スポンサーリンク

2016 01/04

【モバマス】礼子「みんなばっかりずるいわ」



1: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 21:11:19.56 ID:y12m7MQEO

レッドバラードのみんなで妹を交換する話




2: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 21:12:35.55 ID:y12m7MQEO

モバP「えっ、急にどうしたんですか?」

礼子「この前レッドバラードでお仕事あったじゃない?」
tkhsrik9.jpg

モバP「はい」

礼子「その後の飲み会のことなんだけど……」



――――――――――

「「「「「かんぱーい」」」」」

礼子「みんなお疲れ様。今日はじゃんじゃん飲みましょ!」

千夏「ごめんねアヤちゃん私達だけ飲んじゃって」
aikwcnt7.jpg

アヤ「いえいえ、むしろジュースで失礼します」
krnay9.jpg

あい「今日はアヤくんがストッパーになってくれるから気にせず飲めるね」
tgai8.jpg

千秋「東郷さんお酒飲めるんですか?」
krkwcak3.jpg

あい「ふふっ、冗談だよ。 私はお酒に弱い。 それに明日はデートだからね」

礼子「えっ!? あいちゃん!?」

あい「礼子さん動揺しすぎですよ。 薫とですよ」

千秋「薫……ってあのキッズアイドルの龍崎薫さん?」

あい「そうそう、この前の仕事で友だちになってね。 何度か一緒にでかけているんだ」

アヤ「あいさんと薫が一緒に出掛けるところ、全然想像できないですね」

礼子「確かに奇妙な組み合わせよね」

あい「そうかなぁ……普通にドライブしてご飯を食べに行ったり…最近ではゲームセンターでプリクラなんか撮ったりしたかな」

千夏「若い子ってプリクラ好きよね。 私も唯ちゃんと何度かしたことあるわ」

礼子(あなたも充分若いじゃない……)

千秋「私も佐城さんと一度だけ」

アヤ「あっ、アタシもこずえちゃんと撮ったことあります」

礼子「ちょっと待って!? 今なんかそういうの流行ってるの!?」

――――――――――




スポンサーリンク



4: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 21:53:09.91 ID:y12m7MQEO

礼子「ってなことがあったの」

モバP「なるほど」

礼子「だからね、私もそういう妹分的なアイドルがほしいの」

モバP「う~ん、でもそういうのって偶然そうなったって感じじゃないですか」

礼子「まぁそうよね」

モバP「だから難しいんじゃないですか」

礼子「そう、じゃぁレッドバラードの誰かに妹を貸してもらおうかしら」

モバP「そんな人をものみたいに言わないでくださいよ」

礼子「ふふっ、冗談よ。 でも私も年下の子とでかけたりしてみたいのよね」

モバP「年下っていっても9歳から17歳まで居ますけど」

礼子「そんなのだいたい同じよ」

モバP「えぇ……」

礼子「う~んでもそうねしいて言うならやっぱり17歳ぐらいの子がいいかしら」

モバP「じゃぁ唯にお願いして遊んでもらってください」

礼子「なんか私がそういうこと頼むの変じゃない?」

モバP「確かに僕が唯だったらちょっと怖いですね」

礼子「あら、それどういうことかしら?」

モバP「なんか礼子さんと遊ぶって危険な感じするじゃないですか」

礼子「しないわよ。 それともモバPくんは危険な遊びがしたいのかしら?」

モバP「い、いえ……」

礼子「あっ、こういうのはどうかしら?」

モバP「?」


5: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:04:40.90 ID:y12m7MQEO

礼子「レッドバラードのみんなで妹を交換するの」

モバP「いやでも礼子さんには妹的存在がいませんよね?」

礼子「そこは急遽臨時でキャスティングするのよ。 あなたが」

モバP「キャスティングってそんな番組みたいな……あっ!」

礼子「そうよ、あなたがそういう番組を作るのよ。 敏腕プロデューサーくんならできるでしょ?」

モバP「敏腕じゃないですけどね……でも確かにそういうのは面白そうですね」

ちひろ「何言ってるんですか、200人近くのアイドルを1人でプロデュースするなんて充分敏腕ですよ」

モバP「ちひろさん、いつの間に!?」

ちひろ「礼子さんが愚痴ってたあたりから」

礼子「もう、モバPくん胸ばっかみてるから……」

モバP「見てませんよ」

礼子「ふふっ、冗談よ。 でも少しぐらいなら見せてあげてもいいわよ」ズイッ

モバP「ひ、ひえぇえええ」

ちひろ「手で顔を隠しながら指の間からこっそり見るってあなたは中学生ですか!!」

モバP「礼子さんの前では誰もが男子中学生になっちゃうんだよなぁ」

ちひろ「それでさっきの話なんですけど」

モバP「お金の話でしたっけ?」

ちひろ「モバPさんの中で私はどんな人なんですか……」

モバP「金の亡者」

ちひろ「今度からスタドリの値段あげときますね」

モバP「失礼しましたちひろ様」

礼子「ふふっ、モバPくんも大変ね」

ちひろ「さっきの話、とときら学園スペシャルのコーナーでやってみたらどうでしょうか?」


6: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:05:10.52 ID:y12m7MQEO

モバP「とときら学園ですか? あんまり関係ないような」

ちひろ「でも 雪美ちゃんと薫ちゃんとこずえちゃんはレギュラーですし丁度いいんじゃないですか?」

モバP「確かに」

礼子「とときら学園って子ども向けマニア番組よね?」

モバP「マニア向け子ども番組……ってそれも違いますよ!! 子ども向けの子ども番組です!!」

礼子「ふふっ、冗談よ」

ちひろ(礼子さんって結構おちゃめ?)

モバP「確かにお姉さんに聞くのスペシャル版としてやれば出来そうですね」

ちひろ「そうです」

モバP「それでどうですか?」

礼子「あら、本当にいいの? 言っておいてなんだけど半分冗談だったのよ」

モバP「いいんですよ、礼子さんは年下の若いオーラを吸い取る。 僕らは仕事が成功する。 ウィンウィンじゃないですか」

礼子「ひどいわ、そんな人を吸血鬼みたいに……それとも、モバPくんは私に搾り取られたいのかしら?」

モバP「あはは…じょ、冗談ですよ」

ちひろ(あっ、モバPさんまた礼子さんの胸ちらみした)


7: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:05:57.27 ID:y12m7MQEO

――――――――――

モバP「そういうわけで今から組み合わせの抽選をやります!!」

礼子「ねぇ、前にも言ったけど妹役が独り少ないわよ」

モバP「大丈夫ですよ、スペシャルゲストをお呼びしました。 誰だと思います?」

千秋「誰が来るのかしら」

千夏「案外ちひろさんだったりして」

アヤ「それでもしアタシとあたったらアタシのほうが年下なんですけど」

あい「確かに。 となると19歳よりは下のアイドルか……」

モバP「ちひろさんも考えたんですけどね、本人に強く断られちゃいました」

礼子「スモックも緑だし丁度いいと思うんだけど」

モバP「ちひろさんのスモックはなんかますますニッチな番組になりそうなんでやめましょう」

千秋「それで、結局誰なのかしら?」

モバP「忘れてました。入ってきてくれー」

??「了解でごぜーますよ!!」

あい「ふふっ、あの口調だけでもう誰かわかってしまったね」

仁奈「仁奈でごぜーます! あ! 礼子おねーさんお久しぶりでごぜーます!!」
ichrnn5.jpeg

礼子「あら仁奈ちゃん、久しぶりね」

モバP「そういえば前のイベントでほのぼのアニマルズでユニット組んでましたね」

千夏「それにしても仁奈ちゃんと礼子さんだとなんだか姉妹というより親k」

礼子「何か言ったかしら?」

千夏「キツツキ」

モバP「まぁそういうわけで今回は 仁奈、雪美、唯、薫、こずえ の5人がお姉さんに聞くでみんなにいろんな話をします」

アヤ(こずえ大丈夫かな)


8: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:21:01.47 ID:y12m7MQEO

モバP「今回はあえて普段仲のいい組み合わせじゃなくてシャッフルしていこうと思います」

モバP「だから例えば千夏と雪美だったら千夏は雪美から千秋の話を聞いたりなんかしても面白いと思うので」

千秋「なるほど、年下アイドルから見た他のレッドバラードの印象も聞けるのは面白そうね」

あい「なんだかちょっと恥ずかしいね」

モバP「あいさんがそういうこというなんて珍しいですね」

あい「そうかな? でも、この仕事は楽しみだよ」

礼子「私達こういうバラエティの仕事ってあんまりないものね」

モバP「やっぱりイメージがありますからね」

モバP「とりあえず抽選しましょうか」

仁奈「どのおねーさんにインタビューするのか、わくわくでごぜーますね!」

モバP「仁奈、この結果はまだみんなには内緒な」

仁奈「了解でごぜーます!」

モバP「この箱に名前が書いてあるのでそれぞれ一枚づつ引いてください」

礼子「それじゃぁ私から……こずえちゃんね」

アヤ「よ、よろしくおねがいします」

モバP「アヤはすっかりこずえの保護者役だなぁ。 じゃぁつぎアヤで」

アヤ「……薫ちゃんだ」

あい「よろしく頼むよ。 ということは次は私かな?」

モバP「お願いします」

あい「唯くんか、楽しみだね」

千夏「あいさんが唯ちゃんか……よろしくね」

モバP「となると自動的に千夏が雪美で千秋が仁奈かな」

千秋「そうみたいね」

仁奈「千秋おねーさん! よろしくお願いします!」

千秋「よろしくね、市原さん」


9: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:22:07.49 ID:y12m7MQEO

――――――――――

愛梨「とときと」
ttkn.jpg

きらり「きらりの」
mrbskrr1.jpg

愛梨&きらり「とときら学園」

愛梨「今回はスペシャルということで色んなコーナーをお送りしまちゃいまぁす♪」

きらり「今日はいつもよりみんなといーっぱい、はぴはぴするにぃ☆」

愛梨「最初のコーナーはこちら!」

きらり「お姉さんに聞く☆」

愛梨「今回はこの5人の生徒達がインタビューにいってくれました」

唯「ちぃ~っす、大槻唯で~っす! 今日はみんなでレッドバラードにインタビューしてきたよ!」
otkyi01.jpg

薫「とっても楽しかったよ!」
rzkkor4.jpg

仁奈「お姉さんの気持になれたですよ!」

こずえ「こずえも…がんばったのー……」
yskze3.jpg

雪美「それでは……VTRを……どうぞ……」
sjykm01.jpg


10: ◆yz988L0kIg 2016/01/03(日) 23:26:26.66 ID:y12m7MQEO

――――――――――

瑞樹「5人の女性で結成された本格派アイドルユニット、レッドバラード」
kwsmmzk9.jpg

瑞樹「もはや彼女たちの歌や踊りをみたいな日はないというほどの人気ユニット」

瑞樹「しかし、意外とその素顔は知られていない」

瑞樹「今回はその知られざる素顔に学園の優秀なエージェントたちが迫る!!」

瑞樹「確かに礼子さん達ってテレビで見ると普段何考えるかわからないようにみえるわよね、わかるわ」

瑞樹「でも案外気さくな人達なのよ」

――――――――――

こずえ「きょうははよろしくねー……」

礼子「え、えぇ……よろしくね」

こずえ「れいこはね~、あやのともだちなのー?」

礼子「そうよ、アヤと一緒にレッドバラードっていうユニットを組んでいるの」

礼子(いくらなんでも若すぎじゃないかしら? こずえちゃんってそういえば何歳なの?)

こずえ「こずえ…11さい…だっけー?」

礼子「そ、そう……(もしかして心が読めるの?)」

こずえ「れいこは……なんさい?」

礼子「お、女の人に無闇に年齢を聞いちゃダメなのよ」

こずえ「いんたびゅーだから…いいのー」

礼子「うっ、確かにそういえばそうだったわね。 私は31歳よ」

こずえ「ママとおなじー」

礼子「えっ!?」

こずえ「うそだよー……えへへー……」

礼子「も、もう……嘘はついちゃダメよ」

こずえ「わかったー」

礼子(一瞬ほんとにびっくりしたわ)

こずえ「ふわぁ……」

礼子「あら、こずえちゃんおねむなの?」

こずえ「うんー……だからだっこー……」

礼子(えっ、私が抱っこするの?)

カンペ(ここで寝かしつけて)

礼子(そんなここでボケてみたいなノリで言わないでよ!)

こずえ「れいこー………」ギュッ

礼子「こずえちゃんいつのまに!?」

こずえ「ふわぁ……おまえがままにー……なるんだよー……」

礼子「わ、私だってまだまだ若いんだからまだまだお姉さんで行くわよ!!」

こずえ「そのいきなの………………ふわぁ………」

礼子「あら、ほんとに寝ちゃったわ」

礼子「ねぇこれどうするの?」

礼子「えっ、ここで〆るの?」 

礼子「えっと……以上、こずえちゃんのインタビューでした…………ってこれでいいのかしら?」


11: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:01:32.96 ID:wEnFsD64O

――――――――――

愛梨「……こずえちゃんらしさが出ていてと?っても良かったですね!」

こずえ「えへへー」

きらり「礼子さんもハピハピしてたと思うにぃ☆」

愛梨「それじゃぁさくさく行きましょう!」

きらり「次は誰かな?」

薫「はい!! かおるだよ!!」

愛梨「薫ちゃんは誰にインタビューしたの?」

薫「アヤお姉ちゃんだよ!!」

愛梨「それでは、VTRをどうぞ!」


12: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:02:04.69 ID:wEnFsD64O

――――――――――

薫「よろしくおねがいしまー!」

アヤ「おう、よろしくな」

薫「今日はアヤお姉さんに聞きたいこといっぱい考えてきたよ!!」

アヤ「それは嬉しいなぁ」

薫「まずはね……」

アヤ「ん?」

薫「えーっとなんだっけなぁ」

アヤ「忘れちゃったのか?」

薫「うん…………」

アヤ「そ、それじゃぁ。 今考えよう」

薫「うん! あ、思い出した!」

アヤ「おっ? なんだ?」

薫「あいお姉ちゃんとは仲良しなの?」

アヤ「あいさんか? まぁユニットのメンバーだからな」

薫「かおるもあいお姉さんと仲良しなんだよ!」

アヤ「知ってるぞ! あいさんから聞いてるし」

薫「そうなの?」

アヤ「うん、たまにドライブに行ったりしてるんだろ?」

薫「うん! 車でびゅーって山を登って行くの!! ジェットコースターみたいにぐーってなるんだよ!!」

アヤ「へ、へぇ……そうなんだ……(それって大丈夫なのか)」

薫「それからね! 山のうえで薫が作ったお弁当食べるんだよ!!」

アヤ「いいなぁ」

薫「それでね! またびゅーって山を降りていくんだよ!」

アヤ「そ、そうか……(これほんと大丈夫なのか!?)」

薫「あっ! かおるアヤお姉さんのこと聞かなきゃだめなんだよね……」

アヤ「えっ、別にいいぞ! 薫の話も面白いし!」

薫「アヤお姉さんは何が好きなの!?」

アヤ「えっ、私?」

アヤ(格闘技観戦とか言っても大丈夫なのかなぁ)

薫「そういえばこずえちゃんがアヤお姉ちゃんとお人形さんで遊んだっていってた!」

アヤ「えっ?」

薫「お人形さん好きなの?」

アヤ「そ、そうでもないよ! ふ、普通かな?」

薫「えーでもこずえちゃんが好きって言ってたよ?」

アヤ「ちょっとだけ、ちょっとだけな。 ちょっとだけ好きなんだよ」

薫「へぇー」

アヤ「あ、ほらそろそろ終わりだし締めの挨拶いこうぜ」

薫「うん!」

薫「かおるのインタビューでした! またねー!」


13: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:06:47.85 ID:wEnFsD64O

――――――――――

愛梨「アヤちゃんはお人形さんが好きなんですねぇ」

きらり「きらりも可愛いお人形は大好きだよ☆」

こずえ「こずえも…おにんぎょあそびすきー」

薫「でもアヤお姉ちゃんはちょっとだけっていってたよ」

雪美「アヤ…………うそつき……………ね…………」

きらり「それじゃぁ次は誰かなぁ?」

唯「はーい! 唯だよ!」

愛梨「唯ちゃんは誰にインタビューしたんですか?」

唯「あいさんに密着取材してきたよ!」

きらり「密着取材、なんだかドキドキする響きだにぃ☆」

唯「それでは! VTRをどうぞ!」


14: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:12:59.82 ID:wEnFsD64O

――――――――――

唯「ってなわけで今日はよろしくおねがいします!」

あい「こちらこそよろしく」

唯「早速だけどあいさんって分け目変えないの?」

あい「髪の話かい?」

唯「そうそう」

あい「今の髪型がしっくり来ているからあまり変えるつもりもないよ」

唯「そうなんだ。 ちなったんもね、今の分け目が気に入ってるから変えないんだって!」

唯「ゆいなんかしょっちゅう髪型変えたくなるけどこだわりって感じでいいよね!」

あい「そうかい? そういってくれると嬉しいよ」

唯「あとね、あいさんってカラオケでどんな曲歌うの?」

あい「カラオケ?」

唯「ゆいもよくちなったんと行くんだけどちなったんはああみえて結構イマドキの歌とか歌うんだよ!」

あい「私はあまり行かないなぁ」

唯「えー、そうなの? でもレッドバラードの打ち上げとかあるでしょ?」

あい「打ち上げは基本的に居酒屋でやるからね」

唯「そっかぁ……大人はお酒飲めるもんね」

あい「唯君も飲んでみたいかい?」

唯「うん! 20歳になったら絶対ちなったんに美味しいワイン飲ませてもらうーっ!」

あい「ふふっ、唯君はずっと千夏の話をしているね?」

唯「そうかな?」

あい「そうだよ、よほど仲良しなんだね」

唯「うん! ちなったん、マジかっこいいし!」

唯「あっ! でもあいさんもマジかっこいいよ!」

あい「ありがとう」

唯「あいさんも本読むの? なんかマジ本めっちゃ読んでそう!」

あい「読書かい? 人並みにはすると思うけど……」

あい「千夏は確かに色々な本を読んでいるね、特に洋書が好きなようだ」

唯「あー! それゆいが言いたかったのに!!」

あい「ごめんごめん、ついね」

唯「もー! あっ、時間きちゃった! 以上! ちなったんのコーナーでした!」

あい「えっ?」

唯「冗談だってば! 以上!唯ちゃんのドキドキ密着インタビューでした!!」


15: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:21:53.69 ID:wEnFsD64O

――――――――――

愛梨「ものすごいテンポでしたね」

きらり「勢いがあってすーっごくおもしろかったにぃ☆」

雪美「唯……おしゃべり……上手………」

仁奈「流石でごぜーます!」

唯「ま、この中ではお姉ちゃんだもんね!」

愛梨「次は誰かな?」

雪美「次は……私………」

きらり「雪美ちゃんは誰にインタビューしたの?」

雪美「千夏………」

愛梨「それではVTRをどうぞ♪」


16: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:22:20.87 ID:wEnFsD64O

――――――――――

雪美「……………」

千夏「……………」

千夏(全然しゃべらないけど、どうすればいいのかしら)

千夏(こんなことなら千秋に何か聞いておけばよかったわ)

千夏(唯ちゃんはこういうインタビューとか得意そうね)

雪美「あのね………………」

千夏「?」

雪美「ヒザの上……乗せて……………」

千夏「えっ? ……いいわよ」

雪美「……………ありがとう」ポスッ

雪美「唯が…………仲良くなるには……まず……ぼでぃたっち……って………………」

千夏「ふふっ、いかにも唯ちゃんが言いそうなことね(でもこれタッチなのかしら?)」

雪美「千秋にも……たまに………乗せてもらう……………」

千夏「そうなの(千秋ってもしかしてロリk…やめましょう)」

雪美「千夏…………千秋……………好き………………?」

千夏「ええ好きよ。 同じユニットの仲間だもの」

雪美「ユニット…………お友達…………?」

千夏「そうね、お友達のようなものかも」

雪美「じゃぁ……唯とも……お友達………カラフルサンタ………」

千夏「そういえばクリスマスに3人で歌ってたわね」

雪美「だから……千夏とは……友達の………友達……」

千夏「ふふっ、案外世界って狭いわね」

千夏「でもこれからは友達の友達じゃなくて友達でいましょ」ナデナデ

雪美「ふふっ………うん………」ニパー

千夏(あ~、なんだか千秋がロ○コンになった理由もわかる気がするわ)

千夏「そ……それで、インタビューはいつ始まるの?」

雪美「もう………時間……………」

千夏「えっ? 私何も聞かれてないけどいいの?」

雪美「千夏……ううん…おねえさん…やさしいの……伝わった………」

雪美「以上……インタビュー……でした………」

千夏(これでいいのかしら)


17: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:23:12.85 ID:wEnFsD64O

――――――――――

きらり「とーってもらぶりぃ☆なインタビューだったにぃ☆」

愛梨「いい感じですねぇ~」

雪美「ふふっ……唯のおかげ………」

唯「さっすが雪美ちゃんじゃん! やるぅ!」ナデナデ

雪美「ふふっ………」

仁奈「大トリは仁奈でごぜーますよ!!」

きらり「それでは~」

愛梨「VTRどうぞ!」


18: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:23:40.34 ID:wEnFsD64O

――――――――――

仁奈「インタビュアーの気持ちになるですよ!!」

千秋「ええ、頑張ってね」

仁奈「千秋おねーさん! ずばりかれしはいるでごぜーますか?」

千秋「えっ!? い、いないわよ! 市原さん急にどうしてそんなこと聞くの!?」

仁奈「ご、ごめんなさい……」

千秋「あっ、あっ……怒ってるわけじゃないのよ。 急にだからびっくりしただけだから。 ごめんなさいね」

仁奈「お、おこってねーですか……?」

千秋「えぇ、怒ってないわよ。 急に大きな声だしてごめんね」

仁奈「大丈夫でごぜーます!」

千秋「ところでその質問、誰かから教わったの?」

仁奈「唯おねーさんに教わったでごゼーます!」

千秋「そうなの」

仁奈「聞いちゃだめだったでごぜーますか?」

千秋「そうね……アイドルにあまり聞いちゃだめだと思うわ」

仁奈「わかったでごぜーますよ! それじゃぁ千秋おねーさんは何が好きですか?」

千秋「何?」

仁奈「仁奈はハンバーグが好きでごぜーます!」

千秋「いいわねハンバーグ。 私は……イチゴが好きよ」

仁奈「雪美ちゃんと同じでごぜーますね」

千秋「そうね、佐城さんもイチゴが好きだったわね」

仁奈「千秋おねーさんは雪美ちゃんが好きでごぜーますか?」

千秋「えっ!? ま、まぁそりゃ同じ事務所のアイドルだからそうね」

仁奈「千秋おねーさん今日はそわそわしっぱなしでごぜーますね」

千秋「し、してないわよ?」

仁奈「うそくせーでごぜーますよ!」

千秋「ほ、ほら私こういうバラエティ番組っていうの? 出るの初めてだから……」

仁奈「なるほど」

千秋「他に聞きたいことはあるかしら?」

仁奈「う~ん、特にねーです!」

仁奈「というわけで! 仁奈のインタビューはここでおわりでごぜーます!!」

千秋(なんだかすごく自由な子ね……)クスッ


19: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:24:23.73 ID:wEnFsD64O

――――――――――

愛梨「クールな千秋さんの珍しいシーンが見られましたね」

きらり「でも、最後はにこーってしてハピハピしてたと思うよ☆」

雪美「千秋…………意外と…………おちゃめ…………ね……………」

唯「レッドバラードの人達って意外と気さくだよね☆」

薫「うん! あいお姉ちゃんも優しいんだよ!」

愛梨「レッドバラードの皆さんの意外な一面が見られたところで、今日のお姉さんに聞くはおしまいで〜す」

きらり「次はあんきランキングだよ☆」


20: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:24:53.35 ID:wEnFsD64O

―――――数日後

モバP「それで、あれからどうですか?」

礼子「どうってなによ」

モバP「妹分の件です」

礼子「あれね、ちょうど最近忘年会ってことであいの家であの番組を肴に飲んだけど……」

――――――――――

礼子「それにしても大変だったわ、この番組」

アヤ「すみません」

礼子「いいのよ、貴女は悪くないのだから。 あの子、いつもああなの?」

アヤ「そうですね、だいたいは」

あい「この番組でもたまにうたた寝してるところがちらっと映ったりするね」

礼子「あい、もしかして毎回見てるの?」

あい「えぇ、だいたいは見てますよ」

礼子「へぇ、なんか不思議な組み合わせね。 もしかしてみんなも見てるの?」

千秋「ほとんど見てますよ」

千夏「私はたまに」

礼子「みんな意外と見てるのね」

あい「薫に頻繁に見たかどうか聞かれるのでしっかり見ておかないといけないんですよ」

千秋「それわかります。 私もたまに佐城さんに番組の感想を聞かれますから」

アヤ「こずえはあんまり聞いてこないなぁ」

礼子「みんな結構大変なのね」

あい「でもまぁ、見てると面白いですよ。 とときら学園」

礼子「そうなの?」

千夏「唯ちゃんと莉嘉ちゃんが不定期にやってる目指せカリスマギャルって企画、意外な娘がギャルファッションに変貌したりして面白かったわよ」

千秋「佐城さんがギャルファッションしたときは驚いたわ」

あい「薫も挑戦してたけど、やっぱりあんまり似合ってなかったね。 まぁそこが薫らしさといったところか」

アヤ(こずえがやったらどうなるんだろ……見たい気もするし見たくない気もする)

あい「でもやっぱり一番衝撃的だったのは」

「「「かわしまさん」」」

あい「だよね」

千秋「あれは本当にすごかったわ」

千夏「川島さんもよくOKしたわね」

礼子「何それ、もしかして瑞希がギャルメイクしたの?」

あい「そうですよ。 たしかまだ録画して消してないと思うので見ましょうか」


21: ◆yz988L0kIg 2016/01/04(月) 00:27:27.61 ID:wEnFsD64O

――――――――――

モバP「それで、見てどうだったんですか?」

礼子「どうだったじゃないわよ。 なんで私をゲストで呼ばないの?」

モバP「えぇ、やりたいんですか!?」

礼子「なんだか面白そうじゃない」

モバP「ああいうのに興味持つなんてすごく意外です」

礼子「だってあんなファッション、番組の企画でもなきゃできないわよ?」

モバP「そりゃそうですけど……」

礼子「というわけで、お願いね」

モバP「か、考えておきます」

礼子「あんなに面白そうな企画……瑞樹ばっかりずるいわ」

終わり



転載元:【モバマス】礼子「みんなばっかりずるいわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451823079/
SS速報VIPのSS紹介です。


スポンサーリンク

主な最新記事及び関連記事

短SSモバマスレッドバラード礼子千夏あい千秋アヤ

(2)

AFTER モバP「パッションなアイドル達とお正月」

BEFORE 【モバマス】佐藤「よっちゃんはねー♪」

こずえの礼子への科白は大丈夫なのか…?
[ 2016/01/04 20:01 ] [ 編集 ]
おい、こずえに変なセリフ教えた奴、前へ出ろ
歯を食いしばれ修正してやる
[ 2016/01/04 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

※リンクを貼って頂ける方は、URLをttp://にしてください

Page title:

【モバマス】礼子「みんなばっかりずるいわ」

Copyright © 2017プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!-アイマスSSまとめ All Rights Reserved.

   Designed by:paritto