スポンサーリンク

2016 05/21

P「俺のおにぎり知らないか?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:46:13.29 ID:6JIcxPKdo


美希「え?」

P「いや、俺がここに置いといたおにぎりなんだが……」

美希「知らないよ?」

P「トイレに行く前は確かにあったんだが……」

美希「知らないの」

P「………」

美希「知らないってば」





スポンサーリンク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:46:58.75 ID:6JIcxPKdo


P「駅前に新しくできたおにぎり屋で買ってな……」

美希「うん」

P「結構大きめのおにぎりでさ……」

美希「へ~」

P「三つあったんだよ……」

美希「そうなんだ」

P「………」

美希「………」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:47:31.19 ID:6JIcxPKdo


P「この事務所にさ……」

美希「この事務所に?」

P「俺たち以外、今いないよな……」

美希「いないね」

P「小鳥さんも社長もいないし……」

美希「only twoなの」

P「だよな……」

美希「なの」

P「………」

美希「……ん?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:48:14.56 ID:6JIcxPKdo


美希「……ねえ、プロデューサー」

P「なんだ?」

美希「もしかして……美希のこと疑ってるの?」

P「………」

美希「美希がプロデューサーのおにぎりを盗んだって思っているの?」

P「………いいや、思っていない」

美希「そう、それならいいの」

P「盗んだっていうか、美希は既に食べていると思ってる」

美希「意味合い的には同じことなの!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:48:41.89 ID:6JIcxPKdo


美希「なんなの!なんなんなのなの!!」

美希「美希は他人の物を勝手に食べるなんて、そんな浅ましいことしないの!!」

P「だけどなぁ……」

美希「プロデューサーは美希がそんなことするって思ってるの!?」

P「うん」

美希「ノータイム!?ノータイムで肯定!!?」

P「なんか悪気なく食べそうな気がするんだよなぁ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:49:10.60 ID:6JIcxPKdo


美希「とにかく!美希は食べてないの!」

P「そうなの?」

美希「そうなの!」

P「しかし、トイレに行って戻るまでの数分間で無くなったんだぞ?」

美希「そんなの知らないの!」

P「事務所には俺たちしかいないんだぞ?」

美希「それは知ってるの!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:49:48.46 ID:6JIcxPKdo


美希「そもそも証拠もないのに、美希を犯人扱いするなんて酷すぎるの」

P「状況証拠としては完璧なんだが?」

美希「状況証拠だけじゃ証拠として弱いと思うな」

P「まあ確かにそうだが…」

美希「証拠もないのに犯人扱いして美希は大変傷ついたの」

P「………」

美希「でも、美希は寛大だから許してあげるの」

P「………」

美希「本来なら美希は10倍返しにしてやり返す女だけど運が良かった――」

P「そういえば事務所内に防犯カメラがあったな」

美希「――え?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:50:23.03 ID:6JIcxPKdo


美希「え?……防犯…なに?」

P「防犯カメラ、前に防犯のために事務所前と事務所内に付けるって言っただろ?」

美希「なにそれ?美希知らないよ?」

P「言ったぞ、もしかして聞いてなかったのか?」

美希「………」

美希「…そ、そんな嘘に騙される美希じゃ――」

P「ほら、あっちの天井隅にカメラがかかっているだろ」

美希「――うん……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:50:53.23 ID:6JIcxPKdo


美希「………」

P「………」

美希「………」

P「そんじゃあカメラの録画をチェックす」

美希「待って!」

P「………」

美希「………」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:51:25.54 ID:6JIcxPKdo


P「……食べたって認めるのか?」

美希「………」

P「認めるんだな?」

美希「…美希は………」


美希「美希は…食べ………」



美希「……てないの」


P「録画したのを確認するわ」

美希「待って!待ってってば!!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:51:54.04 ID:6JIcxPKdo


P「なんだよ、食べてないなら問題ないだろ?」

美希「問題ありまくりなの!」

美希「乙女のプライベートを隠し撮りしてるなんて変態!変態大人なの!」

P「隠し撮りって、ちゃんと説明してただろ?」

美希「美希は聞いてないからノーカンなの!」

P「ノーカンって……」

美希「とにかく!隠し撮りなんて認めないの!」

P「お、映った映った……はは、美希がよだれ垂らしながら寝てるぞ」

美希「やーーーー!!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:52:24.08 ID:6JIcxPKdo


P「おーい、美希ー」

美希「んーーー!」

P「そこどいてくれよ、モニターが観れねえよ」

美希「観なくていいの!」

美希「美希の恥ずかしい姿なんて見ちゃダメなの!!」

P「いや、おにぎりを食べた犯人を見たいだけなんだが」

美希「観なくていいの!!」

P「どうしろっていうんだよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:52:53.13 ID:6JIcxPKdo


美希「…ふぅ、わかったの……」

P「?」

美希「美希は食べてないけど…美希は食べてないんだけど」

美希「プロデューサーがあまりにもしつこいから……おにぎり代払ってあげるの」

P「わかってないよね?君なにもわかってないよね??」

美希「いくら払えば…プロデューサーは納得してくれるの?」

P「嫌なわかり方だな、おい」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:53:30.21 ID:6JIcxPKdo


P「じゃあ1つ250円だったから3つで750円」

美希「750円ね……はい」チャリン

P「おう……って352円しかないんだが?」

美希「それが美希の全所持金なの」

P「352円でよく『いくら払えば…プロデューサーは納得してくれるの?』って言えたな」

美希「い、家に帰ればもうちょっとはあるの」

P「給料とかどうしているんだ?」

美希「親に、ほとんど管理されてるの……」

P「まあ中学生だしな」

美希「考えてみれば中学生に集るとか良くないって思うな~」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:53:59.04 ID:6JIcxPKdo



P「はあ……もうおにぎりとかいいや、金も返す」チャリン

美希「え?もういいの?」

P「ああ、そろそろ打ち合わせの時間だしな」

美希「そ、そうなの……」ホッ


P「………ちなみに」

美希「ん?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:54:29.80 ID:6JIcxPKdo


P「あのおにぎりだけどな」

美希「うん」

P「そもそも美希の為に買ってきたんだが……」

美希「美希の!?」

P「ああ、美味しいって評判だったからな」

美希「………」

P「無くなったのは残念だけど……」

美希「………」

P「仕方ないな……」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:54:56.07 ID:6JIcxPKdo


P「証拠も無しに疑って悪かったな」

美希「………う、うん」

P「それじゃあ行ってくるわ」

美希「いってらっしゃい……なの」


<パタン


美希「………」


美希「………………」



美希「………………………………」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:55:22.58 ID:6JIcxPKdo


次の日

<ガチャ

美希「おはようなの~」

P「おう、おはよう美希」

美希「おはようプロデューサー」キョロキョロ

美希「あれ?プロデューサーだけ?」

P「ああ、小鳥さんは出かけてる」

美希「そっかー」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:55:49.51 ID:6JIcxPKdo


美希「ところでプロデューサー」

P「ん?なんだ?」

美希「美希ね……プロデューサーに謝らないといけないことがあるの……」

P「そうか」

美希「実はね……」

P「ああ」

美希「昨日のおにぎりを食べたのは……」

P「おう」

美希「………」

P「………」


美希「…美希なの……」

P「知ってた」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:56:26.61 ID:6JIcxPKdo


美希「やっぱり知っていたんだね……」

P「そら知ってるわ」

美希「それなのに黙っていてくれたんだね」

P「いや、頑なに美希が認めなかっただけだよな?」

美希「ありがとう……そしてゴメンナサイなの」

P「あ…うん……はい…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:56:54.75 ID:6JIcxPKdo


美希「それで、これをもらってほしいの……」ガサ

P「ん?なんだこれ?おお、結構重いな」

美希「美希の反省の気持ちなの」

P「気持ちって……おにぎり?」

美希「うん、美希が握ってきたの!10倍返しで30個!!」

P「さ、30個か……色んな意味で重たいな」

美希「美希の気持ちだからね!」

P「お、おう…」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:57:24.99 ID:6JIcxPKdo


美希「さ、温かいうちに食べてほしいの」

P「そうだな……そんじゃあ鮭から」ハムッ

美希「………」

P「………」モグモグ

P「………」ゴクン

美希「………」

P「これ…美味いな……」

美希「――!!」パアァァ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:58:11.66 ID:6JIcxPKdo


<ガチャ

真美「おっはー」

亜美「おはおは~」

伊織「おはよう」

やよい「おはようございまーす」

P「おお、おはよう4人とも」モグモグ

美希「おはようなの」

真美「むむ!兄ちゃんが美味しそうなのを食べてますなぁ」

P「おう、真美も食うか?」モグモグ


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:58:39.22 ID:6JIcxPKdo


真美「いやいいよ、朝ごはん食べたばっかりだからね」

亜美「それにこれから厳ちいレッスンだし」

P「そうか」モグモグ

伊織「それじゃあ行ってくるわ」

P「もういくのか?」

伊織「ええ、美希を迎えに事務所に来ただけだから」

美希「えへへ、デコちゃんありがとなの」

伊織「デコちゃん言うな」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:59:06.09 ID:6JIcxPKdo


P「…美希、俺におにぎりを渡すために……」

美希「プロデューサーいっぱい食べてね、それじゃあ行ってくるの」

P「……ああ、行ってこい」

やよい「プロデューサーいってきまーす!」


<パタン


P「………」


P「………………」モグモグ


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:59:59.33 ID:6JIcxPKdo


P「それにしても30個か……さすがに今日中には食いきれないな」モグモグ

P「残った分は冷凍でもして、後日食べようか」モグモグ

P「………」モグモグ

P「………」モグモグ

P「…喉乾いたな…お茶でも淹れてこよう……」トコトコ



<ガチャ


貴音「おはようごさいます」


貴音「……どなたもおられないようですね……」


貴音「……おや?この袋は……」


貴音「…………」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 00:00:26.90 ID:00NFIeugo







P「おう、おはよう貴音」

貴音「おはようございます、プロデューサー」

P「今日はラジオの収録だったか?」

貴音「はい、響と春香と一緒に午後から」

P「そうか、二人が事務所に来たら、スタジオまで送っていくよ」

貴音「ありがとうございます」

P「………」

貴音「………」

P「ところで貴音」

貴音「はい」

P「一つ聞きたいんだが」

貴音「はい」






P「俺のおにぎり知らないか?」








おわり



転載元:P「俺のおにぎり知らないか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463582773/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

美希短SS765プロ

(11)

AFTER 斉藤洋子「女子力特訓?」

BEFORE 【予定は未定】千早「今回の予定は」 楓「決まってるんですって」

次は300個になって帰ってくるのかな?
[ 2016/05/21 20:24 ] [ 編集 ]
お姫ちんのことだからラーメン奢らされるんじゃね?
[ 2016/05/21 20:56 ] [ 編集 ]
響がサーターアンダーギー300個作ってくるに1ペリカン
[ 2016/05/21 21:43 ] [ 編集 ]
ハム蔵だと思った(こなみ)
[ 2016/05/21 21:53 ] [ 編集 ]
50890

つまりラーメン300杯か
[ 2016/05/21 22:31 ] [ 編集 ]
二十郎300杯か...
[ 2016/05/22 01:24 ] [ 編集 ]
50895

アカン、Pの内蔵が死んでしまう
[ 2016/05/22 12:49 ] [ 編集 ]
そして今度はもやし300000袋か
[ 2016/05/23 03:18 ] [ 編集 ]
50932

増えすぎぃ!
[ 2016/05/23 08:08 ] [ 編集 ]
これが765算か・・・
[ 2016/05/24 01:33 ] [ 編集 ]
俺はオレンジジュース3000本だと思うな
[ 2016/05/24 14:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

P「俺のおにぎり知らないか?」

Copyright © 2020全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto