スポンサーリンク

2016 04/10

亜美「りっちゃんの湯呑み」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:26:25.62 ID:RxMbJP02O

律子「はい…はい…わかりました、では後ほど折り返しますので…」

亜美「りっちゃん!りっちゃーん!」

真美「一緒にゲームしよーよー!」





スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:30:13.59 ID:RxMbJP02O

律子「少々お待ちください…できるわけないでしょうが!仕事中なのよ!?…いえ、すいませんこちらの話です…はい、はい…」

亜美「ぶー」

真美「りっちゃん最近付き合い悪いよぉ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:36:55.03 ID:RxMbJP02O

律子「それでは失礼します…」

ピッ

律子「ふぅ、あんたらねぇ…電話の最中に大声で話しかけるんじゃないの!」

亜美「だってぇ…」

真美「ゲームしたかったんだもん…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:45:35.60 ID:RxMbJP02O

律子「今そんな暇あるわけないでしょ!?仕事中なのよ?」

亜美「でも前はりっちゃんもやってくれたじゃん!」

律子「あれは私がまだアイドルだったからでしょ?プロデューサーになったらそうはいかないの!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:46:34.40 ID:RxMbJP02O

真美「でもぉ…」

律子「あぁ、もうこんな時間…すいません、小鳥さん外回り行ってきます!」

小鳥「はーい」

バタンッ

亜美「あっ…」

真美「行っちゃった…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:47:37.33 ID:RxMbJP02O

亜美「りっちゃん、最近いっつもああ言って一緒に遊んでくれなくなっちゃったね…」

真美「うん…今日もだったね…」

亜美「りっちゃん…亜美たちのこと嫌いになっちゃったのかな…?」

真美「そ、そんなことないっしょ!?りっちゃん言ってたじゃん!仕事が忙しいからだって…」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:49:26.03 ID:RxMbJP02O

亜美「でもさ、それならもうちょっとくらい遊んでくれてもいいじゃん!きっとりっちゃんは亜美たちのことが嫌いになっちゃったんだ!」

真美「そ、そんなこと…」

亜美「違うって証拠でもあんの?」

真美「そ、それはないけど…」

亜美真美「「…」」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:50:21.59 ID:RxMbJP02O

小鳥「あら?どうしたの?2人とも?」

亜美「あっ…ピヨちゃん」

真美「どうせピヨちゃんにはわかんないよ…」

亜美「そうだね…大人のピヨちゃんにはわかんないよ…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:52:46.29 ID:RxMbJP02O

小鳥「むっ、失礼ね。私はいつまでも子供のころの気持ちを覚えているわよ?」

亜美「えぇ?」

真美「本当かなぁ?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:53:40.71 ID:RxMbJP02O

小鳥「本当よ。ほらほら、あなたたちに暗い顔は似合わないわよ。ほら、一緒にスマブラをして遊びましょう?」

亜美「ピヨちゃん…」

真美「ピヨちゃんはもう少し仕事しなよ…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:54:48.29 ID:RxMbJP02O

小鳥「あら?亜美ちゃんと真美ちゃんを元気にするのも私の仕事よ?ふふふ♪」

亜美「あっ、これダメな大人だ!」

真美「真美たちはこうならないようにしなくちゃね!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:57:23.46 ID:RxMbJP02O

小鳥「ほら、2人とも早くキャラを選んで。ピカチュウとフォックスでしょ?」

亜美「うわっ!?亜美たちの持ちキャラ覚えてる!」

真美「絶対対策してるよぉ!」

小鳥「ふっふっふっ、対策なんてしない方が悪いのよ!」

亜美「本当にダメな大人だね!」

真美「りっちゃんと半分こしたらいいのに!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:58:18.69 ID:RxMbJP02O

小鳥「ピヨォッホッホ!さぁて、私のキャラはっと…」

スッ

小鳥「あら?誰?私の3DSを返し…」

社長「…」

小鳥「…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 18:59:24.26 ID:RxMbJP02O

社長「小鳥くん、社長室まで来たまえ。いいね?」

小鳥「えっ、いや…その…」

社長「いいね?」

小鳥「は、はいぃぃぃ!」

亜美「連れてかれちゃったね…」

真美「ピカチュウとフォックスよりもMr.ゲーム&ウォッチの対策をすべきだったね…」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:00:51.56 ID:RxMbJP02O

翌日

給湯室

真美「はぁぁ…結局昨日は何の解決もしなかったなぁ…ん?」

りっちゃんの湯呑み

真美「これって…りっちゃんの湯呑みだよね?洗わずに外回り行っちゃったのかな?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:03:25.26 ID:RxMbJP02O

りっちゃんの湯呑み

真美「うーん…はっ!」

ホワンホワンホワン

真美『りっちゃんの湯呑みを洗うよ!』ゴシゴシキュッキュッ

りっちゃんの湯呑み ピカピカ-


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:05:28.96 ID:RxMbJP02O

ガチャッ

律子『ただいま…って湯呑みが綺麗になってる!?真美がやってくれたの?』

真美『うん!そーだよ!』


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:10:31.94 ID:RxMbJP02O

律子『助かるわぁ、真美はいい子ね』ナデナデ

真美『えへへ〜』

ホワンホワンホワン

真美「んっふっふー!早速洗うっしょー!」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:17:58.49 ID:RxMbJP02O

ジャ-

真美「ふんふふんふふーん♪」ゴシゴシキュッキュッ

真美(これでりっちゃんからのナデナデは確実…)

亜美「真美ぃ?何してんの〜?」ヒョコッ

真美「あ、亜美!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:23:04.92 ID:RxMbJP02O

亜美「あー!真美がりっちゃんの湯呑み洗ってるー!?」

真美「し、しー!」

亜美「なんでなんで?りっちゃんにイタズラでもして怒られたの?」

真美「ち、違うし!そんなんじゃないし!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:25:57.13 ID:RxMbJP02O

亜美「あっ!さては真美、りっちゃんの湯呑みを洗ってあげてりっちゃんに褒めてもらおうとしてるなー?」

真美「ぎくっ!?」

亜美「んっふっふー、双子パワーを舐めてもらっちゃこまるなぁ」

真美「うぅぅ…」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:29:28.53 ID:RxMbJP02O

亜美「でも、そういうことなら亜美もお手伝いするー」スッ

真美「だ、ダメだよ!」ブンッ

亜美「うわぁ!?な、なんで?2人でやって2人で褒めてもらおうよ?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:32:28.06 ID:RxMbJP02O

真美「これは真美が先に見つけたんだもん!亜美は亜美で別のことをすればいいっしょ!」

亜美「何それ…亜美も褒めてもらいたい!」グギギギギギギ

真美「ダァァァァァァァメェェェェェェ」グイイイイイイイイ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:34:41.66 ID:RxMbJP02O

亜美「ふんんんんん!」グギギギギギギ

真美「ぐぬぬぬぬ!」グイイイイイイイイ

ツルッ

亜美真美「「あっ…」」

りっちゃんの湯呑み パリ-ン

亜美真美「「…」」

りっちゃんの湯呑みだったもの

亜美真美「「…」」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:39:15.79 ID:RxMbJP02O

亜美「ま、真美のせいだ!」

真美「はぁぁぁあ!?」

亜美「真美がちゃんと亜美にも渡していればこんなことにならなかったもん!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:47:35.70 ID:RxMbJP02O

真美「そんなわけないじゃん!亜美が無理やり取ろうとしたからっしょ!」

亜美真美「「むぐぐぐぐぅ!!」」

亜美真美「「…」」

亜美「やめよっか…」

真美「うん…」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:59:08.81 ID:RxMbJP02O

亜美「ごめんね、真美…」

真美「こっちこそごめんね…」

亜美「でもどうする?これ…」

りっちゃんの湯呑みだったもの

亜美真美「「…」」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:04:54.39 ID:RxMbJP02O

亜美「たしかこの湯呑み、りっちゃんが兄ちゃんからもらったって言って大切にしてたよね…」

真美「なんとかしないと…」

亜美「褒められるどころか…」

律子『あんたたち!何よ、これは!』ゴゴゴゴゴゴゴ

亜美真美「「ひぃぃぃぃぃ!?」」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:11:30.10 ID:RxMbJP02O

真美「と、とりあえず破片を集めて隠しておいて…」

亜美「に、兄ちゃん、兄ちゃぁぁぁあん!」

P「ん?どうした、亜美?真美?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:22:09.54 ID:RxMbJP02O

真美「りりりりりっちゃんの湯呑みってどこで買ったの?」

P「ん?律子の湯呑み?あぁ、あれは律子の誕生日に買ったやつだから…オーダーメイドだな」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:33:44.41 ID:RxMbJP02O

亜美「おーだーめいど?」

P「律子のためだけに作った他では売ってないものって意味だよ」

亜美真美「「えぇぇぇぇ!?」」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:42:24.06 ID:RxMbJP02O

P「うわっ!?どうしたんだよ、お前ら…」

亜美「なななななんでもないっぽいよ!?」

P「そうか?なんか律子の湯呑みを割っちゃったみたいな反応だぞ?」

真美「そそそそそんなことあるわけないっしょ!!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:44:42.07 ID:RxMbJP02O

P「はっはっはっはっ、そうだよな。そんなことしたら律子の雷じゃすまないよな!」

亜美真美 ガクガクブルブル

P「じゃあ俺も外回りに行ってくるか。じゃあな」

バタンッ


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:47:28.09 ID:RxMbJP02O

真美「どどどどどうしよぉぉお!?」

亜美「真美!落ち着いて!まずは冷静にタイムマシンを…」

真美「うあうあー!亜美が落ち着いてよぉ!」

ガチャッ

亜美真美「「!?」」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:48:14.13 ID:RxMbJP02O

やよい「うっうー!おはようございますー!」

亜美真美「「やよいっちー!」」ダキッ

やよい「はわっ!?どうしたの?亜美?真美?」

亜美「実は…」

カクカクシカジカトカトカチッチ


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 20:59:09.36 ID:RxMbJP02O

やよい「なるほどね…」

亜美「なんとかして欠けた湯呑みを直す方法ない?」

やよい「あるよ」

真美「そーだよね…そんな都合のいい方法なんて…え?」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:08:34.63 ID:RxMbJP02O

亜美「あるの?」

やよい「だからあるよ」

亜美真美「「やったぁぁぁぁあ!」」

やよい「ちょうど小鳥さんに事務所の欠けたお皿直すの頼まれてたんだぁ」

亜美「あぁ…あのピヨちゃんが神に見える…」

真美「女神ピヨノスと大天使ヤヨイエルだね…」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:09:34.67 ID:RxMbJP02O

やよい「実演してみるから見ててね」

亜美真美「「うん!」」

やよい「このように欠けてしまったお皿を直します!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:16:36.48 ID:RxMbJP02O

亜美「あらあら、これは危ないね」

真美「そうだね、このまま使っちゃったらお口が切れちゃうよ」

やよい「そうだね、そこで用意するのがこちら!」


瞬間接着剤
うるし
パテ
紙やすり


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:17:32.66 ID:RxMbJP02O

亜美「え?でもこれって…」

真美「お高いんでしょう?」

やよい「ううん、見慣れないかもしれないけど全部百均で買えるよ」

亜美「さすがやよいっち!」

真美「お財布と真美たちに優しいね!」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:18:53.96 ID:RxMbJP02O

やよい「まずはこの破片を瞬間接着剤でくっつけます!」ピトッ

亜美「ふむふむ」

やよい「そして、隙間をパテで埋めちゃいます!」ヌリヌリ

真美「ほうほう」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:20:43.80 ID:RxMbJP02O

やよい「そうしてパテが硬くなるまで待ちます」

しばらくして

亜美「やよいっち、どう?」

やよい「うん、もう大丈夫だね」

真美「やったね!」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:22:03.15 ID:RxMbJP02O

やよい「パテが硬くなったらはみ出たところを水をつけながら紙やすりで削ります」

亜美「ゴシゴシ!」

真美「ゴシゴシ!」

やよい「そうしたら薄めたうるしを塗ります、うるしは食器にも使えるものを選んでね!」ヌリヌリ

亜美「やよいっちからのお願いだよ!」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:22:45.88 ID:RxMbJP02O

やよい「こうしてうるしを乾かすと…」

真美「できたぁ!」

亜美「すごーい!元どおりだぁ!」

やよい「ね?簡単でしょ?」

亜美「うん!ありがとうやよいっち!」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:24:06.31 ID:RxMbJP02O

真美「じゃあやよいっち、これもできる?」スッ

りっちゃんの湯呑みだったもの

やよい「あっ…」

亜美真美「「どうしたの?やよいっち?」」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:24:54.02 ID:RxMbJP02O

やよい「あ、あのね…これはちょっと欠けた食器を直す方法だから…こんなに粉々だと…」

亜美真美「「えっ…」」

やよい「ご、ごめんね、欠けたって言ってたからちょっとなのかと思って…」

亜美「そ、そんなぁ…」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:42:40.19 ID:RxMbJP02O

真美「無理なの?」

やよい「うん、無理やりやっても絶対にバレちゃうと思う…」

亜美真美「「…」」

やよい「ごめんなさい…」

亜美「そんな…やよいっちが謝らなくても…」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:47:50.04 ID:RxMbJP02O

やよい「でも…」

真美「くっ…いったいどうすれば…」

ガチャッ

伊織「おはよう。あら、やよい、ちょうど良かったわ。今私陶芸にはまってるんだけどやよいも一緒に…」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:48:37.46 ID:RxMbJP02O

やよい「伊織ちゃん!今陶芸って言った!?」
亜美真美「「いおりん!今陶芸って言った!?」

伊織「へ?」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:49:44.57 ID:RxMbJP02O

水瀬家

亜美「お邪魔しまーす!」

真美「邪魔するんなら帰ってー!」

亜美真美「「はいよー!」」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:54:13.24 ID:RxMbJP02O

水瀬「…そのまま帰ってもいいのよ?」

亜美「うあうあー!?そりゃないっしょ、いおりん!」

真美「そうだよぉ!いつもみたいにビシッとツッコミいれてよ!」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:54:56.40 ID:RxMbJP02O

伊織「知らないわよ、だいたいあんたたちが陶芸やりたいだなんて…どんな風のふきまわし?」

亜美「そ、それは…」

真美「し、知らないのいおりん?今時の流行りは陶芸JCだよ?」

伊織「聞いたこともないわよ」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:57:24.72 ID:RxMbJP02O

亜美「全くこれだからセレブは…」

真美「お金があるのも困りものですな」

伊織「あんたらはっ倒すわよ!?」

やよい「ま、まぁまぁ伊織ちゃん」

伊織「全く…やよいに免じて今回だけよ?」

亜美真美「「はーい♪」」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 21:58:29.88 ID:RxMbJP02O

やよい「ごめんね、伊織ちゃん…私が無理やりお願いしたから…」

伊織「や、やよいが謝ることなんてないわよ…悪いのはこのアホな双子なんだから」

亜美「むむっ!」

真美「誰がアホな双子だ!」

伊織「あんたらに決まってるでしょうが」


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:00:02.44 ID:RxMbJP02O

亜美「かっちーん!」

真美「真美たちを怒らせたな!」

伊織「新堂、やっぱり亜美と真美は帰るそうだから…」

亜美「なーんちゃって!」

真美「いおりん様、冗談キツいっすよ!」

伊織「手のひらクルックルじゃない!?」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:01:20.92 ID:RxMbJP02O

亜美「さあ、早く湯呑みを作ろうよぉ!」

伊織「はいはい…ほら、もう準備は出来てるからスイッチを押しなさいよ」

真美「ポチッとな!」ポチッ

ブ-ン

亜美「回りだしたよ!」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:02:08.70 ID:RxMbJP02O

伊織「当たり前でしょ…ほら、両手を水に浸けなさい」

亜美真美「「はーい!」」チャプンッ

伊織「湯呑みだったら…まず回ってる土を包みこんで…」スッ

亜美「包みこんで!」スッ


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:02:51.39 ID:RxMbJP02O

伊織「親指をてっぺんにつけて…」ピトッ

真美「てっぺんにつけて!」ピトッ

伊織「グッと押し込む!」グッ

亜美「グッと押し込…」グッ

グニャン

亜美「あり?」


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:03:50.02 ID:RxMbJP02O

真美「グッと押し込む!」グッ

グニャン

真美「うあうあー!?何でグニャンってなるの!?」

伊織「あー、やっぱりあんた達手が小さいから…」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:05:27.14 ID:RxMbJP02O

亜美「えっ!?手が小さいと出来ないの!?」

伊織「出来ないことはないけれど…難しいのよ」

真美「えぇぇぇ!?」


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:08:57.47 ID:RxMbJP02O

亜美「じゃあ何でいおりんはできるのさ!?」

伊織「私は何回もやってるもの」

やよい「うっうー!お皿が出来ましたー!」

伊織「ほら、やよいだって簡単なお皿にしてるんだからあんた達も…」

亜美「それじゃ意味ないんだよぉ!」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:09:52.13 ID:RxMbJP02O

真美「亜美!諦めちゃダメだよ!土を捏ね直してもう一回だ!」コネコネ

亜美「おー!」コネコネ

伊織「いや、だから…」

一時間後

湯呑みみたいな何か

亜美真美 チ-ン


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:12:20.63 ID:RxMbJP02O

伊織「…だから言ったじゃない」

真美「うぅぅ…」

やよい「わ、私は結構好きだけどなぁ〜」

亜美「…いいよ、やよいっち。無理に褒めなくても」

真美「そーだよ…こんなのダメダメだよ、飲み口も取っ手もグニャングニャンだもん…」


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:15:34.92 ID:RxMbJP02O

伊織「でも、何とか形にはなってるじゃない。初心者でこれだけ出来たら十分よ」

亜美「そんな言い訳りっちゃんには通用しないよ…」

伊織「は?律子?どうして律子が出てくるのよ?」

やよい「…実はね、伊織ちゃん」

カクカクシカジカトカトカウッウ-


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:23:45.87 ID:RxMbJP02O

伊織「なるほど…なんというか…あんた達って凄まじくおバカね…」

真美「何だと!」

伊織「いやだって、今回の湯呑みだって乾燥させたり焼き上げたり絵付けをしなきゃいけないんだから完成するのなんて随分先なのよ?」

亜美「えっ!?」

真美「そうだったの!?」


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:26:36.03 ID:RxMbJP02O

伊織「そうよ、それまで律子が気づかないわけがないでしょ?」

亜美真美 チ-ン

事務所

亜美「一応焼き上げてもらえることにはなったけど…」

真美「このままだと結局りっちゃんにバレちゃうよぉ!」

亜美真美「「うぅぅ…」」


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:27:35.12 ID:RxMbJP02O

亜美(このままだったら…)

真美(今以上に…)

真美「りっちゃんに嫌われちゃうよぉ…」


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:32:40.63 ID:RxMbJP02O

美希「うーん、それはないって思うな」

亜美真美「「ミキミキ!?」」

美希「あふぅ…おはようなの…」

亜美「おはようなのはいいけど…」

真美「さっきのはどういう意味?」


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:44:04.77 ID:RxMbJP02O

美希「どうって…そのままの意味なの」

真美「そのまま?」

美希「うん、律子…さんが亜美や真美を嫌うことなんてないの」

真美「そんなの…」

亜美「わかんないじゃん…」


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:45:04.19 ID:RxMbJP02O

真美「そうだよぉ!真美たちりっちゃんの湯呑み割っちゃったんだよ!?」

亜美「絶対にすっごく怒られるよぉ!」

真美「ミキミキだって真美たち以上に怒られてるんだから知ってるっしょ?」

美希「確かに律子…さんは怒るとめちゃくちゃ怖いの…」

亜美「でしょ?」


71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:45:55.55 ID:RxMbJP02O

美希「ミキが寝過ごしてレッスンすっぽかした時とか、律子のセーターを毛布代わりにして寝てよだれまみれにした時とか、助手席で寝てる時に寝相悪過ぎて運転してる律子にチョップした時とか超怒られたの」

真美「ミキミキ何してんの!?」

亜美「全部ミキミキが悪いじゃん!」


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:46:50.90 ID:RxMbJP02O

美希「そうなの、ミキが悪いの。でもね?律子…さんはそんな風に相手が悪い時にしか怒らないの」

真美「…それはわかってるんだけどさ」

亜美「…にしてもあんなに怒らなくてもいいじゃんって位怒るんだもん」

美希「まぁね、あの姿はまさしく鬼なの」


73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:48:33.76 ID:RxMbJP02O

真美「…もしかして…りっちゃんはもう既に真美たちのこと大嫌いなのかも…」

亜美「た、確かに…いつもめちゃくちゃ怖いのは亜美たちのことが嫌いだからかも…」

美希「いやいやいやいや…」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 22:49:20.78 ID:RxMbJP02O

亜美「亜美たちは他所から拾われてきた子なんだ!」

美希「うん、そもそも2人は律子の子供じゃないって思うな」

真美「真美たちりっちゃんに凄く嫌われてるのかも…」

美希「だからそれはないから安心するの」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:04:21.05 ID:RxMbJP02O

亜美「なんでそんなことが言い切れるのさ!」

美希「ミキもね、律子の家に遊びに行って律子の大事にしてた食器を割っちゃったことあるの」

真美「もう本当にミキミキは嫌われてるんじゃないかな!?」


76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:07:23.49 ID:RxMbJP02O

美希「その時ね、もちろんめちゃくちゃ怒られて『律子はミキのことが嫌いなんだ!』って思ったこともあるの」

亜美「ほら、やっぱりそうじゃん」

美希「でもね、それはやっぱり違ったの」

亜美「違った?」

真美「どう違ったの?」


77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:09:32.36 ID:RxMbJP02O

美希「うーん…それを上手く説明するのはミキにはできないんだけど…」

真美「できないんだ…」

美希「まあそれでも2人よりちょっとだけお姉さんなミキが、ちょっとだけいいことを教えてあげるの!」

亜美「ちょっとだけ…」

真美「いいこと?」


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:11:54.65 ID:RxMbJP02O

美希「うん…それはね…」

数分後

ガチャッ

律子「ただいま戻りましたー!」

亜美真美「「りっちゃん!」」


79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:12:56.08 ID:RxMbJP02O

美希『律子…さんに…』

律子「あら?2人揃ってどうしたの?」

美希『なにかを壊しちゃったことを伝えたらね…』

亜美「あのね…亜美たちね…」

真美「りっちゃんの湯呑み割っちゃったの…」スッ

りっちゃんの湯呑みだったもの


80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:13:51.09 ID:RxMbJP02O

律子「あんたたち…」ゴゴゴゴゴゴ

美希『そりゃあ絶対怒られるんだけどね…』

亜美真美「「ひぃぃぃぃぃい!?」」


81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:14:37.77 ID:RxMbJP02O

律子「何やってるの!おバカ!」

亜美真美「「うわぁぁぁん!?ごめんなさいぃぃぃ!」」

美希『それでも律子は大抵先に…』


82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:15:40.73 ID:RxMbJP02O

律子「怪我してない!?どっか切ったりしてないわよね!?」アセアセ

亜美「へ?」

真美「あっ…」

美希『ミキ達のことを、心配してくれるの!』


83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:19:54.83 ID:RxMbJP02O

律子「大丈夫なの?怪我してない?」

亜美「うん…」

真美「怪我は…してない…」

律子「そう、なら良かった…」ホッ

美希『本当に律子にとって2人が嫌いな人なら、そうはならないんじゃないかな?』


84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:21:25.13 ID:RxMbJP02O

亜美「りっちゃぁん…」

真美「ごめんなさぁい…」

律子「あんたたち、またイタズラしたわね?」

亜美「ち、違うよぉ!」

真美「真美たちりっちゃんの湯呑み洗おうとして…それで…」

律子「もう…そんなことしなくても良かったのに…」


85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:22:46.92 ID:RxMbJP02O

亜美「りっちゃん…怒んないの?」

律子「怒ってるじゃない、ちゃんと」

真美「えっ…でもいつもみたいに鬼みたいな顔してないし…」

律子「あら?そうしてほしかったの?」

亜美真美「「してほしくありません!」」


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:24:06.57 ID:RxMbJP02O

律子「ならいいじゃない」

亜美「そりゃ亜美たちはいいけど…」

真美「りっちゃん…真美たちのこと嫌いになっちゃったんじゃ…」


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:26:39.79 ID:RxMbJP02O

律子「は?あんたたち何言ってんのよ…」

亜美「えっ!?じゃありっちゃんは亜美たちのこと嫌いになったんじゃないの?」

律子「何をどう考えてたらそうなるのよ…」


88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:28:52.43 ID:RxMbJP02O

真美「でも…真美たちりっちゃんの湯呑みも割っちゃったし…」

律子「あんたたちのことが嫌いなら、こうやって仕事を早く終わらせて事務所に急いで帰ってこないわよ?」

亜美「ん?」

真美「どういう意味?」

律子「ゲーム、するんでしょ?」

亜美真美「「!?」」


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:29:44.94 ID:RxMbJP02O

律子「ほら、何のゲームする?一回家に帰っていっぱい持ってきたわよ」

亜美「り、りっちゃん…」

真美「真美たちとはゲームしないんじゃ…」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:31:50.83 ID:RxMbJP02O

律子「だからそれは仕事があるからって言ってたでしょ?だからこうして早く仕事を終わらせたんじゃない」

亜美「うっ…」

真美「うぅぅ…」

律子「ん?」


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:34:14.74 ID:RxMbJP02O

律子「だからそれは仕事があるからって言ってたでしょ?だからこうして早く仕事を終わらせたんじゃない」

亜美「うっ…」

真美「うぅぅ…」

律子「ん?」


92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:35:55.43 ID:RxMbJP02O

亜美真美「「うわぁぁぁん!!」」ダキッ

律子「えっ!?ちょ、あんたたち、どうしたのよ!?」


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:36:45.07 ID:RxMbJP02O

亜美「うわぁぁぁん!りっぢゃぁぁぁぁぁあん!」

真美「びぇぇぇえん!だいじゅぎ!だいじゅぎだよぉぉぉお!」

律子「はっ!?な、何?何で!?」

亜美真美「「うわぁぁぁん!」」

律子「ちょっ、どうしたのよお!?」


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:38:09.60 ID:RxMbJP02O

それからしばらくして…

小鳥「ふぅ、やっと減給期間が終わりますよ…キツかったぁ…」

律子「自業自得じゃないですか…」


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:41:03.13 ID:RxMbJP02O

小鳥「いやいや、あれは2人を励まそうとして…ってあれ?律子さん、湯呑み変えました?」

律子「えっ?あぁ、そうですね。変えました」

小鳥「前のやつ、プロデューサーさんからもらったって気にいってたじゃないですか」

律子「そうなんですけど…これも同じくらい好きなんです」


96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:41:51.80 ID:RxMbJP02O

小鳥「えっ?でもこれ、飲み口も取っ手もグニャングニャンだし…とてもじゃないけど…」

律子「ふふふ、いいんですよ。それが好きなんですから」


97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:42:48.41 ID:RxMbJP02O

小鳥「あら?よく見たら何か文字が書いてますね?…これもグニャングニャンでよく読めないですけど…なんて書いてあるんですか?」

律子「それは…」

小鳥「それは…?」


98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:44:23.77 ID:RxMbJP02O

律子「それは…秘密です♪」

小鳥「えぇぇぇぇぇ!?そんなぁ…そんなのってないですよぉ!あっ、そうだ私がスマブラで勝ったら教えてくださいよ!」

律子「いや、小鳥さん。仕事終わってませんよね?」


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:48:28.26 ID:RxMbJP02O

小鳥「もうすぐ終わりますから、大丈夫ですって」

律子「減給期間に全く反省してないじゃないですか!?」

小鳥「ははーん、律子さん。自分の持ちキャラが対策されてるのが怖いんですね?」

律子「話を聞いてください」


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:49:32.77 ID:RxMbJP02O

小鳥「大丈夫ですよ、メタナイトとロイはまだ対策しきれてませんから」

律子「なんで私の持ちキャラ知ってるんですか!?」

小鳥「じゃあ私は〜、ゲッコウガを…」

律子「あっ…」

スッ


101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:50:44.35 ID:RxMbJP02O

小鳥「あぁん、もう!だから誰が…」

社長「Mr.ゲーム&ウォッチの対策はしているのかね?」

小鳥「…していませんでした」

社長「キミぃ…」


102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:51:40.27 ID:RxMbJP02O

小鳥「すいませんでしたぁぁぁぁあ!」

律子「…まぁ、結果オーライかな?」

律子(私はともかく、あの子たちは恥ずかしがるものね…)


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 23:53:16.56 ID:RxMbJP02O

亜美『りっちゃん!いつもありがとう!』

真美『大好きだよ!』

律子「ふふふ、私もよ…」ボソッ

社長「もう一ヶ月減給で」

小鳥「そんなピヨぉぉぉお!?」

終わり


104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:08:44.87 ID:C0X4Vl0oO

りっちゃんも亜美真美も可愛いかった


105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 00:13:36.59 ID:2FUn/ij1o

乙なの。
お母さんポジションの律子…さんの安定感は抜群だと思うな。


106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 02:13:10.71 ID:bLyBYAsp0

律子ママだいすき



転載元:亜美「りっちゃんの湯呑み」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460193985/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SS765プロ亜美真美律子

(2)

AFTER 的場梨沙「裸足の飛鳥とサインとお月さま」

BEFORE 橘ありす「ツッコミアイドルフレデリカ?」

律子ママ……
[ 2016/04/10 20:38 ] [ 編集 ]
小鳥さんはずっと小鳥さん
[ 2016/04/11 16:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

亜美「りっちゃんの湯呑み」

Copyright © 2019全ては跡地。 All Rights Reserved.

  Designed by:paritto