スポンサーリンク

2016 05/29

美波「カッパ捕獲許可証を取ろうと思うの!」



1: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:27:16.31 ID:MymRT9zl0


幸子「……すみません、ちょっとよく分からなかったんですが」
ksmzsck18.jpg

美波「私、資格を取るのが趣味なんだけどね」
nttamnm6.jpg

幸子「プロフィールにも書いてありますね」

美波「カッパ捕獲許可証っていうのがあるらしいの」

幸子「そういうのがあるとは聞いたことありますね」

美波「取ろうと思って」

幸子「そこが分からないんですよ」




スポンサーリンク



2: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:28:59.97 ID:MymRT9zl0

美波「でも、これがないとカッパの捕獲ができないのよ?」

幸子「いやまず捕獲しないですよカッパ……」

美波「しないかな?」

幸子「いや逆に美波さんは捕獲するんですか? カッパを?」

美波「…………」

幸子「…………」

美波「……しないかな?」

幸子「するんですか……!?」


3: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:32:20.57 ID:MymRT9zl0

美波「まあそういうわけで、幸子ちゃんに手伝ってほしくて……」

幸子「なんでボクに……あ、分かりましたよ! カッパを取るカワイイボクが見たいんですね!」

美波「いや、最初プロデューサーさんに頼もうと思ったら」

P『そういうのは幸子にやらせろ』

美波「っていうから」

幸子「酷くありません?」

美波「確かにって思って」

幸子「酷くありません!?」


4: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:34:04.17 ID:MymRT9zl0

幸子「とにかく、ボクは行きませんよカッパ取りになんて!」

美波「幸子ちゃん、確か明日はスケジュール……」

幸子「空いてても行きませんからね?」

美波「…………」

幸子「…………」

美波「……確かスケジュール空いてたよね?」

幸子「行きませんからね!?」

美波「…………!」

幸子「…………!」


6: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:36:19.92 ID:MymRT9zl0

美波「はい! そんなこんなでやってきました岩手県遠野市」

幸子「やってきてしまった……」

美波「いやー、思ったより遠かったね」

幸子「めちゃくちゃ遠かったですよ……絶対日帰りで来るようなところじゃないですよ……いいところですけど」

茜「でもほんとに空気が美味しいですね! すうぅ……ボンバー!」
hnakn16.jpg

櫂「水も綺麗だしねっ!」
nsjmki3.jpg

裕子「これはサイキックが発揮できそうですね! ムムムーン!」
hryk14.jpg

幸子「なんか人増えてますし……」

美波「彼女らはカッパ捕獲隊のメンバーよ」

幸子「カワイイボクをもってしても何言ってるかちょっとわかんないです」


7: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:40:10.06 ID:MymRT9zl0

幸子「え? というかカッパ捕まえる気なんですか? 許可証は?」

美波「うん、というかもう……」

幸子「……?」

美波「捕獲許可証はさっき取っちゃったの」スッ

幸子「既に目的達成してるじゃないですか!」

美波「だって誰でも取れるみたいだし……」

幸子「もしかして、ボクが付き合う必要なかった奴ですかこれ」

美波「これ取るだけならネットでも買えるしね」

幸子「ボク付き合う必要なかった奴ですねこれ!」

裕子「これぞサイキック無駄骨……!」

幸子「いや、あなたも巻き込まれた一人ですからね……?」


8: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:41:35.11 ID:MymRT9zl0

美波「とにかく、せっかく許可証を取ったんだもの! 捕まえなきゃもったいないわ!」

茜「テンション高いですね!」

幸子「なぜカッパでこうも熱くなれるんでしょう」

美波「じゃあ捕獲隊のメンバーを紹介するわ!」

幸子「なんか始まった……」

美波「まず櫂ちゃん! 万が一水中戦になった時要員よ」

櫂「だろうね!」

幸子「わかりきってましたね」


9: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:43:30.03 ID:MymRT9zl0

美波「次に茜ちゃん! 持久戦になった時にその体力を生かしてもらうわ」

茜「任せてください!」

櫂「カッパと持久戦ってなんだろうね」

幸子「ボクに聞かれても……」

美波「そして裕子ちゃん!」

裕子「サイキック捕獲要員ですね!」

美波「体力枠その2です」

裕子「サイキック捕獲要員ですね!」

幸子「めげない」


10: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:44:56.58 ID:MymRT9zl0

幸子「あれ、ボクは何要員なんですか?」

美波「幸子ちゃんはそのカワイさでカッパの注意を引き付けてもらうわ」

幸子「ボクに最適な役回りですね!」

美波「特にカッパはお尻を触ってくるからその要員です」

幸子「お尻を」

美波「ただその時に尻小玉を抜かれないように気を付けてね」

幸子「尻小玉……ですか」

美波「抜かれるとその場で死ぬの」

幸子「その場で死ぬ」

美波「あと相撲を取ることもあるんだけど」

幸子「相撲ですか……」

美波「勝っても負けてもどのみち死ぬから気を付けてね」

幸子「どのみち死ぬ」


11: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:48:21.76 ID:MymRT9zl0

美波「じゃあ早速カッパ淵に行きましょう」

茜「行きましょう!」

裕子「期待でスプーンが震えます! ユッコです!」

美波「あっ見て! カッパの置物があるわ!」

茜「俄然やる気が湧いてきました!」

裕子「この置物からもパワーを感じます……!」

櫂「皆めっちゃ元気だね!」

幸子「カワイイボクを置いていかないでください!」


12: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:51:42.67 ID:MymRT9zl0

幸子「しかし、なんでそんなに乗り気なんですか皆さん」

美波「……幸子ちゃんはどうやら勘違いしてるようね」

幸子「勘違い」

美波「カッパ伝説は……ただの作り話じゃないわ」

幸子「えっ」

美波「たとえ、この捕獲許可証が観光目的だったとしても……事実カッパの目撃証言は絶えないの」

幸子「えっ」

美波「各地に様々な伝承があるし、文化的にも無視できないわ」

櫂「水に関わってた立場としても同感かな」

幸子「櫂さん……?」


13: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:53:30.53 ID:MymRT9zl0

美波「中でもここ遠野市は最もカッパ伝説が根付く地……」

裕子「確かに、何か不思議なパワーを感じます……!」

幸子「裕子さん……」

茜「カッパは本当にいる……そう考えると燃えてきますね!」

幸子「茜さん……」

美波「幸子ちゃん、私を信じて……本気で探してみない?」

幸子「美波さん……」

幸子「……わかりました、皆さんがそこまで言うならボクも信じてみます!」

美波「幸子ちゃん……!」

幸子「フフーン! カワイイボクにかかればカッパなんてすぐに見つかりますよ!」


15: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:54:28.57 ID:MymRT9zl0

茜「……こうして心を一つにした私達は力を合わせ、カッパを探しました」

茜「そこには様々な困難が待ち受けていました、幸子ちゃんが池に落ちたり……」

幸子『フギャー!』バシャーン

美波『幸子ちゃーん!!!』

茜「幸子ちゃんが足を滑らせたり……」

幸子『フギャー!?』ズザザ

裕子『幸子ちゃーん!!!』

茜「幸子ちゃんがカッパの置物にびっくりしたり」

幸子『フギャ……なんだ、ただの置物じゃないですか……』

茜「幸子ちゃんが蚊に刺されたりもしました」

幸子『かゆい』


16: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 20:57:41.15 ID:MymRT9zl0

茜「他にも裕子ちゃんがさいきっくぅ~カッパ召喚! と言いながらきゅうりを食べたり……」

茜「私がカッパを捕まえようと池に飛び込んだり! そしてそれを見た櫂さんが」

櫂『あたし呼ばれた意味なくない?』

茜「と言ったりですね!」

茜「たくさんの試練がありましたが……私達はめげることなく乗り越えていきました」

茜「そうこうしているうちに時が経ち、日が落ち始めた頃……幸子ちゃんがこう言ったんです」



幸子「どこにも!!!カッパ!!!いないじゃないですか!!!!!!!」


18: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 21:03:22.81 ID:MymRT9zl0

幸子「いないじゃないですか! 夜まで探して全く見つからないじゃないですか! カッパ!」

櫂「まあそりゃねえ」

幸子「そりゃねえ!?」

美波「おかしいなあ……」

茜「何度かカッパらしき物影は見たんですけどね!」

幸子「5回くらいあって、全部地元に住んでるおばあちゃんでしたけどね……」

櫂「なんか皆きゅうりくれたねー」


20: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 21:08:24.67 ID:MymRT9zl0

裕子「くっ……私のサイキックパワーが足りないばかりに……!」

幸子「とにかくですね……」

裕子「おや? これはもしやサイキック無視……?」

幸子「散々探していなかったんですから、もう諦めて帰りましょう!」

裕子「でも一番熱心に探してたのは幸子ちゃんでは?」

幸子「うるさいですよ!」

裕子「おっ、サイキック辛辣」

幸子「やかましいですよ!」


21: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 21:09:16.67 ID:MymRT9zl0

美波「残念だけど、今日は帰るしかなさそうね……」

櫂「そだねー」

美波「でも……美波、諦めない! いつか見つけてみせる!」

茜「おお! やる気ですね!」

幸子「どこから湧くんですかその熱意……」

美波「ちなみにこの許可証、来年また更新しに来なきゃなんだけど……」

幸子「もう行きませんからね!?」


22: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 21:10:01.19 ID:MymRT9zl0

後日

美波「あっ、幸子ちゃんいいところに」

幸子「なんですか?まさかまたカッパ……」

美波「んもう、そんなにカッパの話ばっかりしないよ」

幸子「で、ですよね……」

美波「今度は忍者検定を受けようと思うの!」

幸子「似たような奴!」

美波「ということで幸子ちゃんを伊賀まで、あやめちゃんお願いね♪」

あやめ「承りました!」シュッ

幸子「ふ……フギャー!」


24: ◆xKvrHrf8KCut 2016/05/29(日) 21:14:24.04 ID:MymRT9zl0

終わりつけ忘れた終わり!!!
ということで美波がカッパを取りに行く話です!何言ってるかわかんないだろ!僕もわかんないです!
とりあえず言いたいことは幸子すまんな……

そんなこんなで、読んでいただきありがとうございました!ちなみに東京から遠野まで車で6時間かかるぞ!



転載元:美波「カッパ捕獲許可証を取ろうと思うの!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464521236/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマス美波幸子裕子

(3)

AFTER 【デレマス】一ノ瀬志希「Backstage」

BEFORE 五十嵐響子「ピーキーキュートと苦労人」

幸子がいい味出してるwwwwwwwwwww
[ 2016/05/30 00:50 ] [ 編集 ]
新幹線使えよwww
[ 2016/05/30 20:14 ] [ 編集 ]
???「ふーん、美波、次はBBQ検定の資格取ろうか」
[ 2016/05/30 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

美波「カッパ捕獲許可証を取ろうと思うの!」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto