スポンサーリンク

2016 06/14

美希「ハニー!ハニー!///」P「……………」カキカキ…



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 21:50:26.95 ID:HgWp+UY10




美希「ハニー!なでなでして欲しいな!」


P「……………」カキカキ…


美希「肩に寄り添っていい?ミキ、ハニーの近くにもっといたいの…///」スス…


P「……………」カキカキ…


美希「ねぇ、ハニー……ミキ、口元が寂しくなっちゃったの……///」ジー…


P「……………はぁ」カタンッ


P「あのな、美希?ここは事務所だぞ?」


P「仕事する場所で、業務を遂行する所」


P「分かるか?」


美希「?」キョトン


P「……はぁ、全くこの娘は……」







スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 21:54:48.96 ID:HgWp+UY10




P「いいか?風紀溢れる、この事務所で」


P「そんな甘い声出して、誘惑するなんてな」












P「誘いに乗っちゃうだろおがあぁぁ〜〜!!!!」なでなでなでなで……


美希「いやん!くすぐったいの!ハニー///」


P「さっきのキョトン顔といい、本当可愛いヤツだなぁ!」なでなで…


美希「ハニー!ぎゅーって!ぎゅーって抱きしめて欲しいの!」


P「はいはい、甘えん坊さんめ」ギュッ……


美希「ハニー、すっごくあったかいの……安心するの///」スリスリ…


P「まったく……男心をくすぐるのが上手いヤツめ」


美希「ハニー……今日はずっとこのまま、一緒に居よう?」


P「そうだな、俺もこのままで居たいし、そうしよう」


P「というわけなので、俺達にどうぞ構わず、会議を続けましょう」


律子「……………」


高木「……………」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 21:59:00.92 ID:HgWp+UY10




美希「ハニー、質問いい?」スリスリ…


P「ん?なんだ?」なでなで…


美希「ミキの事、だーいすきな人ー!」


P「はーい!」バッ!


美希「嬉しいの!ハニー!///」ギュッ!


P「じゃあ俺の番……俺の事、大好きな人ー!!」


美希「はぁーい!」バッ!


P「ったく、こいつぅ!」なでなで…


美希「ハニー…大好きなの……///」イチャイチャ…


P「俺も愛してるぞ、美希……」イチャイチャ…


高木「……………」


律子「……………」


高木「………えー、では、会議を終えるが、意見があるなら言ってくれたまえ」


律子「オススメの転職先知りません?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:03:41.77 ID:HgWp+UY10



リビングにて



美希「ねぇ、ミキの事大好きなハニー?」


P「どうした?俺の事大好きな美希?」


美希「ハニーは、美希と将来結婚したいと思うよね?」


P「……………」


P「いや、それは思わないな」


美希「……え?」


P「……だってな」










P「今すぐにでも結婚したいと思ってるからだ!」ギュッ!


美希「ハニー!///」ギュッ!


真「雪歩、筆圧強すぎてポエムノート破れてる」グシャッ


雪歩「真ちゃんも、ハンドグリッパー壊してるよ」ガリッガリッ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:07:29.64 ID:HgWp+UY10



リビングにて



P「……なぁ、美希」


美希「どうしたの?深刻な顔して……シリアスハニーかっこいいの」


P「もし、俺が死んだらどうする?」


美希「ムー!そんな質問、ヤッ!」


P「……真剣に答えて欲しいんだ」


美希「え……どうしたの?ハニー?」


P「……死ぬかも、しれないんだ」












P「美希といるのが、幸せ過ぎて……な」


美希「じゃあ、美希も死んじゃいそうなの!ハニー!///」ギュッ!


P「こらっ!そんな悲しい事言っちゃダメ!」ギュッ!


千早「春香、カッター持ちながら二人の近くうろついちゃ、危ないわよ」ドムッ、ドムッ


春香「千早ちゃんも、腹筋ばっか殴っちゃ吐いちゃうよ」ウロウロ…


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:12:28.06 ID:HgWp+UY10



リビングにて



美希「ねぇ、現代のディエゴボネータさん?」


P「どうした?現代のクレオパトラ?」


美希「寝る時の枕を買おうと思うんだけど、どんなのがいいと思う?」


P「う〜ん、そうだなぁ……」









P「美希の唇くらい、柔らかい奴がいいと思うぞ」チョンッ


美希「ハニーの胸板くらい、ちょっと硬めなのもよくない?」さわさわ…


P「そうか?美希の頬くらい柔らかいの、俺は好きだぞ」スッ


P「……うん、やっぱりいい」スリスリ


美希「たまには、ちょっと硬いのも欲しいの」


美希「ほら、いつもしてくれてる腕枕ぐらいの……あっ!」


P「どうした?」


美希「膝枕して欲しいな!」ゴロンッ


P「やれやれ、話の途中でも甘えて来るんだな、美希は」なでなで…


響「……都会じゃ、これが普通なのか?」


貴音「……地球では、これが普通なのでしょうか?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:19:17.81 ID:HgWp+UY10





リビングにて


P「ふくれっ面でも可愛い美希、どうした?」


美希「あ、ハニー…」むっすー


美希「今日授業で習った事が、納得出来なくて……」


P「そうか……でも、学校も一生懸命教えてるんだし、理解してあげないとさ」


P「で、何を教わったんだ?」


美希「えっとね……」











美希「女性が結婚できる年齢……」


美希「ミキ、これのせいでハニーと結婚出来ないから……」


P「それは美希が正しい。国が間違ってる」


美希「だよね!ミキ、今すぐハニーと結婚するの!」ギュッ!


P「俺も今すぐミキと結婚するぅ!」ギュッ!



亜美「ねぇ、ゴーホーってなに?」


真美「ウォーズマンの事じゃない?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:22:45.73 ID:HgWp+UY10



リビングにて



美希「ハニーは、美希のどんなところが好き?」


P「………う〜ん」


美希「…ムー!悩まないと、出てこないの?」プクッ


P「………いや」











P「逆に好きじゃない所を探してるんだが……なかったよ」


美希「ハニー!///」ギュッ!


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:26:36.68 ID:HgWp+UY10





P「じゃあ美希は、俺のどんな所が好き?」



美希「えっとぉ……」


美希「………う〜ん」


P「美希も、俺の好きじゃない所を?」


美希「うぅん、違うの」


P「え……」








美希「全部好きだから、どれから順に言おうか迷っちゃって」


P「美希ぃ!」ギュッ!


やよい「い、伊織ちゃん、なんで目を隠すの?」うぅ……


伊織「やよいにはまだ早いの」イライラ…


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:45:06.58 ID:HgWp+UY10




リビングにて


P「………う〜ん」


美希「どうしたの?ハニー?ハグして欲しいの?」


P「いや、違……いや、確かにそれは常時して欲しいと思ってる」


P「けど、違う事を考えてたんだ」


美希「なんなのなの?」ギュッ


P「俺の周りにいる人達ってさ、本当に凄い人ばっかだなって思ってさ」


美希「芸能界の話?」


P「芸能界の人もだけど、地球上の人みんな」


美希「どうして?」


P「だってさ……」











P「こんなに可愛い美希をほっといて、よく毎日生活できるよな」


P「俺だったら、24時間愛し合いたい衝動にかられて、正気を保ってられないってのに」


美希「だったら、ハニーの事をほっとくみんなも凄いの!」


美希「こんなにカッコよくて素敵なハニーをほっとくなんて、美希には耐えられないの!」


P「美希をほっとけるなんて……どんな訓練を受けたのだろうか?」


美希「ハニーをほっぽって毎日過ごせるなんて……みんな、凄い才能もってるの」


あずさ「あらあら、どうやら私、道に迷っといた方がよかったわね〜」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:51:30.25 ID:HgWp+UY10




デスク付近にて



美希「……ハニー」チラッ


P「?」


美希「あはっ、言ってみただけ」ニコッ


P「……………」


P「美希」


美希「?」


P「好きだ……言ってみただけ」


美希「!」


美希「……………」


美希「ハニー」


美希「ずっと一緒だよ、ハニー?……言ってみただけ」


P「愛してる……言ってみただけ」


美希「チューしよっか……言ってみただけ」


P「もちろん、いいよ……言ってみただけ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:55:57.30 ID:HgWp+UY10






美希「ハニー……だぁい好き///」チュッ


P「俺もだ……愛してる」チュッ


美希・P「「………」」


美希・P「「言ってみただけ」」ニコッ


P「………ふっ」


美希「………あはっ///」


小鳥「……………」カタカタ…


小鳥「……………」カタカタ…


小鳥「……………」カタッ…


小鳥「……………」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:57:32.19 ID:y+qwZT4zo

小鳥さんが死んじゃう


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:57:51.86 ID:7wtF41q8o

全身から血を吹き出して死んじゃう


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:59:48.43 ID:HgWp+UY10



小鳥「……………」


小鳥「……………」くるっ


小鳥「『バカップル』……「馬鹿」と「couple」を掛け合わせた俗称名」


小鳥「世間では、鬱陶しく不愉快と、マイナスイメージな物と見受けられています」


小鳥「今回の物語は、もしもバカップルがアイドル事務所にいたら……そんな話を描いた物でした」


小鳥「しかし、近くにバカップルがいるなんて……耐え切れませんよねー」


小鳥「……しかし、自分の近くに、バカップルが来ない……とは言い切れない世の中」



小鳥「次にバカップルが現れるのは」


小鳥「あなたの近く……かも知れません」



『歳も微妙な喪女語り』Fin


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 23:09:15.02 ID:zk4yOXt60


最後ワロタ


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 23:14:46.36 ID:XII8hK9gO

小鳥さんは貰っていきますね


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 23:34:32.69 ID:jeSIdHGco

イチャイチャしやがってー!


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 23:49:27.85 ID:IRO52F9N0

バカップルスレだった…素晴らしい



転載元:美希「ハニー!ハニー!///」P「……………」カキカキ…
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465822226/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

美希短SS765プロ

(2)

AFTER 【デレマス】堀裕子「こんなことなら……サイキックに憧れるんじゃなかった……」

BEFORE 池袋晶葉「出来たぞ助手。野菜のヘタとかを育てる奴だ」

いっそ清々しい
[ 2016/06/14 22:02 ] [ 編集 ]
>>歳も微妙な喪女語り

これが言いたかっただけちゃうんかと
[ 2016/06/14 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

美希「ハニー!ハニー!///」P「……………」カキカキ…

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto