、頼み込んで始めたやつじゃない」

美希「でも……」

P「うーん、じゃあボクもついて行ってあげるから」

美希「ホント?じゃあ行くの!」

P「?」




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:47:29.74 ID:9nS6pL8z0


P「むう、結構本格的なスタジオだね」

美希「えへへ、そうでしょ」

先生「ああ、美希ちゃん、待ってたわ!」

P「へ?」

先生「さ、今日も一杯レッスンしましょうね!楽しみだわー!!」

どうもミキは、ダンスの先生に気に入られているみたいで
ほとんどマンツーマンで指導されていました

生徒「センセイ、また美希ちゃんだけひいきして……」




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:51:11.68 ID:9nS6pL8z0


先生「すごいわー!美希ちゃん、また一回で憶えたのねー!」

美希「……」

先生「じゃあこういうステップはどう?」

ミキにとっては、別にどうということもないステップで
一回で再現して見せると、また先生は喜ぶのでした

生徒たち「……ヒソヒソ……」

P「……なるほど……」

美希「……」

P「すごいじゃない?ミキ」




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:53:30.80 ID:9nS6pL8z0


美希「……凄くないの……」

P「……」

P「ミキのダンス、凄くキラキラしてたよ」

P「ボクはもう少し見ていたいな」

美希「……ホント……?」

P「うん」

美希「Pちゃんがそう言うなら……、もう少しだけ見せてあげるの……」

P「うん、ありがとう」




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:55:17.61 ID:9nS6pL8z0


美希「先生、もう少しだけ踊りたいの」

先生「あら!ほんと?じゃあ、この振りを……」

美希(見ててね……、Pちゃん)

P「ずっと見ていますとも」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:57:57.95 ID:DNwCRnN20


らんまか




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:59:11.98 ID:9nS6pL8z0


>>22
豚じゃねえんだな、これが




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 00:58:17.14 ID:9nS6pL8z0


―美希の部屋―

美希「……やっぱり、お部屋であふぅってしてる方が落ち着くの」

P「こらこら、落ち着く年じゃないでしょ」

美希「……ずーっとダラダラしてたいのー!」

P「……じゃあ、ボクもダラダラしようかな」

美希「……」

美希「Pちゃん、これからもずっと一緒にいてね」

P「もちろん」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:02:33.61 ID:9nS6pL8z0


―お部屋でテレビ―

たまに、Pちゃんは怒って膨れます

P「このやろう!このアイドルにバラエティの仕事取って来てどうすんだ!」

P「ここのプロデューサーはアホか?!!」

Pちゃんは怒るとちょっと怖いです

P「あー、怒りで分裂しそう……」

美希「あ、Pちゃん分裂してるの」

P「へ?」




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:06:21.09 ID:9nS6pL8z0


P「いやー、まさか分裂できるとは」

美希「怒りが収まると元に戻るんだね」

P「そうみたいだね」

美希「膨れたりするし」

P「うん」

美希「やっぱりお化け?」

P「そうみたいだね」

美希「アイドル好きの?」

P「……それはどうかなあ?」

美希「Pちゃん、アイドル見るときだけ目がちばしってるの」

P「難しい言葉をご存じで」

美希「お化けなヘンタイさん?」

P「……せめてヘンタイさんなお化けにしてくれるかな?」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:09:39.73 ID:9nS6pL8z0


―ショッピング―

美希「お母さんからおこずかいもらったから、買い物に行くのー!」

P「おー!」

美希「おっきな道の向こうのおっきなお店に行くのー!」

P「え……、あっち……?危ないから近所でいいんじゃないかなあ?」

美希「えー、ミキ、キラキラしたの買いたいから、おっきなお店に行くの!」

P「わかったよ」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:12:26.46 ID:9nS6pL8z0


P「……」ガクガク

美希「……それでねー、学校でねー」

P「……」ブルブル

美希「もうっ!ちゃんと聞いてくれないとヤっ!」

P「そうおっしゃられましても……」

ブッブー

P「うひゃあ!!」

美希「……もしかして、Pちゃん、トラックが怖いの?」

P「そ、そんなことないんじゃないかなあ?」

ブッブー

P「うひゃあ!!」

美希「やっぱり」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:14:52.80 ID:9nS6pL8z0


P「人間、一つや二つは怖いものがあってもいいんじゃないかなあ」

美希「Pちゃん、人間じゃないの」

P「あ、そうか」

美希「もうっ、しっかりするの」

P「あ、あのブレスレットちょーかわいくない?」

美希「え、どれどれ?」

P「……」




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:18:36.73 ID:9nS6pL8z0


―秋―

美希「寒くなってきたの」

P「芸術の秋だね」

美希「……落ち葉がたくさんなの……」

P「芸術の秋だね」

美希「……ここにマッチもあるの……」

P「……芸術の秋だね……」

美希「……あと、おいももあるの……」

P「……子供は火を使っちゃいけません……」

結局、オーブントースターで焼いて食べました




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:22:48.85 ID:9nS6pL8z0


―習い事―

美希「おはようございまーす……」

先生「あらー!!やっぱりあなた凄いわー!!本格的にやってみない?」

真「へへー、そうですか?」

生徒達「……カッコイイ……」

P「……」

先生「あらー、美希ちゃん。いらっしゃい。今日も一杯レッスンしましょうね」

真「?」

先生「あ、そうそう、この子は美希ちゃん。ウチのホープよ」

美希「よ、よろしくなの……」

真「へへっ、よろしくね!!」




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:26:36.30 ID:9nS6pL8z0


先生「あ、でも、こちららの真ちゃんも凄いのよ?一緒に練習してみる?」

美希「……でも……」

P「いいじゃん、やっちゃおうよ」

美希「……うん」

真「じゃ、早速始めようか」

と言って、真がステップを踏み始めるや否や、ミキはその凄さに気付いたみたいです

美希「凄い……!」

美希「とってもキラキラしてる……」

美希「美希も……!」

真「……!!凄い!ボクより年下だなんて信じられないな」




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:28:43.63 ID:9nS6pL8z0


美希「今日はとっても楽しかったの」

真「ボクもだよ」

美希「これからもよろしくね!真クン!」

真「……へ?」

P「ミキ、真は女の子だよ」

P「……でも、よかったね」




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:32:12.25 ID:9nS6pL8z0


―冬―

美希「寒いのー!!」

P「だから家でコタツに入ってようって」

P「あ、ボク凍っちゃう、たすけて」

美希「ミキのセーターの中に入っていいよ」

P「ぐ、それはできないなあ」

P「しょうがない、分裂して、自分とおしくらまんじゅうしながら行くよ」

美希「えー?」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:36:01.93 ID:9nS6pL8z0


P「でもまさか美希が初詣に行きたがるなんてね」

美希「お願い事があるの」

P「へー?何だい?おにぎり100個食べたいとか?」

美希「あ、それも捨てがたいの」

P「あ、これでもいいんだ?」

美希「でも、もっと大事なお願い事があるの」

P「何だい?」

美希「……秘密なの!」

P「ここまで引っ張ってそれはないなあ」




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:38:28.66 ID:9nS6pL8z0


美希「Pちゃん」

P「何だい?」

美希「ずーっと、一緒にいてね!」

P「もちろん」




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:40:51.73 ID:9nS6pL8z0


―ちょっと昔 出会いの前―

P「どこだここは……」

P「……確か俺は……」

P「って、俺?」

P「俺ええええええええ!!!!!」

P「服は?つーか手は?足は?」

P「何だ?このヘビみたいな……」




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:42:30.28 ID:9nS6pL8z0


P「はっ!そういえば」

P「美希は?」

P「美希はどうなった?」

P「美希に会わないと……」

P「くっ、移動が難しい」




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:46:06.10 ID:9nS6pL8z0


―ちょっと後 美希11歳の誕生日―

P「おめでとう」

美希「……」黙々

P「あれ?おーい、ミキ、おめでとうってばー」

美希「……」黙々

P「あれ?ケーキじゃないの?お赤飯?」

美希「……ケーキは後なの」

P「どうしたんだい?」

美希「Pちゃんはデリカシーがないの」

P「あれ?ナチュラルに誹謗中傷?ボク泣いちゃうよ」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:49:34.31 ID:9nS6pL8z0


―ちょっと昔 出会う前―

P「……」

P「かなり長いこと這ってきたけど、あんまり疲れないもんだな」

P「この辺に確か家が……」

P「いたっ!!」

P「って、あれ?小さくないか?」

P「……まさか、ここは……」




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:55:16.85 ID:9nS6pL8z0


―さらにちょっと後―

美希父「ううう……」

美希母「そ、そんなに泣かないで……」

美希「卒業式くらいでそんなに泣かなくてもいいと思うな」

P「我が子の晴れ舞台は嬉しいものなんだよ、きっと」

P「まあボクはよくわからないけど」

美希「ふーん……」

P「来月から、ミキも中学生だね」

美希「なんだか実感わかないの」

P「えー、中学生と言えば、買い食いしたり、コンビニ寄ったり、
 学校帰りにコロッケ買って食べたりするじゃん?」

美希「そういうもんなの?」

P「そういうもんさ。あと、恋したりね」




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 01:58:45.73 ID:9nS6pL8z0


―さらにちょっと後―

P「ミキ、ミキ」

美希「あれ?Pちゃん、久しぶり。最近あんまり出てきてくれないね」

P「そりゃあね。中学になって得体のしれない物体と話をしていたら
 ちょっと痛い子さ」

P「そんなことより、ちょっと出かけようよ」

美希「え?いいの?やったあ!久しぶりのお出かけなの!」




56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:01:19.09 ID:9nS6pL8z0


美希「おっきなお店の方でいいの?」

P「うん」ガクガク

美希「辛いなら近所でもいいよ?」

P「いや、大丈夫」

美希「本当かなあ……?」

??「ティンと来た!!」

?「今の子ですよね?俺もティンと来ました!」




57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/08/01(水) 02:01:57.98 ID:/oZEEtEu0


無限ループ…?






61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:07:51.84 ID:P6Rfqsj70


>>57
あらかわいい




64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:10:29.83 ID:9nS6pL8z0


>>57
ありがてえ……ありがてえ……




60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:05:24.46 ID:9nS6pL8z0


?「や、やあ」

美希「……誰?」

?「ぼ、僕は、えっと、こういう者で……」

?「あの、アイドルに興味ないかな?」

美希「え?」


―ちょっと昔―

P「うーん、一人称が俺だと怖がらせるかもなあ」

P「よし、精一杯紳士的に話しかけよう」

P「やあ」




63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:09:54.77 ID:9nS6pL8z0


美希「あ、真クンと同じ事務所なの」

?「あ、真と同じダンススクールに通ってる天才児って……」

美希「?よくわからないけど、真クンはお友達だよ?」

??「これはついてるかもねえ!君ィ!」

?「ええ!」

?「是非事務所に見学に来てくれないか?あ、親御さんにも挨拶しないと」

美希「……」

美希「ミキ、キラキラできる?」

?「へ?」

P「うん、ミキはキラキラできるよ」




65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:15:42.32 ID:9nS6pL8z0


美希「いってきまーす!!」

それから、Pちゃんが出てくることはなくなりました
それでも、ミキは楽しく毎日を過ごしています
なぜなら……

美希「プロデューサー!おはようなの!」

プロデューサー「おはよう……って、あんまりくっつくな」

美希「むー、プロデューサーはいけずなの」

プロデューサー「あれ?難しい言葉をご存じで」


プロデューサー「よーし、レッスン行くぞ」

美希「いやなのー!」




66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:18:01.57 ID:9nS6pL8z0


プロデューサー「まったく、困ったもんだ」

真「でも、嫌だ嫌だいいながら、割と真面目にやってますよ」

真「美希は、やる気にムラがありますからねー」

プロデューサー「おい、逃げるな」

美希「捕まっちゃったのー」




67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:22:42.84 ID:9nS6pL8z0


―美希宅―

P「来たか……」

美希「……Pちゃん!」

美希「どうしてずっと出てきてくれないの?心配したんだよ?」

P「ミキにはボクはもう必要ないんじゃないかなあ」

美希「そんなことない!ずっと一緒って言ったの!」

P「ああ、ボクと美希はずっと一緒だよ」

P「それはそれとして、いいかい?」

P「今日は、車に気を付けて。なるべく車道沿いは歩かないようにするんだ」

美希「え?」

P「分かったね?」

そう言うと、またPちゃんは消えてしまいました。




70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:32:09.63 ID:9nS6pL8z0


プロデューサー「美希、最近頑張ってるな」

美希「え?そう?」

プロデューサー「嫌だ嫌だ言ってるのは変わらないけど、明るくなった」

プロデューサー「楽しそうに仕事してるよ」

美希「そ、そうかな?あ、あんまり道路の方あるいちゃ駄目なの」

プロデューサー「ん?おう」




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] :2012/08/01(水) 02:34:26.12 ID:/oZEEtEu0


Pちゃんはやっぱ…



Pちゃんの容姿よく見たら>>1に書いてあったから描き直し




73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:36:23.71 ID:7Nqm6dXw0


>>71
Pちゃん可愛くねぇwwww
アラジンの魔法のランプのジーニーみたいなのをイメージしてたわ




72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:34:57.57 ID:9nS6pL8z0


P「……超えた……?」

子供「あ、ママー!」

美希「!!危ないの!!飛び出しちゃダメー!!」

プロデューサー「美希!!うおおおおおおお!!」

キキーッ!!




74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:37:44.94 ID:9nS6pL8z0


美希「プロデューサー!!プロデューサー!!」

美希「早く、早く救急車を……」

P「ダメか……」

P「いや、ダメじゃないか」

P「美希は助かってた。そしてここには俺がいる」




76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:42:37.88 ID:9nS6pL8z0


P「トラックに激突される瞬間」

P「俺は確かに思った」

P「ここでは死ねない。ずっと俺は美希の傍に」


―病室前―

美希「プロデューサー……」

社長「美希クン……、気をしっかり持つんだ」

社長「……私は、事務所に連絡を入れてくるよ」

社長「……彼はきっと助かるさ」




77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:45:55.26 ID:9nS6pL8z0


P「やあ」

美希「P……ちゃん……?」

美希「こうなることが……分かってたんだね……」

P「何とか回避しようと頑張ったんだけど」

P「ボクの力不足で済まない」

美希「ううん……」

P「一つ、聞いていい?」

P「アイツのこと、好き?」

美希「……うん……」




78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:48:12.07 ID:9nS6pL8z0


P「それは良かった」

美希「……」

P「さて、しょうがない」

P「美希、さよなら」

美希「……え?……」




80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:54:30.86 ID:9nS6pL8z0


―病室―

P「あーあ、魂が割と吹っ飛んでるじゃないか」

P「これは遅かれ早かれ死んでしまうな」

P「で、ここには不完全な魂の俺がいる、と」

P「神様だか仏様だかは、いったい何がしたいんだろうね」

P「さ、美希が悲しんでるんだ。さっさと起きて、俺」

ミキ、君の恋はきっと上手くいくよ
ボクが保証する
だって、
ボクは最後に、君に恋をした




82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:56:48.42 ID:9nS6pL8z0


プロデューサー「ん……?」

プロデューサー「どこだ?ここは?」

プロデューサー「腕……はあるな……。足もある」

プロデューサー「あいててて……」

看護師「……!!先生!先生!!!」




83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:58:17.12 ID:9nS6pL8z0


P「ねえ、何をお願いしたのさ?」

美希「……Pちゃん、鈍感なの」

P「そうかなあ?」

美希「Pちゃん」

P「何だい?」

美希「ずーっと、一緒にいてね!」

P「もちろん」


終わり




84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 02:59:08.01 ID:7Nqm6dXw0


いやああああああああああああ

>>1
良かったよ!




86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 03:01:02.86 ID:9nS6pL8z0


>>84
即興で書いたら取り留めない話になってしまった
読んでくれてありがとう

あと
>>71
ありがてえ……ありがてえ……




91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 03:04:48.85 ID:/oZEEtEu0


超乙!ハッピーエンドでマジ良かった…


それと合わなかったからラフだけどPとミキとPちゃん





92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 03:05:43.48 ID:7Nqm6dXw0


>>91
Pちゃん細いねPちゃん




93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/01(水) 03:07:15.78 ID:9nS6pL8z0


読んでくれた皆さん、本当にありがとう

>>91
美希はかわいいなあ!!Pちゃんキモいなあ!!




引用元:美希「Pちゃんとミキ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343747634/

スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS美希

(7)

AFTER 愛「ただいまー!」舞「はい、おかえり」

BEFORE 亜美真美「ピヨちゃんが血まみれで死んでる……」

結局Pちゃんってなんだったんだ?
[ 2012/08/01 10:06 ] [ 編集 ]
素直に事故に遭ったプロデューサーの魂でいいんじゃないかな
[ 2012/08/01 10:23 ] [ 編集 ]
ポンキッキーズの方かと思ったのに
[ 2012/08/01 12:53 ] [ 編集 ]
途中の過去に飛んだり戻ったりの所が読みにくかったけど他は良かった。
[ 2012/08/01 14:17 ] [ 編集 ]
面白かった。
ただ、Pちゃんが元々いた世界では美希が独りなのかなぁとか思えて悲しくもなってきた。
作者的には、Pちゃんの魂だけが過去に飛ばされたってだけなんだろうけどw
[ 2012/08/01 18:39 ] [ 編集 ]
元ネタは結構悲しいんだよな
[ 2012/08/01 21:06 ] [ 編集 ]
元ネタは名前しか知らんけど確か映画化してたよね。試しに見てみるか…
[ 2012/08/01 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

美希「Pちゃんとミキ」

Copyright © 2021全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto