スポンサーリンク

2016 05/01

春香「アイドルユニットを考える!」雪歩「はーい!」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:11:55.84 ID:vFx5xYF20

春香「うーん…むむむ…」

雪歩「春香ちゃーん!来たよー」

春香「あ、やっと来たね雪歩」

雪歩「うん、でもどうしたの?急に事務所に呼び出したりして」

春香「まあ、まずは座ってよ」

雪歩「うん」

春香「じゃあ私、お茶入れてくるね」

雪歩「ええっ!?」

雪歩「ちょっと待ってよ、話があるんじゃないの?」

春香「うん、でも…」ジーッ

律子「…なによ」

春香「ねー、律子さん。ちょっと大事な話があるんで出てってくれません?」

律子「どうせ大したことじゃないんでしょ?仕事の邪魔しないでちょうだい」

春香「ちぇ…けち」

律子「わかったわよ…何分くらい外にいればいいの?」

春香「1時間くらいですね」

律子「いやごめん、それは無理!」






スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:18:13.37 ID:vFx5xYF20

雪歩「えーっと…春香ちゃん」

春香「ん?どうしたの?」

雪歩「話ってその…二人きりじゃないとだめなの?」

春香「そういうわけじゃないんだけど…」

律子「あら?もしかして愛の告白かしら?じゃあ私はお邪魔しちゃいけないから外に行くわよ~?」

雪歩「ええっ!?そうなの!?」

春香「そんなわけないでしょう!」

雪歩「ごめん!でも私には真ちゃんが…」

春香「違うって言ってるでしょ!」

春香「765プロで新しいアイドルユニットを作ろうって話です!!!」

ゆきりつ「!!?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:19:00.98 ID:vFx5xYF20

律子「へー、そんなこと考えてたのね」

雪歩「新しいアイドルユニットかあ…なんだかわくわくしますね!」

律子「春香にしては真面目な話よね」

春香「うん、そうなんだけど…」

雪歩「どうしたの?」

春香「まあ、これを見てよ」ピッ

シラヌガー ホトケ ホーットケナイ ♪

雪歩「えーっと、これは…」

律子「…竜宮小町?」

春香「そう!亜美、伊織、あずささんのユニット!通称竜宮小町のライブ映像です!」

雪歩「かっこいいねえ…」

律子「そうね…みんなよくぞここまで…」ホロリ

春香「感極まってる場合じゃないですよ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:20:05.85 ID:vFx5xYF20

雪歩「よかったねえ…竜宮小町のライブ」

律子「ちょっと感動しちゃって…ティッシュどこだったかしら!」ポロポロ

春香「言いたいことわかってくれました?」

雪歩「うん!わかったよ!」

律子「春香は竜宮小町みたいなユニットを作りたいのね」

春香「惜しい!ちょっと違うんです!」

雪歩「えー…?」

律子「わかったわ!」

律子「春香は新しくユニットを作ってそれをプロデュースしたいのね?」

雪歩「なるほど!それをプロデュース道の先輩の律子さんに聞かれるのが恥ずかしかったんだ」

雪歩「だから律子さんには言いたくなかったんだね」

律子「安心して、馬鹿にするつもりなんてないわ」

律子「一緒にプロデュース、頑張りましょっ」ニコッ

春香「全然違います!!!」

春香「簡単に言えば、私は765プロで最強のアイドルユニットが作りたいんです」

春香「そう!竜宮小町にも勝てる最強のアイドルユニットを!!!」

ゆきりつ「!!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:21:10.83 ID:vFx5xYF20

律子「竜宮小町に勝てるユニットぉ?」

雪歩「でも…竜宮小町も765プロの仲間なんだし、勝たなくてもいいんじゃないかな?」

律子「そうよ、だって私たちみんな仲間だもんね」

春香「た、確かにそうですけど…!」

春香「最近は765プロと言えば竜宮小町ばっかり!私たちはレッスンばっかりじゃないですか!」

律子「レッスンできるだけ感謝しなさいよね」

雪歩「確かに…竜宮小町の人気が出始めて、私たちもデビューできるのかと思ってたら…」

雪歩「最近は竜宮小町ばっかりで私たちはおざなりに…」

春香「でしょ!?」

雪歩「うん、もうちょっと営業とかもしてみたいなあ…」

律子「でもあんた、男の人が苦手だから営業は難しいでしょ?」

雪歩「で、でも!そんな自分を変えるためにアイドルになったんじゃないですか!」

春香「律子さんはそもそも竜宮小町ばっかり贔屓しすぎなんですよ!」

律子「そ、そんなこと……あるかも…」

春香「だから竜宮小町に対抗して私たちもユニットを組んでデビューしよう!」

雪歩「うん!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:21:48.18 ID:vFx5xYF20

律子「ちょっと待ちなさいよ!そもそもユニットを組んだとして誰がプロデュースするのよ!」

春香「そんなの律子さんに決まってるじゃないですか」

雪歩「よろしくお願いしますね」

律子「悪いけど無理!そんな余裕ないから!」

春香「そこは律子さんが頑張ればなんとかなるでしょ」

律子「あんたね…他人事だと思って…」

雪歩「でも…たまには私たちのことも考えてください」

律子「そ、そうよね…それはごめん」

律子「竜宮小町が人気が出てからはあんた達まで手が回らなかったわ」

律子「あんた達の気持ち、考えてなかったわけじゃないんだけど…ごめん」

春香「わかればいいんですよ!」

律子「…でもなんかむかつくわね」

雪歩「じゃあプロデュースしてくれるんですね!」

律子「その代わり!絶対トップアイドルにするわよ!妥協させないからね!」

雪歩「はい!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:22:41.09 ID:vFx5xYF20

春香「これでプロデューサーは確保…と」

雪歩「後はどんなユニットにするかだよね」

律子「どうせならプロデュースし甲斐があるユニットがいいわね」

春香「じゃあここで竜宮小町を思い出してみよう!」

雪歩「うん」

春香「亜美、伊織、あずささん」

雪歩「うぅ…聞くだけでも手強いね」

律子「そりゃ、私の自慢のユニットよ」

律子「最近なんて人気がありすぎてファンの方が『765プロ最高』って書いたポスターを自作して町中の電信柱に貼り付けるほどよ!」

春香「ちょっと!犯罪じゃないですか!」

雪歩「嬉しいですけどちょっとやりすぎですね…」

律子「そ、そうかしら…?」

律子「でも、この竜宮小町をあんた達が超えられるかしら?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:23:29.39 ID:vFx5xYF20

春香「まず、竜宮小町って3人に共通点があるんですよ」

律子「そうね、全員名前に海が関わってるわ」

雪歩「双海、水瀬、三浦かあ…よく思いつきましたね」

律子「そこは私の才能としか言いようがないわね!」

春香「ぐぬぬ…言い返せない」

雪歩「言い返さなくてもいいよ!」

雪歩「…あれ?でも『天海』の春香ちゃんは?」

律子「えっ?…だって春香は…ねえ?」

雪歩「あー…」

春香「ちょっと!未来のトップアイドルに失礼ですよ!」

律子「冗談よ、あの頃の私には4人もプロデュースする余裕がなかったの」

律子「で、抜くとしたら春香かなぁ…って」

春香「やっぱり失礼じゃないですか!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:24:40.05 ID:vFx5xYF20

春香「でも竜宮小町の脅威はそんなもんじゃないんですよね…」

春香「1つは、個々の力が強い!」

春香「伊織なんて脅威そのものですよ」

雪歩「確かに…伊織ちゃんは歌もダンスも上手だもんね…」

律子「おまけに努力家、良いとこの子だけど慢心なんて一切ないわ」

春香「更にリーダーシップ抜群!あの2人をまとめられるのなんて伊織か律子さんくらいしかいないよ」

雪歩「あげればあげるほど隙がないね…」

春香「神はなんで伊織に何物も与えたの!」

律子「あ、でも伊織にも弱点はあるわよ」

春香「本当ですか?」

律子「おでこよ、言いたくないけど…後退してるわ」

春香「そういう可哀想なのはやめてください!」

雪歩「伊織ちゃん…苦労してますもんね…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:25:53.05 ID:vFx5xYF20

律子「でも個人の力ならやっぱりあずささんね」

春香「あずささんには…スタイルが…」

雪歩「誰も勝てない…埋まってますぅ…」

律子「ちょっと!卑屈になりすぎでしょ!」

春香「でも!」

雪歩「スタイル抜群で歌も上手くて大人の魅力も可愛げもあるとか最強すぎますぅ!」

律子「ふふっ、特にスタイルはあんた達じゃ到底超えられない壁ね」

春香「律子さんだって負けてるじゃないですか!」

律子「わ、私はアイドルじゃないからいいのよ!」

雪歩「私たちはそのアイドルじゃない律子さんにすら…」

春香「穴掘って埋めますぅぅぅううう!!!」

律子「ちょっ…こら!やめなさいあんた達!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:26:59.26 ID:vFx5xYF20

雪歩「あとは亜美ちゃんかぁ…」

律子「はあ…亜美は地力もセンスもあるけど扱いが段違いで疲れるのよね…」

春香「あの亜美が素直に話を聞くとは思えませんもんね」

雪歩「真剣なときは本当に真面目なんだけどね」

律子「それ以外がね…レッスンとかはふざけちゃうわよ」

律子「まあ、その対策に伊織なんだけどね」

雪歩「伊織ちゃんならふざけてる亜美ちゃんも言うこと聞かせられますもんね」

春香「さすが伊織、違うなあ」

雪歩「春香ちゃん…感心してる場合じゃないよぅ…」

律子「亜美がいるとバラエティなんかにも対応できるようになるから亜美は欠かせないし…伊織には感謝してるわ」

春香「なるほど…亜美を入れることのメリットは存分に発揮して、デメリットは伊織が打ち消してくれる」

雪歩「本当良く出来たユニットですね」

春香「真美も入ってなくて本当良かったよ…」

律子「そうでもないわよ?真美がいるとさすがに伊織1人じゃ手に負えないから…あずささんも一緒にふざけちゃうし」

雪歩「あずささん…流されやすいですからね」

春香「伊織のストレスがやばそうですね」

律子「だから今が一番バランスいいんじゃないかしら」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:27:42.35 ID:vFx5xYF20

春香「竜宮小町の弱点…考えるほど伊織が強すぎる…」

律子「だからあんた達も竜宮小町に勝とうなんて思わずに傘下になりなさい」

春香「いやそんなのありませんから!」

雪歩「でも…竜宮小町に勝つには…そうだ!」

春香「雪歩!思いついたの!?」

雪歩「伊織ちゃんを私たちのユニットに入れればいいんだよ!」

春香「そっか!……じゃないよ!」

雪歩「えっ?」

春香「えっ?じゃないよ!伊織が入れば確かに勝てるかもだけど!」

律子「引き抜きは許さないわよ」

雪歩「そっか…」

春香「なんとか差別化を図らなきゃ…」

雪歩「あ、竜宮小町って3人の年齢がバラバラで、しかも高校生がいないよね」

春香「あっ!なるほど」

雪歩「逆にこっちは高校生で固めたらどうかな?」

律子「確かに…それなら大きく差別化できるわね」

雪歩「はい!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:28:22.07 ID:vFx5xYF20

春香「じゃあ、とりあえず今いるメンバーで最高の構成を考えよっか」

春香「まず私が入るでしょ?」

律子「えっ?」

雪歩「えっ?」

春香「えっ?」

律子「…まあいいわ」

律子「次に雪歩を入れるでしょ?」

雪歩「が、がんばりますぅ!」

律子「と、なるともうあと1人しか入れられないわね」

春香「やっぱり3人が限界ですか?」

律子「うん、無理」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:29:08.70 ID:vFx5xYF20

雪歩「でも私はダンスが得意じゃないから…」

雪歩「やっぱり3人目は真ちゃんかな…?」

律子「まあ年も近いし真辺りが妥当ね」

春香「ちょっと待ってくださいよ!それなら私も歌が上手いとは言えなくもないから千早ちゃんを入れるべきじゃないですか!?」

律子「あー…春香は歌上手いから平気よ」

雪歩「うん!真ちゃんと3人で頑張ろう!」

春香「適当にあしらわないでください!」

春香「歌唱力もダンスも申し分ない千早ちゃんは入れるべきだと思います!」

雪歩「確かに…千早ちゃんの歌はすごいもんね」

律子「しょうがないわね、そこまで言うなら千早を入れるわ」

雪歩「じゃあ春香ちゃんを抜いて千早ちゃんを」

春香「ちょっと!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:30:18.13 ID:vFx5xYF20

律子「春香、文句多いわよ」

春香「だって納得できないんですもん!」

春香「みんなのことをまとめられる、頼れるリーダーとして私は必須でしょ!?」

律子「…」

雪歩「えーっと…」

春香「泣きますよ?」

律子「春香はともかく…まず美希は入れたいわね」

雪歩「律子さんは美希ちゃんのこと大好きですもんね」

律子「そう…じゃなくて!」

律子「才能的な問題で!ね!」

春香「また贔屓ですか?」

律子「贔屓じゃないわよ!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:30:58.13 ID:vFx5xYF20

雪歩「美希ちゃんといえば…元プロジェクトフェアリーの四条さんと響ちゃ…四条さんはどうですか?」

春香「貴音さんかぁ…歌もダンスもスタイルも良いよね」

律子「貴音はだめよ」

雪歩「…?どうしてですか?」

律子「私が手に負えない!」

春香「ええっ!?そうなんですか?」

律子「だってあの子着ぐるみとか着たがるんだもん…自由というか何考えてるかわからないというか…」

春香「そうなんだ…意外というかなんか可愛いですね」

雪歩「律子さんでも手に負えないなんて…さすが四条さんですぅ」

律子「いや、本当あの子をプロデュースしてた黒井社長は凄いわよ…」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:32:14.42 ID:vFx5xYF20

雪歩「やよいちゃんや真美ちゃんはどうですか?」

春香「やよいは歌やダンスはそこまで上手くないんだけど元気とやる気があるからみんなから好かれるんだよね~」

律子「やよいと真美ね…実は2人には新しくユニットを組んでもらう予定なのよ!」

雪歩「ええっ!?そうだったんですか!?」

律子「そう!あの元気な2人の中学生パワーを爆発させるわよ!」

雪歩「わぁ…楽しみですぅ」

春香「えっ?ちょっと待ってください」

律子「?」

春香「やよいと真美がユニットを組むって…誰がプロデュースするんですか?」

律子「ふふっ、聞かれると思ってたわ」

律子「その点はまだ大丈夫よ!あの子達にはまだやらなきゃならないことがたくさんあるから、プロデュースはそれからよ」

律子「その頃には新しいプロデューサーもいるんじゃないかしら」

春香「な、なるほど…」

雪歩「プロデューサーが増えなかった場合はどうするんですか?」

律子「えーっと…その場合は…小鳥さん…?」

雪歩「えー…」

春香「悪影響とかないといいんですけど…」

律子「それは…ちょっと心配になってきたわ…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:33:04.18 ID:vFx5xYF20

律子「そもそも、あんた達はどんなユニットにしたいのよ」

律子「はい!まず雪歩!」

雪歩「ええっ!?私ですか!?」

雪歩「えーっと…まず真ちゃんは確定で…」

春香「やっぱり真かー」

律子「雪歩は真大好きだもんね」

雪歩「そ、そんなのじゃないですぅ!」

雪歩「ただ…真ちゃんはダンスが上手で…歌も上手くて…かっこよくて…私なんかにも優しくて…真ちゃん…真ちゃん…」ポー

春香「ゆ、雪歩!?」

律子「ちょっと雪歩!帰ってきなさーい!」ペシペシ

雪歩「はっ…!大量の真ちゃん達は!?」

春香「なにそれ気持ち悪っ!?そんなのいないよ!」

律子「重症ね…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:33:53.38 ID:vFx5xYF20

雪歩「あと2人目は…うーん…」

律子「美希でいいんじゃない?」

春香「確かに美希ならバランスよくなりますね」

雪歩「美希ちゃんかぁ…確かに美希ちゃんならスタイルも良いしダンスも歌も上手だし…でも…」

~~~~~~~~~~~~

雪歩「うぅ…歌もダンスもダメダメですぅ…」

真「雪歩はダメなんかじゃないよ、一緒に頑張ろっ!」

雪歩「真ちゃん…うん!」パァァ

美希「あはっ☆美希はダンスも歌も上手くて胸が大きいの!」

美希「真クン、ちんちくりんな雪歩なんかほっといて美希とトップアイドルを目指した方がいいって思うな!」

真「そうだね!じゃあ行こうか!」

真「じゃあね、雪歩」

美希「バイバイなの」

雪歩「そ、そんなぁ…」

~~~~~~~~~~~~

雪歩「み、美希ちゃんは絶対ダメですぅ!!!」

律子「うわっ!」

春香「ゆ、雪歩!?」

雪歩「と、とにかく美希ちゃん以外でお願いしますぅ!」

律子「わ、わかったわよ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:35:02.18 ID:vFx5xYF20

春香「美希以外…となると必然的に私が入ることになりますね!」

春香「雪歩も真もここぞというときの決断力がありませんし!」

春香「ここは一発バシーっと決められる私に任せてくださいよ!」

春香「そう思うでしょ?」

春香「あれ?律子さん?雪歩?」

律子「美希以外なら誰にするのよ?」

雪歩「えっと…四条さんかなぁ…」

春香「とうとう無視ですか!!?」

律子「春香…なんかごめんね」

春香「何に謝ってるんですか!?」

雪歩「春香ちゃん、自分のことを悪く言うのは…哀しくなるからやめてくれないかな…?」

春香「雪歩が言うの!?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:36:05.68 ID:vFx5xYF20

雪歩「でも、千早ちゃんよりは春香ちゃんの方が入ってほしいかなぁ…」

律子「そうなの?私はてっきり千早と真でハーレムでも作るのかと」

雪歩「なんでそうなるんですか!」

春香「私もそう思ってた…」

雪歩「春香ちゃんまで!?」

雪歩「べ、別に私はそんな…」

雪歩「確かに千早ちゃんは…歌が上手くて…」ポー

春香「また!?」

律子「雪歩!帰ってきなさい!」ペシッ

雪歩「…大量の千早ちゃん達は?」

律子「もうそれはいいわよ!」

春香「雪歩、ちょっとそれ詳しく聞かせてもらえないかな?」

律子「春香!?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:38:19.85 ID:vFx5xYF20

春香「いや~、でも雪歩が千早ちゃんより私を選んじゃうなんて…照れちゃいますね!」

律子「はいはい、よかったわね」

春香「照れちゃいますね!律子さん、ね!」

律子「わかったわよ!」

律子「それで雪歩、なんで千早より春香を入れたいの?」

春香「それは私が魅力的だからだよね!」

雪歩「そうじゃなくて…」

春香「…」

雪歩「真ちゃんと千早ちゃんだと、スタイルこそいいんですけど平均バストサイズが…」

雪歩「あと、真ちゃんと千早ちゃんが揃ったときのストイックさについていける気がしなくて…」

律子「確かに…あの子達のトレーニングやらレッスンはみんなの倍以上の量らしいわね…」

雪歩「でも、春香ちゃんならストイックじゃないですし、歌やダンスも千早ちゃん達と比べてそんなに上手じゃありませんし」

律子「ちょっと雪歩、いくらなんでも言い過ぎじゃ…」

春香「…雪歩」グスッ

雪歩「それに…こんな私のことを理解してくれる…数少ない大切な友達だから」

春香「…雪歩!」パァァ

雪歩「私は春香ちゃんと一緒に頑張りたいなぁ…」ニコッ

春香「ちょっと雪歩!それならそうと早く言ってよ~!傷ついて損しちゃったよ全く!」

春香「可愛い奴め!こいつめこいつめ!」ペシペシ

雪歩「あはは、痛いよ春香ちゃんっ」

律子「ふふっ…やっぱりあんた達仲良いわね」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:38:47.21 ID:vFx5xYF20

律子「次は春香ね、まあ大体誰を選ぶかわかるけど」

春香「私はもちろん千早ちゃん!と」

春香「雪歩に決まってるじゃないですか!」

雪歩「春香ちゃん!」

春香「うん!一緒に頑張ろ!」ニコッ

雪歩「うん!」


雪歩「でも千早ちゃんは真ちゃんに変えてくれないかな?」

春香「えー、そこは譲れないよ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:39:55.00 ID:vFx5xYF20

雪歩「真ちゃん!」

春香「千早ちゃん!」

雪歩「真ちゃん!」

春香「千早ちゃん!」

はるゆき「むー!!!」

律子「もう…あんた達!いいかげんにしなさい!」

ガチャ

千早「あの…どうしたのかしら?騒がしいわね」

春香「千早ちゃん!?」

真「どうしたのさ雪歩、そんなに怒って」

雪歩「真ちゃん!?」

美希「律子!…さん!ちょっと聞いてほしいことがあるの!」

律子「美希!?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:40:32.89 ID:vFx5xYF20

律子「それで、聞いてほしいことって?」

千早「はい、実は…」

真「ボク達、3人でユニットを組もうと思ってるんです!」

美希「だから律子…さんにプロデュースしてほしいの!」

律子「ええっ!?ユニット!?」

真「はい!」

雪歩「そんな…千早ちゃんと真ちゃんと美希ちゃんのユニット…?」

春香「つ、強すぎる…!」

春香「律子さん…どうするんですか…?」

律子「えーっと…」

律子「そう言えば…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:41:19.97 ID:vFx5xYF20

~~~~~~~~~~~~

美希「ねー、律子」ギュー

律子「なによ?」

美希「ミキも竜宮小町に入れてほしいの!ミキ、頑張るよ?」

律子「だめよ」

美希「…どうして?」

律子「どうしてって…」

律子「あのね、美希。竜宮小町は伊織、亜美、あずささんの3人ユニットなの。メンバーを増やす予定も減らす予定もないわ」

美希「そうなんだ…」ショボーン

律子「ごめんね、だから美希は竜宮小町に入れな…」

美希「わかったの!」

律子「美希?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:42:30.14 ID:vFx5xYF20

美希「じゃあ竜宮小町に入るのは諦めるの!その代わり!」

美希「もしミキがデビューする時がきたら…その時は律子にプロデュースしてほしいの!」

律子「美希…」

美希「それならいいでしょ?律子…さん」

律子「……ふっ、しょうがないわね」ニコッ

美希「ヤッター!なの!」

美希「約束だよ?律子!」

律子「ええ…でも」

美希「…でも?」

律子「律子『さん』!!!」

美希「しまったなの!」

律子「ふふっ、全く…詰めが甘いんだからっ」

美希「えへへ~なの」ニコニコ

~~~~~~~~~~~~


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:43:15.52 ID:vFx5xYF20

律子「ずいぶん前にそんな約束をしたような…」

春香「ええーっ!?」

雪歩「そ、それじゃあ…」

美希「律子さん!約束通りプロデュースしてほしいの!」

律子「美希…わかったわ!あんた達のプロデュース、私が引き受けてあげる!」

雪歩「ええっ!?」

真「本当ですか!?へへっ!やーりぃ!」

千早「精一杯、勤めさせていただきます!」

美希「これからよろしくお願いしますなのー!」

律子「ええ!トップアイドル目指して頑張るわよ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 23:44:06.75 ID:vFx5xYF20

春香「ちょっと!律子さん!」

雪歩「私達との約束はどうなったんですか!?」

律子「えーっとぉ…そ、それは…」

律子「ごめん!春香、雪歩、あんた達のプロデュース、小鳥さんに任せた!」

はるゆきことり「ええーっ!?そんなあっ!!!」



おわりつこ


30: ◆xaMxKRAwcO6W 2016/04/30(土) 23:45:49.96 ID:vFx5xYF20

というわけでおしまい

その後Pが入社し、春香達のユニットをプロデュースすることになるのだが…それはまた、別の話



転載元:春香「アイドルユニットを考える!」雪歩「はーい!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462025515/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ春香雪歩律子千早美希

(3)

AFTER モバP「彼女がもたらすのは幸か不幸か」

BEFORE P「環」 環「おやぶーん」

響蔑ろにすんな
ネタにもなってないからただのキャラディスじゃねーか
[ 2016/05/01 20:50 ] [ 編集 ]
中途半端にネタにするとそれこそディスってる様に見えるから、良いと思うけどなあ。真美も2回しか名前出てこなかったし。ちょっと過敏になってんのとちゃう?少なくとも此処のSSはキャラディス入ってるのは纏めないから安心してええと思うよ。
[ 2016/05/01 21:03 ] [ 編集 ]
わざわざネタにするとして、何をネタにするのかって話になる
割りと共通点が多い春香と響を今回のユニットで組ませる必要ないもん
[ 2016/05/02 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

春香「アイドルユニットを考える!」雪歩「はーい!」

Copyright © 2017全ては跡地。 All Rights Reserved.

   Designed by:paritto